グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

レソト

(レソト、南アフリカ共和国、ザンビア)UNAIDS事務総長、HIVへの対応に注目

【2018年5月11日ジュネーブ発】国連合同エイズ計画(United Nations AIDS : UNAIDS)のミシェル・シディベ事務総長 Michel Sidibe は南部アフリカのレソト、南アフリカ共和国、ザンビアの3カ国を歴訪し、5日間の日程で各国の閣僚とのハイレベル対話やレソトのHIV健康・状況室開設式への出席などを行うとともに、地域の女性活動家と、どのようにセクシュアル・ハラスメントや性的虐待の問題に対処するかについて、公開された率直な対話を行った。

最初の訪問国レソトでは、同国のモンヤネ・モレレキ副首相 Monyane Moleleki とともにHIV健康・状況室の開設式に出席した。式典にはスペシャルゲストとして女優のナオミ・キャンベル氏 Naomi Campbell も同席した。

レソトの「HIV健康・状況室」では、サービスの提供に関するデータをリアルタイムで表示し、同国におけるHIV流行状況を把握することができる。それより、国家またはコミュニティレベルでのデータ分析結果に対する早急なフィードバックが可能となるほか、ヘルスケアサービスへのアクセスにかかる問題を特定することができる。

シディベ事務総長は、「レソトの『HIV健康・状況室』の開設によってインパクトがあり効率的な保健プログラムを実施することができる。そして、最も必要としている人々へサービスを提供し、HIV対策において誰も取り残されることのない革新的な取り組みだ。」と述べている。式の前日、シディベ事務総長とキャンベル氏は、レソトの首都マセル市の「クイーン2世病院」Queen II Hospitalを訪問しHIVと共に生きる若い女性たちや、HIVの流行に影響を受けている人々と面会をした。キャンベル氏は、「私はレソト政府とパートナーが成果を上げてきたこれまでのHIV対策に対して敬意を表する。しかし、闘いはまだ終わっていない。10代20代という若年女性への対策が遅れているという現実がある。この重要な問題を提起するためにできることを行っていきたい」と述べた。

2カ国目の南アフリカ共和国では、シディベ事務局長はアフリカ大陸全体の立法府の役割を果たしている「パン・アフリカ議会」で演説し、「人間中心の保健対策」の重要性を強調した。また、パン・アフリカ議会議員に対し、エイズ対策をより持続し人々の健康改善のための予防対策を強化していくために保健サービスへの国内資金の増加や、女性や弱い人々を守るための法整備を訴えた。

その後、シディベ事務局長はUNAIDSの組織内で生じたとされるセクシュアル・ハラスメントや性的虐待を告発する女性活動家たちと会合を持った。シディベ事務局長は、「南アフリカ共和国での訪問を通じて、私は皆さんの声に耳を傾けてきました。HIVの流行は性的暴力と密接なつながりがあり、この2つを分けて考えることはできません。我々はこの問題を前に進めていく強い意志を持つ必要があります」と、声明を発表した。南アフリカ共和国の訪問を通じて、シディベ事務局長は同国のシリル・ラマポーザ大統領とデイヴィッド・マブザ副大統領兼国家エイズプログラム長官、アーロン・モツォアレディ保健大臣と個別に会談し、2020年までにHIVの治療を受ける患者を200万人増やすとともに、社会的立場の弱い集団へ向けた治療・予防サービスに関して地域・州当局の権限を強化することについて議論した。

最後に訪問したザンビアでは、エイズに対する対応強化の功績を表して2018年UNAIDSリーダーシップ賞を、ザンビアの初代大統領を務めたケネス・カウンダ氏に授与した。

原題:UNAIDS Executive Director Puts the Spotlight on the HIV Response in Lesotho, South Africa and Zambia during Five-Day Visit
出典:UNAIDS
日付:2018/5/11
URL:http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/may/HIV_spotlight

(レソト)売春の犯罪化で人としての尊厳を奪われたセックスワーカーたち

【2018年2月2日】アフリカの多くの地域では、社会的に弱い立場におかれている人々は、もともと基本的な敬意や尊厳を得にくい状況にあるが、セックスワーカーはさらに大きな障壁に直面している。南アフリカ共和国に全方位を囲まれる独立国、レソト王国では、「セックスワーク根絶」という政府の政策のもと、売春を違法とする法案が通過した。セックスワーカーは差別や偏見、頻繁な虐待やレイプなどを受けており、政府や世間からのさらなる虐待に直面することになっている。

続きを読む

(レソト)HIVとの闘いで大きな進歩

【2017年9月22日マセル(レソト)発】南アフリカ共和国の内部に位置する小王国、レソトではHIV陽性者の90.2%が現在抗レトロウイルス薬(ARV)の治療を受けているという大きな進展がみられた。これは、現在、国連が掲げている「90-90-90目標」のうち二つ目の「90」を上回っている。

続きを読む

★HIV感染リスク、人権侵害…レソトのMSMの置かれた厳しい状況

アフリカ南部の小王国レソトで行われた、男性とセックスする男性(MSM)の人権とHIV感染についての調査で、レソトのMSMは、HIV感染の可能性や、HIVの感染拡大などについての理解が乏しいことが分った。また、この調査で、MSMに対する人権侵害が高い確率で行われていることも明らかにされた。
続きを読む

レソト:中国とHIV/エイズ医療協力体制強化へ

南部アフリカの小王国、レソト王国はHIV/AIDS治療やその他の医療に関して、中国との協力体制強化を望んでいる ―― 1月23日に北京駐在のアンソニー・チベリ Anthony Thibeli 大使の報告が、インターネットサイトXinhua/CRIEnglish.comに掲載された。

中国の医療チームが最初にレソトに入ったのは1997年で、第2陣が入ったのは1999年。医師15人のチームが今もレソトで活動している。「15人では十分とは言えず、我々はさらなる支援を希望している。」とチベリ大使は語る。2007年には、レソトの保健・社会福祉省大臣が中国を訪れ、HIV/AIDS治療への漢方薬使用や医療トレーニング・遠隔医療などについて二国間で協力体制がとれないか議論した。チベリ大使によると、レソトではHIV検査を普及させる努力をし、HIV陽性者に対する無料カウンセリングや治療を行ってきたことが功を奏し、HIV/AIDS罹患率を31%から26%へ減らしたという。

原題:Lesotho Aims To Increase HIV/AIDS, Health Cooperation With China, Ambassador Says
日付:Jan 25, 2008
出典:Kaiser net work
URL:http://www.kaisernetwork.org/Daily_reports/rep_hiv.cfm#50017

レソト王国:国を挙げたHIV検査キャンペーンを展開〜国王自らがHIV検査を受診〜

 南部アフリカの山間部に位置する小国、レソト王国の保健省は2005年12月、全国民に対してHIV/AIDS検査を受けることを促進するキャンペーンに乗り出した。国王レツィエ3世 Letsie III は、レソトの最高指導者として自らも検査を受けると表明した。この検査プ
ログラムはWHOとレソト保健省が共同して行う。このキャンペーンの目標は、2007年末までに12歳以上の国民全員のHIV感染状況を把握することである。HIV感染の有無に関する情報はプライバシーにも関わることであり、検査は全国民に義務づけられるわけではないが、レソト政府はなるべく多くの国民が検査を受けるよう呼びかけている。

 国王レツィエ3世 が公式にHIV検査を受けるのは、国内におけるHIVに関連するスティグマを減らすための、いわばパフォーマンスといえる。HIVへの偏見をなくしてHIV感染予防のための安全な性行為を促進するのが目的だ。現在のレソトではHIV/AIDSへの偏見や恐心が根強く、HIV感染は「死亡宣告」と思い込んでいる人も多いという。検査は全国で3,700名超の医療従事者が行い、約3,600名のカウンセラーが受診者の精神面からサポートする。

WHOのキム・ジムヨンJim Young Kim HIV/AIDS部長は、全国民を対象とした検査キャンペーンが、他の感染率が10%を超える国でも実施されることを期待している。

レソトでは、成人(15〜49歳)の約30%がHIVに感染しており、HIV感染拡大が世界で最も深刻な国のひとつである。HIV感染拡大のために平均余命が2000年以降52歳から34歳に悪化。山がちで地形が農業に不適なことに加え、エイズにより多くの労働人口が失われてため、慢性的な食糧不足が続く。医療従事者らの諸外国への頭脳流出もエイズ問題の深刻さに拍車をかけている。

原題:Land where everyone from the King down has AIDS test Sam Lister
日付:2005-12-01
出典:Health Systems Trust
URL: http://www.hst.org.za/news/20041057
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ