グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

チャド

チャド:生命を脅かすのはHIV/AIDSだけではない

チャド共和国は、中央アフリカ共和国の北に位置するアフリカ中北部の国である。この国の南部に位置するダナマジ地域 Danamadji で、HIV陽性者が病院に行くなら、牛車を利用するしかない。しかしそれでは、病院に到着するまで1日半かかるうえ、途中で象に襲われる危険と隣り合わせである。

HIV陽性者支援の輪は、政府や支援者のサポートにより、次第に拡大している。しかし130万平方キロメートルもの広さを持つチャドでは、遠隔地に住む人々の多くは、いまだその恩恵を受けられていない。

続きを読む

チャド:世銀からの援助停止でエイズ対策資金が不足

世界銀行は、中央アフリカ北部に位置する内陸国チャドへの融資を全面的に停止したことを発表した。理由は、同国大統領イドリス・デビー Idriss Deby が新規石油プロジェクトの収益用途に関する世界銀行との合意事項を変更する決定を行ったためである。

HIV感染率が4.8%のチャドでは、エイズ対策基金の3分の2を国際ドナーから得ているため、今回の資金援助停止は、大きな影響を与えそうである。現在行われている、HIV/AIDSプロジェクトは5月末に終了し、新たなフェーズに向け、およそ370万ドルの資金を必要としているが、この世界銀行の決定に対して、活動家たちは無力な状況に置かれている。。

UNAIDSチャド代表 ケクラ・クルマ Kekoura Kourouma は、「我々は、2006年から08年の国家エイズ計画を支援してきたが、世銀からの資金が得られない今、全てが台無しである。チャドは、すでに他のアフリカ諸国と比較して数年遅れているのに、今や我々はこれに対抗して急がなければならない」と語った。世銀とチャド政府の間の緊張が2月中に解けたとしても、クルマ氏は、次回のHIV/AIDSプロジェクトへの資金動員に3ヶ月の遅れが出ると予想する。この遅れにより、国内の半数のHIV検査センターの機能停止、医師たちへの訓練の停止、性感染症や日和見感染の治療薬の供給不足等の被害が予測される。

更に、早急に妥協点に達しない場合の重大な懸念材料の一つに、ドイツ復興金融公庫 KfW やアフリカ開発銀行等の他のドナーが世銀の主導に従い、そして、彼らの資金援助も中止し、HIV/AIDSプロジェクトが展開できない可能性がある。「コンドームの資金援助の大部分を担っているドイツ復興金融公庫、そして感染率の高い南の地域のプロジェクトを援助しているアフリカ開発銀行が世銀に追随したら結果は明らかである。」と、前述のクルマ氏は言う。

一方、チャド政府と国際ドナーとの間で、石油に関する交渉がパリで開かれ、チャド政府は、変更された石油法に関するいくつかの修正案を提示した。この会談において、世銀側は、「世銀グループは、チャドの重要なニーズと予算不足に関する事実に相互理解を求め、一方で援助がチャドの最貧困層に届くことを確実にしようとしている。」とコメントした。

政府と世銀は、これらの「将来世代」の全員がHIVに感染しないことを確実にする合意を見出す必要がある。

原題: CHAD: Worries about AIDS funding crunch after World Bank spat
日付: February 6,2006
出典: IRIN Plus News
URL: http://www.irinnews.org/report.asp?ReportID=51529

(編集部注)近年石油が発見されたチャドでは、カメルーンを経由してのパイプラインが作られるなど石油開発が進みました。一方、チャドは東隣のスーダンとの間に「現存する最悪の人道問題」ともいわれるダールフール紛争を抱えています。チャド政府および議会は石油輸出による資金の一部を「貧困削減」に当てるという世界銀行との合意を変更して、国家予算を対スーダン紛争の戦費を始めとする各種用途に使用できるように変更し、これに対して世界銀行はチャドへの融資を停止しました。その後、2月になってこの問題ではチャド政府は世界銀行と和解しましたが、チャドのデビー政権はこの世銀の融資停止措置によって弱体化し、4月現在、チャド東部を拠点とする反政府軍が国土の一定部分を制圧し首都ンジャメナ攻略を開始するなど、チャドは急激に内戦状況に陥りつつあります。
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF
  • ライブドアブログ