グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

新規予防・医療技術開発

(米国)暴露前予防内服(PrEP)に関する医療従事者の意識:医療従事者は、HIV感染の可能性がより高い対象者に対してPrEPの処方をためらう傾向がある

【2018年6月22日】 暴露前予防内服Pre-Exposure Prophylaxis (PrEP) はここ数年、有効なHIV感染予防方法の一つとして実用化されてきた。また、これについての医療従事者の理解も深まりつつあるが、一方で、医療従事者が対象者にこれを処方する率はとても低い。PrEP はコンドームと共に使用することでHIV予防方法としてとても効果的であると推奨されているが、医療従事者は、PrEPを処方することで対象者がHIV感染のリスクを顧みなくなり、HIV感染の可能性のある性行動を積極的に行うのではないかと懸念する傾向があり、その結果として、PrEPの処方に消極的となっている。そのため、多くの人々は依然としてHIV感染予防にコンドームのみを使用している。

こうした傾向が実際にどの程度存在するのかについて、米国のジョージ・ワシントン大学などの調査グループにより、医療従事者の意識調査が行われた。調査グループは、医療従事者がPrEP へのアクセスについてどのような懸念を持っているかを理解するため、対象者のコンドーム使用の有無、パートナーとの性行為の経験に関する情報をもとに、PrEP を処方する医学生の意識がどのように変化するのかを調査した。さらに、医療従事者が、どのような理由であれば、コンドームを使用できない対象者に対するPrEP 服用を許容できるかどうかを探った。

(調査の方法)
調査グループは、2015年、米国北東部の854人の医学生を対象にオンラインの調査を実施した。このうち、111人の参加者が6人の男性対象者に対してPrEP 処方を行うことに前向きであった。6人の男性対象者の情報はそれぞれ、コンドームの使用に関する対象者の考え方(常に使用、常に使用しない、PrEP 服用の場合は使用しない)について、また、パートナーとの性行為の経験(治療を開始していない1人のセックス・パートナーがいる、もしくは、HIVかどうか不明の複数のセックス・パートナーがいる)について医学生に伝えられている。また、コンドームの使用を行わないことについて、「快感を得るため」、「性行為を円滑にするため」、「親密さを増すため」、「妊娠するため」の4つの理由の場合はPrEPの処方を許容できると話した。

(研究の結果)
この研究成果から分かったのは、対象者がおこないうる性行動のリスクが高いほど、医療従事者が対象者に対してPrEPを処方するのをためらう傾向が強くなる、という矛盾である。対象者がコンドームを使用し、今後もコンドームの使用を続けようとしている場合、より多くの医学生がPrEPの処方をためらわない傾向がある。対象者のセックス・パートナーが一人だけの場合、医学生の93%がPrEP処方を許容する。一方、対象者が複数のパートナーを持っている場合、PrEP処方を許容する医学生は全体の86%に下がる。対象者がコンドームをこれまでも今後も使用しないという場合、もしくは以前はコンドームを使用していたが、今後は使用しないと考えている場合、こうした対象者にPrEPを処方しようという医学生はほとんどいなかった。

また、対象者が一貫してコンドームを使用しているか、使用していないかについて医学生に伝えたとき、セックス・パートナーが1名の対象者よりも、複数のセックス・パートナーがいる対象者に対してPrEPを処方すべきと考える医学生はほとんどいなかった。また、今後コンドームを使用しないと言う対象者に対して、セックス・パートナーが1名の対象者よりも、複数のパートナーを持つ対象者にPrEPを処方すべきと考える医学生は少なかった。これは重要な発見である。一方、医学生の69%が、「妊娠するためにコンドーム使用を中止する」という対象者にPrEPを処方すべきと考えており、ついで、親密さを増すため(23%)、快感を得るため(14%)、そして性行為を円滑にするため(13%)と続いた。

(結論)
この研究結果から、より多くの医学生が、リスクの高い性行動を行う可能性のある対象者に対してPrEPを処方しないという医療判断を行う傾向があることが確認された。これは、本来のPrEPの趣旨に照らして矛盾している。また、PrEPに対する誤解や、医療従事者個人の価値観が、対象者に対して最適なHIV予防サービスの提供を阻害しているということが、この調査で明らかになった。

原題:Prevention paradox: Medical students are less inclined to prescribe HIV pre‐exposure prophylaxis for patients in highest need
出典:Journal of The International AIDS Society
日付:2018/06/22
URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/jia2.25147

ウガンダ:HIV治療における「検査と治療」への準備はできているのか

【2018年1月6日 カンパラ(ウガンダ)発】ある調査によると、もしHIV陽性反応が出た人がただちに抗ウイルス治療を受けることができれば、HIV感染拡大を防ぎ、2030年までにHIVの流行を阻止することができる。2015年11月にWHOが発表したガイドラインは、HIV陽性者、すなわちHIVに感染している人はすべからく、病状の段階にかかわらず抗ウイルス治療を受けるべきという内容であった。それに従い、多くの国が「検査即治療」test and treatを導入してきた。続きを読む

(スイス)ジュネーブのNGOが運営する安全な薬物注射センターをUNAIDS理事会メンバーたちが見学

【2017年12月19日 ジュネーブ(スイス)発】
スイスの国際都市ジュネーブにある、活気に満ちたジュネーブ駅の向かいには、「プラットフォーム9」と呼ばれるライムグリーンの建物が建っている。そこには、NGOによって運営されている、薬物使用者の注射薬物使用を管理するセンター「プラミア・リニ」Premiere Lingneである。プラットフォーム9は薬物使用者のためのハームリダクションなどのプライマリーヘルスケアも提供しているドロップインセンターである。国連合同エイズ計画The joint United Nations Programme on HIV/AIDS: UNAIDSの41回目のミーティングにおいてスイス政府は、UNAIDSの理事会メンバーをセンターに招待した。スイスの国連大使であるヴァレンティン・ゼルウェガー氏Valentin Zellwegerによると、スイスはヨーロッパの中で薬物使用者のHIV罹患率が最も高い国の1つであったため、予防・治療・ハームリダクション・法の強化の4つの柱となる政策を導入した。その結果、薬物使用者のHIV感染率は急激に減った。

続きを読む

(ケニア・ウガンダ)ケニアとウガンダで注射できるHIV薬の試用が行われる

【2017年12月20日 ナイロビ(ケニア)発】
ウガンダとケニアで性活動が活発な女性に向けて、長期作用のある曝露前予防薬(pre-exposure prophylaxis: PrEP)の注射による投与が試験的に実施されようとしている。HPTN084と呼ばれるこの試験はボツワナ、マラウイ、スワジランド、南アフリカ、ジンバブエでも実施され、抗レトロウイルス薬であるカボテグラビルを8週間に1度注射することでHIV感染のリスクのある女性を守ることができるかどうか調査する。
続きを読む

米国食品医薬品局によるHIV治療薬の暫定的認可は世界規模でのHIV対策への一助となる

【2017年12月12日 アメリカ合衆国】
2004年、アメリカ政府は米国食品医薬品局the Food and Drug Administration(USFDA)の暫定的認可プロセスtentative approval process(tFDA)のHIV治療薬への適用を開始した。これは資金が限られた状況で購入できるHIV治療薬を選択するための基盤とされ、この認可プロセスによって、それまで認可されていない、あるいは独占権などによる流通制限や特許期間にある医薬品が、資金の限られた状況でも入手できるようになった。
続きを読む

米国政府がマイクロビサイド研究への資金拠出を大きく削減する可能性

【2017年11月23日発】国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2015年統計によると、あなたが今晩寝るまでに、10〜24歳の女性1000人以上がHIVに感染する。このような若い女性たちや HIV感染のリスクが高い男性とセックスする男性 men who have sex with men(MSM)、セックス・ワーカーの人全てに適するHIV予防方法はない。続きを読む

グローバルファンド、画期的な抗レトロウイルス薬価格合意から利益

【2017年10月3日発】ビル&メリンダ・ゲイツ財団とインドに拠点をもつマイラン・ラボラトリーズ社 Mylan Laboratories、アウロビンド・ファーマ社 Aurobindo Pharmaの2つのジェネリック製薬会社の価格合意のおかげで、抗レトロウイルス (ARV) の費用が大幅に抑えられる見通しである。2018年から最先端の多剤併用抗レトロウイルス治療が、患者1人あたりの年間コストが最大75ドルで、発展途上の92カ国で受けられるようになる。続きを読む

(ウガンダ)政府が経口のHIVセルフ検査キットを導入へ

【2017年7月18日 カンパラ(ウガンダ)発】
東アフリカの内陸国ウガンダの保健省は、経口のHIV自己検査キットの導入を考えており、それによって男性のHIV感染状況を知ることができる。これは、同国の最高学府マケレレ大学Makerere Universityによる研究で、自己検査キットは男性のパートナーの検査を促すのに有効な方法であるという結果を受けたものである。続きを読む

HIV自己検査と従来の検査方法との効果比較

【2017年5月15日】HIV自己検査 HIV self-testingは、HIV検査を受けていない多くの人々を含め、HIVに感染していると知らない陽性者の人々が、自分の感染を把握するために便利な方法である。シェリル・ジョンソン氏 Cheryl C. Johnson らの研究チームは、世界保健機関(WHO)の指針を通知するため、検査の普及や実施頻度、HIV陽性者の特定、ケアへの連携、社会的損害、リスク行動に対するHIVSTの影響を評価した。

続きを読む

(ジンバブウェ)改善された男性割礼器具が本格的に導入される見込み

【2017年4月25日】ジンバブウェなどアフリカ諸国の一部で使用されている、インド製の手術の不要な男子亀頭包皮切除のための器具「プリペックス」(prepex)の製造会社は、破傷風などの関連リスク低減のため、使用方法の改善に取り組んでいる。以前は、リングを装着して7日後に男性性器の包皮を除去していたが、新しい手続きでは、同じ器具で包皮の除去が30分後に短縮された。この「プリペックス包皮除去手続き0日」の導入により、日帰りで男子亀頭包皮切除が済む。以前の手続きは時間がかかり、排尿時に不快であった。しかし、手続きの改善によって割礼を受ける男性の増加が見込まれる。以前と同じ器具で、麻酔は必要なく、回復時間もない。また、この手続きは、プリペックスのメリットを保ちつつも、世界保健機関(WHO)に指摘された器具の課題を解消する。

続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ