グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

エイズ教育

(南アフリカ)性感染症の予防-南アフリカが勝利できない理由

【2019年2月13日南アフリカ共和国発】性感染症は重大な公衆衛生上の問題である。世界では毎日推定100万人以上が性感染症と診断されており、さらに検査技術や質の向上にも関わらず、途上国ではここ10年、感染率にほとんど変化がない。南アフリカ共和国では、年間7900万人のHIV、数千万件の淋病とクラミジア、および7万件の梅毒の新規感染などを抱え、とても大きな懸念となっている。この感染者の多さは、不十分な予防、クラミジアのように自覚症状のない感染症の未治療例などによる要因がある。高リスク患者へのスクリーニング検査の強化、サービスの利用推進、医療従事者への研修なども解決すべき課題だが、資金が不足している。

性感染症はその名が示すように、主に膣、肛門、口などによる性的接触により広がるが、母子感染(垂直感染)のように性的接触なしに感染する場合もある。性感染症は、性と生殖の健康に壊滅的な影響を与えると共に、数々の合併症を引き起こす。例えば未治療のクラミジアや淋病は、(慢性炎症を引き起こし)不妊などの長期合併症の原因となり、梅毒は未治療状態が続けば死ぬこともある。また、特にクラミジアにおいては、骨盤内炎症性疾患なども引き起こす。さらに、性感染症はHIV感染リスクを上げる。免疫応答によって感染部位(性器)に集まった活性化した免疫細胞にHIVは感染しやすく、さらに免疫細胞内で増殖する。

◆今までの性感染症予防
HIV以外の性感染症予防はHIV対策に比べて後回しになっていたが、HIV対策が、性的パートナー数の減少、コンドームの正しい継続的な利用、早期発見・治療、男性の医療的割礼(包皮切除術)などが集中的に実施されていたため、他の性感染症予防においても多少の効果はあった。一方、抗レトロウイルス薬 Anti-retroviral drug : ARV の普及と研究の進歩は、HIV陽性者たちに対して、「ウイルス量が検出限界以下になれば、パートナーに感染しない」という認識をもたらした。しかし、ARVは、HIV新規陽性者抑制のための対策であり、HIV陽性者自身が他の性感染症にもかかりやすいという状況は変わらない。ARVをHIV感染予防として服薬する暴露前予防内服 Pre-Exposure Prophylaxis :PrEP では、継続的に正しく服用することでHIV感染リスクを減少させることが明らかになっている。しかし、当然ながら、PrEPもARV同様に他の性感染症は防げない。PrEPでは、性感染症センターにおいて患者の性行為のリスク度合いを見極めて投与するかどうか決めることもある。その場合、該当する患者への性感染症予防に関する指導の内容や、性感染症予防を継続しながらHIV予防投与を推進していく方法などは、依然曖昧なままである。

◆性感染症予防の重要性を再確認
性感染症予防戦略は、HIV予防と治療の変遷、およびその進歩を考慮しなければならない。政策は、従来のHIV対策をどのように継続・強化していくか、あるいは人々に予防知識を効果的に伝える方法などの多くの問題を解決しなければならない。さらに政策決定者は短期〜長期的視野を持ちながら、様々な立場の関係者へ、性感染症予防に関連するサービスを伝える方法、また交際に関わるDVや性感染症リスクを抑える方法などを知っておく必要がある。南アフリカ共和国にとって、これらの課題を解決することは、効果的に性感染症に対応するために必要である。

●原題:Preventing Sexually Transmitted Infections: Why South Africa Isn’t Winning
●出典:Sunday Times (The Conversation)
●日付:February 13, 2019
●URL:https://www.timeslive.co.za/sunday-times/lifestyle/health-and-sex/2019-02-16-preventing-sexually-transmitted-infections-why-south-africa-isnt-winning/

(ナイジェリア)UNAIDS報告-推定940万人がHIV陽性者であることに気づいていない

【2018年11月23日ナイジェリア発】国連合同エイズ計画 UNAIDSが発行した 『知識は力 Knowledge is Power 』という新しい報告書によると、世界のHIV陽性者のうち940万人が、自身がHIVに感染していることに気づいていないという。一方、陽性者の75%にあたる2700万人は自身がHIVに感染していることを認知しているとされる。報告は、現在HIV陽性に気づいていない940万人や、ウイルス量が検出限界以下まで制御しきれていない1940万人への対策強化を呼びかけた。

UNAIDSによる新たな報告書は、HIV検査や治療を強化することで、より多くのHIV陽性者へ到達できると示している。

健康を保ち、他者への感染を予防するには、継続的な抗レトロウイルス治療で、HIVを検出限界以下に持ち込むか、非常に低い水準まで抑え込む必要がある。UNAIDSのミシェル・ シディベ事務局長 Michel Sidibe によると、ウイルス量を効率的に管理するためには、12ヶ月ごとにウイルス量検査をする必要があるという。ウイルス量検査は、HIV治療の経過観察の最適の方法であり、治療が効果的であることや、ウイルスをしっかり制御し人々を健康的に生き永らえさせているということを示すものであるという。

ウイルス量検査の普及度合いは地域差が大きく、ある地域ではウイルス量検査がHIV治療に標準的に組み込まれていて簡単に受けることができるが、別の地域では国内にウイルス量検査機械が1つしかないということもあるという。シディベ事務局長は、「HIV検査とウイルス量検査は、ロンドンでも、アフリカ南東部マラウイ共和国の首都、最貧国の一つであるリロングウェでも、全てのHIV陽性者が例外なく同じようにアクセスできるべきである」と強調した。

また同報告書は、HIV検査への最大の障害は、差別と偏見であると示した。女性・男性・若者や鍵となる人口集団 key populationに関する研究によると、HIV関連の医療サービスを利用しているところを見られることに対する恐れや、陽性だった場合、家族や友達、性的パートナーや地域の人々に知れ渡ることに対する恐怖が、検査を含めたHIV関連サービス利用の妨げとなっているという。

UNAIDS は、HIV検査は基本的人権のひとつであるとしており、国連のHIV/AIDS 関連機関は世界に対し、HIV検査に対する障害をなくすよう呼びかけている。障害をなくすとは、HIV関する差別や偏見をなくすこと、HIV検査や治療の匿名性を確保すること、一番必要としている人たちへ届けるためHIV検査戦略を最大限に展開すること、などが含まれる。また、別の医療サービスとの連携することや、HIV検査や治療を妨害する法的障害をなくすこと、低・中所得国へウイルス量検査を普及させること、新生児に対するHIV早期診断を徹底することなども挙げられる。

上記の方法を実践することで、HIV陽性者やHIVに影響を受けている人々が、必要としている命を救う医療サービス(=HIV関連サービス)を利用できることを保証し、大いに推進することができると明らかにした。

原題: Nigeria: 9.4 Million People Living With HIV Unaware - UNAIDS Report
出典:All Africa (PREMIUM TIMES)
日付:2018/11/23
URL: https://allafrica.com/stories/201811230135.html

HIV陽性の高齢者はHIVケアの重要な部分

【2018年9月14日】抗ウイルス薬の発展は、HIV陽性者の状況を大きく改善してきた。にもかかわらず、世界に67万人いるとされる50歳以上のHIV陽性者に対する効果的な治療方法は、未だに見つかっていない。高齢のHIV陽性者 Pepople living with HIV : PLWH は、HIV陰性の同世代の人と比べると、様々な症状を起こすリスクが高い。例えば、認知症やうつ、孤独感をはじめ、医学的、社会的に多くの問題を抱える。HIVに感染した事実や性別に基づく固定観念などは社会的不名誉の要因となるが、これらに加え、年齢に基づく差別もPLWHを孤立させる原因となる。限られた予算の中ですべて世代のHIV患者への効果的なケアを提供する一方、PLWHへの効果的な対策を見つけることが、今必要となっている。

PLWHへの治療に関する主な問題は、治療の偏在である。首都など一部の地域に薬や治療の手段が集中する一方、他の地域では治療へのアクセスが不足している。その原因は、資源の不足や患者の貧困、治療を受けることへの社会的不名誉などである。

PLWHへの一次的治療は、身体的なケアと精神的ケアの双方をカバーし、長期的なニーズに応えうるものでなければならないが、その取り組みのひとつとして、自らが高齢者である専門家によるコンサルティングがある。専門家が単独ないしはチームで、その他の医療サービスや地域組織を結びつきアドバイスを行う。この取り組みの強みは、専門家が高齢者のことをきちんと理解できる点である。一方、外部からのアドバイスであるため、治療の実行に関する主導権が握れない点が弱点である。

さらに、代謝性合併症など、併存疾患を抱えるPLWHに対する代謝促進プログラムから生まれた取り組みがある。この取り組みの長所は、筋肉の低下など加齢に伴う疾患を考慮して治療できる点である。一方で、併存疾患の治療に焦点を絞ることで視野が狭まり、心理社会的側面を無視してしまう可能性がある点に注意が必要だ。

当初PLWHへの取り組みは、医学的アプローチの外側で主導されてきたが、今日では医学的プログラムも広まってきている。一部の取り組みでは、特定の地域における高齢世代の集団に焦点を当て、その地域の人口に特有の加齢に伴う問題への手がかりを得るとともに、治療のための正確なPLWHのスクリーニングの実施につながっている。

医学的根拠に基づいたPLWHへの取り組みは必要不可欠であり、各国の政府などは、PLWHへの一次治療の発展を促進する支援を行う義務がある。資源が豊富な地域と少ない地域とのつながりが増えれば、疾患への治療方法などの共有により、より多くのPLWHが健康管理に携われる環境を整えることが可能になるだろう。HIVがグローバルヘルスの一部としてとらえられるべきだと言われているように、HIVへのケアも、グローバルな視点で包括的に行われなければならないのだ。

原題:Older people with HIV are an essential part of the continuum of HIV care
出典:Journal of the International AIDS Society
日付:2018/01/06
URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/jia2.25188

(ジンバブウェ)「エイズ終息」への取り組み、世界から認知される

【2018年9月19日ハラレ(ジンバブウェ)発】国際保健への投資で有名な世界最大の財団、ビル&メリンダ・ゲイツ財団と米国のワシントン大学保健統計・評価研究所 Institute for Health Metrics and Evaluation が発表した報告書「ゴールキーパーズ:データの背景にあるストーリー2018」によれば、南部アフリカの内陸国の一つであるジンバブウェは、これから5年間で現在のHIVへの取り組みの努力の拡大と新たな予防方法を組み合わせれば、今後10年以内に、15歳から29歳までの新規HIV感染を現在の3分の1に減らすことができるという。

ジンバブウェは子ども・若者の人口が多く、この人口を健康に保てれば、同国は飛躍的な経済成長が期待できる。ジンバブウェの人口の半分以上が25歳以下だが、この人口の大部分は、25歳になるまでに新たにHIVに感染する可能性を持つ。

HIVへの介入は3つのステージがある。検査によって人々は自分のHIV感染の有無を知ることができる。HIV陽性と判定された人々はどう治療につながるか。そして、治療が成功してウイルス量を検出可能値以下に下げることができるか。一方、予防については、現在のところ、コンドームを使った感染予防、男性の亀頭包皮切除、暴露前予防内服 Pre-exposure prophylaxis : PrEP がある。今後中長期で期待されるのは、より効果の長いPrEPと、70%の予防効果のあるワクチンである。

ジンバブウェのHIVの中長期シナリオは、現在のジンバブウェのHIVへの取り組みをどの程度スケールアップできるかということと、あらたな予防方法の開発スピードおよび効果的な組み合わせをどのように追求できるかで、「ゲートキーパー」報告書には、3つのシナリオが示されている。

(シナリオ1)ジンバブウェの現在のHIVへの取り組みは一定の効果を生み出している。この努力を続けることで、効果的にHIVを減少させることはできるが、減少スピードは遅く、2050年になっても毎年1万6千件のHIV感染が生じるであろう。

(シナリオ2)ジンバブウェが既存の取り組みを効果的に拡大し、現在の予防方法を効果的に組み合わせれば、2050年には新規感染を毎年5000件にまで減らすことができるであろう。

(シナリオ3)ジンバブウェが既存の取り組みを効果的に拡大し、さらに、長期的に効果のあるPrEPやワクチンなど、新規に開発される予防方法を効果的に組み合わせられれば、HIVはしっかりと管理された状況にもっていくことができるであろう。

この報告書を出したビル・ゲイツ氏は、ジャーナリストたちを招いた電話会議において、「ジンバブウェは既存のHIVプログラムが効果的に機能している国であると認識している。この報告書で示されたことが効果を持つのは、多くの人々が検査を受け、エイズ治療が適切に行われる場合である。若い世代にメッセージを届け、プログラムをその世代においてきちんと機能させることが重要だ」と述べた。

原題:Zimbabwe: Zim's Impressive Efforts to End HIV Get Recognition
出典:The Herald (Zimbabwe)
日付:2018年9月19日
URL:https://www.herald.co.zw/zims-impressive-efforts-to-end-hiv-get-recognition/

(ケニア)HIVの母子感染をなくすためのリーダーシップとイノベーション

【2018年7月26日 ケニア発】オランダのアムステルダムで開催された第22回国際エイズ会議(AIDS2018)(2018年7月23日〜27日)で、ケニアが行っている「HIV母子感染ゼロ」目標に向けた真剣な取り組みについて紹介された。

「非感染で(人生を)スタートし、エイズから自由でいよう」(Start Free, Stay Free, AIDS Free)というスローガンに基づき、ケニアでは子どもと青少年の治療へのアクセスに焦点が当てられている。とりわけ思春期の少女や若年層の女性が治療へアクセスしやすくなるよう留意していく必要がある。

会議の参加者は、確かなデータに基づき、コミュニティのリーダー、両親、宗教的リーダーや関連するステークホルダーを含む役割について、あらゆるレベルでの行動が必要であると強調した。

ケニアでは、子どものHIV新規感染が、2010年の推定13,000件から2017年には8千件に減少するなど、予防において重要な進歩があった。これは、HIVに感染した女性を支援するメンター・マザー・イニシアティブ、保健施設での母子支援、保健施設にアクセス際の障壁を特定するためのプログラムの推進などをずっと積極的に行っていることによるものである。ケニアのマーガレット・ケニヤッタ・大統領夫人Margaret Kenyattaのリーダーシップと彼女の「ビヨンド・ゼロ・キャンペーン(Beyond Zero Campaign)」により、HIV予防を含む母子の健康増進サービスがいかに重要であるかについて認識されるようになってきた。

しかし、同会議では、このような進展が国内で幅広くみられるためには、さらなる努力が必要であることも確認された。例えば、医療従事者によるストライキが、エイズ対策の進展を脅かすという意見がある。これは、妊婦のケアや検査に影響を与え、コミュニティの支援を減退させ、HIVサービスそのものにも影響を与えるようになる。

会議において、HIVプログラムの規模拡大を急ぐ必要性があることが確認された。子どもと青少年をHIV感染から守り、またすべての母子感染をモニタできるような新しいイノベーションによってヘルスシステムを強固なものにする必要もある。

(編集部注)Start Free, Stay Free, AIDS Free:「持続可能な開発目標」(SDGs)のなかで、2030年までにHIV/AIDSの蔓延を終わらせるという世界的な合意の一環として、とりわけ子ども、青少年、若い女性のHIV/AIDS蔓延を2020年までに終わらせるとする目標についてキャッチーに説明するスローガンの一つ。

原題:Kenya: Leadership And Innovation for Results in Eliminating Mother-to-child Transmission of HIV
出典:UNAIDS
日付:2018/07/26
URL:
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/july/kenya-eliminating-mother-to-child-transmission-of-hiv

(マラウイ) NGOがHIV/AIDSのピア教育者として青少年育成の取り組みを実施

【2018年6月29日 ンチシ(マラウイ)発】 南部アフリカの内陸国マラウイの中部州にある都市ンチシ在住の約30人の若者は、地域のNGOが主催する、HIVとAIDSに関する知識を備えることを目的とする3日間のトレーニングを受けた後、HIV/AIDSのピア教育者となった。

当該地域のNGOの一つである「社会奉仕のためのンチシ福音主義教会連合」 Ntchisi Evangelical Churchers Consortium for Social Services (NECOSS)が主催した研修では、当該団体の伝道教区であるカルモ Kalumo 、マレンガ Malenga 、チルーカ Chilooko の各地域から参加した若者が、同団体のHIVに関するプロジェクトオフィサーであるマティアス・チンドングワ氏 Mathias Chindungwa を指導者に研修を受けた。チンドングワ氏の組織は、米国大使館からの資金援助を受け、若者のHIVとAIDSの啓発、検査、支援プロジェクトを実施している。チンドングワ氏は、「これは今年の4月に始まった12か月のプロジェクトは、予算規模が1,300万マラウイ・クワチャであり、3つの伝道教区の13-35歳の若者をターゲットとしている」と述べた。

トレーニングは選抜された若者をHIV/AIDSのピア教育者、もしくは「HIV親善大使」としての訓練を受け、予防、治療、支援の情報を各教区の若者クラブの仲間に伝えることを目的とする。プロジェクトにおいて、より多くの若者が検査に行くことができるよう、モバイルHIV検査サービス HIV Testing Service(HTS)が強化されることが期待される。今後の成果として、「HTSへの容易なアクセスを提供することで、彼らの人生をよりよく計画し、管理することができるようになって、生産的な市民となることが理想である」とチンドングワ氏は述べた。

カルモ伝道教区 Kalumoからの参加者、リンビカニ・ムワンザ氏 Limbikani Mwanza は、「得た知識を彼の地域の若者に伝えることができる」と述べ、「このトレーニングで学んだことを仲間と共有することで、地域や国全体を変えることができる」とムワンザ氏は確信している。 また、チルーカ Chilookoからのエブリン マンダラ氏 Evelyn Mandala は、「このトレーニングがHIVとAIDSだけでなく、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスについて学ぶ機会を与えてくれたことは重要である」と述べている。

原題:NGO Trains Ntchisi Youth as Peer Educators on HIV, Aids
出典 :Malawi News Agency
日付:2018年6月29日
URL: http://www.manaonline.gov.mw/index.php/national/health/item/9635-ngo-trains-ntchisi-youth-as-peer-educators-on-hiv-aids

(タンザニア)AIDS教育センター20か所設立

【2018年3月29日】東アフリカに位置するタンザニアの国家エイズ委員会(TACAIDS)は、南部の回廊地帯(海岸沿いの首都ダルエスサラームからザンビアに向けた帯状の地域)に20のAIDS教育・訓練センターを設立している。目的は、HIV陽性者が比較的多い南部高原での対応を進めるためだ。現在感染率がもっとも高い地域は、法律上の首都であるドドマDodomaであり、この地域のHIV1陽性率はこの4年間で72.4%上昇している。

この計画では、HIVに加え、肝炎や結核、性行為によって感染する併存疾患について、地域社会が教育の機会を持てるようになることを目指す。TACAIDSの代表であるレオナルド・マボコ医師Dr. Leonard Mabokoは、この計画は感染率の高い地域に対し、タンザニアのエイズ信託基金を通じてTACAIDSが行う対策の一環であり、南部には少なくとも20ヶ所つくると述べた。

HIV/AIDSの教育・訓練センターは、抗ウイルス治療、日和見感染症への対応、予防方法や暴力の対応などを含めた教育を様々な地域で行うために使われる。センターでは、人々の教育に加え、HIVの予防と治療に必要な技術的支援を医療機関に対しても提供している。

タンザニアの南部回廊のセンターは、HIVの感染率が高いンジョンベNjombe、イリンガIringa、ムベヤMbeyaの3地域にまたがってつくられる(2017年の国家統計局(NBS)によれば、感染率はンジョンベで11.4%、イリンガで11.3%、ムベヤで9.3%であった)。この3地域はザンビアにもつながる主要な陸上ルートでもあり、多くのトラックドライバーが往復をする。この地域にセンターをつくる狙いは、他の地域や人々にHIVが拡散されることを防ぐことである。

タンザニアでは、HIVの感染率における地域差が大きい。国全体でのHIV陽性者は少なくとも140万人いるが、海岸沿いの南部のリンディLindiや沖合の島でタンザニアを構成する共和国の一つであるザンジバルZanzibarではその割合は1%未満と低い。一方、ドドマDodomaやタンガTanga、ムワンザMwanzaではHIV陽性者の増加が著しい。最新の調査によれば、ドドマでのHIV陽性者の割合は、2017年に2・9%から5%に上昇した。タンガでも2.4%から5%、ムワンザでは5%から7.2%まで上昇した。

タンザニア政府は法律上の首都で国の中央に位置するドドマに行政府を移転し、人口の少ない中部地域への移住を奨励する政策をとってきた。レオナルド・マボコ医師Dr. Leonard Mabokoによれば、この政策はエイズとの闘いを阻害する結果にはつながっていないという。委員会は、Dodomaで過去4年間に72%陽性率が上昇したことについて懸念を示しつつ、政府に対してドドマへの移民流入がパニックを引き起こさないよう行動することを求めている。

●原題:Tacaids Sets Up 20 AIDS Education Centres
●出典:Tanzania Daily News
●日付:2018/03/29
●URL:http://allafrica.com/stories/201803290056.html

(ナミビア)刑務所でのHIV感染を防ぐためのHIV予防ワークショップ

【2018年1月30日 リューデリッツ(ナミビア)発】アフリカ南西部のナミビア共和国にある大西洋に面した港町リューデリッツでは、青少年を収容する刑務所でHIV感染予防に向けた取り組みが行われている。続きを読む

(ナミビア)学校における性教育の葛藤

【2017年10月27日】南部アフリカのナミビアで導入された新しい性教育のカリキュラムは人々からあまり高く評価されていない。内容があまりにおおざっぱすぎて、性行為に慎重になるだけでなく、いかがわしい性行為に関与することを子どもたちに教えるものであると理解されているようである。続きを読む

(ケニア)ロシア語圏の市民社会組織のために、結核とHIV/AIDSに関する学習ポータルサイトが設置される

【2017年5月16日、ナイロビ発】途上国の三大感染症対策に資金を供給する国際機関「グローバルファンド」(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)の支援で事業を行っている地域プログラム「地域市民社会・コミュニティ支援・調整・コミュニケーション・プラットフォーム」Regional Civil Society and Community Support, Coordination and Communication Platformは、ロシア語圏の市民社会向けにオンライン上にHIV/AIDSと結核に関する学習ポータルサイトを開設した。このサイトの目的は、コミュニティが自らの能力を強化して国家のHIV/AIDS及び結核対策に関してより大きな役割を果たせるようにすることにあり、2016年よりウクライナの市民団体「公衆保健同盟」Alliance for Public Healthのホームページ上で利用可能となった。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF

アフリカ日本協議会

  • ライブドアブログ