【2012年6月11日 ブジュンブラ(ブルンディ)発】アフリカ中部のブルンディ共和国政府は、HIV/エイズ対策5カ年計画の費用として、3億4,900万ドルの資金集めに奔走している。現時点で、世界エイズ・結核・マラリア対策基金から2012〜2014年の資金として9,000万ドル、また米国政府は、米国国際開発庁 USAIDから米国のNGOファミリー・ヘルス・インターナショナルを通じて、特に母子感染予防の対策費として1,000万ドルの資金提供を受けることが決まっている。続きを読む