グローバル・エイズ・アップデート

世界のHIV/AIDS情報を日本語で配信中!

アジア

(中国)コミュニティへの参加の高いMSMほどエイズや梅毒の検査を受診している

【2017年4月3日】低所得国や下位中所得国(LMICs)において、男性とセックスする男性におけるHIVと梅毒の検査率は依然として低い。一方、高所得国においては、しばしば強固な市民社会のある環境下で、鍵となる人々のHIV検査を促すためにコミュニティ参画の手法がますます使われるようになった。そこで、中国におけるMSM間のHIVおよび梅毒の検査と関連する要因を社会人口学、行動学、コミュニティへの参画の点から評価することを目的に調査が行われた。続きを読む

(アジア)アジア太平洋の医療施設で強まるHIV陽性者への差別・排除


【2016年3月15日 バンコク(タイ)発】
アジア地域では、医療従事者がHIV陽性者に対して医療サービスを拒否し病院から排除する行為や、医療サービスの差別化といった良くない現象が起きている。このことが、保健に取り組む、コミュニティに基礎を置く団体Community-Based health Organisation(CBO)に対してマネジメントのトレーニングを行っている団体「アジア・カタリスト」Asia Catalystの調査から明らかになった。続きを読む
おすすめ(AJF関係者の本)
AJF代表・林達雄著作。治療薬アクセス問題を患者の側から描き、真の国際協力とは何かを問う、HIV/AIDS関係者必読の一冊
Categories
Archives
発行者:AJF
  • ライブドアブログ