味わい堂々  稽古場日誌


味わい堂々 10周年記念公演
「たまご祭」
2017年12月2日(土)〜5日(火)
お願いします

まゆゆと味わい堂々の10年史 from荒船泰廣

こんにちは

映像制作会社勤務の荒船です!
今回はオープニング映像の製作で参加しました!

10年!
すごーい。

僕も旗揚げから映像で参加しているので、なんやかんや味わいのみんなとは10年の付き合いになるんですね。

10年経って思うのは、まゆゆ10年もアイドルやってたのかと。
そりゃ13歳だったまゆゆが23歳になってAKB卒業するわ!!

味わいの3人は変わらずずっともちゃもちゃしていますが、でもやっぱ10年前とはもちゃり方が違うなって思いますね。
なんていうか、余計なものがどんどん削ぎ落とされていって、鋭さを増したもちゃって感じがします。

人間の細胞は数年かけてまるっと入れ替わるそうです。
つまり10年も経てば物質的には全くの別物。
全体としては同じ形を保ちながら少しづつ変わっていくのが人間なのです。

変わらずもちゃもちゃしているように見えて、少しづつ、時にまゆゆと細胞を交換したりしながら、変化したもちゃの10年の歴史なのではないでしょうか。

そんなもちゃもちゃした3人に20代の頃は翻弄されたこともありましたが、振り返ってみるとすごく楽しかったですね。
味わい堂々でずっとやってきたことが、今すごく役にたっています。
感謝!

たかみな、みゃお、ぱるる、ももクロが好きになって見たりハロプロが気になって見たり、最近は乃木坂46が大好き。
僕の推しメンも10年ガンガン変化していきました。
でも10年変わらないこともあります。
そう僕の永遠の推しメンは味わい堂々の3人。
フォーエバーラブ!!!!!

image




嗚呼 from旧姓川口恵理

どうも、旧姓川口恵理と申します。味わい堂々には旗揚げから第6回公演まで、ひっそりこっそり出演していた者です。2児の母です。普段は家事をしながら、となりのトトロの『さんぽ』を、矢野顕子風に歌ったり、森山良子風に歌ったりしています。要はモノマネしてます。ざわわざわわ。娘からは『その歌い方キモイ!』と言われています。ざわわざわわ。

味わい堂々10周年ですか。私は味わい堂々にとても感謝しています。10年前、旗揚げ公演の稽古が始まる直前に、私はそれなりに長くお付き合いした方とお別れしました。そのため、歯磨き粉で顔を洗いそうになったり、電車でハナレグミの『サヨナラCOLOR』を聴いて涙ぐんでいたのです。そんな時に味わいの稽古が始まり、しかもその稽古&本番がなんだか楽しくて、色々忘れることができました。味わいの稽古&本番がなかったら、きっと私は、チョキでラーメンを食べて指を火傷したり、カラオケでプリンセスプリンセスの『M』を何度か歌って、中島みゆきで締めていたと思います。

嗚呼、サンキュー味わい。

と、ココまで書いておいたんです。浅野さんから『ぐっちは初日の稽古場日誌書いてね!』とだいぶ前に言われていたので。でも初日は過ぎましたし、私は子供を岸野さんの実家に預けて『たまご祭』を観てきました。面白かったです。そして、まさかの涙が出てきました。旗揚げの頃から知ってる彼女達を見てたら、涙が出ちゃったんです。泣ける話は一つもないんですけどね。すいません、センチメンタルババアで。

と言うことで、『たまご祭』あと3回。私は味わいと対談し、それが豆本になっています。『たまご祭』観て泣くくらいなのに、豆本の内容は全くないです!内容ペラッペラです!でもどうか、興味だけでも…持って下さい…(T_T)
image

image

バカウケ from 石川ユリコ(拙者ムニエル)

お疲れ様です。

拙者ムニエルの石川ユリコと申します。

たまごまつりの初日を拝見致しましたが、過呼吸起こすくらいマジでバカウケしたシーンがあります。

10年間積み重ねてきたからこそ出来る、くだらなさ満載な悲喜こもごもなコントのオンパレード…

最後の方は、感慨深さで泣きそうになりましたが、やってることは最高にくだらなくて、バカウケと感動のマーブルチョコでした。

10年経ってもかわらず劇団を続けていくって、本当にすごいことだと思います。
眩しいす!
なんていうか、バカウケさせてくれてありがとう!

10周年、本当におめでとうございます♡

image


カレーまで from村上大樹(拙者ムニエル)

初日にゲストで出させていただく村上大樹です!
今日は稽古最終日!通し稽古が行われました!
宮本さんの入ってるトイレを開けたがる浅野さん、岸野さんのオニギリを勝手に食べちゃう宮本さん、そして自分の書いたセリフの演じ方がわからなくなっちゃう岸野さんと、三者三様の個性が混ざり合った良い通し稽古だったと思います!
3人の素敵な女優さんに囲まれて、僕もいいお芝居が出来るよう頑張ります!
味わいのみなさん、帰りにカレーまでご馳走になってしまいご馳走さまでした!

image




(突然) from細川洋平

16年7月に行った公演「枯山水」(作・演出/イケテツさん)でご一緒させていただいてから、2度目の参加となります、ほろびてというユニットをやっている細川洋平と申します。昨年以来の方、お久しぶりです。初めましての方はどうぞよろしくお願いします。

あれから浅野さんとはジャズライブに定期的に行くようになり、宮本さんとは舞台を見た打ち上げ帰りに途中下車してコンビニで缶ビールを買って道ばたで飲み直したりし、岸野さんとはBBQで岸野姉さんとお知り合いになるなど、どんどん仲を深めてきたと実感しています。(後にジャズライブは4人で行くことになります)
今回、10周年記念に3人芝居をするということで、その知らせを聞いてからずっと、お客さんとしてもたのしみにしてきました。

味わいの3人を(突然)アニメ作品に例えると、浅野さんは「ギャラクシーエンジェル」、岸野さんは「TARI TARI」、宮本さんは「ガーリッシュナンバー」という感じです。
浅野さんは明るく破天荒な面が、基本ギャグでほんとーうにたまーにシリアス回がある「ギャラクシーエンジェル」にぴったりですね。岸野さんは懐の広さや時おり出るブラックなコメントが「TARI TARI」的だなーと思います。ブラック部分は紗羽が大智に言い放つところです、うんうん盛り上がってきました。宮本さんの「ガーリッシュナンバー」は「勝ったな、がはは」という千歳の完勝宣言からの大失態やら、いろいろなところが思い当たりまくりです。

「あーそうそう!」と思った方も多いと思いますが、そんな個性的な3人が「たまご祭」ではどんな風に描かれているのか、とってもたのしみですね。
僕は1ステージだけ、劇団時代の主宰でもあったブルー&スカイさんと2人でゲスト出演させていただきます。大好きな3人と舞台上でまた絡めるのか、どうなのか、それもとてもたのしみにしています。他のゲストの方たちの回もすごーく見たいところです。ぜひとも、ご来場いただけるとうれしいです!

ほそかわ

image





書いてる人々
このブログは…

浅野千鶴
岸野聡子
宮本奈津美

以上、
もっちゃり女三名
でお送り致します。
Recent Comments