敷島住宅は、暮らしに役立つ設備機器が標準装備です。

敷島住宅では、暮らしに役立つ多彩な設備機器が標準装備になっています。

キッチンは、人造大理石カウンタートップをはじめ、センサー付きガラストップコンロ、スライド収納、食器洗浄乾燥機、ワイドなシンクをはじめ、先進機能を搭載しています。


また、IHクッキングヒーターとガスコンロの洗濯も可能な豊富なオプションが用意されています。


バスルームは、ユニットバスのゆったりしたものを採用し、浴槽は4時間たっても2~3℃ほどしか湯温が下がらない保温構造です。


ゴムパッキンをなくし、カビが付きにくいドアを採用しています。


また、掃除が楽なメーカーを用意しています。


そのほかの水回りも、有名なメーカーの設備を取り揃えています。


断熱効果が顕著に表れる窓は、夏涼しく、冬は暖かい複層ガラスを採用し、

優れた断熱性を発揮します。

敷島住宅の戸建ての性能とプラスプランで楽しめること。

敷島住宅の戸建て住宅は、耐震性能が従来の木造建築と比べても格段に上昇しています。

敷島住宅では、金物接続後方を取り入れることで、従来の接合方法では構造上の欠点となっていた接合部分を大幅に強化することができました。


この金物接続工法では、欠損部分が12mmのボルト穴だけなので、欠損が少なく、高い強度を維持することができます。


そのため、木本来の強さを最大限に発揮させることができます。

耐震実験では、従来の木造軸組み工法と比べても、強度の上昇が確認されています。


敷島住宅の床材は、基本的には汚れに強く、車いすの使用にも対応した高耐久の床材を使用しています。

さらに、床暖房にも対応しており、抗菌塗装済みで低ホルムアルデヒドの材料を使用しています。


また、有料変更で、床材を無垢材に変更することもできます。

床材に使われる無垢材には、数種類の木の中から選ぶこともできるようで、自分の好みに合ったものを選べるようです。


有料変更では、機能性壁紙や、床下調湿(木炭敷き)、収納調湿などの機能を追加することができるようです。


収納調湿はすごく便利です。収納は、湿気がこもりやすく、普段扉が閉まっているため、室内との温度差により、結露なども発生しやすい場所になっています。


そのため、調湿機能を加えることで、湿度を調節することはもちろん、結露を防止することで、カビなどの発生を抑制することができます。カビは、衣類などにも発生してしまうので、湿気のこもりにくい空間を作ることが重要です。



敷島住宅の次世代型省エネ住宅の設備が良い感じ。

敷島住宅の次世代型省エネ住宅の「Reco.」では、建材・設備をすべてパナソニック製を採用しています。

キッチンには、IHクッキングヒーターを始め、シンク、レンジフード、大容量のフルオープン食器洗い乾燥機などが完備されています。

さらに、バスルームは、真空断熱保温浴槽を採用、トイレは、掃除が楽な、節電・節水能力の高いタンクレスタイプのアラウーノです。

フロアーは、汚れや、車いすの使用にも対応した高い耐久性のある素材を使用しております。

敷島住宅の次世代型省エネ住宅の特徴の1つとして、「エコウィル」「エコキュート」の2つの内どちらかを選んで、設置する事ができます。

エコウィルは、クリーンな天然ガスで発電し、その時に出る熱でお湯も沸かせて団王もできるガスコージェネレーションシステムです。

エコキュートは、深夜電力を基本とした割安な料金制度で快適なバスライフを送ることが出来ます。

大気熱を利用するヒートポンプユニットで効率よくお湯を沸かす事ができるので、家計にやさしいです。
 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ