カテゴリ:

928ec36f.jpg













「江戸っ子」という言葉で、
世間は何を思い浮かべるだろう。


宵越しの金は持たず、負けず嫌い。
「夕日が目に沁みるぜ」と涙をごまかし、
奥さんに素直に「ありがとう」を言えず、
口癖は「てやんでぇ。」

と、いったところだろうか。


■江戸っ子(wikipediaより)
「細かい事にはこだわらず商売下手、人情家で正義感に溢れるものの、意地っ張りで喧嘩早く、駄洒落ばかり言うが議論は苦手」


実は、江戸っ子と聞いたとき、
ふっと頭に浮かんでくる人が居る。


浅草の「色川」の大将だ。
(↑微妙に所ジョージ似)


色川は、雷門近くの住宅街の一角に、
ひっそりと暖簾を出す、風情あるお店。
ここの大将、とにかく良くしゃべる。
そして、江戸っ子の例にもれず、口が悪い。


いつものようにそろりと暖簾をくぐり、
「まだやってますか?」と聞いてみると、


「入れ。今日はお前が最後だ。」

「さっさと食って帰れよな。」

「暖簾しまわなきゃなんねぇな」


と、早速のマシンガントーク。


好き嫌いがはっきりと分かれるだろうが、
自分は、小綺麗なお店なんかよりもずっと好き。


老舗の店主は、
誰よりも自分の仕事にこだわりを持っている。
納得できないものは、お客に提供しない。

だから、市場が休みの日曜日は、店も休みだ。
他のお店が営業をしていても、大将には関係ない。
その日に卸した新鮮なウナギを出せるか出せないか。
こだわりの仕事ができるかどうか。


店内はお世辞にも広いとは言えないが、
だからこそ、大将の江戸っ子トークを満喫できる。
その仕事の背景にある「こだわり」に触れることができる。


それを知っているから、
今日も、ついつい、
色川の暖簾をくぐってしまうのだ。


「まだやってますか?」

色川のれん

995fdadd.jpg











世間では、
元清純派アイドルが麻薬使用疑惑か?
なんて事が話題になっている。


「妻もやっていた」と、夫。

「夫に勧められた」と、妻。


このやり取りを見ていて、
「マンモス悲ピィ夫婦だなぁ」と思ってしまった。


なんて時事ネタを書いてみたものの、
もちろん大した関心があるわけでもない。
自分にとって最大の関心事は、今日のメシ

大学時代の同期BOAと二人で、
青山の焼肉屋「よろにく」を訪問。
ずっと前から行きたかったのだが、
予約がとれず、先延ばしになっていたお店。

入り口からして、
どこぞやの料亭の雰囲気。


「サンダルで入って良いのか…?」

と、一瞬だけ足が止まったが、気にせず入店。
せっかくだから、と迷わず9000円のコースを選択。
雰囲気、味、サービス、店員さん、全て◎
予想を超える満足度だった。
(メニュー詳細はリンク先のblogを参照)


代表のVANNEさんと、焼肉話で盛り上がり、
東京焼肉番長なるサイトを教えてもらう。

美味いもん好き同士は、つながるものだと実感。

食後は渋谷まで散歩しながら帰宅。
ドアを開けたら、ひんやり…。。。

エアコン付けっぱなしで出かけていたー

金が無いけど贅沢がしたくなったので
こんなのを買ってみた。
庶民レベルの贅沢。


レシート













注文してから二階に上がって五分ほど待つと
なにやら店員がナイフとフォークを持ってきた。

さらに待つこと五分。
なんかすごいのが現われた。

ドドーン



タクミ










アップで見ても、やっぱり美味そう。

ドドドーン



タクミアップ








一口目をパクリ。


モグモグ…


う、うまいっ!


ハンバーグとアボガドと山葵(ワサビ)の相性がバツグン。

バンズも焼き立てふっくらで良い感じ。


…でも

残念ながら食いづらい。

気がついたら皿の上でぐちゃぐちゃに…



ヒ、ヒドイ…

ドドドドーン



グチャグチャ









料理は匠味だが、食べ方が巧みじゃなかった。

これ、絶対にキレイに食べられないと思う。

のろ


ありえないよ、この美味さ。

「広島越え山口風」が異常に美味い。

「トンペイ焼き」の卵がトロトロで美味い。

「のろ焼きかいわれ」が不思議にハマる。

「のろ焼きにんにく」の揚げにんにくがヤミツキ!


ソースで勝負する「ぼちぼち」とはまた違う、素材の組み合わせ、生地の焼き加減で絶妙な味を出している印象を受けた。

悔しいけれど、また来たい店だ。



ドンマイケル♪
って芸をやっていたお笑いの人が隣で地味に食いまくってたけど、あまりにオーラがなさすぎて驚いた。ただのチンピラかと思ったもの。

「マイケルです」

って帰り際にカウンターに向かって自己紹介をしている姿が、何とも気の毒だった。

頑張れマイケル!

そろそろ飽きてきても良い頃だと思うが、不思議と飽きない魔法のお好み焼き屋さん。


それが、ぼちぼち。

今日もバイト帰りに内定者のみんなで行ってきた。
(俺、ギャル、まっする、とどろき)

店員と仲良くなったおかげで、こっそり大盛りサービスしてもらっちゃった。

スタミナ焼きが最高に美味いことを発見し、テンション↑

美味いもんを楽しい仲間で食えることはとても幸せなこと。

だから自分はとても幸せ。

幸せなことを素直に幸せと感じる気持ちを持ち続けたい。

この仲間なら、それが自然に出来そうな気がする。

そんなコトをふと思った、月曜の夜。


ぼちぼち

手羽先を食いましたが、何か?

前回も確か雨だった。
手羽先を食いたいと思うのは決まって雨の日。

「雨の日は普段は気づかないような匂いに満ちている」

と言ったのは誰だっただろう。(DAれDAったDAろう)

「いやぁ、まだ俺、東京ハンズ行ったことないんだよね〜」(俺も、ない)

と言った人と同じだったか、違ったか。



ブクロを歩いていたら身長が縮んだ。
トトロっぽく

今日はハルバル恵比寿にキムカツを食いに行った。

山手線を降りるとヱビスビールの音楽が。
センスいいねぇ、恵比寿駅。

キムカツ本店を探すこと20分、何とかかんとか行列を発見。さっそく列に加わる。並んでる途中、ビデオカメラを抱えた怪しいお兄さんがウロチョロ。やたらと目に付く鼻に付く。いきなり「キムカツは初めてですか?」と話しかけられ、インタビューされることに。どうやら名古屋テレビのスタッフらしく、名古屋にキムカツができるので取材に来ている、とのこと。既に報道ステーションで全国デビューしているので、あんま緊張しなかったけど、大したことも言えなかった。ボツかな。

そんで結局一時間くらい待って、相席でキムカツ。
うん、うまい。
梅しそがうまい。
銀座のほうが、店員さんが良い感じ。
カイロ以上、銀座以下。
帰り際に入り口に居たガキンチョが可愛かったが、性別は不明だった。

キムカツについては前に書いたから、こんなもんで。


時間があったので、恵比寿麦酒記念館に行ってみた。

麦酒の歴史とか古いCMとかポスターとかがたくさん展示されていて楽しかった。
酔っ払いは今も昔も変わらない、という確信を得た。


確信の根拠
世界最古の酔っ払い図










しかもここ、ビールが安い安い。
飲みくらべセットがいけてた。
四種類の美味しいビールが飲めて400円。
どれもうまーい。
個人的には英国のエールがフルーティでお気に入り。

えびす、くろえびす、う゛ぁいす、えーる(、クラッカー)
利きビール






そんなわけで、恵比寿に行ったら昼間からビールを飲むべし。

抱きつき

飯食った。
とんかつ和幸。

内定先と父親の勤務先が目と鼻の先であるので、これからはバイト帰りにちょくちょく会えそうだ。

父親は大好きだ。
祖父に似て実直な人間。
曲がったことが大嫌い。
ぶっきらぼうだが優しい人だ。
誰よりも尊敬している。
そして感謝している。

父親に限らず、多くの人の世話になって、今の自分がある。

逆に言えば、他人抜きに、自分は語れない。

が、しばしば、そのことを忘れがちだ。

自分だけの力で何事かを成し遂げたように考えてしまうことがある。

むむむ、どうしたことか。




ぶっちゃけあんまり実践できてないけど、こんな考えが好きだ。


「成功の理由は幸運、失敗の原因は自分」


実際はどうあれ、このように考えれば、謙虚な気持ちを持ち続けることができる。勝って驕らず、負けて腐らずって感じ。これが出来る人間になりたいなぁと思う。


こんな言葉が好きだなんて、やはり自分は「守り」の人間だ。

世界の山ちゃんで、塾時代の友達と幻の手羽先を食べてきた。ここ、東京walkerのグルメ部門で一位になってたから、前から気になってたのよ。どうやら名古屋でかなりの猛威を振るっているようだ。

やまちゃん






食べてみると意外にもスナック菓子みたいなお味。スパイスが効いていてかなり止まらない。パクパク進んで、骨入れの壷がいっぱいになるまで食ってしまった。果たして体に良いのか。。美味いから良いか。

ちなみに↓これは餃子。

餃子だよ






手羽先、餃子に限らずどの品もリーズナブルで美味い。

みそかつとかきしめんとかどてめしとか

基本的に名古屋系のやつが多かったな。
また行こうっと。

「まずい青汁」ってドリンクを飲んだんだけど、道端の草の味がして最悪だった。
罰ゲームに、かなり使える。

青汁

7e9f0f48.jpg最近、食べ物が別のものに見えることが多くて怖い。

これは、たまたまグリルした鶏肉が、出てきたときには鶏そのものになっていたという恐怖画像。




Is this a dog?

No, it is a cat.



Is that girl Akiko Yada?

No way! She's Akiko Wada!

今度は銀座のキムカツ

キムカツ







前々から行ってみたいと思っていた店なので、いつも以上にウキウキ。
バイト代が入ったばっかなので、調子こいて一番良いコースを頼んじまったわい。

うは。


キャベツはお替り自由。
水っ気があってさっぱり。
味噌汁は赤味噌をチョイス。
写真の通り、ご飯は自分で盛る。
そのご飯は、カツが揚がる時間にぴったり合うように炊き上げられた、つやつやの絶品。

「もはやこれは、ごはん、という料理じゃないか」

と思ってしまうくらい甘くて美味かった。

で、コレがカツのUP写真。

キムカツアップ












なんだ、この肉汁は、この厚さは。
(むむむ、心なしかモヤイ像に似てる気もする)
ミニ鉢で自らゴマを擂って、それにソースを加えたものをつけて食べる。

もちろん、ジューシー。

それがまた、ご飯に良く合う。
ご飯とカツは、あまりにも仲良しだ。

で、最後にゴマプリン食べて終了。
店員さんの感じが非常に良くて、とても幸せな気分になった。
美味い店は、店員も良い感じ。
久しぶりにお金を使って美味しいものを食べたけど、それも悪くない。


デザート

やつら、いよいよファーストフード事業に参入するらしい。


======livedoorファイナンスより抜粋=======

サイゼリア、ファーストフード事業参入で新店舗設立
イタリア料理レストランを展開するサイゼリアは11日、ファーストフード事業を開始すると発表した。同社広報によると、今回はファーストフード事業参入に向け、チェーン店を想定したもので、手始めに8月中旬から東京都北区内の店舗でハンバーガー、サンドウィッチなどの販売を始める。店名は「イート・ラン(Eat Run)」。

======抜粋終わり========================

北区って、うちの近くかなぁ。
赤羽のほうかなぁ。
店舗検索してみたら赤羽に2店舗あったけど、王子には無いや。

行ってみよう。

43
44
今日も美味いもん食って、美味いもん飲んだ。
しあわせイナフ。

酒良し、つまみ良し、景色良し。

しめて千円なり。
やはり夏の飲みは外飲みに限る。

これ以上ない楽しく幸せな時間。
続きを読む

赤羽で鍋やった。いい家だった。

赤羽には、ギャル店員だらけの八百屋がある。




へぇ。

具無し炊き込みご飯にチャレンジ。

=材料=

醤油・みりん・カツオだし・白米・モンゴルの塩

分量は適当。

作ってみたら意外と美味かった。噛めば噛むほど甘味が出てきてグー。
普通に炊くだけで焼きおにぎりのオコゲみたいな部分が自然発生するので、オコゲマニアにはオススメ。

こんなやる気ない飯を作ったのは久しぶりだ。
セルフ料理に関しては、手間ヒマと味は無相関だと気がついた。

今日は東武デパートに開店前から並んだり。
まわりはオバチャンだらけだったけど、気にしない。
アローンだけど、それでも仕方ない。
続きを読む

↑このページのトップヘ