2007年08月23日

Buchwheet Noodle in Bali

buckwheetバリのFour Seasons Resort Hotelで出されたBuchwheet Noodle(日本そば)です。
幻想的。BALI  
Posted by akabane_men at 17:24Comments(0)TrackBack(0)

2007年01月02日

A HAPPY NEW YEAR in TAIPEI

TAIPEI101From TAIPEI101  
Posted by akabane_men at 00:45Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月15日

沖縄入梅

那覇空港那覇空港のステンドグラス沖縄は14日に梅雨入りしたそうです。今回うまく梅雨入りを避けることができました。那覇空港もどんよりでした。  
Posted by akabane_men at 09:40Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月13日

四半世紀ぶりの沖縄

沖縄
沖縄は返還されて34年になるそうですが、今回自分は沖縄に25年ぶりに来ています。沖縄そばを食べるのが目的のひとつです。沖縄はまだ入梅しておらず、本日ももう30度を超え、こんな日も続いており、浜辺は快適です。



沖縄の蕎麦屋問題の沖縄すばを食べようと有名どころの蕎麦屋さんは押さえたのですが、回る時間がないので、那覇空港の沖縄そばやで食しました。 昨年の大江戸めんまつりでも沖縄の方が盛んに沖縄すばの売り込みに来ておられましたが、そーきそばなど沖縄すばのバラエティーさも今回初めて知りました。25年前はアメリカ産牛肉ばかり食べていましたが、今回はすばやフルーツ、サーターアンダギーなどといろいろな食材をためすことができて楽しいです。



沖縄すばこれがいわゆる「沖縄そば」です。ダシは鰹節にとんこつです。蕎麦屋の人もおっしゃっていましたが、いわゆるイノシン酸同士の組み合わせということですが、沖縄産昆布などからもだしをとるともっと旨みが増すように思いました。



そーきそばこちらが沖縄そばに豚のあばら骨についた胸肉を乗せたものでそーきそばと言われるものです。  
Posted by akabane_men at 21:44Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月10日

名古屋の蕎麦屋

今日、名古屋まで行く用事があったので名古屋の有名な日本そば屋に寄って行こうとTAXIの運転手に「名古屋駅周辺で有名な日本蕎麦屋さんありますか?」と訊くと「日本蕎麦?、名古屋はきしめんか味噌煮込みだよ。」と言われた。


名古屋駅ホームの立ち食いきしめんそれは分かっているのだが、どうせなら違う土地で違う蕎麦屋に入ってみたい。と言っても時間も無かったことだし、「じゃ、きしめんの一番美味しい店を教えてください。」というと「名古屋駅のホームだよ。」という。なんで名古屋駅ホームの立ち食いなのか?と訊くと「一番量が出ているからねえ。俺らなんかも、わざわざ駅に入ってきしめん食べるくらいだよ。」という返事。


海老天きしめん550円よく分からないが、名古屋駅新幹線のホームの立ち食いきしめんを食べてきた。 確かに550円で海老2本はお値打ちだと思う。  
Posted by akabane_men at 22:21Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月06日

「そば店の経営戦略セミナー」5/15(月)

そば店の経営戦略セミナー神奈川県の中小企業診断士の方が蕎麦店向けに「そば店の経営戦略〜繁盛店のつくりかた、ヒットメニューの法則」を開催いたします。 主催は川崎稲生蕎麦商組合さんです。 そば店向けに限定した経営セミナーはとても希少価値があり、絶対に参加に値します。 川崎近郊の方、またセミナーの依頼を考えていらっしゃる組合員の方は下記、竹内幸次先生までお問合せしてみてはいかがでしょうか。 

今から10年前に東京都麺類協同組合でも神田神保町本部で中小企業診断士の方を招いた経営セミナーを開催したことがありました。内容は蕎麦屋の「計数管理から見た実体」のようなもので、時はバブル不況にあえいでいた時期にどのような店が繁盛しているかを数値から分析したとても興味深いセミナーでした。 例えば「接待交遊費と店舗売上との相関関係」、「経営年数と成長率との相関関係」、「2代目3代目のような世襲代数と売上の相関関係」などと財務指標以外の数値から経営状態を分析したとても示唆に富んだセミナーでした。 そのときの資料はまだ手元にあります。

今回の蕎麦店向けセミナーも中小企業診断士の方ということでとても興味深いものになると思います。 とくにビジネスブログの活用や後継者問題などに的を絞っていますが、"経営戦略”が主題ですので、経営のセオリー、理念や意識改革まで言及される抜本的なものだと考えています。セミナー内容についても後日紹介できればこのブログで紹介いたします。

中小企業診断士 竹内幸次氏のページ  
Posted by akabane_men at 17:09Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月05日

十割=挽きぐるみ?

十割そば埼玉森林公園脇のHOTEL HERITAGEの天空レストラン「天の川」で出されていた十割蕎麦です。蕎麦の今的な潮流「十割」「挽きぐるみ」を見事に踏襲されていました。但し器がクリスタルで新鮮な感じでした。  
Posted by akabane_men at 10:12Comments(0)TrackBack(0)

2006年05月01日

神楽坂の蕎麦屋1

赤羽から神楽坂に引っ越してきて4カ月が経ちました。 神楽坂は知る人ぞ知る個性的蕎麦屋の密集地帯です。 
本日ご紹介する蕎楽亭さんは、福島出身のご主人が8年前に脱サラで市ヶ谷で始めたのがきっかけです。 市ヶ谷から神楽坂に移られて大繁盛しています。 では、早速行ってみましたら

蕎楽
ゴールデンウィーク休みでした・・・。 
休みの日には車で子供を連れてよく福島に帰るとおっしゃっていましたから、ゆっくりと休まれてください。

ということで神楽坂の駅前近くの安曇野庵で面白いメニューを見つけたのでご紹介します。


あおさそばまずは長崎県の特産の青海苔を使った「あおさそば」。青海苔の量が多く、磯の香りが豊富で美味でありました。 850円






そばやのサラダ「そば屋のそばサラダ」というネーミングだけで選んだ一品。 そばつゆとマヨネーズがとても合うので、「サラダそば」でもいけると思うのですが、名前的には平凡なので「そば屋のそばサラダ」となったのでしょう。760円





そばやの玉子焼き「そば屋の厚焼き玉子」というやはりこれもネーミングで選んだのですが、そばつゆを混ぜて焼いただけの厚焼き玉子でした。680円






そばやの天ぷらこうなると「そば屋の・・・」シリーズは全部頼んでみようと「そば屋の天ぷら盛り合わせ」です。えび、きす、穴子、野菜三種の盛り合わせで980円。

神楽坂はビジネス街に面していますが、土日も集客が効く「プチ銀座」のようなとこで、GWもごったがえしています。  
Posted by akabane_men at 18:39Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月30日

フランス紀行

先日の青年部総会でヨーロッパの記事をもっと載せてくれとのリクエストを受けて建物中心に紹介いたします。
hotel scribeオペラガルニエまずパリに到着して泊まったホテルは中級レベル?のHOTEL SCRIBE。 あの市川海老蔵の歌舞伎公演が来年に予定されているオペラガルニエ(通称オペラ座)の目と鼻の先。 オペラ座前の警官に「中は自由に見れるのか?」と尋ねると「日本人か? じゃタダで見られるぞ」みたいなことを言われて入ったらしっかり見学料を取られたぞ。








ルーブル美術館ハンムラビ法典5月に全世界で一斉公開される「ダヴィンチ コード」のメイン舞台となるルーブル美術館。もちろんモナリザも目を凝らせて観てきたのですが、ルーブルの目玉は他にもあります。個人的に興味があったのはあの「目には目・・・」のハンムラビ法典。 しかしこれがまったく閑古鳥。 だれも見ていない。








アフロディーテモナリザやミロのビーナスには当然関心度が高い。 








凱旋門エッフェル塔
ベタな行為と分かっていても凱旋門に上ってみた。
凱旋門の屋上から見たエッフェル塔や第二凱旋門はなかなか見れない光景でよかった。








夜のエッフェル塔夜のエッフェル塔では毎時光のショーが行われていた。 これはかなり綺麗。 TAXIで周っていたのだが、なかなかTAXIの運転手が路上停車することに同意してくれない。 エッフェル塔の次は凱旋門を見に行ったのですが、路上で待っててくれと言っても、NOooo!と言われ地下鉄で帰ることに。夜の凱旋門









ヴェルサイユ宮殿ヴェルサイユ宮殿にも行って見た。写真はヴェルサイユ宮殿の裏手に広がる広大な庭園。 まっすぐに伸びる運河がグランドカナル。 それを交差する細いプチカナル。 右の写真はルイ14世、マリーアントワネット、フランス革命後のナポレオンも好んで暮らしたトリアノンの庭。






プチトリアノンフランス最高裁判所
今回のフランス渡航の目的のひとつ、フランス最高裁判所。 そしてその後シャルル・ドゴール空港より一路ローマへ。  
Posted by akabane_men at 00:13Comments(0)TrackBack(1)

2006年04月26日

赤羽支部青年部(池田新部長)

総会

4月26日、日本橋亭で赤羽支部青年部総会が開催されました。 平成18年度は新部長として増田屋の池田さんにお願いすることになりました。 どうぞ宜しくお願い致します。

  続きを読む
Posted by akabane_men at 21:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年04月10日

蕎麦アレルギー

アレルギー表示

本日、杵屋うどん店に入りました。メニューを見てみると「蕎麦アレルギー」についての注意書きがありました。



厚生労働省が表示義務付けしている主要アレルギー物質5項目「蕎麦、落花生、卵、小麦、乳」のうち「蕎麦」と「落花生」は発症症状が特に重篤でアレルギー症状を起こす方々にはとても深刻な問題です。 蕎麦アレルギー者が蕎麦屋に入る確率は低いとは思いますが、うどん屋には入ることも少なくないと思います。 そこでもし、蕎麦もメニューに含まれているとしたら同じ釜で茹でる可能性も低くありません。 蕎麦屋に限らず麺類を出すお店のメニューにはアレルギー物質の取扱い状況の表示が必要になると思います。 蕎麦屋セミナーとしてデジカメ講座を企画したときにもカロリー表示とアレルギー物質表示を提案しようと考えていましたが、企画が流れてしまったためこの話題をブログ上で提言することにしました。

しかし、先日のヨーロッパ行きの機内食には断りもなく蕎麦が出てきましたし、フランスのクレープにも蕎麦は普通に含まれているということでした。蕎麦アレルギーの方に欧州旅行は注意が必要かも知れません。

また、蕎麦が混入されることによるアレルギーの危険性ばかりが注目されていますが、今月注目すべきアレルギー関係のニュースが飛び込んできました。国内の製粉会社が製造販売している「蕎麦粉」に、別のアレルギー物質である「小麦」が混入していたというものです。製粉会社はアレルギー物質である「小麦」という表示がなかったため、自主回収を余儀なくされたというものでした。 蕎麦が平気で人でも小麦がアレルゲンな人がいるわけですね。 冷麦と蕎麦を同じ釜で茹でるときはやはり表記が必要なのかもしれません。 そもそも割粉に小麦粉を使っていてる普通の蕎麦屋ではよりリスクが大きい気がしますが、ちょっと不勉強なので、これは調べておくことにします。
  
Posted by akabane_men at 22:33Comments(2)TrackBack(0)

2006年04月03日

ローマの蕎麦屋

soba1パリからローマへ移動して、蕎麦屋を探してみましたが見当たりません。 テルミニ駅近くに開店寿司があるので入ってみたところ「ざるそば」がありました。 寿司屋なのですが、ラーメン、焼き鳥、そして蕎麦と何でもありです。パリと違ってローマのパスタ文化は蕎麦・うどんとかぶる部分もあり、すみわけが難しいのかも知れません。


SOBA2早速注文してみたところ、パリの手打ち蕎麦屋とは全く趣が異なりました。乾麺でそばつゆも濃縮還元のようです。 寿司店だからだろうとにぎりを頼んでもマグロが無いとか、メニューに堂々と書かれていても置いてありません。 ホールでは日本人が働いているようですが、経営がイタリア風です。 日本の蕎麦屋さんも15時から17時まで休憩を取るように、イタリアのショップは大幅に昼休みをとります。 この寿司屋さんも14時から19時まで休んでいました。

SOBA3ローマには老舗の日本料理店(と言っても25年くらい)があるそうなので、時間があればそちらを試したいと思っています。 





pompei今回は大した収穫がなかったので、古代ローマの石臼をご紹介します。写真は西暦79年のヴェスヴィオ火山の大噴火によって一夜にして消滅したポンペイ市街のパン屋さん跡から見つかった3器の石臼のうちの一つです。 巨大な石臼で原理は今と全く同じです。すぐ隣にはレンガの釜戸があり、発掘時は焼きかけのパンも出てきました。2000年経った今でも同じ手法が採られています。日本では縄文弥生の時代に既に小麦を石臼で挽いて釜戸で焼いて商売をしていた跡が残っています。 下臼には白く小麦の色が残っていました。





ヴェスヴィオ火山とポンペイ市街2000年前のこの街には居酒屋も銭湯も水道管もパン屋も劇場も市役所も神殿も娯楽場も魚屋も肉屋も銀行も馬車も宅急便もなんでもありました。ポンペイ付近では紀元前2000年の頃の人骨も見つかっており、ヴェスヴィオが2000年周期で噴火を繰り返していることが分かっています。そして昨今、次の噴火に備えナポリ近郊は緊急避難地区に指定されています。
  
Posted by akabane_men at 05:07Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月30日

パリの手打蕎麦店『円』

円1今回はフランス中心部パリの手打蕎麦屋に行って来ましたのでそのレポートをアップいたします。パリの中では唯一の手打蕎麦店ですので注目度大です。パリの原宿表参道と言えるサンジェルマン・デ・プレ駅で降りて徒歩3分。 サンジェルマン大通りのわき道を入ったところにお店はあります。 パリの建物は多くが古くて制度上の制約もあってなかなか新しく建て替えることが出来ず、ここもそのような建物の一角です。

概観
パリでは築200年、100年という建物があちらこちらに点在していて、補強工事が頻繁です。ここ「円」のある建物はそこまで古くは無いものの、まさに補修工事の真っ最中でして、概観からはここが日本蕎麦屋とはにわかに分かりにくい「隠れ家」的な店構えになってしまっています。


ざる
中に入ると多くは日本人で、店員も日本人。 
テーブルには流石にワイングラスとナプキンが置いてありますが、その下には丸いざるセイロがそのまま敷かれていました。



おつまみ
そして出されたものは本格的な手打蕎麦でした。そばつゆもきちんとだしが利いています。 日本人が経営しているみたいです。もりそばで10.50ユーロ、天ざるで18.50ユーロはかなり高めの設定ですが、EU連合ではユーロ貨幣が流通したことでパリの物価が暴騰したとTAXIの運転手が言っていました(英語)。フランス料理、海鮮料理などを食している分には気になりませんでしたが、蕎麦になるといきなり価格に敏感になりました。


円2てんぷらもそのとき、そのときできちんと揚げたてを題しています。 天つゆも別に出されていました。 海老2本に野菜類が3点、ひとつ正体不明な赤い野菜が入っていましたが、どうも食感から紅色サツマイモのようでした。




フランス最高裁判所
フランスでは今、若者向け雇用制度(CPE)をめぐる学生デモで全国を揺るがしていると言われていましたが、パリでは大きな騒動はありません。
次はローマへ移動します。  
Posted by akabane_men at 06:05Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月24日

蕎麦の写し方

赤羽支部青年部では、経営セミナーとして昨年3回セミナーを開催しました。今年も本当は税金講座やITセミナーを予定していましたが、個人的な都合で開催が出来なくなりました。 

その中でもデジタルカメラを使った蕎麦の写し方、レタッチソフトの使い方講座は要望が高かっただけに開催する予定でしたが、流れてしまい申し訳ありません。

しかし、デジカメで食べ物を撮るコツは実に簡単です。

‐般世鰺儖佞垢襦複嘉以上)
∋圧咾鰺儖佞垢
リモコンシャッターを使う。
ぅ譽織奪船愁侫箸鮖箸い海覆后

これで十分です。 デジカメの性能は問題ではありません。
ちなみに自分は11年前に購入した38万画素デジカメで実用に耐えうるメニューを作成しました。(RICOH DC-1 \250000)

北海道、小樽の蕎麦屋さんでもここら辺のコツを押さえて自力でメニューを作成しています。 是非参考にしてください。
  
Posted by akabane_men at 01:49Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月22日

奇跡のレストラン「カシータ」

3月14日から17日まで東京ビックサイトで「国際ホテル・レストランショー」「フードケイタリングショー」「厨房設備機器展」が開催されましたが、麺類協同組合関係者で訪れた方はいらっしゃいますでしょうか。 関与企業が出展していましたので、是非参加したかったのですが、今年は時間の都合がつかず足を運ぶことが出来ませんでした。

ちなみに関与企業の出展内容はおしぼり・タオル温蔵庫用のアロマ芳香剤です。お店でお出ししているおしぼりに手軽にプレミアムな香り成分をしみこませることが出来る新商品です。
商品の宣伝をここでしておきます。皆様ご参考にしてください。
(LARME)


CASITAまた、このホテルレストラン業界から現在注目されている青山のレストラン「カシータ」のオーナ、高橋滋氏を招いたシンポジウム「奇跡のレストラン『カシータ』に見るホスピタリティ」も開催されていました。実は私も先日、六本木から青山に店を移して1年後のカシータに先日お邪魔してきました。私の左側がオーナの高橋滋氏で、お忙しい中写真に納まっていただきました。10数年ぶりに青山学院を訪れ、青学付近の変わりように驚きましたが、カシータの演出にも驚かされました。 麺類協同組合でもいろいろ都心の蕎麦屋を回りましたが、この店から得るものは大きすぎて逆に戸惑うかも知れませんが、是非研究対象にしていただきたいと思います。

私も現在、新宿区に出店予定をしています。新しい業態、ビジネスに大いなる参考にしていきたいと思います。 カシータオーナの高橋滋様にも御礼をいたします。  
Posted by akabane_men at 01:43Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月20日

赤羽青年部役員会

本日、焼肉いいじゃんで赤羽青年部役員会を開催いたしました。

来年度の青年部長には増田屋池田くんにお願いすることになりました。
来年度青年部総会で正式に報告いたしまします。  
Posted by akabane_men at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月19日

大塚の小倉庵さんブログ

城北八日会青年会会長の大塚(巣鴨からも近し?)の小倉庵さんがブログを立てました。
これは早速コメントせねばと思いながらも遅ればせながらTBさせていただきました。
完全手打ちに切り替えて、出前で切り込む戦略を採ったわけで、今後の報告を期待しております。

まずは告知まで。
(小倉庵さん、碑文谷青年部さんにTBしました。)  
Posted by akabane_men at 02:10Comments(0)TrackBack(0)

2006年03月02日

赤羽支部ボウリング大会

赤羽ボウリング大会
本日、赤羽三恵ボウルで赤羽支部ボウリング大会を開催いたしました。



男性1位
男性側
1位 岩崎義博さん(新力家)
2位 山内知東さん(愛知屋)
3位 高沢 均さん(満留賀)


女性1位
女性側
1位 田口祥代さん(愛知屋)
2位 藤田小代さん(増田屋)
3位 宮川あい子さん(小倉庵)


赤羽支部長bowling3今年のボウリング商品も例年通り、豪華なものだったと思います。 支部長賞を提供してくださった池田支部長さま、費用を助成いただいた赤羽支部、各商品を提供していただいた各業者様にも感謝です。

それとお米5kgを当てたお店の方は3月4日に志茂更科さんへ受け取りに行って下さい。(小倉庵、まる八、志茂部、満留賀、鳴子庵、丸屋田中屋)敬称略  
Posted by akabane_men at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月29日

役員報酬 損金不参入のはなし

先日は社会保険労務士による、労務管理、年金、社会保険、労働保険の
セミナーを行いました。

次回は新宿のIT女社長をお招きしようと企画をしています。 ところが
先日自民党から発表された平成18年税制改正大綱にとても大きな増税案が
盛り込まれているのを見て、税務セミナーがよいと思い立ちました。

問題なのはいままで損金参入だった役員報酬の給与所得控除枠が原則損金
不参入扱いになるというもの。役員賞与はもとより役員報酬にもおよそ
40%の法人税が課税されることになります。 この改正はインパクト大
だと思います。

蕎麦屋さんの中にも法人成りして月給を多く貰っている社長もおられる
かと思います。 それがこれから駄目になります。

ということで今は安い講師料で夜遅く税金の話をしていただける税理士さんを
探しています。  
Posted by akabane_men at 02:37Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月16日

年金セミナーの補足事項

先日のセミナーで話のあった国民年金の詳細です。

故人が国民年金に加入していた場合は、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金のうち、いずれか一つを選択し、支給することになります。

18歳未満の子供のいない妻は死亡一時金は12万円〜32万円の支給額しかない、という話でしたが
次の場合は年金(夫の老齢基礎年金想定額の4分の3)が選択支給されます。

・国民年金の保険料納付済期間と免除期間を合わせて25年以上ある夫が年金をもわらずに死亡したとき
・故人と生計をともにしていて、かつ10年以上結婚していた妻
・妻が60歳〜65歳になるまでの5年間

ですから、夫の死亡当時18歳未満の子供がいた場合、遺族基礎年金が支給され、上記の条件にあえば寡婦年金も支給されます。  
Posted by akabane_men at 23:42Comments(0)TrackBack(0)赤羽青年部