2018年5月6日、「峯岸山自然体験の森」において、自然体験教室「カブトムシを育ててみよう」を開催しました。

 参加者は次の2つのグループに分かれて体験しました。
■竹割り(竹パッカーン)と落ち葉捏(つく)ね
■カブトムシ教室


180506_1


四ツ割りの切込みを入れ、
十字に組んだ鉄製の棒にセット完了。








180506_2



力を合わせ「せーの!」で押していくと、シュルシュルシュルー
パッカーン!

竹は、みごと四つに割れました。





四つ割りにした竹を編みこんでカブトムシの棲み家を作りました。
その棲み家の中に落ち葉を 捏(つく)ねて 入れます。

180506_3


名人が捏(つく)ねた落ち葉は、圧縮された牧草のように固くなっています。








180506_4

参加者も 捏ね体験に挑戦!
「おみごと!」










本日のメイン体験カブトムシと ご対面~!

180506_5


これから、カブトムシの一生の
お話をはじめます。









180506_6


棲み家の腐葉土をかき分けると・・・

あっ、いた~~~、でっか~い!

丸々と太った幼虫がごろごろ






「それではここでオスとメスの見分け方を覚えましょ~!」


みんな、宝物のように持ち帰りました。

大事に育ててくださいね~。