2007年03月23日

ネヴァブション、この父らしく本格化へ向けただいま成長中 土曜予想 日経賞・毎日杯

忙しすぎる・・・。

3月23日の選抜高校野球
第1試合 佐野日大(栃木) 7−0 大牟田(福岡)
第2試合 大阪桐蔭(大阪) 7−0 日本文理(新潟)
第3試合 常葉菊川(静岡) 2−1 仙台育英(宮城)

ちらちらとしか見られなかったんですが、注目の第2試合、こう言っては何だが大阪桐蔭が圧倒的強さを見せ付けたと言うよりは日本文理の投打があまりにもお粗末すぎた印象。桐蔭は中田を先発に持ってきたんですが、7四死球と制球に苦しんでおりランナーを出す場面も多く見られました。しかし日本文理は肝心のヒットが出ず、再三のチャンスを生かせず。一方で日本文理のエース栗山は決め手のスライダーがワンバウンドする場面も多く見られ、ワイルドピッチになるわ捕手がパスボールするわでポロポロポロポロとボールがこぼれる始末。中田こそ無安打に抑えたものの、当然そんな内容では抑えられるわけなく大量7失点で勝負あり。こうして見ると、昨夏の早実の斉藤のスライダー、それを身を挺して抑えた白川は完成度高かったんだなと思う。昨夏の白川は絶対ボールを逸らしたりこぼしたりしなかったもんな。

第3試合の9回裏、仙台育英はノーアウト1・3塁というサヨナラのチャンスだったにもかかわらず1点すら取ることが出来んのか・・・。好投手・佐藤はいきなり姿を消すことになってしまいました。ガッカリ。


さりげなく阪神8Rの条件戦(ダート1800m)でアグネスサージャンが復帰しますね。

中山11R 日経賞 芝2500m
◎ネヴァブション
○トウショウナイト
▲マツリダゴッホ
△アドマイヤタイトル
☆インテレット
5頭馬連BOX100ずつ

本格化の兆しが見えるネヴァブションから。G亀堂崗泙鮟けば現在3連勝中。そのうち2勝を中山2500mで挙げるなどこの舞台は持って来い。迎春Sは5馬身差の圧勝と強い競馬だった。また中山2500mだけでなく、前走、白富士Sは上がり34.6秒でジャリスコライトやメイショウオウテらを抑える、着差以上に強い勝ち方。父マーベラスサンデー、同父シルクフェイマスも4歳になってから連勝を重ね本格化した馬であり、今のこの馬にはそれに通じるものがある。成長力のある父に加え母父Mill Reefに母母父Vaguely Nobleなど母系もスタミナ抜群。今回の結果次第では春の天皇賞でも楽しめる1頭になるかもしれない。

京都記念で3着だったトウショウナイト。アドマイヤムーンやポップロックよりも斤量が軽かったのでもう少し何とかしてほしかったところはあるものの、この馬自身の走りは出来ているし、前2頭(特にアドマイヤムーン)は思っていた以上に強い競馬だっただけに仕方ない(さすが2頭とも国際G毅加綰呂任△襦忘2鵑倭袷よりは相手も楽。中山2500mは昨年の日経賞こそ4着止まりだったが勝ったリンカーンからは0.3秒差、一昨年は2着にも入っている。条件戦でも2勝しており、この馬もこの舞台は得意。週末は天気が崩れるようだが、道悪もこなすので雨が降って馬場が渋っても大丈夫。

ハイペースを早めに動いて押し切るというなかなか強い競馬でAJCCを制したマツリダゴッホ。セントライト記念の落馬を除けばこれで4戦4連対と中山コースとの相性も良い。引き続き日経賞にも強い横山典弘が乗るとあって魅力タップリだが、血統的にこの距離延長は微妙。AJCCの内容からまったくこなせないわけではないだろうが、人気先行気味なら軸にはしづらい。また前走はインティライミが淀みない流れで引っ張ってくれたのもかえって良かった。距離延長でペースが緩むと折り合い面に不安も。

ヒモでアドマイヤベガ産駒の2頭を押さえる。特にアドマイヤタイトルは長期休養などもあって出世が遅れたが、復帰後4戦で500万からOPにまで登り詰めるなど勢いがある。4着に敗れた前々走・アメジストSも0.3秒差にまとめており敗因は道悪。そのため馬場が渋ると不安は残るが、勢いに乗って重賞に挑戦してくるアドマイヤベガ産駒は侮れんぞ。インテレットのほうは休養明けでいきなりAJCC2着。マツリダゴッホからは離されたが出遅れながらあれだけ走れれば十分。2走ボケがなければ、上がり目が見込める。距離も菊花賞6着があり、アドマイヤベガに母父リアルシャダイならなんとかこなせそう。連下候補。

フサイチパンドラだけがどうしたものか・・・。


阪神11R 毎日杯 芝1800m
◎ナムラマース
○マイネルヘンリー
▲タスカータソルテ
△ヒラボクロイヤル
×クレスコワールド
☆ニュービギニング
◎←→5頭へ馬単裏表100ずつ

今年から1800m戦になった毎日杯。かたや外回りでコーナー2回の1800m戦、かたや小回りでコーナー4回の2000m戦と正直皐月賞への最終東上便としては微妙なコースではある。

とりあえずこの2000m→1800mの1ハロン短縮が向きそうなのがナムラマース。ラジオNIKKEI杯2歳Sで不利を受けながら3着になっているように阪神2000mでも十分やれるが、4戦3勝2着1回の1800mは現状この馬のベスト条件。きさらぎ賞はオーシャンエイプスをマークしてしまったがためにアサクサキングスの逃げ切りを許してしまったが、この馬自身上がり33.9秒の末脚を繰り出して迫っている。ややエンジンの掛かりが遅いので、仕掛けどころが難しいが札幌でも手綱を取っていた藤岡佑介なら大丈夫だろう。札幌2歳Sもそんな感じで勝っていたし、中京記念→大阪城Sと2週連続でオープンレースを勝つなど弟のデビューに刺激を受けて頑張っている。

相手はマイネルヘンリー。たしかに1800mだと少し忙しそうだが、毎日杯は意外と関東馬が頑張るレースでもある。メジロマックイーン×Sadler's Wellsの血統に似合わず前走は34.7秒の上がりで差し切るなど、長い直線で後方から追い込んでくる。変にスローでダラダラっと流れるよりは、距離短縮で締まった流れになったほうがいいかもしれない。今週から騎乗を再開する藤田伸二の内枠でもある。

タスカータソルテの前走は4コーナーで外へ外へ振られて大きなロス。明らかに小回りは向いていない走りであり、阪神外回りコースなら巻き返せる。

押さえではヒラボクロイヤルとクレスコワールド。前走・ゆきやなぎ賞で2勝目を挙げたヒラボクロイヤルは勝ち味に遅いタイプだが、1800m0・3・1・1、通算でも2・4・1・1と相手なりに走る。唯一着外に終わったのがこの阪神1800mではあるが(苦笑) クレスコワールドの前走今回と同じ阪神1800mで2着ザレマに2馬身、3着以下には7馬身以上の差をつける圧勝。上がり33.6秒の豪脚を繰り出したが、序盤がダラっとした流れだったのも確か。上がり勝負になれば浮上。だが重賞でしかも前に行きたい馬がいるとなれば、そこまでペースが落ちるとも思えず・・・あまり人気になるようだと嫌な気もする。

ニュービギニングはまだ押さえるのか、と言うなかれ。関係者も「ある程度の位置で」と言っているように、今回は念願の先行策を取る雰囲気があるので最後のチャンスとばかりに押さえておく。

akachamp at 20:01│Comments(0)TrackBack(0)clip!競馬予想 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔