赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2020年08月08日

休憩時間は休憩させない

連休がスタートしました。

Go toキャンペーンには関わっておりませんが、赤岳鉱泉も行者小屋のテント場も賑わっております。

ただ残念なのはお天気。

天気予報では晴れなのですが、この一帯は曇天です...。

風も少し冷たく、肌寒さを感じます。


街は暑いでしょうが、こちらに来る際は一枚多めに羽織るものを持ってこられた方が良いかと思います。


忙しい時こそ休憩時間は有効的に使わないといけません。

新しい仲間である小屋番の寂聴さんは物語の世界に入っていました。
1F916019-4A0B-466F-BF85-1D7B402727A6

読んでいるのは恐らく『三国志』でしょう。

小屋番のおじさん達に勧められた...と言うか、押しつけられたのです。


貴重な休憩時間を平気で奪うおじさん達なのでした。

akadakekousen at 12:28|PermalinkComments(0)clip!

2020年08月05日

彼は成長し...そして、蝉になる

週間天気予報がコロコロ変わり、なんだかんだずっと晴れている赤岳鉱泉です。

晴れているとは言ったものの、スッキリ晴れているわけではなく...。


赤岳の稜線付近にはずっとガスがかかったような感じです。

もちろん空色は八ヶ岳ブルーではありません。

薄ーい水色です。

A076AA78-1A9D-4A19-8AE8-3B9E62B1ECAB


新人小屋番の店長は相変わらずガチガチですが、少しずつ成長しているようです。


本日は先輩ヅラ小屋番のニシジノさんから、売店の技を伝授してもらっていました。

ニシジノさん曰く『両手でやった方が早い』との事で...。
3964B0B3-0A7E-4330-B094-E8D32A5054BC

そんな技を伝授されたので、赤岳鉱泉に居るバルタン星人は2人になりました。


本当に早いのかどうかは置いといて、こう言う先輩後輩の関係は良いものですね。

2人に増えた赤岳鉱泉のバルタン星人達を温かい目で見守ってやってください。

akadakekousen at 12:01|PermalinkComments(0)clip!

2020年08月03日

いつの間にか先住民にような感覚になっている開拓者は思い出す。

長いタイトルがまたマイブームになりそうな、そんなソリッドです。

ここ数日...いや、もっと長い期間ではありましたが...。


ブログを疎かにしておりました。はい。


もう本当にね、ブログを書いていないと言うことすら忘れるくらいの怒涛の期間でした。

言い訳をしてるわけではないですよ!...とか言いつつ、言い訳です。

そうです。言い訳のブログでーーーす。いぇい!


そんなこんなで、そう言うのは置いといて...。ください...。


でっ!!!


営業再開とは他の小屋で言う『小屋開け』の作業なので、やる事が多いのです。

しかも、こんな状況下なのでね。めっちゃ繊細なんですよ。


マスクとか。除菌とか。なんちゃら警察とか。

その上、新人まで来ちゃったりして...。

この忙しい時に誰が教えんねん!?おいっ!?みたいな。


追い込まれて余裕が少しなくなり気味な僕は、ガラにもなく真面目な...少し語気が粗めのブログを書き続けてきました。



『山小屋でコロナウイルス感染!赤岳鉱泉でクラスター感染発生か?』


みたいな事は、絶対におこしたくない!

おきてはならない!


そうならない為に対策や会議を行い、SNSなどで苦言を呈してきました。

今読み返すと、ブログにはガラにもなくそう言う思いが端々に出ておりますね(笑)

今見直して、ここまで追い込まれた文章を書くんだ...あの時の僕。と少し感慨深いものがあります。


24の話とか、マッド・ドッグとか...。

色々展開してきてますので、これの続編とかなんやかんや見たい方は4代目のFacebookやインスタグラムの方にコメントをしてください。

SNSの性質上、返信は行いませんが見ております。

反映されるかも知れませんし、させないかも知れません。

僕は正直、マッド・ドッグのスタイルで書けると気持ちが良いです(笑)


...で、



いざ再開してみると、思っていたよりもお越しくださる皆様の意識が高くて感服いたしております。

こちらも対策はしておりますが、完璧ではないです。

ですので、皆様のご協力は必要です。



ここ数ヶ月、いつものメンバーだけで小屋の維持や管理を行ってきた赤岳鉱泉グループです。

言うなれば、先住民族です。(誰も来ない、脅威となる勢力もウイルスもいない。自分達だけのコミュニティです。自然に囲まれて穏やかに暮らしてます。)


そこに外から色んな方々が訪れるようになりました。(日本全国津々浦々から来られる方々です。見たこともない最新装備だったり、我々が感染していないウイルスに感染している可能性があったり...。)


先住民族の僕たちは今、新しく土地を開拓される移民者(登山者)に対して恐怖を...。


とか、なんとか(笑)


よーく考えたら小屋番は開拓者のパイオニアですからね。

先住民族みたいな顔をしてしまうところでした。


けれどやっぱり...。

僕は最新の装備や流行りの登り方は知りたいけれど、最新のウイルスは持ってきて欲しくないなぁ。


そう考えると、登山中は置いといて。

それ以外の時の最新の必須装備はマスクなのかなぁ...。

...重たい内容のブログはこれで最後に出来たらな...。


そう思うソリッドでした。



ちなみに残念なお知らせです。

あの人気のキャラクター。

行者小屋の番長のカモシーのグッズは現時点では購入できません。(Tシャツ、缶バッジ、手拭い...スタンプも。)

カモシー関連は行者小屋でしか販売してなくて、今シーズンは行者小屋は営業致しません。

ですので、前回のECストアで販売したリミテッドエディションのカモシーを最後に、今シーズンはカモシーは休暇に入ります。

来シーズンに、また行者小屋及びカモシーを再開出来るように頑張りますので、皆様のご協力をお願いいたします。


画像とかそんなん用意してないので、とりあえずこれを載せときます。

今年唯一のカモシー...。
_20200708_211047

akadakekousen at 21:40|PermalinkComments(0)clip!

2日経ってなおガッチガチ

8月1日に営業を再開した赤岳鉱泉です。

初日から賑わい、久しぶりに夏山の雰囲気を感じております。

夏山と同時に本番を迎えたのが、新しいスタッフ達。

営業再開に向けて特訓を積んできました。


緊張のあまり、売店でガッチガチになっていた新人小屋番の『店長』ですが...。

2日経った今でもガッチガチです(笑)
8A3A0D2C-ED8C-478F-9DB6-724F187CFC3D
今日のブログに書くからと写真を撮らせてもらったのですが、Tシャツの後ろに隠れてしまいました。


そしてブログに書かれるという事で、休憩中もガチガチになってます。

いじられキャラになってしまった店長ですが、彼の今後の成長が楽しみです。


店長を含め、新人の小屋番達を温かい目で見守って下さい。

akadakekousen at 12:55|PermalinkComments(0)clip!

2020年07月31日

100日ぶりの宿泊営業再開に向けて

8/1(土)から100日ぶりに赤岳鉱泉が宿泊営業と軽食営業を期間限定で再開します。営業状況につきましては、表をご覧ください。

_20200704_172630

新型コロナウイルス感染症と最前線で闘っている医師や一緒に小屋を運営していくスタッフと「withコロナの山小屋様式」についてとことん話し合い、山小屋で出来ること出来ないことの現実的なラインを導きだして、現時点でお客様とスタッフが安全に山小屋で過ごせるように考え抜いた最良の感染防止対策を具体化してきました。

通年営業の山小屋が長期休業するという"挑戦"。

数えきれないほど多くの方にご心配やご迷惑をお掛けしてしまったことには大変申し訳なく思っております。これにより失ったものはもちろんありました。しかし、この決断により得たものはとてつもなく大きかったと感じました。

8/1からはwithコロナの山小屋運営に"挑戦"。

世の中には実際にやってみないと分からないことがたくさんあると思います。

これから現時点では想定出来ていない困難が幾度と無く待ち受けてるのかもしれません。しかし、しっかりとしたリスクマネジメントを行った上で、"挑戦"していくという気持ちを大切に小屋のみんなと共にwithコロナの山小屋運営の"答え"を模索しながら見つけていきたいと思います。

赤岳鉱泉として最善は尽くしますが、赤岳鉱泉だけの努力では感染防止対策を完璧には出来ません。

コロナ禍でお願い事が増えてしまいとても心苦しいですが、お客さま一人一人のご協力が必要不可欠なのも事実です。

お客さまにお願いしたいことを赤岳鉱泉・行者小屋ホームページに「再開時方針」として3項目に記載しましたので、ご一読いただれば幸いです。

赤岳鉱泉の再開時方針は、赤岳鉱泉・行者小屋のホームページ内「お知らせ」からご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症による影響が深刻化している7月下旬ですが、赤岳鉱泉には元気とやる気のある若者3人が新たに小屋番として加わってくれました。

休業中の小屋を守り、小屋や登山道のメンテナンスを行い、withコロナの山小屋様式についてのミーティングを重ねた、頼れるベテラン小屋番たちもいます。

精鋭8名の新たな「Team 赤岳鉱泉」が誕生しました。

営業再開というスタートラインに導いてくれた、小屋番のみんなに感謝の気持ちでいっぱいです!

お世辞無しに雰囲気はとても良いです。

このとても良い雰囲気と素晴らしいチームワークをお客さまにお伝え出来るように、これまでと変わらぬ努力を重ねていきます。

再開する赤岳鉱泉をどうぞよろしくお願いいたします。

赤岳鉱泉・行者小屋 四代目 柳沢太貴


akadakekousen at 07:26|PermalinkComments(0)clip!

2020年07月30日

人と違う道を行きます。

この度、赤岳鉱泉は人と違う道を行くことにしました。

...と、言う事で。


はい、ドン。
0C8CB206-F2A7-4D7A-86F7-3DDC0C00061A
キーバと言う名のエナジードリンクです!

どうやらこのドリンクは、人とは違った道を歩こうとしているすべての人へ勇気を与えてくれるそうです。


なるほど...どうりで...。

先程これを飲んだ、普通の小屋番ではなくアイドル小屋番としての道を歩んでいるニシジノさんが堂々としているわけです。


こちらの『勇気のニトロ』の500ml缶を、赤岳鉱泉の売店で400円で販売いたします。

現在これを取り扱っている山小屋は...。


そう!赤岳鉱泉だけです!

人と違う道を言っております!


今後、どこかでキーバを置いている山小屋を見つけたら...そう言う事です(笑)


疲れていても、疲れてなくても...是非このキーバを飲んで、ギラついてみてください!

しかし、登山道に関しては人と違う道は行かないようにお願いします。


これでお酒を割っても良いで感じですよ。

容量たっぷりの500ml缶なので、着いて飲んで...飲みきれなくて余った分でお酒を割ってみる..みたいな。


キーバさんからそう言うお酒も出てるので、好評であればそちらを売店にラインナップする事も検討してます。

akadakekousen at 12:32|PermalinkComments(0)clip!

2020年07月28日

補充

8月1日に赤岳鉱泉の営業が開始します。

その為に新しく、コロナ感染対策のアイテムを補充してまいりました。

それと同時に新しい仲間も補充しました。


しかも3人も!

これで一番年下で周りからいじられていた小屋番ニシジノさんも、ドヤ顔で先輩ヅラ出来るってわけです。おめでとう!


いや〜、久しぶりにいつもと違う人と会話をしましたよ。

声の出し方を忘れたのか、色々教え終わった後は喉が枯れてました。

探究心が旺盛で仕事に貪欲なスタッフ達なので、追い越されないように僕も気合いを入れないと!


新体制となった赤岳鉱泉で皆様をお待ちしてます。
_20200704_172630
どうでもいい情報ですが、新しい3人全員左ききです。

akadakekousen at 11:56|PermalinkComments(0)clip!

2020年07月22日

マッド・ドッグ リポート

ソリッドの中に住む、狂犬たるもう一人の男。

80年代のアメリカの映画をこよなく愛し、育って来た男。


筋肉と暴力と唐突なエロ。

それらを教科書とし、歪んだ知識だけを得て出来上がったもう一つの人格。


今回のブログは、そのマッド・ドッグの狂気を帯びた機密文書が流出したものを転載したものである。

...と言う設定である。


(内容の性質上、過激な表現や言い回しなどが多く含まれます。)



8月1日


ついにあの赤岳鉱泉が、長い眠りから目を覚ます時が来たようだ。

って事は、仕事をする上で徹底すべき事項が何点かあるわけだ。


手洗いの徹底。

人をぶっこ...いやいや、こう言う野蛮な言葉遣いをするとママに怒られちまう。

ちょうど良いタイミングで何処かの山小屋の生命力のない小屋番が、ドラゴンボールの話をブログでしてたっけな。

そいつを利用させてもらおう。

ぶっころ...もとい『ピッコロした後』は手から血が落ちないと言う錯覚に陥るらしい。

血が落ちたと思えるまで、何度も何度も洗う事になるだろうな。

納得するまで何度でも洗え。


館内はマスク、作業によってはフェイスシールドを着用。

やはり顔は隠しておいた方がバレにくいからな。

おすすめはホッケー用のマスクだが、それだとターゲットに『ピッコロしに来た』って事がすぐにバレちまう。

無難に医療用のマスクが良いって事か...。



ドアノブなどは、設置してあるアルコールを噴霧。

指紋はきっちり消しとかないとな。


トイレには、設置してある便座クリーナーを使用。

最近ではDNA鑑定も優秀だからな。

痕跡を残さないのがプロってやつよ。


大部屋はパーティションで区切り、他者との接触を避ける。

漢はいつも孤独よ。

何歳になってもロンリーウルフよ。


食堂もアクリル板のパーティションで区切り、他パーティーとの接触を避ける。

刑務所の面会を思い出せる良いシステムだ。

あの頃を思い出すだけで、もうあんなヘマはしないようにしなきゃなって思えるぜ。


ちなみに挨拶か?

んなもん無視だ。


_20200704_172630
以上が今回流出したマッド・ドッグ氏の機密文書です。

akadakekousen at 18:14|PermalinkComments(0)clip!

やりたかったのは『同時期にあげたブログ、同じ内容なはずなのに全然理由が違うやん』ってヤツの正解版がコチラ。なので、まずはコチラからと言う事をタイトルに書くなんて普通する?

8月1日

ついに赤岳鉱泉が、長い眠りから目を覚まします。

それに伴い徹底すべき事は。


手洗いの徹底。

指一本一本を丁寧に。

30秒以上かけてしっかりと洗う。

特に小指の端...そう、チョップした時の当たる部分。

言うなれば、チョップ部でしょうか?

もしくは、チョップのフチ子?

その部分は忘れがちなようです。

僕は元飲食店勤務者なので、この辺は大丈夫です。

おっと失礼。

大丈Vです。

...。

すみません、コチラは正解版でした。

ふざけるのは、この後のブログでした。


館内はマスク、作業内容によってはフェイスシールドを着用。

言わずもがな、飛沫感染を防ぐため。


ドアノブなどは、設置してあるアルコールを噴霧。

触れる部分の除菌は必須ですね。


トイレでは、設置してある便座クリーナーを使用。

これまた触れる部分なのでね、除菌は必須です。


大部屋はパーティションで区切り、他者との接触を避ける。

これ一枚あるだけで安心感がグッと増します。

なんだか個室に居るような気さえします。


食堂のテーブルもアクリル板のパーティションで区切り、他パーティーとの接触を避ける。

これがあるだけで、向かいの席との距離をかなり感じれました。


などなど、色んなところを思いつく限り対策しております。


何度も言うようですが、赤岳鉱泉の対策に頼りきりでは意味がありません。

皆様の協力が必要です。

これらの赤岳鉱泉が揃えたアイテムを利用して、ご自身でも感染対策を行ってください。



この状況で『除菌用のアルコールがあるのに、あえて除菌しない』とか『アクリル板のパーティションあるけど、ご飯食べ終わった後にみんなで宴会して大騒ぎしよう』とか『知らないパーティーだけど、声かけてみちゃお』とか『苦しいし...暑いし...どうせ自分を含め、みんな感染はしてないだろうから...小屋内だけどマスクしなくても良いよね』とか...。


こう言うの、ありえませんから。


自分がやらなくても他の人がやってくれてる。

だから別に自分はやらなくても大丈夫だろ?


こう言うの、ありえませんから。



それと、以前にも書きましたが個人的には『今は別に挨拶してくれなくて良い』と思っています。

ここ数日、外で作業をしていたら挨拶してくれる方がいらっしゃるのですが...。

いや、本当にとても良い事だとは思います。

素敵な慣しです。


ですが...。


街で置き換えて想像してみてください。

どこから来たのか分からない人が、マスクせずに近寄って来て大声で声をかけてくる。

恐怖でしかないです...。


自分は大丈夫。

そう言う慢心は山では遭難を招きます。


登山も感染対策も、安心安全でお願いします。
_20200704_172630

akadakekousen at 18:10|PermalinkComments(0)clip!

2020年07月20日

赤岳鉱泉 宿泊営業再開のお知らせ

平素より赤岳鉱泉・行者小屋をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度の新型コロナウイルス感染症に罹患された方とご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、医療機関や行政機関の方々など、感染拡大防止に日々ご尽力されている皆様には深く感謝申し上げます。

赤岳鉱泉・行者小屋では、新型コロナウイルス感染症の影響により4月23日(木)より休業しておりました。
来月8月1日(土)から8月31日(月)赤岳鉱泉の宿泊営業と軽食営業のみを期間限定で再開することといたしました。
行者小屋は引き続き休業いたします。8月の営業状況につきましては、表をご覧ください。

_20200704_172630

9月以降の営業状況につきましては、新型コロナウイルスの影響により日々変化していく社会情勢を鑑みながら判断していきます。

9月の営業状況につきましては、8月下旬に赤岳鉱泉・行者小屋のホームページ及びSNSにてお知らせいたします。

宿泊予約及びテント泊の食事予約の開始日時は、7月21日(火)午前10時より赤岳鉱泉の直通衛星電話09048249986のみでお受けいたします。メール、SNSのメッセージ、FAXでの宿泊予約受付は、一切お受けいたしません。
宿泊予約の受付期間は、8月1日(土)の宿泊〜8月31日(月)の宿泊までとさせていただきます。

宿泊営業の再開にあたり赤岳鉱泉では、スタッフの検温と体調管理、マスクの着用、手洗い及び手指の消毒、小屋内の消毒及び換気の徹底等の感染防止対策に最大限取り組みながら、お客様に安心してご利用いただけるよう山小屋運営に努めてまいります。

またお客様におかれましては、赤岳鉱泉・行者小屋の「再開時方針・宿泊編」、「再開時方針・テント泊編」、「再開時方針・軽食編」にご協力ください。

赤岳鉱泉・行者小屋ホームページ内「お知らせ」から3つの方針をご覧いただけます。

長文になりますが、赤岳鉱泉・行者小屋のホームページ内「お知らせ」に新たな宿泊料金のお知らせ、お客様にご協力いただきたいこと、小屋として感染防止の為に取り組むことを簡潔明瞭に記載しました。
今後、内容をアップデートさせていただくことがございますので、ご了承ください。

お手数をおかけしますが、赤岳鉱泉にお越しになる前には必ずご一読ください。

お客様には大変なご不便をおかけいたしますが、
新型コロナウイルスの感染防止に何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

長期化する新型コロナウイルス感染症との闘いの中で、小屋を存続させる、大切なスタッフの生活を守る為に、今回の決断に至りました。Withコロナの登山活動で何が正解なのか分からないからこそ、常識にとらわれない柔軟な発想と行動力でこの難局を乗り越えていきたいと考えています。

 赤岳鉱泉・行者小屋の最新情報は、Instagram、Facebook、ブログ「鉱泉日誌」にて適宜お知らせいたします。

一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

赤岳鉱泉・行者小屋 四代目主人 柳沢太貴


akadakekousen at 05:57|PermalinkComments(0)clip!
Archives