赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2017年03月

2017年03月31日

春の大雪。

ab2b5c60.jpg本日は雪。
最低気温 マイナス7℃
最高気温 0℃
積雪200冂
(赤岳鉱泉)

南八ヶ岳では朝から雪が降り続き、春の大雪になりました。

21時現在の降り積もった新雪は下記の通りです。

・諏訪南IC 1
辺り一面真っ白です。

・美濃戸口 3

・美濃戸口〜赤岳山荘 15

・堰堤広場 20

・赤岳鉱泉 50
(月)から今日にかけて増えてます。

赤岳鉱泉から上はどのルートもトレース(足跡)が消えてる又は全くありません。

こんな雪の日は山に行けないから、やっぱり堰堤広場〜赤岳鉱泉の歩荷ですよね!

鉱泉イチのマッチョ小屋番Yくんが驚異のゴミ担ぎ下ろし70kgをやってくれました(汗)

男衆が歩荷を頑張ったので、品薄状態だった缶ビールのラインナップも平常に戻りました。

明日から南八ヶ岳に来られる方は、林道での車の立ち往生やスリップ、登山道での道迷い、滑落、雪崩に十分ご注意ください!


akadakekousen at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月27日

南八ヶ岳最新積雪情報

beb5f8cc.jpg
0808a432.jpg
本日は雪のち晴れ。
最低気温 マイナス8℃
最高気温 マイナス1℃
新雪30
累計積雪200
(赤岳鉱泉)

昨日から今朝まで湿った雪が降り続きました。

3月下旬とは思えない寒さと、例年より多い量の新雪が増えました。

美濃戸口から上は、辺り一面真っ白の冬景色に戻りました。

[昨日から増えた新雪]

・美濃戸口〜赤岳山荘 10
湿った雪が凍結箇所の上に積もった為、スタッドレスタイヤを履いていても非常に滑ります。
赤岳山岳まで車で上がる方は、下記装備が必須です。
・4輪駆動車
・スタッドレスタイヤ
・金属タイプのタイヤチェーン

・堰堤広場 15

・赤岳鉱泉 30

・赤岳鉱泉、行者小屋から上 50僉腺牽悪
山岳ガイドさんの情報によりますと、地蔵尾根の樹林帯では、腰下ラッセルという新雪の積もり具合。

降り積もった新雪は非常に不安定で、雪崩発生の可能性が非常に高まっています。

樹林帯から上の風が強く、トレースが歩いた後から消えてく状況で、雪庇も更に発達している模様。

終日稜線上では雪煙が舞っていて、赤岳鉱泉から目視で確認できるほどでした。

明日からは気温が上昇するようなので雪が安定するまでは、雪崩の発生に十分な警戒が必要です!!



akadakekousen at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月26日

アイスキャンディの営業終了お知らせ。

ee9ff164.jpg本日は雪。
最低気温 マイナス3℃
最高気温 マイナス2℃
新雪15
累計積雪190
(赤岳鉱泉)

本日3/26(日)をもちまして、今冬のアイスキャンディ営業を終了いたしました。

アイスクライマーの皆様に、当施設のルールを理解し遵守して、安全第一にご利用いただきました。

そのおかげより、14年目のシーズンを終えることが出来ました。

ご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

来冬に向けて、今年以上に安全に登っていただくための新たなルール作りや今年以上にお客様に楽しんでいたいただけるような構想を現在思案中です。

アイスキャンディの形状も例年同様に変更する予定です。

アイスキャンディを通じて、これからもアイスクライミングの楽しさや素晴らしさをより多くの方に伝えていきたいと考えています。

最後に、行者小屋の冬季週末営業も本日3/26(日)をもちまして、終了いたしました。

たくさんのお客様にご利用いただき、誠に有難うございました。

行者小屋のゴールデンウィークは、5/3(水)から5/6(土)の宿泊まで営業いたします。

行者小屋のゴールデンウィーク宿泊予約は、赤岳鉱泉直通電話0948249986又はホームページ内の宿泊予約フォームからよろしくお願いいたします。

アイスキャンディは終わりましたが、冬山はまだまだ終わりそうにありません♪

雪がたっぷりな南八ヶ岳で最後の冬山を満喫してみてはいかがでしょうか(^-^)/


akadakekousen at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月23日

赤岩の頭直下で小規模雪崩が発生しました。

72cafcfc.jpg
e10e3b46.jpg
512f3ee2.jpg
本日は晴れ。
最低気温 マイナス8℃
最高気温 プラス4℃
積雪160
(赤岳鉱泉)

今週末に硫黄岳へ登る方にお知らせです。

鉱泉小屋番が硫黄岳へ登ってきました。

赤岩の頭直下で小規模の雪崩が発生して、登山道を横切った跡(デブリ)を発見しました。

雪崩の発生点は、赤岩の頭頂上付近の雪庇崩壊点で樹林帯を貫通して雪崩れていました。(写真参照)

現在、赤岩の頭付近の南側では全体的に雪庇が発達しています。(写真参照)

あわせて風によってトレースが消えている箇所もあるために、悪天候時には硫黄岳から下山する際に赤岳鉱泉へ向かう下り口がどこなのか判断することが難しい状況になることも予想されます。

また分岐にある道標は夏道を示すもので、現在の冬道を示しているものでは有りません。

冬の硫黄岳登山に関して、
・硫黄岳は初心者向けの山だから簡単に登れる
・硫黄岳では雪崩が起きない
と認識されている方が見受けられますが決してそんなことは有りません。

冬になると雪の状況や気象条件によっては、赤岳よりも難易度が上がることもある山です。

初心者向けの山だからといって軽視することはとても危険なのです。

これから硫黄岳へ登山・下山される際には、雪庇の踏み抜きによる滑落や雪崩の誘発、そして道迷いには十分ご注意ください。


akadakekousen at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月21日

アイスキャンディ営業終了まであと5日。

d80690d4.jpg
216767b5.jpg
本日は雪。
最低気温 マイナス3℃
最高気温 プラス1℃
積雪150
(赤岳鉱泉)

赤岳鉱泉周辺で湿った新雪が5兩僂發蠅泙靴拭

17時30分現在も湿った雪が降り続いていて、未確認ではありますが、赤岳鉱泉と行者小屋から上の登山道や沢筋には更なる量の湿った新雪が積もっていることが予想されるために、明日からは雪崩の発生する可能性が高まることが予想されます。

18日(土)には、今冬3回目の鉱泉道場(山岳ガイドさんによるアイスクライミング講習会)が開催されました。

講師は、山岳ガイドの笹倉孝昭さんと棚橋靖さん。

20日(月)には、今冬10回目のアイスクライミング初心者体験会が開催されました。

両日ともに天気に恵まれて、素晴らしい講師のおかげで、参加者の皆様はアイスクライミングを安全に楽しんでいただけたようでした。

ご参加いただきまして、誠に有難うございました!

そして、今冬のアイスキャンディ営業は、3月26日(日)の16時までになります。

今日は有難いことに冬の寒さが戻ってくれたので、また氷結状況が良好になりました♪

アイスキャンディの登り納めしたい方々、まだ間に合いますよ!

アイスクライマーのお越しをお待ちしております(^-^)/


akadakekousen at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月16日

南八ヶ岳最新登山道・積雪状況

2c67507a.jpg
aace0114.jpg
本日は晴れ。
最低気温 マイナス11℃
最高気温 マイナス4℃
積雪150
(赤岳鉱泉)

鉱泉小屋番まじおが、阿弥陀岳北稜〜中岳〜赤岳〜横岳〜硫黄岳まで縦走偵察へ行ってきてくれました。

詳細の登山道及び積雪状況は、下記の通りです。

阿弥陀岳北稜の樹林帯から岩稜帯までは雪がしまっていて12本爪アイゼンの効きが良かったですが、山頂直下の急な雪稜部では、気温上昇の為に雪が腐った状態でした。

登山靴がずぼっと沈んだり、アイゼンに雪が絡みついたりしました。

足元の雪がブロック状に割れる箇所も有り、今後の気温上昇によっては雪崩が発生する箇所が有るかもしれません。

中岳沢や沢筋は要注意な箇所でしょう。

赤岳〜横岳では、強風により雪が飛ばされて地面が見えている箇所があります。

雪がゆるんでいて危険だと感じたのが、日ノ岳南側の急な雪壁と奥ノ院北側(佐久側)のトラバース地点。
ともに雪崩発生の可能性があると感じました。

硫黄岳山荘付近の登山道では、雪が溶けて地面が見えている箇所が多いです。

赤岳鉱泉と行者小屋から上に登るためには、

・12本爪アイゼン
・ピッケル
・ヘルメット
が必須です。

そして、
・確実な歩行技術
・アバランチリスクマネージメントが出来ること
の上記条件が求められます。

[まとめ]
ここ数日の気温上昇により、森林限界上で融雪が進んでいます。

水分を含んだ重くて柔らかい湿雪の為に、雪の不安定化が進んでいます。

今週末は晴天の予報で日射が強くなり、更なる気温上昇が予想される為に、雪崩の発生に対する十分な警戒が必要だと感じました。

今冬最後の3連休♪

安全第一に存分に冬の南八ヶ岳を満喫しましょう(^-^)/


akadakekousen at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月14日

3/14

209cb15c.jpg本日は晴れ。
最低気温 マイナス5℃
最高気温 0℃
積雪150
(赤岳鉱泉)

昨日には雪が降りましたが、積雪量は全く増えませんでした。

12日(日)には毎週末恒例のアイスクライミング初心者体験会が開催されました。

雲一つない快晴と春らしい暖かさに恵まれ、アイスクライミング日和でした♪

早くも3月中旬を迎えて、問い合わせが徐々に増え始めているアイスキャンディの最終営業日は、3月26日(日)を予定しています。
※今後の気温変化や氷の状況により、日にちの前後有り。

最後にお知らせですが、今週の17日(金)はヘリコプターによる物輸作業の為に、朝からアイスキャンディが利用出来ません。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


akadakekousen at 16:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月10日

週末に南八ヶ岳へお越しになるお客さまへ。

23948b06.jpg
37860ddc.jpg
本日は雪のち晴れ。
最低気温 マイナス11℃
最高気温 マイナス2℃
積雪150
(赤岳鉱泉)

今週の6(月)から冷え込みが厳しくなり、7日(火)から9日(木)までは乾燥した雪が降りました。

しかしながら、美濃戸口〜赤岳鉱泉及び行者小屋での新雪はほとんど増えていません。

山岳ガイドさんの情報によりますと、赤岳鉱泉と行者小屋から上の登山道では、降雪と風の影響で東斜面(佐久側)に不安定な吹き溜まりが作られています。
また、西側斜面(諏訪側)は非常に硬くなっています。

明日からの週末に赤岳鉱泉と行者小屋から上へ登山される方は下記装備が必須です。
・ピッケル
・12本爪アイゼン
・ヘルメット
・アバランチギア

そして、確実な歩行技術(アイゼンワーク)が必要な難しい状況になっています。

美濃戸口から赤岳山荘まで車で進入する方は、引き続き下記装備が必須です。

・4輪駆動車
・スタッドレスタイヤ
・金属タイプのタイヤチェーン

5日(日)に暖かったために雪が解けて、6日(月)から冷え込みが厳しくなったせいで、美濃戸林道の8割の区間で路面が凍結しています。

お客さまの大切な車を守ることはもちろんですが、周りに歩いている登山者の安全を守るためにも、必ず上記装備を装着して赤岳山荘まで進入してください。

皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


akadakekousen at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月05日

南八ヶ岳最新一般登山道積雪情報

7d8597a6.jpg
cfb7ce2a.jpg
1f552685.jpg
本日は晴れ。
最低気温 マイナス1℃
最高気温 プラス5℃
積雪150
(赤岳鉱泉)

山岳ガイドさんから情報提供をいただいた赤岳鉱泉及び行者小屋から上の登山道最新状況です。

積雪量は、例年より全体的に多めです。

その為に、赤岳へ至る地蔵尾根登山道の上部にある雪稜の傾斜がきつい勾配になっています。

横岳の縦走路や赤岳へ至る文三郎尾根登山道も雪面は傾斜きつい勾配になっている為に、歩行やトラバースする際には滑落や転落しないように十分な注意が必要です。

また横岳〜赤岳間の東斜面(佐久側)には、大きな破断面(雪崩発生の痕跡)が二カ所ありました。(写真参照)

破断面の最上部は、縦走路の近くに達していたので、滑落や転落だけでなく雪崩への注意も心掛けてください。

装備は、
・12本爪アイゼン
・ピッケル
・ヘルメットが必須です。

冬から春へ切り替わる今の時期は、山の状況が刻一刻と変化していきます。

難しいコンディションになりますが、少しでもリスクを減らして登山を楽しめるように 、慎重に行動していきましょう!

最後になりますが、この冬に第8回目の開催となる赤岳鉱泉主催のアイスクライミング初心者体験会。

参加者の皆さんは、とても満足されたようでした!

ご参加いただきまして、誠に有難うございました(^-^)/


akadakekousen at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月03日

また雪が増えました!

68682ae5.jpg本日は曇り。
最低気温 マイナス7℃
最高気温 マイナス2℃
(赤岳鉱泉)

一昨夜から昨日にかけて湿った雪が降り続き、新たな雪が増えました。

[美濃戸口〜赤岳山荘]
新雪5

[北沢登山道]
新雪10

[赤岳鉱泉]
新雪30
累積150

[行者小屋]
新雪40
累積180

明日3/4(土)の夕食メニューは、

・赤岳鉱泉
信州豚のしゃぶしゃぶ × 焼き魚
・行者小屋
ビーフシチュー × ポトフ

(※メニューが予告なく変更することがございますが、ご了承ください。)

3月に入り今冬も終盤を迎えましたが、今週末も南八ヶ岳の冬を満喫しましょう(^-^)/


akadakekousen at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
Archives