赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2018年03月

2018年03月30日

暖かすぎる3月下旬ですね。

本日は晴れ。
最低気温 マイナス4℃
最高気温 プラス6℃
積雪50僉100
(赤岳鉱泉)

南八ヶ岳では朝はまだ冷え込みますが、日中には春の暖かさと強い日差しが連日続いています。

その影響でアイスキャンディの解氷が進んでしまい、明日は緩斜壁のみ登攀可能になります。
DSC_0116
DSC_0117

安全面の観点から垂直壁や氷柱は全て登攀不可になります。

31日(日)に開催するアイスクライミング初心者体験会は、まだ定員に空きがございますので、アイスクライミングの未経験者は受付にお問い合わせください(^^)v

また、今週末の行者小屋は冬季週末営業いたしません。

最後に、北沢登山道の日陰や樹林帯では、凍結箇所が点在していますので、赤岳鉱泉までお越しの際には転倒にご注意ください。
DSC_0115

赤岳鉱泉と行者小屋から上の登山道では、気温上昇と共に雪が腐り始めて、アイゼンに雪が絡み付いたり、アイゼンが効かなかったりする危険性があるので、滑落や転倒に十分ご注意ください!


akadakekousen at 19:59|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月28日

今冬最後のアイスクライミング初心者体験会を緊急開催します!

本日は晴れ。
最低気温 マイナス5℃
最高気温 プラス9℃
積雪50僉100
(赤岳鉱泉)

25日(日)には、今冬8回目となるアイスクライミング初心者体験会が開催されました!

ポカポカ陽気の中、初めてのアイスクライミングを楽しんでいただけたようでした。

_20180328_111442

とても意欲的な方が多く、こちらとしてもイベントを開催する意義があると感じました。

そして、25日(日)が最終回という予定でしたが、今週末の31日(日)に今冬最終回となるアイスクライミング初心者体験会を緊急開催いたします!

詳細は下記内容をご覧ください!

◎アイスクライミングの未経験者にオススメ♪

「赤岳鉱泉主催・アイスクライミング初心者体験会」

対象:
アイスクライミングの未経験者で20歳以上の方

ハーネス、ロープ、アイゼン、ヘルメット、アックス等の道具が不要!

アイスキャンディの初心者向けルートをトップロープで数回登っていただきます。

安全確保のビレイは、鉱泉スタッフが行います。

このイベントはアイスクライミングの技術講習会ではなく初心者体験会となります。

参加可能条件:
3/31日(土)に赤岳鉱泉に宿泊して、下記内容に全て該当しない方が参加可能です。

・テント泊又は日帰りの方
・過去に赤岳鉱泉以外でアイスクライミングを行った経験がある方
・過去に赤岳鉱泉のアイスクライミング初心者体験会へ参加した経験がある方

開催時間: 
8時30分〜12時

参加費:1名1000円
※山岳登攀対応の山岳保険に加入していない方は、別途1名410円をお支払いいただき、山岳保険に加入していただきます。

定員:先着5名

予約受付方法:
赤岳鉱泉直通09048249986へ電話をしてください。メールによる参加予約受付は一切承っておりません。

参加者にお持ちいただく装備:
・冬山ウエア又はスキーウエア
・前爪付アイゼンが装着可能な冬山登山靴
・ニット帽
・手袋
・サングラス
・ダウンジャケット(待機時に寒い可能性がある為)

※冬山登山靴とサングラスは無料レンタルを行っていますが、サイズと数量に限りがあります。
事前予約が出来ませんので、極力ご自身でお持ちいただくことを推奨いたします。

DSC_1356

今冬最後にアイスクライミングを体験出来る最後のチャンス!

先着5名となっていますので、興味の有る方はお早めにお問い合わせください(^^)v


akadakekousen at 11:24|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月27日

阿弥陀岳南稜遭難事故について

全国ニュースで報道されましたが、去る25日(日)に阿弥陀岳南稜にて滑落事故が発生して、3名の尊い命が亡くなりました。
received_1189461337856630

お亡くなりになられた3名に心よりご冥福をお祈りいたします。

阿弥陀岳南稜では毎冬に滑落や遭難事故が発生しています。

急峻な岩場や雪稜が続く高難度でロープ技術を必要とされるバリエーションルートです。

遭難発生時からこの遭難について赤岳鉱泉へ多数問い合わせをいただいてますが、詳細の遭難原因や現地状況については長野県警察だけが知っていますので、こちらからお答えできることはございません。

しかしながら、今冬は大々的なニュースにはなっていませんが、週一のペースで様々な遭難や装備不良又は判断ミスによる遭難未遂が起きていました。

21(水)〜22日(木)にかけて降り続いた湿った雪により、南八ヶ岳全体の雪状況が不安定になり遭難事故が起きないか不安視していたので、赤岳鉱泉と行者小屋ではSNSと現地でお客様に注意喚起を行っていました。

残念なことに、その矢先に起こった遭難による死亡事故でした。

天気が良かろうが悪かろうが、雪の状況が良かろうが悪かろうが、初心者だろうが上級者だろうが、遭難事故が起こるときは起こります。

昔は登ることが出来た、自分だけは大丈夫などという根拠の無い過信や油断が一番危険です。

一日たりとも山の状況が同じだという日はあり得ないのです。

冬山は壮観で素晴らしい景色や世界を私たちに魅せてくれますが、 時に私たちに自然の脅威や厳しさを教えるべく牙をむいてきます。

このブログ及びFacebookでは何度も申し上げていますが、登山をすることは修行ではなく遊びです。

このような厳しい環境の中で楽しむ「命をかけた遊び」だからこそ、ひとりひとりがもっと慎重に謙虚に山と向き合っていただきたいです。

これから山を始めようと思っている方には、山岳ガイドなどの正しく安全な技術や知識を持っている指導者から、正しく安全で「山で死なないため」の技術や知識を習得していただくことを推奨します。

また、この南八ヶ岳に住んでいて誰よりも山の状況を把握している、私たち小屋番の話や忠告に少しでもいいので耳をかたむけていただきたいです。

時にはお客様にとって不都合な情報をお知らせすることもありますが、これは第一にお客様の安全登山を考えた結果です。

このような悲しい遭難による死亡事故を根絶するために、ご理解をよろしくお願いいたします。


akadakekousen at 15:06|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月22日

春の大雪により冬山が戻ってきました!

本日は雪のち曇り。
最低気温 マイナス3℃
最高気温 0℃
積雪110僉170
(赤岳鉱泉)

南八ヶ岳は堰堤広場から上が春の大雪でした!

一昨日から降り続いた雪は、赤岳鉱泉で新雪が50兌綫僂發蠅泙靴拭
DSC_0110

3月らしい非常に湿った雪。
とにかく重くて、滑りやすいことが特徴です。

美濃戸口〜赤岳山荘の林道は、今月上旬の降雨により元々荒れている砂利道に湿った雪が着雪したので、かなりハードな状況になっています。
DSC_0112

みぞれに近い湿った雪なのでステアリングを取られやすく、エンジンの出力も奪われやすいです。

また、早速タイヤチェーンを装着しないで赤岳山荘まで入ろうとした車が登りきれずに立ち往生していました。

北沢登山道にはトレース(足跡)が付いていますが、踏み抜きや橋からの滑落にご注意ください。
received_1621115108008775
received_1621115444675408

高所登山小屋番のアツシカくんは、K2登頂に向けた「北沢ラッセル歩荷トレーニング」に勤しんでいました!!
received_1621114741342145

世界の頂を目指す男は、やはり気合いが違いますね!汗

赤岳鉱泉と行者小屋から上の登山道には、トレースが全くついていない状況です。

湿った雪が深く積もっていること、表層雪崩の発生するリスクが高まっていることから、まだ誰も登っていません。

とはいえ大雪が降ってくれて、明日からは晴れ予報が続くので、今週末はまだまだ冬山が楽しめそうです(^^)v
DSC_0111

残り少ない冬山を安全第一に満喫してくださいね♪


akadakekousen at 20:49|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月21日

南八ヶ岳は春の嵐です。

本日は雪。
最低気温 マイナス2℃
最高気温 マイナス2℃
積雪80僉140 
(赤岳鉱泉)

昨夜から湿った雪が降り続いて、新たに20兌紊寮兩磴増えました!
DSC_0102

美濃戸口から辺り一面が真っ白に。

南八ヶ岳では冬景色が戻りました(^^)v

[14時時点]
◎美濃戸口〜赤岳山荘
積雪3
 FB_IMG_1521611388612

◎赤岳山荘〜堰堤広場
積雪5

◎北沢登山道
積雪5僉50

赤岳鉱泉と行者小屋から上では、凍結した雪面の上に更なる量の湿った新雪が予想されます。

23日(金)からは春の陽気に戻って気温が上昇するようなので、今回積もった湿雪が沢筋や一般登山道の斜面で雪崩れる「表層雪崩」に要注意ですね!!

最後にお知らせです!

2/3(土)、4(日)に開催された「第8回アイスキャンディフェスティバル」のフォトギャラリーを赤岳鉱泉・行者小屋HP内スペシャルページにて公開しました。

氷や雪と戯れて、楽しすぎた2日間の記憶と思い出が甦ってきます♪

ぜひともフォトギャラリーをご覧ください(^^)v


akadakekousen at 14:50|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月20日

「芋焼酎・赤霧島」の数量限定販売が始まりました!

本日は雪のち曇り。
最低気温 プラス3℃
最高気温 プラス1℃
積雪80僉140
(赤岳鉱泉)

昨夜から赤岳鉱泉では湿った雪が降り、積雪が3兪えました。
1521532148317

北沢登山道の中間から下では雨降りでした。

アイスキャンディは、特に問題ありませんが、更に水っぽくなりました。
1521532205861

でも、今夜からの冷え込みと降雪に期待ですね!

さて今冬も終盤となりましたが、酒呑みの皆さまに朗報です!

今日から赤岳鉱泉で霧島酒造の芋焼酎「赤霧島・900ml」が新発売しました!
1521532161311

まろやかでフルーティーな味わいが特徴です♪

昔に比べると流通量は増えましたが、なんと年2回しか入荷しません。

今年1回目の数量限定販売になりますので、お早めにご賞味ください(^^)v


akadakekousen at 17:27|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月18日

アイスキャンディの最終営業日お知らせです!

本日は晴れのち曇り。
最低気温 マイナス10℃
最高気温 プラス6℃
積雪50僉100
(赤岳鉱泉)
DSC_0098

今日は今冬8回目のアイスクライミング初心者体験会が開催されました。

快晴無風のアイスクライミング日和!

今週も初めてアイスクライミングを存分に楽しんでいただけたようでした。
received_1671654506249766

ご参加いただき、ありがとうございました!

そして、今冬のアイスクライミング初心者体験会は3/25日(日)が最終回です。

最後まで安全第一にアイスクライミングを楽しんでいただけるように、より一層気を引き締めていきます!

そして、アイスキャンディに関するお知らせです。

アイスキャンディの営業最終日は、最長で4/1(日)を予定しています。

今後の天候や気温により最終営業日が早まる場合もありますので、ご了承ください。

また、現時点で2割の垂直面が安全性の観点から登攀不可となっています。

今後の天候や気温により登攀不可箇所が増える場合がありますが、緩斜面だけは上記日程まで利用できる可能性が高いです。

ひとまず、今週平日の冷え込みに期待しましょう!

最後になりますが、赤岳鉱泉と行者小屋から上の登山道は、雪が締まっていて、歩きやすくなっています。

しかしながら、雪が固いので、転倒や滑落時には止まらないという危険性もあるので、十分に注意されてください。

まだ冬山になりますので、赤岳鉱泉又は行者小屋から上の登山道に登る場合には、下記装備が必須です。

◎ヘルメット
◎ピッケル
◎冬山登山靴
◎12本爪アイゼン

それでは、残り少ない冬の南八ヶ岳を安全に満喫してくださいね(^^)v


akadakekousen at 16:17|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月13日

菊池哲男写真展「八ヶ岳 - 凍てつく岩と森 - 」開催中です!

本日は晴れ。
最低気温 マイナス5℃
最高気温 プラス2℃
積雪100僉150
(赤岳鉱泉)

昨日はアイスキャンディで山岳ガイドさんによる赤岳鉱泉・行者小屋小屋番向けのアイスクライミング講習会を行っていただきました。

講師は、「鉱泉道場2018」でご協力いただいている新井健二さん。

登り方がアグレッシブですが、慎重にアックスとアイゼンをしっかり決めていき、絶対に氷壁から落ちない確実さ。

そして、的確なアドバイスをしていただき、登り方とは真逆にとても穏やかで優しい山岳ガイドさんです。

基本的な登攀技術や安全なビレイ技術を教えていただきました。

DSCN7428

DSCN7435

当たり前のことですが、アイスキャンディという人工氷瀑がある山小屋なので、小屋番だってちゃんと登れなきゃダメだと思います。

小屋としてもアイスクライミングの正しい知識や技術を学んで、お客様にお伝えしていきます。

最後に、開催中の山岳写真展お知らせです!

赤岳鉱泉の館内に飾ってある山岳写真を撮影していただいた山岳カメラマンの菊地哲男さんが八ヶ岳の麓で冬の八ヶ岳の写真展を開催しています。
face5

菊池哲男写真展「八ヶ岳 - 凍てつく岩と森 - 」
_20180313_203418

◎開催期間
2018年2月4日(日)〜4月8日(日)
◎会場
高原のミュージアム
◎住所
長野県諏訪郡富士見町富士見3597-1
◎時間
9:30〜17:00
◎休館日
月曜休館 (月曜が祝日の場合は開館し、翌日休館)
◎料金
・一般 300円 
・小中学生 150円

◎イベント
■ギャラリートーク
[日時]2018年3月25日(日)14:00〜 
[講師]菊池哲男
[会場]高原のミュージアム 
[参加費]無料 
[予約]不要

◎問い合わせ
高原のミュージアム(TEL 0266-62-7930)
https://www.town.fujimi.lg.jp/site/haku1/

2017年秋から集中的に通って撮り下ろした作品を含め、40点を展示しています。

冬の八ヶ岳の魅力に満ちた内容で、赤岳鉱泉とアイスキャンディの写真も展示していただいています。 

どうぞ八ヶ岳登山の帰りにお立ち寄りください(^^)v


akadakekousen at 21:17|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月11日

南八ヶ岳はまだ冬山です!

本日は晴れ。
最低気温 マイナス12℃
最高気温 マイナス5℃
積雪100僉150
(赤岳鉱泉)

昨日には今冬5回目の山岳ガイドさんによるアイスクライミング講習会の「鉱泉道場2018」が開催されました。
_20180311_184707

講師は山岳ガイドの本郷博毅さんと多賀谷治さん。

今日は今冬7回目のアイスクライミング初心者体験会が開催されました。
DSC_0097

両日共に好天に恵まれて、上質なクライミング日和となりました。

ご参加いただきありがとうございました!

山岳ガイドさんからの赤岳登山道状況です。
received_1193707154098715
地蔵尾根上部より冬の赤岳を望む(3/11)

・積雪40僉100
樹林帯から稜線にかけて

先週は気温上昇や降雨により稜線には全く積雪が無くなりましたが、9日(金)夜に降雪がありました。

雪が締まっていて、良い状態でした。

ただし、やや雪が固いので下山の際にはアイゼンの引っかけによる転倒や滑落に注意が必要です。

今週の平日は、気温の急上昇が予報されているので、山の状況が目まぐるしく変わっていく可能性がありますね。

最後になりますが、3月に入ってから赤岳鉱泉や行者小屋まで夏山登山靴やスニーカーでお越しになる方が増えています。

3月に入って厳冬期は過ぎましたが、南八ヶ岳はまだ春山ではなく冬山です!

冬山に夏山登山靴でお越しになるのは、下記リスクがあり大変危険なことです。

◎足の凍傷
◎足の冷えから来る低体温症
◎雪上や氷上でのグリップ不足
◎12本爪アイゼンが装着出来ない

赤岳鉱泉では冬山登山靴無料レンタルを行っていますが、趣旨として夏山登山靴を履いてお越しになった方にお貸しする為の無料レンタルサービスではありません。

大前提として赤岳鉱泉に冬山登山靴や3シーズン登山靴(※厳冬期の南八ヶ岳では推奨しません)を履いてお越しいただいた方に試し履きしていただくという無料レンタルサービスです。

上記趣旨を理解していただき遭難防止の為に、ご自身のリスクマネジメントをしっかりと行いましょう!


akadakekousen at 19:58|PermalinkComments(0)clip!

2018年03月08日

諏訪地区遭対協 × 国際山岳医

本日は雪のちみぞれ。
最低気温 0℃
最高気温 0℃
積雪100僉150
(赤岳鉱泉)

赤岳鉱泉では朝から湿った雪が降り続いています。

増えた新雪は、3僉5兌紊任后

さて今週末のお話ですが、とても心強い方々が赤岳鉱泉にお越しいただきます!

赤岳鉱泉・行者小屋は、遭難防止の為に山小屋の立場として安全登山啓発活動を行っています。

その考えや思いに賛同して協力していただいている地元の団体があります。

それは、60年前に発足した「諏訪地区山岳遭難防止対策協会」です。
19225103_811815738967516_7278158140360994398_n

警察ではなく特別な訓練や経験を積んだ山に精通した民間人で結成された山岳救助隊です。

私も小屋の主人であると共に、諏訪地区遭対協の救助隊山小屋班を務めています。

3年前から冬の週末のみに遭対協の隊員さんにご協力いただき、遭難発生時には小屋番と遭難現場へ急行できる準備を整えています。

そして、今冬からは新たな試みとして、国際山岳医の先生にもお越しいただいています。

ご協力いただいているのは、国際山岳医の千島康稔さん。
DSC_0078

国際山岳医と共に登山ガイドのステージ2を有しているので、医師とガイドの両方の立場から山岳遭難救助に向き合っているという先鋭的な方です。 

3/10(土)の20時から赤岳鉱泉の食堂で遭対協の隊員さんと国際山岳医の千島先生によるお話を行いますので、興味のある方はお気軽にご参加ください!

私たち小屋番も山のプロですが、時にはどうにもならないことがあることも事実です。

遭難は事前の啓発活動や万全の準備を通じて、未然に防ぐことが一番です。

しかしながら、遭難が発生した時に人命救助の為に迅速で的確な救助体制を作っていくことも大事だと考えています。

まだ、この取り組みを冬の毎週末に実施出来ていないという現状もあるので、今後は「登山者の安心・安全」の為に少しずつ実施回数を増やしていけたらと考えています。

赤岳鉱泉・行者小屋は、長野県警察、諏訪地区遭対協、国際山岳医にご協力いただき連携しながら、南八ヶ岳の安全登山を守っていきます!


akadakekousen at 15:38|PermalinkComments(0)clip!
Archives