赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2021年08月

2021年08月23日

苦言

天気に恵まれない日々に悩まされ続けているソリッドです。

こんなに晴れない日が少ないのは珍しいのでは無いでしょうか?

さて、そんな中よく聞かれる質問は「天気はどうですか?」です。


正直言って『分かりません。』

山の天気は変わりやすく、先を読むという技術はそこに長い間居るからと言ってそう簡単に習得できるものではありません。

街の天気でもそうでは無いでしょうか。

あなたがその土地に何年住んでいるか分かりませんが、天気予報を見ずに今後の天気がどうなるかと言うのをピタリと言い当てれるでしょうか。

なので天気予報を見るし、その天気予報ですら外れる時も多々あります。


我々が提供できる情報は「地域の天気予報を見る」「気象図を見る」と言う事を行い、そこに「最近の傾向だとこの時間帯にガス及び通り雨が降っている」「最近は雨雲が雷を連れてきているので、そのタイミングで稜線に居るのは危険かもしれない」「この位の雨の量があると登山道や沢が危ない」と言う注意事項を伝える事のみです。

ですので、今日この後どうなるかと言うのはもちろん一週間後の天気など分からない状態です。

天候により登山道や沢が危険であると言う現場の情報は「そこに居る我々から見て危ない」と判断して各SNSを通じて発信しております。

これはこの量の雨が降ったらこうなると言った「この状況になった事が何度もある為に予測できる情報」です。


山に居るから山の天気が分かると言った事ではありません。


必要なのは「雨が降った場合の対処法や装備、エスケープルートを登山計画の中に盛り込む。」と言う作業です。


「晴天の場合と雨天の場合」の両方をちゃんと計画に盛り込んでいて、雨でも楽しい。

しかし天気予報とは良い方に外れて、晴天の場合の山行を楽しまれると言う準備万端の方も多々いらっしゃいます。


準備はどれだけしても困りません。

それくらい山の天気は予測が出来ないものです。


自己責任という言葉が一人歩きしている昨今です。

「命懸けで」とか「生きている実感が」とかそう言う言葉に酔いしれる前に、ちゃんとやるべき準備をするのが必要です。

装備、体力、技術、判断能力、実力に見合った山行などの準備が出来ていれば「命をかける」必要はありません。


そして「現在の登山道の状況」と言う現場の声は確実にチェックしてください。

現在色々な小屋が休業をしているようです。

地図だけ見て「この小屋で一旦休んで...」と思っていても、その小屋が休業をしている可能性もあります。


貴方の登山を我々は全力でサポートいたします。

しっかりと準備をして、小屋を上手に利用して安全に登山を楽しんでください。

何故ここまで苦言を呈するかと言うと、貴方が笑顔で安全に下山して行く姿を見届けるのが私の喜びだからです。
BABA47B5-B591-452A-8639-87F89C4FC2F8


akadakekousen at 07:26|PermalinkComments(0)clip!

2021年08月15日

[南八ヶ岳最新林道・登山道情報] 8/15(日) 10:30 記載


●美濃戸林道
・美濃戸口〜赤岳山荘
美濃戸口から入ってすぐの橋(柳川の橋)は流されませんでした。しかし、昨夜に降り続いた激しい雨によって広範囲で地面が若干荒れました。
赤岳山荘まで車の通行に支障は無いですが、車高の高い車や4輪駆動車で走ることを推奨します。

●赤岳山荘〜堰堤広場
特に問題無く、通行できます。

●北沢登山道
・堰堤広場〜赤岳鉱泉
数年振りに水量が激増しましたが、橋と木道は流されていません。北沢では2018年に襲来した台風24号の影響により、計7本の橋が流失しました。この災害の経験を機に小屋のみんなと考えて、苦労して架け直した橋と木道が耐えてくれました。

●赤岳鉱泉〜行者小屋
・中山乗越
特に問題無く、通行できます。

最後に、昨日の18時に赤岳鉱泉に到着したお客様からの情報提供になりますが、赤岳へ続くメインルートとなる南沢(美濃戸山荘〜行者小屋)の下から3番目の橋が大雨の濁流により一部で破壊されているとこのこと。小屋としては、現在通行出来るのか出来ないのか確認は出来ていませんが、参考情報としてお知らせします。

北沢の濁流っぷりは、数年振りに見る凄さを感じると共に、改めて自然の脅威を目の当たりにしました。

DSC_4156


今回の記録的大雨は、前線の停滞によりまだ数日続くそうなのでまだ油断は出来ませんが、今のところ目立った被害が無くて一安心です!

akadakekousen at 10:59|PermalinkComments(0)clip!

2021年08月14日

赤岳鉱泉・行者小屋から重要なお知らせ

14時現在、赤岳鉱泉と行者小屋では時折で強い雨が降り続いています。

今夜から明日の昼にかけては、更に雨脚が強まる予報が出ていますので、北沢、南沢、美濃戸口付近を流れている柳川で起こる可能性がある土砂災害に厳重な警戒が必要です。

このままの勢力で数日間に渡って雨が降り続くと、2018年の台風24号と2019年の台風19号の総雨量を超えることも想定されるので、柳川が氾濫して美濃戸口から入ってすぐの橋(柳川の橋)がまた流されないことを祈るばかりです。

特に明日の朝から午前中にかけての入山は強く推奨しません。

また、実体験に基づいてのリスクマネジメントですが、柳川の橋が流された時のことを想定すると、これから数日続く降雨時に入山される方は、車を赤岳山荘まで入れずに八ヶ岳山荘に駐車することを推奨します。

何故ならば、過去に柳川の橋が流された際には車が通行できるように橋が復旧するまでに1ヶ月超の期間を要したからです。

すなわち、赤岳山荘の駐車場に1ヶ月超の期間に及んで車を放置するという最悪のケースが想定されます。

そして、一番には人命への影響が何事もなく、今回の記録的大雨をしのげますように。
5870D23C-74CC-4D33-AFE4-BB16CAE36318

akadakekousen at 14:28|PermalinkComments(0)clip!

2021年08月11日

[行者小屋]ギョウジャでギョウザ祭りッ!開催中止のお知らせ


8/15(日)に開催を順延していた「第6回ギョウジャでギョウザ祭りッ!」を新型コロナウイルス感染症の感染が再拡大している社会情勢を鑑みて、開催中止にする判断に至りました。

首都圏では感染者が爆発的に増えていると同時に長野県内の感染者も日々増えている現状です。

コロナに負けないをスローガンに掲げてコロナ禍でも出来る方法を模索しながら準備を進めてきましたが、さすがに現在の社会情勢で一歩前に踏み出すことが出来ませんでした。

これまでに医療従事者の助言をいただきながら、徹底した感染予防対策を行っている赤岳鉱泉・行者小屋として、野外イベントとはいえ夏の名物イベントに成長していて多くの方が来場されることが予想されて、行者小屋が感染拡大源になってしまう可能性があるというリスクを負うことが出来ませんでした。

苦渋の決断となりましたが、悪天候時の登山と一緒で、"時には引き際も大切だ"と考えています。

2年ぶりの開催を楽しみにされていた皆様には、大変申し訳ないです。。

これからワクチン接種や治療薬の開発が進み、来年の夏こそはギョウジャでギョウザ祭りが最高に楽しめる日常が戻ることを願いたいです!

赤岳鉱泉・行者小屋「2021夏季withコロナ営業方針」は、下記URLからご覧いただけます。
http://akadake.main.jp/news/210601/index.html

akadakekousen at 23:27|PermalinkComments(0)clip!

2021年08月07日

合掌。


昨日のニュースで報道されたように、北アルプスの北穂高岳にある滝谷ドーム中央稜を山岳ガイドさんが登攀中に滑落してお亡くなりになられました。

この山岳ガイドさんは、赤岳鉱泉・行者小屋が大変お世話になった方です。

生前には南八ヶ岳エリアでのアイスクライミング文化の発展にご尽力いただき、赤岳鉱泉アイスキャンディを始めるきっかけを与えてくれたというこれまでに数々の功績を残していただた方です。

19年前に赤岳鉱泉・行者小屋の社長である柳沢太平に、冬の八ヶ岳でアイスクライミングの事故やトラブルが多発していたことを危惧して、「山小屋の横に人工氷瀑を作れないか?」と奇想天外なアイディアをもちかけてくれたのがこの方であり、この言葉が無ければ今日の赤岳鉱泉アイスキャンディは存在していませんでした。

日本を代表する往年の名クライマーであり、日本トップレベルの山をガイディングする能力をお持ちになられた明るくてフランクな山岳ガイドさんでした。

私は小屋番を12年経験してきて、これまでに大切な仲間や恩師を幾度となく、山で亡くしてきました。

このようなことは何度経験しても慣れないし辛いですが、山小屋を生業として山に生かされている者として、明日は我が身なんだと改めて感じさせられます。

初心者でも上級者でも山をなめてはいけない。

同時に山の恐ろしさを正しく理解して、もっともっと山で生きることを楽しまなければいけないと思います。

この死を無駄にしないように、引き続き赤岳鉱泉・行者小屋としても南八ヶ岳における安全登山の啓発とアイスクライミング文化の発展に微力ながら尽力していきます。

ご訃報に接し、赤岳鉱泉・行者小屋スタッフ一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

赤岳鉱泉・行者小屋 四代目 柳沢太貴

akadakekousen at 10:10|PermalinkComments(0)clip!

2021年08月05日

[行者小屋]ギョウジャでギョウザ祭りッ!開催順延のお知らせ

開催順延のお知らせ。

8/8(日)に開催予定していた「第6回ギョウジャでギョウザ祭りッ!」を今週末に日本列島に上陸する可能性がある台風の影響により、8/15(日)に開催を順延します。

近年、発生する台風は今までの常識を覆すような勢力で、日本列島を襲来してきます。

今回の台風が南八ヶ岳にどのような影響や被害を及ぼすのか分かりませんが、人命の安全を最優先に考えた決断です。

2年ぶりの開催を楽しみにされて今週末に予定を開けていた方には、誠に申し訳ございません。

又、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に歯止めがかかりません。

ギョウジャでギョウザ祭りッ!は、野外で焼き餃子を販売するだけのイベントですが、今回のイベントが感染源やクラスターの発生源になってはならないと危機感をもっています。

明日以降に長野県にもまん延防止等重点措置が発令された際にはイベントの開催中止も視野に入れて検討しています。

最終的な開催有無の判断は、8/12(木)に改めてお知らせいたします。


akadakekousen at 11:53|PermalinkComments(0)clip!
Archives