赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2023年04月

2023年04月17日

変わりやすい天気

冬山と夏山の接続期の現在。

残雪と氷と岩をミックスした状態なので、雪解けが進んでくれた方が登山道としては歩きやすくなっていきます。

晴れたらもちろん融雪が進むし、雨でも解ける。

『どんどん解けていってくれー』と思っております。


そんな中、本日の朝の気温はマイナス5℃

それにより雨が雪になりました。
2A76AF84-A495-45BC-BD2B-A3F9C2F8F57F

もう雪は降らなくても良いんだけど...と思いますが、自然を相手にしているのでどうしようもない事です。

この雪によって地面が隠れてしまい、どうなっているか分からなくなりました。

雪の下が地面ならまだマシですが、いきなりこんなに凍っている事もあります。


街の気温は高くなってきていますが、先程申した通り山はマイナス5℃になったりします。

昨日東京では雹が降ったと言うニュースを目にしました。

何だか色々な所で不安定な状況なようです。

防寒対策や装備などは十分に用意して技術、経験、体力と相談したうえ安全登山をよろしくお願いします。


私も先日まで休暇で街に降りていて、少し汗をかきながら生活していたのに今はダウンジャケットを着ています。

街の感覚では過ごせない。そんな状況の山です。

akadakekousen at 09:39|PermalinkComments(0)clip!

2023年04月14日

危険地帯

融雪が進みアイスキャンディもだいぶ溶けてきました。

と言う事は、アイスキャンディの周りはどデカい氷の塊が降ってくる状況です。

なので、安全のために敷地のロープを張り直しました。

このロープの中は本当に危険地帯なので絶対に入らないようにしてください。


ロープを張り終わった数時間後に弛んでないか確認しに行ったらこの状態。
55B05E8A-305F-4983-A9A2-629F5BB11C90

分かりづらいですが、どデカい落氷がありました。

サイズ的には2メートル近い氷塊です。

こんなものを喰らったらひとたまりもありません。

ロープ内には絶対に入らないようにお願いします。


akadakekousen at 18:46|PermalinkComments(0)clip!

2023年04月06日

雪解け

非常にお久しぶりのブログです。

いろんな所に首を突っ込み、案の定首が回らなくなっておりました。

雪解けが進むにつれ、その首の凝りが解消されてきた最近です。

今年の冬は雪も少なく所々地面が露出しており、雪山としては少し恰好のつかない感じでした。
47E01A55-8440-4532-A1A6-550B44730322

その上気温が高くなるタイミングも早かったので融雪がガンガン進んでおります。

しかし残っているところは踏み締められて滑りやすかったり、いやらしい部分に残っているので雪山装備は必須です。


先日の政府のアナウンスに則り、赤岳鉱泉でもマスクの着用は個人の判断にお任せする事になりました。

数年ぶりにマスクを外しての生活をしていると『慢性的な酸欠状態』に陥っていたんだなぁと感じました。

そして世界は香りで満ち溢れていると実感しました。

さらに世界は花粉で満ち溢れているとも実感しました。



無理のないペースでブログを更新していこうと思います。



akadakekousen at 14:15|PermalinkComments(0)clip!
Archives