赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2013年02月26日

第7回アイスキャンディカップ詳細

71872eba.jpg
df0dd414.jpg
3bed0055.jpg
a6c9b0af.jpg
3b5d885e.jpg
7df45d3e.jpg
2190e9df.jpg
a889e949.jpg
febdc046.jpg
5ecd54ec.jpg
3d63feef.jpg
a4c63745.jpg
7f771281.jpg
7d51d328.jpg
bb709647.jpg
3988c193.jpg
2月23日(土)24日(日)に3年ぶりの本格的なアイスクライミングコンペの第7回アイスキャンディカップが開催されました。
 
今大会は、史上最多の10社様に御協賛、賞品提供していただきました。
 
・螢粥璽襯疋Εン様 (THE NORTH FACE、Helly Hansen)

・マムートジャパン株式会社様 (MAMMUT)

・ラフマ・ミレー株式会社様 (Millet)

・螢瀬奪ス様 (Simond)

・螢▲襯謄螢⇒諭(Petzl)

・襯潺勝射 (MIZO)

・ファッショネット株式会社様 (BAILO)

・カシオ計算機様 (PROTREK)

・A&F (CLIF BAR)

・ICI石井スポーツ様
(順不同)
 
[大会1日目]
 
天気予報では雪でしたが、明け方に雪は降り止み、雲ひとつない快晴無風でまさにクライミング日和!

後ろに見える雪化粧した大同心が美しすぎる!!
 
今大会参加選手はオープン、ビギナー男女合わせて30名。
11時から開会式を行い、11時30分から予選競技開始。

各選手が日頃の特訓の成果を存分に発揮し、素晴らしい登りを披露しまくり♪

ビレイ、タイムキーパー、ジャッジを手伝っていただいたボランティアスタッフの方々も白熱してました!
 
13時からは鉱泉新名物になりつつある極寒BBQを開催!
 
あくまでも登りがメインですが、皆さんハイエナのごとく肉&野菜に群がる始末(笑)

そんなこんなんで予選競技は16時に終了。
 
19時30分からは食堂にて螢▲襯謄螢⇒佑砲茲Petzl新製品説明会が開催!
 
165gの超軽量ヘルメットや新しいスクリュー、ハーネスの紹介に、締めはカッチョエエムービー上映。
立ち見が出るほどの大盛況ぶりだったみたいです!!
 
残念ながら小屋番Tは決勝ルートセットお手伝いのため、今年も見れず。こればっかりはしょうがないね。。
 
[大会2日目]
 
前日とは180℃変わって朝から雪が舞い、空は曇って強風。
そして気温は午前9時の時点でマイナス18℃!

寒さに強いルートセッターの尾田さんがダウンを着てる姿を初めてみました(笑)
 
でも参加者の皆さんは寒さをものともしない熱い登りを連発!
 
ビギナークラス参加の今大会最年長参加者の小宮さんの粘り強い熱い登りに一同感激!!
 
しかしオープン女子2番目の選手が落ちた際、壁にぶつかり、鼻骨を折るアクシデントが発生し、主催者の判断で競技は中止になりました。
 
この大会を目指してトレーニングをしてきた選手の方々、大会運営に御協力、御協賛いただいた関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
 
今後このような不測の事態が起きないよう、安全面において最善の注意をはらいたいと考えております。
 
表彰式&はジャンケン大会は食堂で開催。
 
各クラス第1位には、ミゾー特製アイスアックストロフィー贈呈。
 
各クラス第2位には、マムート特製「AKADAKE KOUSEN ICE CANDY CUP 2013」印字入りバックパック贈呈。

各クラス第3位には、カシオ計算機特製「AKADAKE KOUSEN ICE CANDY CUP 2013」印字入りPRO-TREK PRW-2000A-1JFが贈呈されました。
 
2日間御参加いただいた選手の皆さん、御協力いただいたスタッフの皆様、御協賛いただいたメーカーの皆様、本当に有難うございました!
 
 
 
 
 



akadakekousen at 21:29│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives