赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2020年03月21日

冬山をなめないでください。

本日は晴れ。
朝6時 マイナス11℃
積雪30cm〜80cm
(赤岳鉱泉)

昨日に赤岳鉱泉にお越しになった方で冬山なのに夏靴(トレランシューズ)+アイゼン無しで赤岳を目指そうとしていた事案が有りました。

里は春ですが、山はまだ冬真っ盛り。

暖冬とはいえ、今朝の気温は赤岳鉱泉で氷点下11℃と冷え込んでいます。

19日(木)には、文三郎尾根登山道から立場沢方面に200m滑落して、一人の登山者が亡くなっています。

この時期に適した装備を身に付けて赤岳に登ったとしてもこのような事故が起きてしまうのも現実です。

3月に入ってから、冬の八ヶ岳を登るのにふさわしくない装備を身につけてお越しなる方が多く見受けられるようになりました。

赤岳や硫黄岳に登るには、ヘルメット、ピッケル、最低10本爪アイゼンが必須な状況です。

今一度、冬の八ヶ岳に登るとはどういうことか。

自分自身の装備や経験を見つめ直してください。

安全登山に冬の八ヶ岳を楽しんでいただきたいからです。

IMG_20200321_082006_613

偉そうなこと言わせていただきますが、冬山なめないでください。


akadakekousen at 08:26│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives