赤岳鉱泉・行者小屋ホームページはこちら。

2021年10月26日

もう秋山は終わりました


[南八ヶ岳林道・登山道最新情報]

南八ヶ岳には冬が到来しました!

1635206952609


●美濃戸口〜赤岳山荘
一部で着雪有り、凍結箇所有り
朝晩は冷え込んで路面が凍結する可能性があるので例年と比べると時期が早いですが、スタッドレスタイヤを装着して赤岳山荘までお越しになることを推奨します。

●赤岳山荘〜堰堤広場
広範囲で着雪箇所が点在、一部で凍結箇所有り
チェーンアイゼンの携帯及び適宜での装着を推奨します。

●北沢登山道 
積雪5cm〜20cm
堰堤広場から辺り一面に雪景色が広がっています。赤岳鉱泉までのトレース(足跡)はあります。元々で水が流れたり、水が溜まっている箇所は所々で凍結しています。これから雪が踏み固められて、朝晩は冷え込んで凍結して滑りやすくなるので、チェーンアイゼンの携帯及び適宜での装着を推奨します。

●赤岳鉱泉周辺
積雪20cm
朝6時 プラス2℃
昼12時 プラス5℃
小屋周辺では、今年1月上旬と同様の雪景色が広がっています。先週から天気予報を見ていて雪が降りそうだという予測はしていましたが、こんなに早い時期にこんなに多い降雪があるとは想定外でした。

●赤岳鉱泉と行者小屋から上
南八ヶ岳の西壁を赤岳鉱泉から見渡す限り、雪でびっしりと覆われています。

硫黄岳方面へ少しだけ歩きましたが、湿った雪が登山道にベッタリと降り積もっています。そして、雪がまだ安定して着雪してないので、12本爪アイゼンを着けて歩くとアイゼンの刃が地面にある木の根や岩に当たって非常に歩きにくく、不意に転倒する危険性があります。

硫黄岳ですらもチェーンアイゼンで登れる時期はもう終わったと感じました。

現時点で岩場にある鎖は雪に埋まっていることが想定されるので、鎖を頼りに登る、降りる、トラバースするという登山は不可能だと思われます。

また、この時期は冬山に慣れていない方が雪面を歩かれる傾向にあるので、間違ったトレースがついている危険性があるので間違った方向にたどり着かないように注意が必要です。

明日から稜線に登ろうと予定されている方は、ヘルメット、ピッケル、最低10本爪アイゼンの冬山装備で必ずお越しください。また、この装備を持っているからと言って誰でも登れるという状況でもないです。

稜線の詳しい登山道、積雪状況につきましては、赤岳鉱泉と行者小屋にお問い合わせいただいても最新の明確な情報は分かりませんので、今月いっぱいは硫黄岳山荘さんと赤岳天望荘さんにお問い合わせください。

あまりこういうことは書きたくないですが、先週の降雪後から夏山や秋山の感覚で南八ヶ岳にお越しなる方がまだ多いように感じていて、大きな遭難や事故が起きないかと危惧しています。

先ほど解決しましたが、今日も御小屋尾根で道迷い事案が発生しました。

ご自身のレベルに合った、命を守る慎重な登山をお願いしたいです。

最後に、体感は例年通りに寒いので防寒対策を入念に行ってください。

それでは、初冬の南八ヶ岳を安全登山でお楽しみください!!

akadakekousen at 21:05│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives