2017年08月19日

カンパーナワイン

83cd141b.jpg
カンパーナ六花亭で購入した「カンパーナワイン」。私は全く飲めませんが、ちょこっと舐める程度にいただいたところ、赤も白もスッキリしていて飲みやすかったです(いや飲めませんが)。
ラベルは相原求一郎さんの絵。素敵です。
だいぶ前に中札内美術館で相原求一郎さんの山の絵に出会いましたが、こちらも素晴らしかったなあ。力のある絵は、いつまでも眺めていたいですね。

ところで数日前から首が痛くてツライ…ぬおー、首が回らん。なんだろ?蛾の図鑑の見すぎかしら?(^^;


ヒョウタン巣箱

5d1973d7.jpg
昨年、知人からいただいたヒョウタン。
屋内で放置しただけで、きれいに乾いて空洞になりました。全く臭わず拍子抜け。
オットが穴を開け、ヒョウタン巣箱が完成しました。
どこに架けるかな?誰が使うでしょう?楽しみです(^^)


akagera0923 at 21:15コメント(0)庭のこと この記事をクリップ!

2017年08月14日

層雲峡〜北見市

1474d278.jpg
オットと姪っ子たちと層雲峡に一泊して、北見市内のカフェ「彩」さんのランチでシメ。
温泉も良かったし、おいしかったー(*´∀`)

層雲峡ではロープウェイで上まで登ろうかと思ってましたが、寒さと霧と雨で断念。
山奥なので街灯やホテル入り口など、密かに蛾が集まる所に目を配るも、なんもいない。
しかしセブンイレブンに行くと、いるわいるわ、たくさんの蛾がお店の窓ガラスに張り付いていました。コンビニは虫スポットなんですねー。
オットと姪っ子には先に買い物しててもらい、ガラスの前で写真を撮りまくる怪しいオバサン1人。
いやー楽しかった(笑)


上富良野〜東川町

0a5c3dd1.jpg
姪っ子2人とおいしいものを味わいつつ、移動しております。
幸せだ

上富良野町の後藤純男美術館のレストランでランチ後、日本画を観賞。素晴らしい絵の数々を観賞できます。斜里岳の絵もありますよ。
東川町ではギャラリーカフェZenでお茶タイム。ほっとするひととき。


2017年08月11日

THE BIRD WATHING CAFE

98c00bb5.jpg
千歳の「THE BIRD WATCHING CAFE」に行ってきました!
入り口に入ると嶋田忠さんとカフェのお客さん撮影のフォトギャラリー。素敵なカフェの奥には、野鳥撮影小屋が併設されています。
小さな水場には、キビタキの幼鳥が水浴びに来ていました。キビタキは写真撮れませんでしたが、カワラヒワやキジバト、アカゲラが激近い。
とても素敵な雰囲気で、すっかり長居してしまいました。ランチやドリンク類もおいしいですよ。鳥がわからなくても大丈夫。ゆっくり過ごすだけでも素敵です。
こんどは冬に来たいなー
Sちゃんありがとう


某打ち合わせ

cab49a0a.jpg
昨夜は某居酒屋で某打ち合わせでした。
おもしろくなりそうですよ。


2017年08月03日

今日の庭

7a8a30a8.jpg
スナックエンドウ収穫。甘くておいしーい(*´∀`)
暑さのせいか株が弱っていて、今年の収穫はこれだけかも。
南側の草取りと雑草に覆われた苗木たちの救済。
オットの草刈りで、だいぶスッキリしました。今週は涼しくて助かる。


akagera0923 at 09:18コメント(0)庭のこと この記事をクリップ!

2017年07月31日

スロウvol.52

6f3d2418.jpg
スロウvol.52が出版されています。
巻頭特集はチーズ。アニマルウェルフェアに基づいた放牧牛や、羊や山羊、水牛のチーズなどなど、北海道のチーズって多種多様。どれも食べてみたい!

酪農家さんがどれほどこだわって牛を飼い、乳を搾っても、集荷されてしまえば他の生乳と混ぜ合わされ、単に「リットル当たりいくら」の価値だけになってしまいます。それに疑問を持ち、あるいはやりたいことを追求した方々の特集です。
読んでいて、どの酪農家さんも楽しそうにお仕事されてるなあ、と思いました。自分がかけた労力が、そのまま結果として見える仕事なのだから、さぞかしやりがいがあって楽しいに違いない。
酪農だけの話ではないけれど、どれほど丁寧な仕事をしても、そうでない仕事と一緒にされ正当に評価されないことは平等ではないし、それが続くと「安定」→「停滞」→「衰退」に繋がるのだと思います。

後ろの方のページでは、帯広畜産大学について、Y先生の取材記事が掲載されています。
なぜスロウに畜大か?というと、「畜大卒業生はそれぞれ存在感のある働き方をしている」それはなぜか?ということで取材されたようです。
確かに畜大OBって、皆さん我が道で楽しげにお仕事されている方が多いかも。まわりの評価なんて気にしない。金や名声、どうでもいいのだ(笑)
「畜大で学ぶと、なぜそうなるのか」のヒントが書いてあります。私自身、大変興味深く拝読いたしました。
畜大OBの皆さんも、そうでない方も、ぜひお読みください。

最終ページの「とりのはなし」もよろしくどうぞ〜。


草刈り&草取りデー

37150c07.jpg
草刈り&草取りデー。
昼を挟んでもう少し作業を進めようと思ったら、雨が降ってきました。
「休みなはれ〜」という天の声。ということで休みます。


akagera0923 at 16:40コメント(0)庭のこと この記事をクリップ!

2017年07月30日

探鳥会・能取湖

170730A_002_003
170730A_005
9:00〜能取湖卯原内で探鳥会。
卯原内のサンゴ草群落は、以前はシギチが集まるポイントで有名だったのですが、堤防ができてからはほとんど入らなくなりました。
しかしたま〜にシギ類が入ることがあるので、希望を託して(?)探鳥会は継続して行っています。
まずは駐車場に集合し、久しぶりにお会いする方々とご挨拶。
オオワシモニュメントの上にとまるスズメが愛嬌をふりまいてくれます。
湖を飛ぶカワウや、上空を通過するオジロワシ若鳥、そして「チョーチョー」とアオアシシギの声が聞こえました。河口の方にいるようなのですが、あいにく通行止めで入れず、残念。
少し歩いて移動する途中で、スズメの巣立ち幼鳥を見ることができました。かわいい♩
シギチは思うように見られませんでしたが、遠くにタンチョウが出てきてくれました。
オジロワシとタンチョウ、オホーツク支部ではもう見慣れてしまった方も多いと思いますが、大型の鳥がふつうに見られるということは、じつはすごいことなのです。素晴らしい環境ですね。
参加者の方々と楽しくお話しながら駐車場に戻り、鳥合わせをして終了しました。

【確認種】マガモ、キジバト、ドバト、カワウ、アオサギ、タンチョウ、アオアシシギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、シマセンニュウ、ノビタキ、ニュウナイスズメ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ(24種類)
【参加者】35名

最新コメント
Archives
QRコード
QRコード
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)