2007年10月

レッズ×グランパス

あの水曜の激戦から中3日での名古屋戦

闘莉王が出てへん以外はいつものスタメン
水曜の様子じゃ阿部は出れんのか?とか思ってたけど出てました
ほんまお疲れ知らず、に使われてるなぁ

あんな激戦の後だけに今日の試合はあまり観るべきとこも無い感じ

前半からレッズは足が重そう、動きが悪い
そして、実際に前半終わりには山田が無理になって達也に交代

名古屋はヨンセンをポストにチャンス作ってきて
ヨンセンとか金正友のシュートで危ない場面もあったけど
0−0で折り返し

後半になっても低調なままで
達也が楢崎と1対1になったのが唯一最大のチャンスなくらい

名古屋は変わらず押してくるけど、最後でレッズは踏ん張り続け
結局スコアレスドロー

まぁ、選手個々の状態を考慮したら引き分けでも、お釣りが出るような感じかな
しかも無失点での引き分けやし、最終ラインはよぉやってくれた

ほんまこういうとこに逞しさを感じるねー

前半途中で交代した山田は右足のふくらはぎを痛めた模様
みんなそんなギリギリの状態でやってるわけやし、
どっか傷めるのも仕方ないけど、ケガには気をつけて欲しい…
山田もいつくらいに戻って来れそうなんやろぅ


今日勝ちはせんかったけど、勝ち点1取ったことで
最短で次節、11月10日・11日で連覇が決まるそうです

とはいえ、次節はイランから帰ってきてすぐの試合、しかも相手は川崎ってこと考えると
相当きついね

まぁ、勝ち点さえ積み上げていけば自ずと結果が出る
そういう位置にいるし、こんな計算せんでもええやろか

ACL準決勝 2nd leg レッズ×城南 参戦記

昨日の参戦から丸一日、京都に帰ってきました

改めてやったね!浦和レッズ!!
埼スタデビューの日に凄い試合を見れたもんです

その様子を振り返ってみます

昨日は浦和の街を軽く散策してから埼スタへ
浦和じゃ、レッドボルテージとかに行って漂うレッズの香りを感じながら
埼スタじゃ、その大きさに驚きながらゴール裏へ


10.24 埼スタ





こういうとこで観てました









ビジュアルも初体験
ただ、やってる間はあんまりどんなんかわからんかって
さっき中継の録画を見て、あぁ、あそこにいたんやなぁと、しみじみ

試合は鼻骨骨折をおして出場のワシントンのシュートで幕開け

押し気味なんは城南なんやけど、シュートまでは許さへんでいて
逆にレッズは決定機では勝ってました

そうして迎えた21分、ポンテからの浮き球を受けた
ワシントンが右足で角度の無いとこからズドンと決めてレッズ先制!
1−0で前半を折り返し

後半立ち上がりレッズは闘莉王の惜しいミドルとかがあるけど
11分カウンターから坪井をかわしたイタマルのアシストで崔成国がゴール
同点に…

さらに24分イタマルのミドルを弾いたとこを金東に詰められ
城南がまさかの逆転……
1st legの2−2のドローが意味無くなって
むしろあと1点何としても取らへんかったらレッズが負けてしまう展開に

けども、そのすぐ後にポンテのFKから阿部が落としたのを
長谷部がゴール!
ただ、フラッグがあって2点目は見えてませんでした
これも参戦の醍醐味やね 苦笑

こうして2戦合計でも同点になって試合は延長へ

後半終了間際に闘莉王が負傷交代するとか両チームいっぱいいっぱい
延長前半ワシントンのヘッドとかのチャンスはあるけど
決着はつかず、PK戦に

そのPK戦、都築が城南2人目の崔成国を止め
レッズはワシントンが少し心配やったけど5人全員が決めて
レッズ勝利!ついに決勝進出!!


ホーム埼スタで、マフラー掲げて念願の「We are Diamonds」歌えました
スタジアムが一体になってて、すごく胸が熱くなりました
試合展開が展開だけに余計に迫ってくるもんがあったわ

PK戦も生で見るんはすごい緊張感やったしね
ほんま観に行て、あの場にいれてよかった!

延長まで行って長い時間試合観れてたしね
帰りは終電ギリギリな時間になっちゃたけど…


城南は強かったですねぇ
レッズにとってACLはこれまで真に厳しい戦いがあったとは言えんし
それを経験できて、乗り越えられたっていうのは決勝で絶対プラスになるはず!
ほんまよぉやってくれた!!!

その決勝の相手はセパハン!
まず11月7日はイラン行きかぁ、キツイね
けど、あと2つ、勝とう!!

レッズ決勝進出

埼スタにいました、ACL準決勝

前半21分ワシントンのゴールで1‐0とするも
後半に2‐1と逆転されます

それでも逆転された直後に
長谷部のゴールで同点に

ただ、2戦やって決着つかんかったので
延長になるけど、勝敗つかず
PKに全てが委ねられます

そのPK、5‐3でレッズ勝利!
ACL決勝進出!!


詳しくはまた後で書きます。。。

埼玉に行ってきます

いよいよ水曜はACL準決勝2nd leg
ホーム埼スタでの城南一和戦
それはつまり埼スタ行きの日でもあります

とりあえずチケットも新幹線の券もゲット済み

行きは12時すぎに京都出て15時すぎに浦和に着く予定です
埼スタには開始のどのくらい前に着いとくかなぁ?

それまでは浦和を散策しよかと思ってるんやけど
今ひとつどんな町なんかイメージわかへんねんかなー
どこらへんが注目スポットなんやろぅ

試合終わった後は東京に住んでる友達と落ち合う予定
泊めてもらう魂胆やけど、部屋狭いらしい
ここらへんはこれから詰めてきます

それから荷物って何持ってきゃええやろなー
ユニとかは必須やけど、他に何がいるってあんま思いつかん…
まだまだ東京とか異国な気分やし、あんまり手ぶらで行くってのも
なんか不安なんよねー


…あれ、しっかり決まってることがほとんどないやん
京都を見切り発車ってことになりそうね
まぁ、試合さえ観れればいいか
そこが最重要課題やし

とにかくお家に帰るまでが遠征という気持ちで行ってきます!!

レッズ×ジェフ

終わってみると短かった気がする中断もいよいよ開け、
もう最後までのラストスパートの時期になりました
その初戦は千葉戦です

前半立ち上がりからレッズペース
ボールキープできて闘莉王も上がりまくり

けども得点には至らず
逆に27分佐藤が中央でフリーで受けてシュート
都築がそれを弾いたとこを巻につめられそうになるのを
ネネが必死のブロックといった決定機を千葉に献上

けど、その直後の28分
ハセの速い低いクロスをワシントンが技ありゴール

さらに38分ポンテのクロスにワシントンが水本と接触しながらもゴール!
今日2点目とここにきてエンジンかかってきたかな
ただ、このときの接触が影響してワシントンはハーフタイムに小池に交代

後半入ってすぐ4分に長谷部からのボールをポンテが決めて3―0

3点差ついて、もう安心と思った矢先の
9分に後半から出てきたレイナウドに決められ、それ以降は千葉ペース
レッズは防戦一方に…

32分にはレイナウドのFKが壁に当たった跳ね返りを
羽生がレッズの壁の下を抜くシュートで1点差に

山岸のゴールはオフサイドの判定で取り消されるものの危ない、危ない

最後までヒヤッとする場面があったけど
44分長谷部が2人に囲まれながらも粘ったとこから達也が決めて試合終了

4−2、フクアリで初勝利となりました

前半〜後半の3点目くらいまでは良かったけど
1点取られてからがきつかったねー
今日はワシントンが抜けたこともあるけど、どうしても別チームになっちゃうのか
24日の城南戦に不安を残す内容かなと

けど、もう結果ですね
しっかり勝って良かった良かった
それに長谷部も調子戻りつつある感じ?!ええやんええやん

残りもとにかく勝ちきろう!!

中日が日本シリーズ出場

クライマックスシリーズ セ 第2ステージ第3戦
もう勝つ以外に何もない巨人

2回に二岡のソロで先制するも
4回、それまでパーフェクトやったヒサノリがウッズに3ラン打たれ
これで早くも試合決まった感じ

一応4回に小笠原のタイムリーで1点差に詰め寄ってたけど
7回谷繁にソロ打たれてダメを押された感じで
中日は今日も8回途中から岩瀬投入でチャンスを断たれます

巨人も昨日に続いて9回には上原が出て三者凡退に切って迎えた最終回
先頭の代打・大道がヒット。続くホリンズはレフトフライ
その時、なぜか飛び出してた、ていうかもう2塁まで行ってた
代走古城は1塁に戻れずダブルプレー
最後は木村拓也が三振でゲームセット

中日が2年連続日本シリーズ出場となりました

巨人は最後の古城の走塁ミスが全てのような…
あの土壇場であんなミスが出るってのは何やねん!ありえなさすぎ!!
選手はもちろん、そういう選手を出したベンチがね、ダメすぎやん
ウッズにも同じような方に打たれてばっかりやし

いや、そんなことより中日が強かったですね
今日だって打線もランナーは出すし
ヒサノリもホームラン以外は抑えてもいたけど
なんか勝てる気がせんかった
2点だけの差やけどすごい大きい感じがしたし

今までの短期決戦に弱いっていうのは無くなってたね
逆に阪神、巨人は短期決戦への対応ができてなかった


日本シリーズは日ハムと中日か
渋い試合になりそう〜

ただ、パは優勝した日ハムが出てきたしええけど、セは中日ということで
もう「日本シリーズ」といえるかどうかビミョー…
なんか別の名称がいるような気がします

クライマックスシリーズ セ 第2ステージ第2戦

昨日中日が先勝したセリーグのクライマックスシリーズ第2ステージ

先発は木佐貫と川上とどちらも意外な組み合わせ
今日の巨人はヒサノリやと思ってたし
中日も昨日に小笠原が出てくんのは何と無く分かってたけど
今日に川上って思わんかったなぁ

試合は1回二岡のタイムリー2ベースで先制
けど、その直後に井端のショート内野安打で同点に
さらに4回に荒木のタイムリー、井端の犠牲フライで3−1

この後ちょっと動きが無くなって迎えた7回
ウッズの2ベース紀洋のバントとフィルダースチョイスで
ノーアウトランナー1、3塁になって李炳圭、谷繁のタイムリーで
中日さらに3点追加

あのフィルダースチョイスとかほんま流れが中日に行ってるなぁって感じでした

巨人の攻撃陣は6回まで4安打に抑えられ、
やっぱ憲伸は打てへんかって思ってた7回
1アウトから阿部、脇谷の連打が出て
続くホリンズがバックスクリーンに3ランで一気に2点差に

さすが意外性の男・ホリンズ
なんかやってくれる気がしてたました

8回にマウンドに上がった豊田が井端、森野、ウッズを三者三振に取って
いよいよおもしろくなってきたんやけど
その裏の中軸に回ったところで点が取れず

そして9回には、負けてるながら上原を出したけど李炳圭に
ソロホームラン打たれ、お終い
7−4で中日が勝って、日本シリーズに王手

今日は7回裏、8回表辺りでやっと調子戻ってきたかなぁって感じがしてたけど
8回裏の攻撃と、9回に李炳圭が上原から打ったことで
シリーズとしての流れは中日から離れそうにありません

それでも明日なんとか一矢は報いて欲しいです
3連敗であっさり終わるんじゃほんまつまらなさ過ぎるで!

日ハムが日本シリーズ進出!

クライマックスシリーズ パ 第2ステージ第5戦

今日で決まる、最終戦
ロッテは成瀬、日ハムはダルビッシュと
今年最高のピッチャー同士の投げ合いになるはずでした

3回森本のフォアボール、稲葉のラッキーなヒットでランナーを置いて
セギノールが3ラン
ダル相手ってことでここで試合決まっちゃった感じやね

ここまで当たりがなかったのに、この大一番で
しかも試合決める一打を打つってのはさすが4番

4回にも鶴岡にタイムリーが出て
成瀬は3回3分の2でノックアウト

ここらへんで家に帰ってテレビで見られるようになりました
あーあ、こんな試合のある日に仕事に邪魔されるなんてね…

2番手の小林宏之も2点取られ、ロッテの反撃は1点のみ

そして、5点差をつけられた9回
グリンを1アウト1、3塁と攻め立てて
ここで日ハムはマイケルに交代
オーティズが空振り三振で2アウトになって打席に立った
大松は10球以上粘ってタイムリー、土壇場で1点返します

けども続く橋本は三振でゲームセット
こうして日本ハムが日本シリーズ出場を決めました!

成瀬はいつもと違う空気にやられたかな?
けど、成瀬で負けたらもう何も言えん
成瀬が伸びてへんかったらクライマックスシリーズも無かったし
今年は成瀬1人でロッテの貯金稼いでた形やもん
 
 ちなみに小林宏之も10は貯金稼いでたはずやねんけど…
 ここが今年のロッテを象徴してる気がします

あのあと1人っていう環境の中でタイムリー打った
大松も良い経験になったと思う


日ハムは強かったね、うん



クライマックスシリーズ セ 第2ステージ第1戦

いよいよ始まったセリーグの第2ステージ

巨人先発の内海は立ち上がりの1回2回と満塁のピンチを招くものの
なんとか無失点で切り抜けてたけど
3回三度満塁となって、ついに谷繁にタイムリー打たれ中日が2点先制
さらに4回はウッズの2ランもでて4−0

5回谷のソロ、6回にゴンザレスのゴロの間の1点で追い上げていくけど
8回井端にタイムリー打たれてダメ押し
岩瀬を打てず、5−2で負けました

展開としてはやっぱ6回1点どまりが痛かった…
内海も満塁のピンチ作り続けてたらあかんでー

それからウッズに大きいの打たれすぎ!

大事な初戦落としちゃったけど、切り替えて
明日しっかり取らなな

クライマックスシリーズ パ 第2ステージ第4戦

昨日は会社の人と飲みに行ってて見れなかった第4戦

ロッテの先発・小野は5回途中を1失点に抑えます
ほんまよく踏ん張ったよ
ボビーの期待にこたえたなぁ

先制はされるけど、ロッテは6回里崎の2ランで逆転

5回途中から小野をリリーフした川崎、薮田、小林雅英は
完璧なリレーを見せて
9回に里崎、オーティズのタイムリーとかで3点ダメ押しして
5−1で勝ちました

日ハムは第3戦で集中打を見せた打線が影を潜めてたのが響いたかな


こうして、ついに第5戦にもつれこむことになりました

明日の先発は成瀬とダルビッシュ
今シーズンを代表するピッチャー同士の投げ合い!
やばい、すごい試合になりそう
まさにクライマックスやな!!

クライマックスシリーズ パ 第2ステージ第3戦

今日はロッテが渡辺俊介、日ハムがグリンが先発

2人とも快調な立ち上がりで両チーム3回まで無失点

試合が動いたのは4回
稲葉の2ベースの後、フォアボールと工藤のサード内野安打で1アウト満塁
坪井の高いバウンドのセカンドゴロで日ハム1点先制
俊介としては工藤、坪井は打ち取った当たりやのについてなかった

ロッテはようやく6回、7回にチャンス作るけど得点奪えず

疲れが見え始めた俊介から日ハムは7回裏2アウトから
稲田、森本の連続2ベースで1点追加
そこからピッチャーは藤田に代わるけど、すぐに田中賢がタイムリー
そのあと、ピッチャーが久保に代わっても連打が続いて
これで試合終了

7−0で負けました
日ハムがクライマックスシリーズ突破に王手!

今日のロッテは攻撃が淡白で、俊介が頑張ってたのに今までと同じくまた見殺し
あれじゃ勝てへんや

明日の4戦目は小野が先発やって
なんとか5戦目に繋ぐ為に明日が成瀬かと思ってたし意外

けど、明日成瀬やとたとえ勝っても
5戦目のダルにぶつけられるピッチャーおらんしってことやね

明日の1戦より、さらにもう1戦先を見越しての投手起用
ギャンブラーやなぁ、俺には無理ですw
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
あし@
  • ライブドアブログ