2007年12月

今オフの移籍〜野球編

今日はNEW YEAR EVE、つまり大晦日ですね

ただ、あんまり年末感がないです
新聞のテレビ欄見たら2時間3時間ぶち抜きのスペシャルばっかりで
年末やなぁって感じもするけど、それくらいでしか
年末感がないです…

そんなこのブログの今年最後の記事は野球の移籍話です
この話は今年中にしたいと思ってたんで、今は何か年末に焦ってる感じです

このオフは移動が多いやんねー

まずはFAでメジャーに行く人々

小林雅 ロッテ→インディアンス
薮田  ロッテ→ロイヤルズ
福盛  楽天 →レンジャーズ
黒田  広島 →ドジャース
福留  中日 →カブス

よぉけの選手が海渡るもんやで

薮田とか福盛も行けるなんてほんのちょっと前には考えられんかったや
斉藤隆を皮切りに日本の中継ぎの注目度上がってるなぁ

薮田なんかは30半ばでの挑戦っていうことで改めて選手寿命の伸びも感じます

ただ、ロッテの中継ぎ以降のピッチャーはどうなるんやろう

それから、今回の目玉の黒田、福留はそれぞれ
3年総額約39億8000万・4年総額約54億7200万という契約
メジャー、金持ってるなぁ!すごいや

行くからにはあんま恥ずかしい成績は残さず頑張って欲しいね

あ、チョコ前田はどうしたんかなぁ…


次に国内での主な移籍

藤田       自由契約になって巨人
新井       FAで阪神
石井       FAで西武
金村       トレードで阪神
浜中・吉野    トレードでオリックス
クルーン     自由契約になって巨人 
グライシンガー  自由契約になって巨人
ラミレス     自由契約になって巨人
パウエル     自由契約になってオリックス
カブレラ     自由契約になってオリックス


いやーもう申し訳!
初めの頃こそ、阪神は日ハムと広島から取りすぎやろなんて思ってたけど
最終的にはまたもやりすぎ巨人ですた…

ほんまどんなけやればええねんってくらい取り捲りやね

こんなけいたら、もう監督いらんよなぁ

けど、内野はまだ薄いままやし
それに、クライマックスシリーズじゃ勝てるかわからんし…

どうしたいのかわかりません
情けないってことしかわかりません。。。

FUNFAIR TOUR 07-08@城ホール

つい3日前に続いて、またまた行ってきましたRIPライヴ!!
今度はFUNFAIR TOUR 07-08のほうの
年内最後のライヴに参加してきました

こんな短期間に2回も見られるなんて…
すごい幸せもんっす!

ほんま俺の中の趣味に生きるサイドはすっげぇ調子良い!
絶好調!!中畑清です

今日は、いろいろあったけど1人ちゃいましたよ、あしからず

ただ、その一緒に行った子が環状線の方向を乗り間違っちゃって
開演から少し遅れて会場入りになってしまいました…

今日は座席がすごかったんです!
アリーナでセンターからちょい右の前から5列目!!

遅れて入ったときにやってた「SPEED KING」でドクロコスを見たときから
度肝抜かれる近さ
武道館もZeppも全然遠からずやったけど
そんなん軽く越える、過去最短記録

RYO-ZくんもイルもPESもSUさんも、みんな目の動きもわかるくらい近い
マージやばかった

F.F.G.(FUN FAIR GAKUDAN)を従えての
アコースティックな、「Tales」から「Remember」までの流れが良かった〜
F.F.G.の去り際のサザエさんネタは笑ったし

他にも「BLUE BE-BOP」とか「I・N・G」とか聴けたんも良かった
「熱帯夜」は何べん聴いてもええ曲やわ!ラストの「Wonderful」もね

PESの誕生日なんでアンコールのときにバースディケーキが出てきてお祝い
そんな場にも居合わせられるなんて滅多にないことやし、ほんまラッキー!

そのお祝いのときにRYO-Zが「アイスより甘くてクールな31歳」
なんてことを言ってました
さすがウマイなぁ、俺も31になったら使ってみよ思います 

そんな具合で今日もRIPサイコーって気分です
もう2度とないくらい、この年末はRIP尽くしやわぁ
ええ締めくくりです


その帰りし、一緒に行った子が乗り間違えたんがうつったんか
気が付けば尼崎に電車は止まってました

ほんま無意識やったなぁ
音楽聴きながら、来た電車は間違いなく京都行く思って乗ったら
止まった駅は尼崎(逆方向なのです)やったから、ぇえ、なんで?って焦った
もう一人笑うしかなかったし

浮かれ過ぎやったかなぁ…

RIP SLYME X'mas LIVE SPECIAL "浪花ラプソディ"

今日はZepp Osakaであった、
RIP SLYMEのX'mas Live「浪速ラプソディ」に行ってきました

1曲目に「Present」、2曲目で「(I could have)Danced all night」
やった時点で、ちょっとすごい構成ちゃう?!って思ってたら
テーマは「いつもやらんようなメロウで濃い〜の」ということでした

開始直前からイグニッション回ってたけど
「Freak Show」でMELLOW YELLOWが出てきてテンションフルスロットル
うっわぁーってなっちゃった
KOHEI JAPAN出て来ちゃったもんね、ヤバス!

ゲストはその後、森広隆にスチャダラパーと続きました

「奇跡の森」聴けたんアツかったなぁ
ライヴでやんの2回目やっていうしね、You make me feel so good

SDPは武道館の時に続いてやったけど
今日は「今夜はブギーバック」も聞けて、また違った感じ

最新Al「FUNFAIR」からも「NP」やら「Tales」やらやってくれてたし
メロウなんが多かったけどアンコールじゃ「SPEED KING」に「Super Shooter」と
激しくもなったりして
ほんま濃い〜ライヴやった


RIPからのX’masプレゼント




シャンパン型のシャボン玉もプレゼントでもらいました











今年のイヴはこんなライヴに行ってたわけです





一人で!!!




ここ、ほんま信じられへん

もともと一緒に行く予定やったのとは違う、
もろもろあってmixiで見つかった人と行くってことになってたんやけど
その人と昨日から連絡がつかへんくて
Zeppに着いてからも連絡してみたけどつながらずじまいで
1人でライヴっていう残念ボーイになってしまいました

いや、そんなことがなくても残念ボーイですよ
その点は否めません、うん、いろいろ残念です

けど、これはないやろー
きっと君はこない、とかそんなんいりません!

何あったんか知らんけど、ほうれんそう
報告・連絡・相談ね、ちゃんとしよやっちゅうこっちゃで

この年末になって、今年一番、人に対して憤りを覚えてました

やっぱ、いくらmixiとはいえリアルに知ってる人やないとあかんねぇ


けども、ライヴ終わるとそんなことも問題ない問題ないって思えてました
広東ニーズなら無問題

そんなけライヴはデフやったし
俺も汗かいて出しきって、すごいやりきった感があったんで

結局のとこ、RIP最高ってことです
ギザパない!!!


次は27日、今度はツアーのライヴに行ってきます!
そっちもヤバス〜〜

今年のM−1

今日はM−1決勝
からくりTVもスペシャルでかぶってくるなんて酷い番組編成です

既に決まってるファイナリストはなんとなく小粒感ありまくりの今大会

俺的には予想としてこの面子の中じゃ
笑い飯ぐらいしか優勝は考えられへん感じ
もういい加減取っちゃえていう思いもあったし

ただ、トップバッターとしてやるっていうその順番だけが気がかりでした

あとはトータルテンボスもわりと好きやしがんばってほしかったけど
とにかく敗者復活組でどんなんが来るかが大事やなぁって思ってました


で、ふたを開けてみると第1ラウンド突破はキングコングとトータルテンボス、
敗者復活のサンドウィッチマンとなりました

笑い飯は順番が災いした部分もあったかな
またあかんかったなぁ、いつになったらいけるんやろね

そして、最終審査はサンドウィッチマンが他2組より断然おもろかって
敗者復活組から初の優勝を果たしました

エンタで見たことはあるけど、M−1優勝しちゃうなんてのは驚きの展開やわ
これからグンと知名度上がっていくんやろなー


どっちにしろ今年はだいぶレベルが下がった感じです

決勝残ってたとこより髭男爵のほうが絶対おもしろいし!
ルネッサ〜ンス!!

転々

転々








今日もまた、といっても結構久々?会社帰りに映画見に行きました
見たんは「転々」です

三木聡×オダジョーの映画
俺的に映画館に見に行こうって思う人らの一員です、2人とも

大学8回生の法学部生、オダジョーが借金取りの三浦友和から
借金チャラにするから東京散歩に付き合えって言われて…って話

ええ話やったわぁ、ほんわかした
オダジョーがすきやきにマヨネーズかけたのがすごいまずいフリして
流しに行ったとことか
三浦友和とジェットコースター乗るとこが良かった

もちろん、三木作品やし小ネタもいっぱい
(まぁ「亀は意外と〜」とかに比べると弾けっぷりは抑えられてたけど)

募金箱のアフガニスタソとか
岸部一徳とか
鷲尾真知子に家庭内暴力振るう石原良純とか…
間がなんともいえへん具合やわ〜三木聡

それから、三木作品にはおなじみの岩松了・ふせえりコンビ!
この人らが出てくると安心感があるw

そして、オダジョーかっこよす

それから、時効の三日月くんもちょっと出てて、萌えます


そういうわけで今日の帰りはなんか満ち足りた気分で過ごせました

仕事はいろっいろめんどいんで
会社外で充実した日々を送れるようにということを考えてばかりです

CWCが終わって

あっという間にCWC最終日

まずは3位決定戦、レッズ×エトワール・サヘル

闘莉王が抜けたとこには阿部が入り、山田はトップ下で先発

前半立ち上がり立て続けにCKあるけど
そのカウンターを坪井がクリアミス、
そのボールを奪ったシェルミティにPA内でファウルを犯し、PK献上
都築も触れたけど、フレジに決められサヘルが4分に先制

サヘルはチェックが早く、ワシントンに厚いマークで固めてくる
ミスもあってレッズは20分すぎまでシュートなし
3決やのに堅い試合になりそうな感じ

けど、35分相馬のクロスにワシントンがヘッドで同点ゴール
ワシントンはPA内でボール触るの初めてくらいやのによく決めた!

相手のクリアミスをちゃんと突いて点になったのがいいね

その後、ワシントンはポストを叩くシュートがあったり
形がつくれるようになってきたレッズやけど
サヘルにもCKからほぼゴールていうようなシーンもあったりで折り返し

後半になるとサヘルに攻められる場面が目立つようになってくるけど
25分、永井のゴールライン際のFKをワシントンがヘッドで決めて逆転
(なんかハンドがけっこうあるやんね、CWC)

ただ、その5分後、シェルミティが倒されレッズの動きが止まったところ
ホイッスルは無く、その隙をつかれ同点に…
それからもサヘルに攻められるけど、防ぎきりPK戦に

PKじゃレッズはワシントン、阿部、永井、細貝が決め
サヘルは1人目がポスト、4人目は都築が足で止め
PK4−2でレッズが勝利!大会3位になりました


続いて決勝、ボカ×ミラン

前半から両チームとも積極的でおもろい試合になりました

試合が動いたのは20分過ぎ
カカの中央へのパス(ほんまはシュートらしい)からインザーギが決めミラン先制
けど、その直後、パラシオがヘッドでボカ同点に

後半に入ってすぐ、ピルロのFKのこぼれ球をネスタが決めてミラン勝ち越し
15分過ぎには左サイドから切り込んだカカがゴール右隅に転がし
さらに26分、セードルフ→カカ→インザーギとつないで4−1に

4点目は憎らしいくらいの決まり方やったなぁ
もうカカが手のつけられん状態になってました
足を負傷ていうのは何の影響も無かったよう

ボカもオウンゴールで1点返すけど、4‐2でミラン勝利
クラブ世界一に

いやぁ、強かったな
さすが1週間前から来てただけあるわ、今までのヨーロッパと違って
マジに本気やったんや

個人的にはボカやったんで残念やけども…


こうしてCWCは終わったわけですが
今日の試合はレッズにとって今年最終戦
そして、ワシントン、ネネとはお別れとなる試合でした

CWCでは、リーグ終盤を忘れさせてくれるかのような試合を見せてくれて
3位という結果も出て、気分よく今年を終わらせてくれました

ただ、セパハンは知れた相手やったけど、ミラン以降の
CWCはなんかフワフワした感じでした

アジアチャンピオンになったら次はCWCっていう流れを
分かっててもいまいち自分の中で消化しきれてへんかった

そやし、世界何位かを決めるという大会やから、
一応世界3位ということにはなったけど
でっかいオマケって感じがするわ

これをもっと現実的に受け止められるように
マジに世界狙えるようなチームにレッズがなってくれる時が楽しみです

それに向けて、今回は大きなはじめの一歩やったかな


また、ワシントンとネネとはお別れに
最後いい形で締めれて良かったなぁ

今日ワシントンは2得点
良くも悪くも今までのワシントンがいたレッズを象徴する感じでした
ただ、ほんま助けられたときは多いし、今までありがとう!

さよならワシントンっていうのが全体的にメインになってる感じがするけど
ネネもほんまありがったです
怪我に泣かされもしたけど、もう結構な期間になるもんなぁ…
ありがとう、よくやってくれました!


さて、レッズに来年にはどんなことが待ってるんか…

ジョニー引退

遅ればせですが、ジョニー引退


サンスポより


さらば、ジョニー!! ロッテを戦力外となった黒木知宏投手(34)が
33歳最後の日となった12日、都内で会見し、現役引退を表明した。
来季も現役続行を希望していたが、他球団からのオファーがなく、
引退を決意した。今後は野球解説者などで第2の人生を歩む予定。
「選手でのすばらしい経験を違った形で伝えたい」。熱い男が
13年間の選手生活に別れを告げた。

 大きな瞳に、うっすらと涙が浮かんだ。時折、声が震える。
黒木が静かに右腕を下ろした。

 「戦力外となった後、(他球団からの)オファーを2カ月間待ったが、
現実は厳しかった…。引退を決意しました」

 10月2日にロッテから戦力外通告を受けた後、現役続行への
強い意欲を示していた黒木。待つだけ待った。しかし、声がかからない。
「残った(選択肢の)中でベストな形が引退だった」。最後は消去法。
無念の思いを口にした。

 それでも、黒木は必死に顔をあげる。自らに言い聞かせるように、
今後の去就について切り出した。

 「自分は(千葉)マリンスタジアムでファンの後押しで育ててもらった。
今後は野球をいろんな方に伝えられればいい」。プロ野球解説者などで
第2の人生をスタートさせる。

 栄光と挫折の野球人生だった。1995年に当時の新王子製紙春日井から
ドラフト2位で入団し、98年には最多勝利と最高勝率のタイトルを獲得した。

 一方、その年の7月7日、当時のプロ野球連敗記録の「16」に
並んでいた瀕死(ひんし)のチームを救うべくオリックス戦(神戸)の
マウンドにあがったが、九回二死からまさかの同点2ラン。マウンドで
ガックリとひざをつき、号泣した。そんな熱い男だからこそ、
ファンに愛されてきた。

 01年途中に右肩を痛めてからは、全盛期のようなキレのある直球は
戻らなかった。ここ数年は不振が続き、ついにそのときが…。
13日の34歳の誕生日を前に、けじめをつけた。

 「この引退会見で、現役としてやり残したことはなくなった。
きょうが区切り。あす(13日)からは野球振興のため、がんばりたい」

 記録より記憶に残る男。ステージが変わってもジョニーの熱い心は変わらない。


引退かぁ、しゃーないとはいえ、悲しいです
あの熱さがすごくカッコよくて、それ通してロッテ好きになったくらいやからね

肩痛めてから結局は完全復活は出来ずじまいやったなぁ
ほんまあの怪我さえなければって思うけど
そういうのも含めて「ジョニー」やったんかな

実際、投げる機会がなくてもエースはジョニーってずっと思ってたし

トライアウト受けずオファーを待つだけにしたのはエースのプライド故やろね

これからの第2の人生もあの気迫でがんばってほしいです

CWC レッズ×ミラン

いよいよヨーロッパ王者と当たることになったCWC準決勝

ミランがセカンドユニ着てるのを見て改めて公式戦っていうのを感じました

レッズ戦はいつも放映してるスポーツバーで観戦してたけど、
レッズ色があんま無くて微妙な感じでした

前半立ち上がりこそ攻めてシュートまでいく場面もあるけど
ピルロのFK、CKの流れから完全ミランペースになって
押し込まれまくり

それでもなんとかDFは耐えて
カカもほぼシャットアウト
(低い位置からドリブルされるとどうしよもなかったけど)

前半終盤、ワシントン任せの突破からチャンスはあるけど
結局通してロングでしか打たしてもらえへんかった

後半になるとより危険度が増してきて
セードルフがライン飛び出してボレーとかいつ決まってもおかしくないように

そして、23分、早いリスタートからカカが内に切り込みマイナスのパス
それをフリーで走り込んだセードルフがゴール!ミラン先制

綺麗に決められたわー
後半、ジラルディーノに代わったインザーギに引っ張られて
チェックできてへんかった

この1点でいいミランは前への圧力弱めてきて、レッズは前目になるけど
崩せず、試合終了
1−0でミランが勝ちました

やっぱり負けたかー

そりゃ、あんなけ前線にボールを運べへんくて押し込まれてたら
どうしよもないです

それでも特に前半はよくDFが耐えてたと思う
いつもみたいに、攻められてもゴールは割らせへんっていうのが感じられた

攻めのほうじゃそんな目だったことなかったけど
山田が復帰してきて、交代直後に見せてくれてました

だいたい、こんな試合に山田が出てるってことがうれしいね

ただ、山田と交代した闘莉王が心配
また肉離れかなぁ…


ミランに負けたけど、CWCはまだ続きます
次の3位決定戦はエトワールサヘルか
ボカとの試合見てたけど強いよなぁ、サヘル

けど、またそういう強いとことやれるのは良いこと!

今、将来のためにすごくいい経験ができてると思うねんかなぁ
まだまだ伸びていく途中やからね

CWC レッズ×セパハン

世界デビューとなるトヨスタ遠征から
ひつまぶしを食べたりしてから帰ってきました

W杯とつく大会を見に行くのは2002年以来やけど
全然段ちやんね、やっぱ
もっと重きを占める大会になっていったらいいんやけど…

改めて試合を振り返ると
前半立ち上がりこそ、セパハンに攻められもしたけど
その後はほぼレッズペース
感じよくボール回せてました

30分には相馬のクロスから永井の落とし→長谷部のシュート
っていう決定的場面が
しかし、枠を捉えられず…
なんでインサイドで丁寧に行かへんのって感じやったけど
そこまで崩せる形は作れてました

そして、その直後
相馬が深くまで切り込んで、ゴール前に低いクロス
それを永井がインサイドで流し込んでレッズ先制!

後半には序盤に阿部のスルーにオフサイドギリギリから飛び出した
ワシントンが角度のないとこからゴール!

さらに、またも相馬のクロスから永井のヘッドはセパハンDFの
クリアミスを誘ってオウンゴール、3−0に

セパハンは後半途中から動き鈍ってたけど
カウンターから闘莉王のミスもあってゴールを許してしまい
結局は3−1で試合終了

世界初戦を勝利で飾れました

ほんまリーグ終盤のときとは見違えるように動きが良かった
セパハンがインフルにやられてたなんて部分もあったやろけど

ゴール前にも人数かけられてたしなぁ
あんな光景、久し振りやん

そうそう、永井の先制ゴール決まったときは
いつものようによっしゃ!とは思ったけど、
ちょっと後に冷静になるとめっちゃ久々の得点やったんやんね

しっかり切り替えができてたようでよかったよかった

これで次はミラン戦ということになったわけやけど
結果どうこうはあんま気にしてません
ミランもどこまで本気かって話やし
毎年、ヨーロッパ勢は景気のいいことは言ってるけど、結果はねぇ…

それよりこういう舞台であと2試合できるようになったのが大きい
いい経験になると思うねんかなー

試合終了

0a8e31d1.jpg前半に永井のゴール、
後半にワシントンと相手のOGがあって
レッズ3‐1で勝利!

1点取られたのは余計やけど
それより点を取れたのがよかった〜
ほんまひさびさやしなぁ、得点

リーグ終盤とは全然感じ変わってるわ


打ってる最中にケータイの電源が切れて
今、宿泊先に着いてようやく書き上がりました

それにしてもスタジアムは寒かった…
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ