2008年10月

P.S.アイラヴユー

昨日、P.S.アイラヴユーを見てきました

よぉ映画の話してるなか、
意外なタイトル出てきたって感じかもしれんけど
たまに、ふっと、こういう映画見たなるんです

これは向こうでやってた時から気になってました
死んじゃった人が遺された人らに手紙を送るってテーマ、良いやんか


最愛の夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)を脳腫瘍で亡くしたばかりの
ホリー(ヒラリー・スワンク)は、失意のどん底。
やがてやってきたホリーの30歳の誕生日に
テープレコーダーに入ったジェリーからのメッセージが届く。
翌日、メッセージの通りジェリーからの手紙が届けられ、
それから、次々と消印のない手紙がホリーのもとに届くようになるってお話


感動したなぁ、ジーンときた

ジェリーから手紙が届く度に心に迫ってくるもんがあったわ

ようやく物語が動き出すってとこの1通目のメッセージから
心打たれてたし

死んだ人から明るいメッセージが届くんですよ
そういうのには弱いんでねー

で、ジェリーがカッコよす!

死ぬことを受け入れて、その後のことを考えて計画立てて
立ち直れるようにしつつ
出会った頃から思い出させて
生活に追われて忘れてしまってた若い時の情熱を思い起こさして
これからの道に気付けるように、これからの道を築けるようにしてあげる

しっかりしてないように見えつつ、実は丸ごと包みこんであげてた
いいじゃないっすかー

俺もこんな人になりたいっすねぇ


ヒラリー・スワンクとジェラルド・バトラーって濃ゆいカッポゥやなぁ…

レッズ×新潟

降格争い中でリシャルディスとか出られない選手が多い新潟相手の戦い

またも山田が左サイドで先発ってレッズも新潟とそう変わらんかな

前半立ち上がりは両チームFKからチャンスがあるものの
その後は新潟ペース

矢野貴章のシュートとか
CKからの混戦とか危ないとこも多くて
なんとか凌いでスコアレスで後半に持ち込めた感じ

後半になると山田と平川のポジションをスイッチ
ようやく山田が右サイドに回って、レッズが攻勢に
よく粘って左で使い続けたもんやで

高原に代えて達也が入り
エジミウソンに惜しい場面があったり、攻勢強めて
ついに35分、背負った相手DFをかわし細貝がゴール、レッズ先制

後半もCKから千代反田の決定的なヘッドとか危ない場面あるけど
なんとか耐え切り、1−0でレッズ勝利

実に公式戦7試合ぶりの白星です

まずは勝ち点3っていう結果が得られて良かった
こういうしぶとい勝ち方はレッズらしいしね

とはいえ、新潟相手やし…っていうのはあるけど
とにかくどういう形であれ、勝利がほしかったんです

この試合をキッカケに以前の姿を思い出していってくれたらいいんやけど


さてさて、永井の明日はどっちや!?

秋季近畿地区大会

わが母校、立命館高校が秋の京都大会で
どうしたわけか準優勝しちゃって26年ぶりの近畿大会出場決めました

今年の近畿大会は京都は西京極で開かれるんで
今日、初戦の天理戦を見に行ってきました

球場行ってみて、まずは人の多さにちょっとびっくり
ま、3試合目がアレやからね、報徳×PLやから

それでも、もちろん立命関係の人はよぉけ来てました
応援席もいっぱいやったし
OBも多くて大変やと、一緒に見てた俺ら世代の野球部キャプテンは言うてました

ただ、俺は同級生しか知らんので知ってるヤツは誰もいやせんでした
もうちょっと来たったらええのに…

知ってる先生はいろいろ見ましたよー
変わってなかったけど、老けてたなぁ


試合前の選手紹介の時に校歌が流れ、なんかこそばゆい感じ

ノック
ノックのときには中村圭吾監督登場
先生にとってもちょっと晴れ舞台やなー思てました







試合は初回にいきなり連続タイムリーで3点先制し
3回にも1点追加して、序盤は4−0

投げても先発中本が5回まで天理打線を2安打に抑えてて
マジに強いんか?なんて思いもしたけど
グランド整備の中断明けての6回に中本が突如崩れて同点にされ
その後は継投に出て3投手を送り込むけど
天理への流れを止めることはできず、タコ殴り状態

7回6点、8回4点取られ4−14、規程により8回コールド負けを喫しました

途中までは良かったんやけどねー
一旦、向こうにいった流れを取り戻すほどの力はなかったか

終わってみると、序盤でもうちょっと点取りたかったかな
天理のピッチャー、捉えられそうやってんけど、
中盤以降ほとんど打てんかって、あと一歩足りんかった

そういう序盤に3、4点取られるのは計算のうちのピッチャーなんかなぁ


3試合目のときにスタンドで監督の圭吾先生に会って挨拶してたら
「力不足や」言うたはりました

けど、中学の軟式が強いのが今の勢いに繋がってるようで
引き続いて中学の軟式は強さ保ってるみたいやし、まだまだこれからや思うわ

今日出てきたピッチャーも結構ストレートには力あったし
変化球を磨いていったら、もっといけるやろうし
これから、まだまだ楽しめるようにもなるんちゃうやろか


立命の試合の次はメインイベント、報徳×PL
甲子園でもそうは見られへんすごい組み合わせやで

スタンドの雰囲気も違いました

1年生4番、勧野を見れて良かったです
勧野1勧野2

ACL準決勝 2nd leg レッズ×ガンバ

んー終わったな
今年は終戦です

昨日も前半こそは動きよくて
やっぱACLじゃ違うなぁ
練習場での青空会談も良かったんかなとか思ってた

そして、高原の先制弾
相当優位な立場になった、のに…

後半はガラリとガンバペース

山口、明神に決められ、止めは遠藤
あれはキレイに決められたねー見てても感心した
もう何も言うことないわ

もう今年はノータイトルでしょう

来季での立て直しに向け、ダメなところは出し切ってもらおう

そして、来季はほんま1から出直しで!!

レッズ×神戸

代表戦の中断明けてのJリーグ

ACLを見越してかGKに山岸が入り
相馬が出られん左サイドには山田
闘莉王、阿部は代表戦から中2日やけど出場

前半立ち上がりからはボールが落ち着かんかったけど
徐々に神戸が押し気味に

それでもレアンドロのシュートを山岸が好セーブしたりとゴールは割らせません

レッズはサイドから攻めようとするけどスピードがなくて
神戸の陣容が整ってから攻めてる形で崩せず

38分クロスにエジミウソン、高原が連続してシュートを放つ決定機があるものの
そこは榎本が連続して好セーブ

GKの頑張りが大事になる試合の予感でした

後半8分の大久保のシュートも山岸が防いだり
鈴木のFKは指先で弾いたり
一方的な神戸ペースやけど山岸が踏ん張って得点は許さず進んでいきます

こっちの攻めは10分過ぎ高原に代えて達也を入れ
その直後は達也を起点に攻められたけど、すぐに抑えられ
全くいいとこなし

ついに37分、大久保のロングパスからレアンドロが啓太かわしてゴール
1−0
さらにその後も神戸に決定的なシーンがあり
もうあべこべ

こうしてレッズ連敗です

どうしたいのかが見えへんしねー
中断があったっていうのに

選手はみんな勝とうって気でいるんやろか
なんか、そういうのが感じられん気がする
リーグはそこまでやらんでも行けるやなんて思ってるようじゃ
もうどうしようもないし

ついついユースを見習ってもらわんとって思っちゃうね

来年上がってくる選手達が変えてくれるのを期待するか…


見終わった後、GO!GO!7188のライヴに行って来ました
音楽で体動かすのは、マジ気持ち良い!!
おかげで気分的にはスッキリしてます 笑

ニュースにツッコミ〜9月編+α

先日、出張で東京ビッグサイトに行ってきました
8月に事故のあったエスカレーター見たかってんけど
ちょっと余裕がありませんでした、残念


・米が3年ぶりの豊作か

米余りを防ぐため集荷円滑化対策が発動されるらしい
12万トン余る見込みやって
これの発動したら、数年後に加工用、飼料用に販売ってことになるそうな

小麦が上がったなんてことももう昔の話のような感じやけど
ほんま米を見直すべきやと思うねんかなー


・王監督が辞任

11年ぶりの負け越し、そして最下位と
今年の成績を見ると仕方ないけど
清原に続いて、王さんもユニフォームを脱ぐってことで
一つの時代の終わりかなって気がする

まだまだONは頼られる存在にさせられるやろけど
一つの区切りかなって

ホークスじゃ14年か
長いもんや
10年連続Aクラスってのはすごい成績やわ

斉藤、杉内、新垣、和田…
ドラフトでの投手指名を始めとする選手獲得が大きいな
元が弱小やったしやりたいように集めることができたていうか
フロントも含めたチームデザインが良く出来てたわ
そして、最後は「世界の王」とやりたいと思わせるネームバリュー
そういうのも王監督の手腕やろね

けども、その「世界の王」が悲壮感漂わせてたら
選手も戦いにくいとこあるかなと
ここ数年のプレーオフの戦いを見てると思う


・フェデラー、全米5連覇

準決勝でナダルを倒したイギリスの新鋭マリーにストレート勝ちで
サンプラスの4大大会14勝まであと1勝に迫りました

ランキング1位はまだ奪えなさそうやけども
まだまだ終わらんって感じやね


・座間市選挙に立候補してた元自衛官が皇居に爆発物

市議選に立候補しながら選挙前に皇居に爆発物を発射した小川俊之容疑者
選挙では204票は取ってました
この下にまだ二人いてんよね

そのことがすごいと思う

ほんま何やってんのか…


・ノーベル物理賞、化学賞を日本の4氏が受賞

9月の話題やないけど、ホットなうちに取り上げたくて

こんなことがあったからって、今の日本の科学が良いとはいえんけど
これは素直に凄いと思う

特に素粒子とかちょっと興味あるしテンション上がるや

理論が先行しすぎてる物理の世界

それだけの発想ができる人間のすごさとともに
思いつけても、それを形にするということでの人間の限界ってのを感じる

どうしよう、これをキッカケに流行りに乗る感じも出しつつ
超ひも理論の本とか読んでみよかなぁ

前から気になってるんさ、こういう分野

答えなんか出ぇへんけど、こういう途方もないこと考えんのって何か楽しい


・緒方拳死去

これも、もう取り上げます

5年も癌を患ってたとはねぇ
プラネットアースのときとかもうなってたわけやろう?
全然そういうの感じさせず
直前もドラマの製作発表出たり仕事して
最期は虚空を見つめたまま静かに息を引き取って…

ほんまカッコ良過ぎる!!

緒方拳っていう俳優すらも演じてたんやろなぁって気がするよ

ACL準決勝 レッズ×ガンバ 1st leg

参戦してきました、万博

レッズの試合じゃ初めてゴール裏以外から見てました
手叩くし、声出すし、そう大きな違いはなかったかも

????
バックスタンドに取られた緩衝帯









闘莉王はベンチスタートで最終ラインの真ん中は阿部
ボランチは細貝、山田のコンビでした

前半からチャンスはガンバに多い
中盤でのつなぎのミスとかで奪われて攻め込まれるとこが目立ってた

けども、細貝のゴールで先制
ほとんど初めてのチャンスをよく決めたなー

ただ、そのあとも試合はガンバペース
得点直後の遠藤のFKなんて一瞬決まったかと思ったし

中盤でのチェックが甘かったし仕方ないか
ボール奪っても押し上げがないし

????








後半に入っても引き続き押し込まれる展開

瀬戸際で跳ね返すばかり
バーに当たったりとか危ないシーンが相次いでた

なんとか耐えてたけど、ついに30分すぎPKを取られ
それを遠藤に決められ同点に

????
結果1‐1で引き分けました









引き分けながらアウェーで1点取れたのは、次に向けて大きくはある
ただ、結構ファール取られてたおかげで
次戦には相馬、細貝、都築が出られません、きついなぁ
今日も相馬は効いてたのに


今日もベンチワークがねぇ…

先制できたし、後は省エネで守りに入っていくっていうプランなら
それはそれでいいけど、交代で時間稼ぎとかできることはあるわけで
ただでさえ、連戦の最後で選手はイッパイイッパイやねんから

ゲルトは多分1−0で勝つノウハウがないんやと思うね
そやし、動けへんねん

坪井が負傷してようやく1枚目のカード、闘莉王投入やったし
そしたら今度は矢継ぎ早に達也、梅崎と入れてくけど、意味が分かりません

ベンチでも誰かアドバイスできる人おらんのやろか


今年も去年に続き、ベンチは何もしてくれず、出てる選手が頑張るしかない状況です…

試合前from万博

c528922b.JPGスタジアムに着きました

メインのレッズ側から
サポートします

レッズ×千葉

降格争いにあるとはいえ、最近勢いのある千葉戦

サイドに平川が戻り、ボランチに山田が入って細貝が抜ける形
闘莉王も先発に戻ってきました

前半、レッズのキックオフからすぐ、右サイドでカットされて
谷澤のパスから深井が決めて、30秒も経たんうちにいきなり千葉先制

ファーストチャンスを決められるとは…
まさか入るとは思わへんかった

ただ、8分、エジミウソンのパスから闘莉王のゴールで同点に
早くから前に張ってた効果が出ました

序盤でスコアの動く試合になったけど
その後は、両チームなかなかシュートまでは至らん流れが続いてたけど
青木、巻にヘッドで惜しいところがあったり千葉ペースか

ハーフタイムで高原に代えて永井を投入して後半開始
ただ、相変わらず千葉にペースかな
工藤のシュートとか惜しいところが

そして、12分、足裏ターンで体を入れ替えた深井に決められ2−1
さらに21分坪井のミスから危ないエリアでフリーのミシェウにボールが渡り
闘莉王の股下を抜くシュートで3‐1

41分エジミウソンのゴールで1点返すけど3−2で敗戦

ついに勝ち点1も取れへんようになってしもた
ほんまダメダメや

今日はまだ交代策じゃ啓太に代えて梅崎を投入するとかここまでとは違うとこあったけど
(ほんま久々に梅崎が出てきたなぁ)
負けてるのに、3枚目のカード、エクスデロの投入は40分過ぎと
まだまだあかんね

なまじ、まだ上位にいるだけに危機感がないのかなって思っちゃう
もっと気の入った試合見せてくれへんと

けど、そういうのは今年ずっと続いてる気がするけど

レッズ×京都

ちょっと忘れそうになってたミドルウィークのJ

ついに闘莉王が控えに回り、最終ラインの真ん中は堀之内
山田が平川に代わって右で先発

前半は落ち着いた立ち上がりで、半ばあたりから両チームに良い形が見られるように

レッズは高原との崩しからエジミウソンがシュート打ったりと
前の二人が頑張ってました
京都は選手が後ろからどんどん出てくる攻め

フェルナンジーニョがジャンピングボレーをして着地したとき
腕に全体重がかかって、負傷
リプレイでも見たくないようなイヤな曲がり方やった

その治療中、DFからのフィードを田原が競ってこぼれたとこを
中谷にさらわれ、都築も止めきれず、ゴール
京都に先制されました

それから、山田にPA内でシミュレーション取られたり微妙な判定もありながら
40分ポンテのクロスにエジミウソンが飛び込んでのシュートで同点

前半で追いつけて、良しって思うのも束の間
42分、こぼれたボールをポンテが粘り、逆サイドの高原へ
それを決めて勝ち越し

ハーフタイム前にひっくり返してええ展開やってんけど
後半開始すぐ中谷、安藤、田原とつながり
その後ろを横に走ってた柳沢が決めて追いつかれる

京都の見事な崩しやったわー
始まってすぐのイヤな展開
その後も田原のヘッドとか危ない場面が
(今日の田原はスカパー解説の原サンも絶賛してました)

終盤、高原に代えて闘莉王を入れ、トップに置き
こぼれ球拾いまくりで攻め見せるけど
闘莉王のバー直撃シュートとか決定機が2回あるけど
2−2で引き分け

勝ち点2を逃してしまいました、レッズ

京都とは今シーズンでもう4試合目やのに、もつれるなぁ
今日も後半にシステムを変えてきたのに、すっと対応できずで
あんなに綺麗に決められたわけやし

勝ちに行こうと、最後闘莉王をFWに置くけど(その使い方もどうかって思うけど)
それまでに相馬、ポンテを下げてるのは矛盾してるとしか思えへんしな…

ここにきても、あんまり光明は見えへんねぇ
対戦相手は中位以下のとこが多いんやけど、有利に思える条件がない感じ
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ