2008年11月

レッズ×ガンバ

岡野、内舘に戦力外通告が下されました
いよいよ世代交代が始まるのかってところやけど
ウッチーはまだまだ使えそうな気がするけどなぁ

さらに、エンゲルスが解任
もう解任は決まってた感じやし、だからどうしたってもんやけど

そんな中で迎えたガンバ戦

闘莉王が最終ラインに、細貝がボランチに戻り
トップはエジミウソン、左SBに阿部で、この試合も4−2−3−1


前半は、相手がガンバってこともあり、わりと感じは良かった
阿部、平川の両SBが上がり、前で絡む人数は多かった
けど、崩せず
マジ決定的なとこはCKからの闘莉王ヘッドくらい
もうちょっとスピードがあればねぇ

前めな分、危ない場面もあり
(というか、ガンバの方が惜しいところ多かったんやけど)
ルーカスのヘッドがバーを叩き、その跳ね返りを打った遠藤がポストに当てるとか
CKから都築の正面をついたルーカスのシュートとか
安田のシュートとか

終了間際、山崎が2枚目のイエローで退場に

数的優位に立っての後半やけども、レッズはボールは支配するだけ
引き気味のガンバを崩せそうな感じがまるで無い

そうしてるうちに、エジミウソンが一発退場で人数は10:10に

ガンバが前に出てくるようになって
39分遠藤のヘッドが決まり、1−0でガンバ勝利

改めて、リーグ優勝が不可能なことが確定し、ACLもまず無理になりました


まだ、この試合の前半はおもしろいほうやったし
後半は有利な立場にいたんやけど、勝てへんのが今年のレッズですな

試合終了後、チーム内でゴタゴタもあったようで…
良いことは一つも出てこんなぁ

来季は一から?もしかしたらマイナスから?出直しってことで、
しっかり再建を進めていってもらいたい

次はいよいよ最終節
良くも悪くも今年大活躍の闘莉王が出られません
最後だけは気持ちよく終わって欲しいけど

レッズ×清水

見てぬ間に天皇杯は終わってしまい、残るはリーグだけのレッズ

今日の清水戦は札幌戦と変わらない4−2−3−1で臨んだものの
右SBは細貝、相馬がWG的位置やったりと予想外の起用

前半、清水は慎重な立ち上がりでレッズがボール持つ時間が長いけど
細貝の右SBはぎこちなさが感じまくりでした

そんなわけで攻撃は左サイド中心
ただ、全く崩せそうな感じはなし

両チーム、あまりシュートもなく落ち着いた展開で迎えた21分、
ゴール前に走り込んだ枝村が、後ろから来た浮き球をうまいボレーで決めて清水先制

レッズは36分、達也がシュートもキーパー正面ついたくらいが決定的チャンスで
なかなかシュートに持ち込むこともできずに前半終了

後半はポンテの惜しい場面から幕開けて最初は押すけど、清水の時間に

また、シュートがほとんど無いようになってまうけど
20分過ぎから波状的に攻撃重ね、
22分、相馬のクロスを、闘莉王が胸トラップで落として
角度のないところからゴール、同点

ポンテのスルーからGKかわした達也のシュートは
体を投げうった清水DFに阻まれたりと、押してくレッズ
闘莉王も前線に貼り付き

清水はカウンターとか、手数をかけずに攻めてくる

で、細貝のパスミスから兵藤のスルーを矢島が決めて清水が勝ち越し

達也に変えてエジミウソンが投入されるけど、有効に使えず
逆転はままならず、2−1で負けました

いつになったらシステムが落ち着くのか、わかりません
もうサプライズはいらんわけやん、そんな時期じゃないやん

もう来年は監督でなくなってるわけやけど、レッズ自体は続いていくんやから
せめて、来季につなげる何かっていうのを考えてほしい

レッドクリフ PART1

「レッドクリフ PART1」見に行ってきました

三国志の名場面の一つ、赤壁の戦いの映画です

小学校の時に子供むけ三国志を読んだときから、なんか呉が好きな俺としては
赤壁が映画化ってことでちょっとテンション上がるし
しかも周喩役がトニー・レオンってのもポイント高い
いいよートニー・レオンは

アクションは小気味良かった
一騎当千の猛者たちの殺陣はカッコよかったです
さすがジョン・ウー
ハリウッドでいろいろ仕事してただけあります

それからキャスティングというか役作りというか
絶対イメージを崩さへんでっていうのが感じられた
特に関羽と張飛あたりは、これでもかってくらいやったな

ただ、エンターテイメントさを押しすぎかなと
もうちょっと重くてもいいんちゃう?しっかり作ったらさ

始まる前の解説もねぇ、いきなり日本語で説明入って
吹き替え版やったっけて思ったし
映画中もいちいち登場人物の名前も表示せんでええやん思った

誰が見ても分かるように作らんでもええやんってことです
上の段落で書いたようなことは配給側がやったことやろけど

あと、中国映画らしくおしげもなく人数を投入してきてたけど
エキストラの兵隊さん、ドタドタと走りすぎ
もうちょっと機敏に動けへんとあかんでー

とは言いつつ、part2はもちろん見に行きます
船団同士のスペクタルが見られる予感

part2でも前売り券のキューピーちゃんシリーズは続くようです
この組み合わせもわからんー!カワイイけどさ

ポイントが貯まって次回はタダです、やった!
ブラインドネス見に行こっと

ニュースにツッコミ〜10月編

試験で書けてなかったネタシリーズ、最後です


・金融パニック

サブプライムをキッカケにえらい騒ぎになってます

アイスランドが競売にかかるなんてジョークもあってね
対象はビョーク以外

まだまだ収まりそうにありません
その中で感じたこと

不況になった時に政府とか中央銀行はどう対応したらいいのかってことは
経済学的には分かってることやのに、それができず騒ぎが大きくなってるんよね

けど、それが経済のおもしろいとこや思う
人間のやることやからね、理論だけじゃ何ともならんねんやんね
やのに、これまでの好況で「景気循環は克服した」なんて意見があったりしたらしく
ほんまアホや思うで

それから、パニックの真っ最中に金融機関の決算やら物価指数やら発表して
明らかに間が悪いわな


・イグ・ノーベル賞に粘菌

「粘菌」に迷路を最短ルートで解く能力があることを発見した
北海道大の中垣俊之准教授ら6人が認知科学賞を受賞しはりました

このちょっと前に「サイエンスゼロ」でちょうどこの話題を見てて
より興味が湧きました

粘菌コンピューターなんてのもできるかもって話
すごいな、粘菌

粘菌自体はどういう分類になるかもハッキリしてない生物やのにね


・ドラフト

4年ぶり高校、大学、社会人を一斉に行った今年のドラフト

巽とか大田とかにかなりの重複が見られるかって予想に反して
指名は分散してました

巽がソフトバンクの外れ1位になった、つまり残ってたのは
思いもよらんかったよ

そんなこともあって、またソフトバンクはピッチャーそろえたなーて印象です

みんなしっかりプロの世界で生きていってほしいもんです

日本シリーズを振り返って

試験で書けてなかったネタシリーズ、今日は日本シリーズです

第7戦までもつれた今年のシリーズ
最終戦もシリーズの展開も最後に西武がうっちゃりました

振り返ると上原、涌井が先発した第1戦から全体の流れは見えてたような気がする

中村はしっかり研究して抑えてたけど中島にはやられてる
その中島の決勝ホームランで西武が先勝してた

ただ、試合はどちらも抑えられロースコアで
打撃が売りの両チームやったけども、逆に投手力が光ってた

こんな1戦目の雰囲気が後の試合も続いていきました

巨人なんか7戦通して44安打やもんね
よくそれで3試合勝てたよ

やっぱりまだまだホームラン攻勢しかないってとこでした
あんなけスンヨプていうブレーキがいたのに勝ててるとこなんかがね

1戦目の涌井はもちろんやけど、特に岸がすごかった西武の投手陣
先発した4戦目でシリーズ初登板、完封、毎回奪三振
さらには中継ぎで出た6戦目も抑えまくりでね
あのときのカーブの決まり具合は凄かった

打撃でも西武は中島以外にも片岡の足とか平尾の好調とか
中村もホームラン3本だけやったけど圧力あったしな

平尾の活躍は、もう長いけど阪神から出て良かったなー思いました
MVP候補でもあったでしょ

それでもロースコアに持ち込めるほど巨人のピッチャーも頑張っててんけどね
特に中継ぎはよぉやってた
開幕前にこんなけ育っていくなんて思いもしんかった

ただ、そこをうまく使いきれへんかったのが敗因やったわけやけど
最終戦も越智を引っ張りすぎてたとこがね

逆に西武は先発も後ろに回したり短期決戦に合わせた起用法してきたしね
巨人でもそういう使い方ができれば良かったけど
中4日で使った上原は打たれるしとか
中継ぎは若いのが出てきたけど、先発は年が進んでるし頭数も微妙やし
そこが来季の課題やな
ま、来年も中継ぎが同じように動けるかやが

日本一になれてへんのにWBCの監督になってしまって申し訳ない

レッズ×札幌

日曜に試験行ってて、そういうわけで土曜のレッズの試合のお話は今日です

高原を外して、FWはエジミウソン・達也の2人に
エクスデロがサイドの高い位置
闘莉王が中盤で、最終ラインは坪井・阿部・相馬・平川の4−2−3−1

序盤からエクスデロが相手をかき回してレッズのペースを作ってました

けども、先制は札幌
縦パス一本でダヴィがゴール

けども、ポンテのシュートがポストに当たったのを達也が決めて同点

1−1で後半に入ってもレッズペース

闘莉王の浮き球に裏をついたエジミウソンが決めて勝ち越し

その後もエジミウソンにチャンスはあったけど
徐々に札幌に押されたりもして…
それでも何とか2−1で勝ちました

またいきなりのシステム変更な感じで、
この終盤に来ても基礎が無い分、付け焼刃な感じがするばかりです
ゲルトはずっとそんなもんか

ま、どうあれ勝って良かった
セルはこれからもどんどん使っていってほしいですな

そして、リーグの展開もすごいことに…
言うたらグダグダってことやけど

永井が帰ってこれて良かったよかた

行政書士試験

行政書士試験を受けてきました

こっそりしこしこ勉強してたわけですねー
仕事より勉強の方が楽しかったのは聞くまでもないっしょ

大学の時にこの試験受けて以来、
なんか試験には負け続けてるんで
試験弱いのにサヨナラなるよう受かってたらええけど…

結果はどうあれ、終わって気分晴れ晴れ

部屋の片付けしよう
レッドクリフ見に行こう
髪切ろう
本読もう
紅葉の写真撮りにこう
録ったあるDVD見よう

いろいろあるな、したいこと

ただ、せっかく勉強癖付いてるからバッサリするのも勿体ない

今の仕事のキャリアが活かせそうなとこなんてないし
ていうか、そんなことしようとあんま思わんし
試験でどうにかなるもんとかで考えてくかねぇ

つっても何がしたいって何もないんやけど


ブログのネタもいろいろ溜まってるんで、明日からまた書いていきます

天皇杯4回戦 レッズ×愛媛

細貝退場闘莉王口論








サンスポより

第88回天皇杯全日本サッカー選手権4回戦(3日、浦和1−0愛媛FC、駒場)
Jリーグ1部(J1)の浦和は、高原、阿部を温存するもほぼベストメンバーで
Jリーグ2部(J2)の愛媛FCと対戦。1−0と辛勝し、昨年の悪夢を払拭した。

 浦和は互いに無得点の延長前半5分に田中マルクス闘莉王が倒されて得たPKを
ポンテが落ち着いて決めた。

 愛媛になんとか勝利した浦和だが、延長前半12分、細貝萌が愛媛FC・金守智哉からの
チャージにカッとなり金守を押し倒し一発退場。さらに試合後にはサポーターの
一部から起こったブーイングに、田中マルクス闘莉王がたまらず詰め寄り言い合いをするなど
後味の悪さを残した。



一切見れてないんやけども、天皇杯4回戦
今年も愛媛とぶつかることになりましたけど
リベンジは果たせたそうです

ギリギリで

延長のPKで取った1点でってどういうことやか!


さらに、試合中サポは静観、試合後の後味も悪かったようで

なかなか状況は好転しんようです…

永井はまたもベンチ外やって、大丈夫か!?
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ