2010年06月

W杯(14)〜決勝T1回戦  日本×パラグアイ

いよいよ、日本の試合
ただ、世界的に見れば日本とパラグアイなんて、名前が落ちるからスタジアムは結構空いてました

それでも、大きな日の丸が出てて、日本サポはかなり行ったはるみたい
すごいな!

いきなり遠藤の飛び出し、大久保のシュート
闘莉王がオーバーラップとアグレッシブな立ち上がりでビックリした
確かに今までにはないパターンやけど、闘莉王が上がると不安になるや

密集を抜けたバリオスが川島と1対1になったとこから
急に試合が動き出して
パラグアイが優勢な時間が続くようになって、日本は前にボールをつなぎにくくなってたけど
終盤は日本が優勢な感じになって、0−0で後半へ

後半、オルティゴサがゴール前に侵入してきたり、ベニテスにシュートを打たれたり
それぞれ長友と中澤のナイスディフェンスがあったけど
攻めがチグハグでヒヤッとする場面が多くなってた

20分過ぎから少し盛り返して膠着状態になり、
あと10分くらいになって阿部に代えて中村憲剛を投入
ゴール前で展開できる時間帯があったけど、パラグアイの守備を崩せず
そして、試合は延長へ

延長前半はバリオスのヘッドが川島の正面を突いたり
7分くらいのパラグアイの波状攻撃は川島、闘莉王とかの必死のブロックがあったりと
ハラハラしっぱなし

試合序盤にはえらくパラグアイのファールを取ってた反動か
後半以降、ジャッジが厳しくなった
延長後半は特にその感じが強かったなー

結局スコアは動かず、決着はPK戦へ

遠藤、長谷部と来て駒野か?!と思ったら、その駒野のキックはバー…
パラグアイは5人全員が決めきり、0−0 PK5−3でパラグアイが勝利

グループステージで戦った相手とは違って、ほんまやりにくい相手やった、パラグアイ
それでも、必死に体を張って守ってたとことかほんまよくやってた
ただ、あと少しが足りひんかった…

PK戦なんかは運によるもんやしなぁ
パラグアイのサッカーの歴史っていうもんが勝ったんやと思う


とりあえず、もうお休みなさい

W杯(13)〜決勝T1回戦  チリ×ブラジル、オランダ×スロバキア

南米予選1位、2位のブラジルとチリの戦い
南米勢がよぉけ残ってるから、こういう組み合わせになるよね

どっちもグループステージ最終戦は消化試合的な展開をしたけど、この対戦はアツい

カカ、ロビーニョが戻ってきたブラジルは4ー2ー3ー1
それに対しチリは4バックかな

立ち上がりから、やっぱチリは変わらぬスタイルで臨んでくるけども
ブラジル相手にはいつものサッカーができず次第に押し込まれるように

そして35分、マイコンのCKをファンがヘッドで決めてブラジル先制
ルシオ、ファビアーノのブロックがあって余裕をもって決められたなぁ

さらに、直後のカウンター
ロビーニョのパスをカカがダイレクトでスルーパス
それを受けたファビアーノがGKをかわして2点目

前半で2点差がついて、めっちゃ苦しくなったチリは後半も得意の形を作らせて貰えず
逆にロビーニョのコントロールシュートが決まり、おしまい

スイスを破ったチリやけど、ブラジルの壁は厚かった…
単純に跳ね返すだけじゃなく、カウンターも破壊力抜群なんはもちろん
時間の使い方とか巧さもあるもんねぇ、ブラジルは

もうちょっと先に当たってほしかったけどね
チリのサッカーをもっと見たかった。。。


もう一戦のオランダ×スロバキア
こっちはロッベンにつきます

彼は、あれだけの選手が揃う中でもまた別格やねー

W杯(12)〜決勝T1回戦 ドイツ×イングランド、アルゼンチン×メキシコ

アツイ組み合わせのドイツ×イングランドの決勝トーナメント1回戦
これまでもいろんな歴史に彩られるカードやけど
新たな歴史が加わったねー

お互い伝統国同士の戦いらしい緊張感がある立ち上がり
若干ドイツが優勢な感じの中、20分ゴールキックをクローゼが難しいシュートながら決めてドイツが先制

さらに、飛び出したミュラーから逆サイドでフリーのポドルスキへ渡り
角度がないところから決めて2点差に

けども、イングランドもジェラードのクロスをアップソンがヘッドで決めて1点差
さらに、その直後ランパードのシュートは…ノーゴール

バーを叩いたボールがゴールライン付近で跳ねて1966年決勝の疑惑のゴールと同じようなことが
起こったって思ったね
今回のはVTR見たら完全に入ってたけど

後半、ルーニーも今までより良い形でボールを持つようになったりイングランドが押してくる
集中して守るドイツ

そして、FKからのカウンターでミュラーが決めて2点差
すごい迫力のあるカウンターやった、3人がバーっと広がって

そして、またもカウンターでエジルが速い速い
最後はミュラー!ダメ押しの4点目


首相も謝る、皇帝もゴールを認める、あの誤審
あれがゴールとされてても、流れは変わってたやろけど、イングランドは勝てたでしょうか
力の差があったもんな

ドイツの2点目以降は入るべくして入ったゴールていうか、確実にイングランドDFを崩してたし
得点機以外でもかなりドイツのやりたいようにできてたし、ドイツ強かったでしょう

15大会連続でベスト8って改めて鬼やなぁ、ドイツ
良い状態のままのエジルに、ミュラーがまた良くなってきてるあたり、まだまだいけるね

とはいえ、次はアルゼンチンですが…

片やイングランドはカペッロが率いてもあかんかったねー
ま、それがイングランドらしさ


もう1試合はアルゼンチン×メキシコ

こっちでも明らかな誤審が…
ランパードのシュートなんかより一目瞭然やったはずやけど、テベスのオフサイド

アルゼンチンが強かったのは確かやけど、メキシコがらしくなかった
イグアインに決められたゴールとかはねぇ…


こういうミスも含めてサッカーとはいえ、続けさまに大きいミスがあるとあかんよねー
決勝トーナメントのレフェリーはグループステージを勝ち抜いてきた人らやのにさ

ウルグアイ人レフェリーは「レッドカード・ラリオンダ」と呼ばれる迷物審判らしいですけど…
よく決勝でも笛が吹けたなぁ

またこんな歴史に残る場面を一つ見られたのは良かったです


あと、めっちゃ笑えるW杯ネタを…エブエ!!

W杯(11)〜決勝T1回戦 ウルグアイ×韓国、ガーナ×アメリカ

決勝トーナメントが幕を開けました
その初戦はウルグアイ×韓国

早い時間でウルグアイが先制
いったんボールが流れたんやけど、フォルランが拾ってクロス
これがGKとDFの間を突く良いもんで
それを、これまた良いポジショニングやったスアレスが決めました

韓国も開始早々、朴柱永のFKがポストを叩く場面があったりするけど
ウルグアイの堅守は崩せず

けども、後半も攻め続け、ついに李菁龍が決めて同点に

しかし、終盤にスアレスの凄いシュートが決まり、ウルグアイが勝ち越し
絶妙のコースを狙ったシュートやったなぁ

攻撃のペースを持ってるときに取れるのが素晴らしい

韓国はその後、朴智星のスルーからGKをすり抜けて入るかというような場面があったりしたけど
最後はちょっと足が止まり気味になり、そのままのスコアで試合終了

ほんまウルグアイは調子良いなー

韓国も頑張ったんやけど、あと一歩足りひんな


もう1試合は延長にもつれ込んでガーナが勝利
ギャンが結構点取ってるな

W杯(10)〜グループG、H突破国決定

大会15日目、グループステージの最終戦の日はスペクタルな試合になりそうな予感がありました

まず、ブラジル×ポルトガル
組み合わせだけを見たらすごくおもしろくなりそうなカードやけど
つまらん試合やった…

前半ポルトガルは守備優先でブロックを形成
ブラジルがどう崩すかていうのを見てる形になったんやけど
カカとかがいない影響か、ゴール前まで運んでもそこからフィニッシュまでのアイディアが無い
とりあえず、みたいなロングシュートが多かった

後半はロナウドを中心にしたカウンターでポルトガルが押してくる展開になるものの
お互いおもしろみに欠ける試合やった

トーナメント進出も決まってるからやろか、しゃーないね

気を取り直して、もう一つ楽しみなカード
こっちはガチンコの撃ち合いになると思ったチリ×スペイン

3トップのスペインにチリは3バックで臨むおもしろいシステムでスタート
チリは前からチェックしてきてアグレッシブな試合運びをしてペースを握ります
10分くらいの攻撃は気持ち良かったー

ただ、ビジャのゴールでスペイン先制
カウンターで来られて、GKが飛び出して無人になってたもんね

そこをあの位置から確実に決めてくるんはさすがやけど

さらに、チリが最終ラインで奪われてたのをイニエスタが決めて2点差
そのときにエストラーダが2枚目のイエローで退場

後半アタマからミジャールとパレデス、攻撃的選手をまとめて入れてくるビエルサ
それが当たり、ミジャールが開始直後に決めて1点差
あのシュートはなんかあっさりと入った感じやったなぁ

そこから、ゲームにちょっと激しさがなくなり
スペインはもう2ー1のスコアで良いやって感じやったしなー

前半は動きがあったけど、後半はおとなしすぎで、結局ガッカリしてしまった…

チリが試合を支配してたと思う、いろんな意味で
チリ劇場みたいな感じ?

チリは決勝トーナメントいきなりブラジルか…

W杯(9)〜我らがドイツとグループC、F突破国決定

・我らがドイツ

バラックが出られなくなっても、ドイツはやるよなって思ってて
下馬評でほとんど話題にならへんのも、これはドイツの時間やなと思ってました

事実、初戦のオーストラリア戦は

ポドルスキーー
クローゼーー
ミュラーー
カカウーー

とそれぞれ違う選手が違う形でゴールを上げ、攻撃力を見せつけました

それが第2戦のセルビア戦でまさかの敗戦
グループリーグで負けるなんてひさしぶりすぎる

前半でイエロー2枚もらってクローゼが退場せなあかんようになり、
その直後にセルビアに先取点を取られ
その後、攻め続けるけどゴールはならず、で敗戦

いくら審判がダメでカードが乱舞したとはいえ、昔のドイツなら
試合をコントロールもできたやろけど、今はなかなかかしら…

けども、最終戦は勝負強さを感じる内容やった
ガーナの速攻をしっかり防ぎ続けてねー

決勝点は新星エジル
彼は良いねーこれから何年もドイツを背負っていってくれそうや

こうして、ドイツはなんとかグループDの突破を決めました

迎える決勝トーナメントはいきなりイングランド戦です、アツくなりそう


・グループCの突破はアメリカ、イングランド

結果だけ見たら順当やけど、ゴタゴタやったなぁ
この2カ国とも突破できひん可能性があったわけやし

最後は強豪といわれる国とそうじゃない国の地力の差が出た感じ
スロベニアは悔しすぎやろうけど、まだスロベニアには備わってへんもんが
この2カ国にはあったってこと

終了間際に1点取るなんてな、「持ってる」もんがあるからこそよ


・グループF

あーあ、ニュージーランド惜しかった…
もうちょっとイタリアが頑張っていればー

それでもイタリアより成績的には上って言う
イタリアの没落っぷりたるやね、勝ち点2ってな

再建には時間がかかりそうな気がするなぁ

そして、話はもどってニュージーランド
今大会一番印象に残るチームやったと思う、この先にもね

W杯(8)〜日本×デンマーク

開幕前には、決勝トーナメントに出場できるとは、ほんまこれっぽっちも思わへんだ
すごいなぁ

やはり、これまでと同じメンバーで挑んだ日本は
試合序盤はしっかりつないで攻めてくるデンマークにペースを握られるけど
17分、本田が右からのFKを直接決めて先制

それまでも右からのFKが既に2回くらいあったけど、
狙える距離やったんは初めてちゃうかな
お得意のブレ球でGKを惑わすゴールやった

さらに、30分ゴール正面から、今度は遠藤がFKを直接決めて追加点
良いキックやったなー
今大会はブレ球が注目されるけど、あんな絶妙なコースに決まるのを見るのも楽しい

セットからの得点が続いたけど、それも
大久保のクロスに合わせた松井とか、松井のスルーを受けた長谷部とか
前への積極的な走りこみがあってこそ
今までよりも攻められてたなー

後半になると、また立ち上がりからデンマークペース
放り込みが多くなって、日本は完全に受け身の守備になって
跳ね返し続けてたけど、ついにPKを与えてしまい
一度は川島がセーブするけど、トマソンが押し込み1点差に

トマソンは好きな選手やし、嬉しかったりしてしまいます

けども、ここから日本が追加点
本田が1人かわしてGKと1対1になってから落ち着いてフリーの岡崎へ
あそこで、もう1点取れるっていうのは今までの日本には無かったことやね

これまでの日本らしいパスワークも出てきてたし
かなりのナイスゲームでした

結果、グループステージは2勝1敗で突破!アウェーW杯じゃ初です
ほんまに予想を裏切る快進撃ですわ

試合をこなすごとにレベル上がっていってる感じもするし
今、日本のサッカーにとってすごい時間が流れてるなー


早起きしてよかったー
仕事中、確実に意識飛びそうですが…

けど、これからは、こんな時間の試合がメインになってくるしなぁ


ちなみに、グループEもう一戦はオランダが2−1で勝利
カメルーンは3戦全敗、何も残していくことができひんかった感じやな…

W杯(7)〜グループA、B 突破国決定

・グループA

まず、メキシコとウルグアイの試合
あの彼らやから引き分け狙いでくるやろうと
思ってたんやけど、思わぬアツイ試合でした

スアレスのゴールが決勝点となって、1−0でウルグアイの勝利
お互いが良さを出した感じ

2勝1分け3試合無失点でグループを突破したウルグアイが良いねー
伝統の堅守に、フォルランとスアレスの前のタレント…
ちょっと低迷気味やったけど、戻ってきたな

メキシコも普通にグループ突破
もうメキシコはベスト16はすごくフツーよねぇ、さすが

もう1戦のほうの南アフリカとフランスはどっちも突破できませんでした

フランスは無惨…開幕前からゴタゴタしてて
大会始まってもアネルカ追放、練習ボイコットとかとか内紛があって、どうしよもない
ハンドで予選突破してきたくらいやしね、そもそも

この試合で今大会の初得点を上げたマルダのゴールはキレイに崩しきったもんで
フランスの意地は感じられたけど

後任のブランが0からどんなふうに立て直すか楽しみや
グルキュフとか才能ある選手はいるわけやから

南アフリカはW杯史上初、ホスト国ながらベスト16に進めませんでした


・グループB

アルゼンチンは3戦目には大きくメンバー入れ替えてきて
この後の流れを考えても良い形

そんなことができるくらい順当に進めてこられたもんなぁ
実力的には驚くことではないんやけど、いろいろあるところやからね

マラドーナのヒゲ面が最初はフセインぽかった
ただ、やっぱスターですなぁ、韓国戦でのボールタッチの盛り上がりとかさ

もう1つの突破国は韓国、1勝1敗1分け
アウェーのW杯で初めてベスト16

これはすごい!ギリシャに勝って、かなり可能性はあったけど、なんか誇らしい
ここ何年かの積み重ねが花を開いたって感じ
日本も韓国を見習っていかなな

ギリシャは初戦の韓国に負けたときは、2004年ではもうないって思ってたけど
2戦目に勝って、グループを盛り上げてくれた
ブレへんことって大事やね

ナイジェリアは、もはやスーパーではなく、ただのイーグルスでした
韓国戦にはだいぶ躍動してたけど

W杯(6)〜ニュージーランド×イタリア、ポルトガル×北朝鮮

みんな、そろそろニュージーランドが気になってきたんちゃう?

・ニュージーランド×イタリア

ニュージーランドがFKからのこぼれ球を押し込んだスメルツのゴールで先制
オフサイドやと思ったんですけど

その後はイタリアのペース
押して押して、でくる
デロッシがPKを得たのをイアキンタが決めて同点に

ただ、結局そこまで
ハーフタイムでカモラネージとディナターレの2人を入れてきて
早い時間に3人目まで投入もするけど、勝ち越すことはできず
ニュージーランドGKバストンがしっかり止めてた

ただ、ニュージーランドの攻撃は後半終盤にカウンターから一刺しあるくらい
まだ10代のウッド、なかなか良かったけど

90分過ぎて交代のカードを切るあたり、ハーバート監督も強かやった

この試合もまたニュージーランドが勝ったようなもんやなー
勝ち点1が目標くらいのもんやったのにやるわ

おかげでグループFは大混戦
3戦目が終わるまでどこが抜けるかわからん

ニュージーランドはパラグアイに対してもフィジカルではかなり有利やけど
パラグアイのほうが強かそう
スロバキアは攻めに出てくるやろけど、そういう相手にはイタリアは上手くやるやろしな

結果がどうあれ最後までニュージーランドには頑張ってほしいです


・北朝鮮×ポルトガル

リカルド・カルバーリョのヘッドがポストやったりとポルトガルが押してるけど
北朝鮮も積極的に攻めて、シュートをよく打っていく展開

29分、チアーゴからラウル・メイレレスへ良いスルーが通って、ポルトガルが先制

やっぱ、クロスは跳ね返せても、裏へのパスは弱いかー
けど、まだまだ何かやるやろう、大世は他の選手とはなかなか違うなーなんて思ってました

それが後半…
メイレレスのスルーからシモンのゴール
コエントロンのクロスにフリーのアウメイダが合わせてあたりは
キレイに崩したなぁって見てたけど
もう途中からはどっちでも良い感じになってきてた

チアーゴ、リエジソン、ロナウドも決め、シメはまたチアーゴ

さすがの北朝鮮も心が折れてたな

開幕前に大体の人が予想してたのはこういう展開でしょう
ただ、、大国が軒並みそれをなしえてへんくて、
いかに予想通りに持っていくのが難しいかってことやね

けど、やりきったポルトガルはなかなか強い、そんなふうに思いました

W杯(5)〜日本×オランダ

カメルーンに勝ったことで俄然注目度の増した日本代表
パブリックビューイングかなぁ、今日は昼間から代表ユニを着てる人が多かったです

そんなオランダ戦

前半からボールは圧倒的にオランダが支配

けども、オランダはリスクを犯して攻めてはこず、シュートも少ない
日本の守備がしっかりしてるのもあって膠着状態

日本は攻めるときにはカメルーン戦より繋いでいけて、シュートまで行くことができてた
オランダがパスを繋いできてんのに日本は走り回されてて
気温高かったし消耗が気になったけど

オランダは後半アタマから、ギアを上げた感じでシュートで終わってくる場面が増えました
確実に圧力が増してたよな

そして、スナイデルが先制ゴール
鋭いシュートやったなー

そこから試合が動き出して、オランダゴール前で展開できる時間もあったんやけど
ゴールまでは至れず
大久保がキレてたなー

オランダは1点を取ってからは無理に攻めてこず、どちらかというとカウンター狙い
それでアフェライに2度決定的なピンチを作られるけど、川島がビッグセーブ

日本は松井を中村俊輔、長谷部を岡崎、大久保を玉田とカードが切ったけど
あまり効いては無かったかなー
最後のほうで闘莉王→岡崎で決定機はあったけど…
デンマーク戦も視野に入れた交代やろうな

結局0−1で負けたけど、最小失点で終わったのは全然悪くない
3戦目にも期待を繋ぐことが十分にできたわ
カメルーン×デンマークの結果が大事や

オランダは決して良いわけではなかったけど
この時間帯で点を取ろうっていうのを決めて遂行できるのはさすが
ここらへんがカメルーンなんかにはないとこやろうな

軒並み大国が躓いてる中、オランダはなんやかんやで順当に来てる感じ
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
あし@
  • ライブドアブログ