2010年09月

第24節 レッズ×新潟

4ヶ月ぶりにホームで白星をあげました

前半30分くらいのエジミウソンのアクロバティックなシュートまで
あまりチャンスなく、どっちかていうと新潟のリズムやったけど
終了間際に柏木の上手いシュートが決まって先制

すると、後半は試合を支配し、なかなかゴールには至らんかったけど
36分エクスデロが追加点を上げて2−0で勝利

追加点をあげられて結果がついてきたのは良かった
それがホームでやし、なおさら

けども、この試合ではスピラが負傷
ほんまに毎試合、誰かが傷めてるな

そういうとこで岡本が出てきてアシストをしたりするんはええんやけど
あまりいい状況とはいえへんや

さてさて、次のダービーはどうなるやら


あぁ、鼻炎がひどいです…

Micmacs

「アメリ」が大ヒットしたジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作
「ミックマック」を見てきました

流れ弾的に頭に当たった銃弾が取り出せへんようになって
ホームレスになったバジルは
ゴミ処理場で暮らす、めちゃ体が柔らかいとか言語に堪能とか
一芸には秀でたホームレスたちと
頭に入ってる銃弾を作った兵器会社と
自分の父親を殺した地雷を作った兵器会社
その2つの会社に復讐をすることに

復讐といってもやり口は殺しも何もなく
それぞれの特徴を活かしたミックマック=イタズラ
廃品で作った道具を使って、かなりローテク

けど、それで相手をはめていくのが、まっこと小気味よく、おもしろい
いわゆるギャフンと言わせるっていう言葉がピッタリくる感じ
兵器会社の方が動くと派手な爆発があったりして、対照的な描き方がされてます

1人1人やと一般社会で生きていけへんような人らやけど力を合わせたら
(最後にはYouTubeを使って世界中の個人に広めもしてます)
小さい存在でも繋がれば、大企業に手痛い一撃をくらわせられる、という
そこにスカッとしました

イタズラ以外でもジュネ作品独特のおもしろさがあって笑えます
オトンが死んだんを知らされたときのオカンの顔とか
階段はどのくらいからすり減ってくるかとか

反戦がテーマな映画やけど、それを声高に叫ばずファンタジーに
仕上げてくるところが良いですわ、そもそも

見に行って良かったーと思いました
人を選ばずオススメできると思いますっ

RIP SLYME大博覧会

名古屋のパルコに行ってきました、RIP SLYME大博覧会
東京・福岡・名古屋だけでやし、そりゃ名古屋行くでしょう
RIMG4069

















好きだね、あんたもって話ですが、RIP SLYMEに誠実です

押収された窃盗品のようにズラーっとグッズやらアートワークが並んでました
色んなもん作っててんな
耳掻きとかドライヤーまでもあって

テンション上がるわ、えへへへぇ〜
萌えっす、萌えっす!
好きだねぇ、オイラも

全体どーん
RIMG4065

















前半どーん
RIMG4055

















後半どーん
RIMG4062


















RYO-Zお気に入りのadidas STAN SMITH
RIMG4058























博覧会のお土産(贈る相手は自分)
「FUNKASTIC」のトイレットロールと博覧会オリジナルオペラグラス
RIMG4078

















椅子に座って、流れてるPV見てたら
「あれ、ここ1日は余裕でいられるんちゃう」くらいの気持ちになりました


そうは言いながらパルコを後にして、今回の計画通りの旅コース
大須で古着屋巡りを敢行っす

大須ねぇ、イイ感じの古着屋が多い!

好きに角を曲がっていく感じで行き当たりばったりにフラフラしてても
MANOAにFEEET、ocher、jack pot…行き着けにしよか思える店に遭遇できました

まだまだ見つけられてへんとこもあるやろし、大須アツイ!

ただ、俺の持ってるBIG Eより
古くて・めっちゃ色残ってて・サイズもちょうどの・が
安く・売ってて、激しくガッカリ

新たに世界を広げて出会いがあっても、良いとは限らんねぇ…ss="pict" align="left" />

第23節 レッズ×清水

早いもので、リーグも残り3分の1までなってきました

19分、サヌからのカウンターでポンテ→エジミウソンの
カウンターで先制
珍しく、試合初の決定機をモノにした感じ

ああいうの見ると、エジはシュート上手いよなーって思う
上がってきてるよなー

そこから、アグレッシブさが増しておもしろい試合になっていきました
原口に惜しいところがあったり

ただ、40分になる前に藤本の粘りから、岡崎がボレーを決めて同点に

まーあれは敵ながら凄かった

後半も両チームに見せ場がありました
達也の飛び出しと、それを止めたボスナーのクリア
ポストに助けられたヘディングシュートとか
清水GK西部が当たってたなぁ

見ごたえのある内容ではありましたが、結局はドロー
ホームでの勝ち星は、また上げられず…

チーム状態は確実に良くなってきてるけど、あと少し足りひんな
2点目取れる場面は大いにあったと思います
調子が上がろうと、この順位というのが納得できるもんです

スタメンを岡本が張ったり、高崎も途中から出て見せ場あったし
原口と高橋がほんま良い、これからも使い続けてほしいわ
何年か後のレッズが楽しみになるな、最近は

それも、けが人が多いというチーム事情によるものなんですが…
達也が戻ったのはいいけどポンテが下がったのは気がかり

第22節 レッズ×東京

代表戦があったりして少しの中断を経てのリーグ戦再開

両サイドの高い位置で原口と高橋が先発
この2人の縦の仕掛けはあるけど、基本的にボールは前まで行かず
シュートまでがなかなかいけへん

横に回すのが多くて東京サポからブーイングがあっちゃうくらい
なんか逆やんね

後半もなかなかやったけど、原口が突っ込みPKゲット
それをポンテがキッチリ決めて先制

決定的なチャンスは東京の方が多くて、
梶原が長距離持ち込んでのシュートとか徳永のシュートは枠に助けられたし
後半の石川のクロスからのシュートも危ない危ない

それでも逃げ切り完封勝利!

とにかく結果が大事やから、勝ち点3が取れて良し

原口がだいぶ良くなってきてる感じ
PKゲット後のシュートも良かったしね

あとちょっとのとこやと思うんやけども…

傷める選手が多かったのが気がかり
両チームともね

ただでさえ、出られへん選手が多いのに
気をつけていかんとなー

MAGIC CHAMBER@心斎橋クラブクアトロ

HALCALI目当てでMAGIC CHAMBERていうイベントに行ってきました

2週間ぶりHALCALI
デビューから7年くらい会えてなかったのが、こんな短期間にまた会えるとは
この期間だけやと友達より会ってる頻度高いで

小さいハコやし、2mくらいのところにHALCALIが!
近くでも可愛らしっ!!

セトリはコヤソニとそう変わらへんかったけど、フリとかがよく見えて
改めて良いなーと思った
まず本人らが楽しそうやしねぇ、良いす良いす

あとは知らん人・初めましてな人でした

まず、DOMINO
若い人らと思ってたけど、実物見たらほんま若かった
高校生くらいな感じ

それでもダンスはしっかりしてて、なかなか出来るコらと見ました
3人とも小学校からダンススクール行ってたらしい
今のコらは若くても、こうやってキャリアあるよなぁ

アニメNARUTOのED曲に決まったらしいし、これから露出増えるかもね

トリはPENGINでした
このイベント、HALCALIメインかと思って行ったんやけど
PENGINファンの人ばっかりでビックリしました
そんなメジャーなんかとね

俺は全く初めてやったけど、ファンモンみたいな感じ
ひとつの流行のスタイルですよね
ろくに韻を踏まへんのに、伝えられる情報量が多いからって
ラップ的にやんのはどうかと思っちゃうけど

PharrellとNIGOのオーディションで出てきたManamiも
オープニングアクトで見ました


今のとこ仕事が変わっても、ライヴのペースはあんま変わってへんな

THE A-TEAM

「特攻野郎Aチーム」を見てきました

この夏、一番単純におもしろくて・スカッとするやろ、と思ってた映画です
ここのとこ重めな映画見てたからねぇ

笑っちゃうような、ど派手なアクション満載で、何も考えんでもいいおもしろさ

いわばバカバカしいんやけど、
こんくらいやる映画はたまにあってもいいし、見たくなるよね

アクション映画もリアルを意識して堅苦しく作ってばかりじゃハリウッドやないで!
こういう映画はハリウッドでしかできひんねんからさー

一番の売りの戦車のパラシュート落下はもちろん
最初のヘリコプターの宙返りとかコンテナがズズーンってとこも印象的でした

ただ、まぁせっかく大々的に撮ったんやし
そのズズーン状態を銃撃戦でもっと活かしたら良かったんちゃうかな…

そうしたらもっとスタイリッシュになったと思うんやけど
「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」みたいな作品があるんやから
監督のジョー・カーナハンならできると思うし

 ちなみに、「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」はかなりおもしろいです
 「NARC」もね

ま、それやと特攻野郎じゃなくなるんかもしれんね

とかいって、オリジナルはよく知りません
キャストが一新されての映画化ていうこともあって知らんでもいいや、と

それでもオマケシーンで新旧のフェイス役が並ぶとこは、
どっちも似た感じやなぁって思いました
向こうの国のブラッドリー・クーパーみたいな男前はカッコええな
リーアム・ニーソンは渋い!

あと、3Dはもう飽きたってセリフが笑えました

単純に楽しめるとかいいながら、何かしら書けることあるねぇ…
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ