2010年11月

第33節 レッズ×川崎

開始直後、伊藤のクロスを矢島が決めて川崎に先制され
その後も楠神の突破や憲剛のFKからピンチがあり
レッズには良いところ無し

それが後半になると、徐々にペースをつかみ出し

ポンテからの憲剛の股抜きパスをエクスデロが決めて同点

その後も川崎ゴール前での時間が多くなる

その分、勝ち越したかったけどね
それが今のレッズか…

それでも、選手の移動やら体制の変更やら周りが騒がしくなってきてる時に
なかなかの動きを見せてくれてたと思います
エクスデロは動けてたよなー

リーグは残り1試合やけど、天皇杯はまだあるんで
つなげていってほしいな

第32節 レッズ×横浜

もう試合があるとはタイトな日程やなぁ、ほんま

開始3分、CKからのこぼれ球をポンテが決めて
ファーストシュートでいきなりレッズ先制

そこからは横浜に圧倒され
CKからの松田ヘッドとか小野のバーをかすめるシュートとかあるけども
ゴールは割られず、逆に44分、エジミウソン・サヌと繋いでまたもポンテ!
シュートの精度はやっぱすごい

けども、終了間際に兵藤に決められ1点差になって折り返し

後半は、また立ち上がりに速攻で高橋のパスからサヌが決め
さらに、また同じような展開から高橋のパスをエジミウソンが決めて
4−1と

前半はヒヤヒヤやったけど、後半はレッズが優位に試合を進め
横浜に快勝しました

まぁ、今の横浜はほんまに調子悪いからなぁ…けが人も多い
エジミウソンのゴールにしても
真ん中であんなにフリーにさせてちゃねっていう感じやし
落としたらあかん試合でした

それでも横浜の方がまだ順位的には上にいるわけやしな
ここまでのリーグ戦をどんなふうに戦ってきてたかが改めてうかがい知れるわ

高橋が調子良いな!
これが一時のパフォーマンスじゃなく、常に出せるものとしていってほしい
また悩んでそうな原口も、なんとか。。。

大相撲九州場所中日

一昨日行ってきました、大相撲九州場所中日

着いたんが幕内らへんの力士も来るタイミングやって
近くを通り過ぎてったら、甘い香りが
びんつけ油ってほんまにあんな甘いにほいするねんなーって
相撲を見に来た感が高まりました

座席まで案内付きという、ちょっとした贅沢感を味わいながら
十両の土俵入りから観戦スタート

西側ペアシートからの眺め
IMGP0087

升席のような座布団やのうて、ペアシートってのは椅子とテーブルがあるスタイルで
なかなか見やすかったし、写真も撮りやすかった

十両の審判は貴乃花
IMGP0095

十両では他には水戸泉とか智乃花とか栃乃和歌、
序の口らへんでは武双山とか寺尾も審判やってて
正直、こっちの方がテンション上がる

審判がそんなメンツの中、土佐ノ海はまだ土俵上に
長いなー
IMGP0121


で、幕内、横綱の土俵入り
IMGP0141

IMGP0175

IMGP0190 1

魁皇に声援が大きいのはよぉ知ってたけど
嘉風、琴奨菊といった地元勢への声援もすごかった

それがまた楽しめる相撲を見せんのよ
土俵際から盛り返して勝つようなさ
IMGP0379

豊真将の腕、極められてるなー
IMGP0394


そやし、より盛り上がるんよなー
この熱は、九州という土地柄かもしれんけど、良い雰囲気

まさか俺がね、魁皇を好きになっちゃいそうやったで
IMGP0396


結びは勿論、白鵬
IMGP0457


懸賞の本数が多かった(前日の方が多かったらしいけど)
3周してたしなー
IMGP0445


同じとこが何本も出してるからおもしろい
特にタマホームは、いえづくりまちづくりタマホーム・大安心の家タマホーム
ゆとりある暮らし応援タマホーム・そして人づくりへタマホームと
コピーが文章のようになってたしな、「そして」なんて入ってるからね

今場所にしては珍しく白鵬はしっかり寄り切って勝ちました
INDX0518

3時間の観戦はあっという間でした
楽しかったなぁ、相撲おもろいわ!

また見に行こう
大阪場所ならすぐ行けるしなー
IMGP0492

第31節 レッズ×ガンバ大阪

テレビ越しでも分かる、ここ最近にはない大きさの声量
ビッグフラッグも出て、観客も

前半はレッズのペース
エジミウソンのシュートが藤ヶ谷に止められたり
高橋のバーを叩くシュートがあったり、と惜しいところはありました

けど、得点は奪えず…

そしたら、後半は一転ガンバペース

で8分、スルスルッとゴール前に上がった遠藤に橋本がスルー
また遠藤に決められた

その後もガンバに決定機が多く、なんとか耐えてたもんやったけど
終盤にCKからルーカスに決められ、もうおしまい

0−2で負け、自力でのACL出場は不可能になりました

前節で、決められる時に決められへんから京都はって書いたのが、
そのままこっちに返ってきた
この日のレッズはそんなんでした

上位のチームとは明らかに差があるなー

ガンバ、さすがの試合運びやわ
してやられた感が強い

天皇杯は万博でなんよなぁ
行きたいけど、仕事やった気がする…


そして、名古屋が勝ち鹿島が引き分けたので
名古屋の初優勝が決まりました

ようやく優勝したかっていう感じがするけど、今季は独走やったなぁ

白鵬の連勝ストップ

白鵬の連勝が63で止まりました…あばばばばばばば

実は、新たなる伝説を信じて九州場所の中日のチケットを取っていました
博多まで見に行こうと思ってました

それが、この結果…

初日には勝ったけど、明日明後日あたりにゴロンと転がってそう
なんて思ってたら、それが現実になってしもた

稀勢の里の一方的な攻めに自分の相撲ができひんかったなー
よく攻めた、稀勢の里

このくらいのクラスの力士はもっと後でええやんかー

正直、白鵬はそんな好きじゃなく、朝青龍派やったわけやけど
今の白鵬はすごい次元にいるよなってことで
新たなる伝説を期待してたんやけども…

今度の日曜に対するモチベーションがーー
ただの中日になってしまった…
それにはるばる博多まで駆けつけるという…

いや、行きますけどね
生で立ち合いなんか見られたら、そりゃおもしろいに決まってるもん

けど、気持ち萎えー

ぐはー

第30節 レッズ×京都

もう30節かぁ、残すところわずかですな

レッズはホームにて連敗を止めました
けど、いろいろしょっぱいこともありました

試合は立ち上がりから京都にチャンスが多い流れ
けども20分過ぎからはレッズが流れをつかみ出し
サヌとの関係から最後はエジミウソンが押し込み、レッズ先制

その後も京都ゴールに近いとこでのプレーが続いたけど、決められへん

後半立ち上がりも高橋にチャンスがあったりするけどゴールは無く
逆に京都のペースに
けども、京都も押してはくるものの決定的なシーンはあまり

残り10分くらいのタイミングでポンテが復帰し
終了間際、ワンタッチであっという間にDFをかわし追加点!

0−2で敗れた京都は4度目の降格となってしまいました
あんなけ押してながら、詰めの段階で緩すぎるなぁ
流れが来てるときに決められへんかったら、そりゃあかん

って、レッズもできてるわけじゃないけど

少なくとも来年は西京極にレッズが来ぉへんのかー
チャリで行ける距離でレッズを見るためにもサンガは頑張ってほしかったんやけど…

劇的な復帰を飾ったポンテはインタビューで号泣
もう来年はないんやろうかなぁ

後味悪い形で、また残るべき選手が去って行ってしまうんやな

camera holic

この1ヶ月の間にカメラを2つ買ってしまいました

今までのRICOH Caplio R7も満足いくパフォーマンスをしてくれてたけど
コンデジなんでズームとか弱いところがあって
それをクリアするには、やっぱレンズ交換式のにせんとなーと思ってたんで

とはいえ、あんまゴツイのにしたら持ち歩きに不便やし…
(いつでも撮れるような機動性を重視してます)
ということで、今時の流行のミラーレス一眼にしようと思ってました

その中でも、やっぱOLYMPUS PENやんなと思い、E-P2のズームキットにしよかなと
思ってました

ただ、カメラ好きの友達のアドバイスを受けてるうちに
1つで何でもかんでも求められへんということを知り
また、PENが値崩れをしてなくてズームキットもかなり高いということがあり
それやと同じくらいの額で2つ買えてしまうので
2つ買うという離れ業に出ました

1つ目は、PENシリーズのローエンド、PEN Lite
RIMG4142

















スペックはEP-2より落ちるとはいえ、
4万円くらいの差がつくほどには感じられんかったんで、こっちに

やっぱデザインが良いよ、PEN
友達からも言われてたけど、俺の服装によく合うねん

パノラマに出来たりとか、撮るのもほんま楽しい

ただ、PENはパンケーキセットなので
望遠に使える用として、PENTAXのKXを買いました
RIMG4158
























いやー安い!コンデジであるRICOH GRDより安いくらい

けど、HDRを撮れたりとか、これもいろいろ楽しそう
先週に買ったとこなんで、あんま使えてへんけどもね

こういうふうに新しいおもちゃを手に入れたから
写真熱が高まってます

あー、どんどん写真を撮る時間がほしいーー

第29節 レッズ×広島

ここにきて3連敗とは…

磐田、山形にはしっかり対応され、研究されたら弱いから負け
昨日はパスサッカーで一日の長がある広島にやられてしまいました

最終ラインへのしつこいチェックから先制はできて
後半にはエジミウソン、サヌ、岡本に決定機があったりと
チャンスが無いわけではなかったんやけど

昨日はDFがあかんすぎた
サイドをやられまくったしなー
その流れからの李のキレイに決めさせてしまったゴール
そりゃ急造DFやからしゃーないかもしれんけど

試合に出られへん選手がほんまに多すぎる!

けど、ロスタイムに失点するんはそれだけの問題ではないやろう
もう何度同じことを繰り返すんやろ…

この3連敗でACLで絶望的に

ちょっと前まで負け無しが続いてた時は
ACLというのにはまだ早いと思ってて、そろそろ見えてきたかなと
思った矢先に、これっていう…

細貝にさえ疲れが見えてきてるし、チームとしても下降線でしょうか。。。

ロッテが日本一

遂に決着がつきました

昨日もリードしてるのを知りつつ、家に帰って中継を見ると
9回裏、和田が3ベースを打ち、ブランコの犠牲フライで同点に…
また延長かーってビックリした

この試合も終わりそうにないなぁってところで
12回、岡田のタイムリーが出て再び勝ち越し
その裏を伊藤が抑え、シリーズに決着が

ロッテが5年ぶり、3位からとしては史上初の日本一を果たしました


ほんっま、いろいろ楽しめた日本シリーズでした
見ごたえがあるというか、もう疲れるくらい
こんなけおもしろいのに、中継を見送る地上局があるなんてねー
マジなってへんぜー

一番印象に残ってるところは日付をまたぎそうになった6戦目の延長15回引き分け
それとは対照的に、9回」をわずか97球で締めた俊介のピッチングも印象的

初戦に吉見を持ってきて捨て、9点取られても中田を変えずと
偶数試合を大事にした落合采配もすごいし

両チーム(特にロッテ)計算できる先発の数が無い中の
中継ぎ陣の踏ん張りもすごかった
薮田、小野、伊藤、内…浅尾、高橋、河原、ネルソン…
内があんなけ成長してるとはねぇ
河原もまだまだいける感じやった

それから、清田、大島というラッキーボーイの存在

ほんまいろいろあったな…

ロッテはほんま短期決戦に強い
シーズン終盤からのチームが一つになっての勢いはすごかった

今江はまたもシリーズMVP
27の12、6打点なら納得
サブローも渋いし
里崎は絶対身体悪いと思ってたけどガングリオンやったんやな

こういうとこに清田とか岡田も絡んできて
まだまだ短期決戦に強いロッテのカラーは受け継がれていくやろなー

中日はシーズン中とは違う野球やったように思う
6戦目がカギやったと思うね
普段なら、引き分けや無く絶対勝ってるやろ

またも下手な野球やった
落合は4戦目の時には自嘲して言ってたけど、この試合こそ下手な野球やったやろ

それが7戦目に繋がってたと思う
中継ぎ陣はもう十分疲れ果ててたやん

そんなとこで4イニング使ってたら、浅尾も打たれるよ


とにもかくにも、今年のシーズンの締めくくりにふさわしい
濃い日本シリーズでした
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ