2011年03月

持ってる男

復興支援チャリティーマッチの日本代表×Jリーグ選抜

遠藤のFKとか、岡崎の飛び出しとか
個人的には伸二から元気へのパスにワクワクとか
けど、もっと伸二の輝き見たかったとか
いろいろあったけど、カズのゴールに全て持ってかれた



やっぱりカズは持ってるなぁ、素晴らしい

こんな場でみんなが期待してることを成し遂げるのは、ほんますごい
サッカーの上手い下手を超えた部分の力よな

そういうのに感動した

まだまだ「やめないよ」やね

サンガがJ2のおかげで西京極で生カズを見られるんで
横浜FCとの試合のときは行ってみます

第83回選抜高等学校野球大会 第5日

球春の到来です やっぱ野球が始まるとウキウキする

今日はおもしろい組み合わせが固まってたんで、甲子園に行ってきました

一番面白かったのが第1試合の報徳×城南

試合が動き出した中盤、ちょうど城南が先制したときにスタンド入りしてました

5回は2アウトからの4連打で2点追加
城南は小柄な選手が多いけど、逆らわへんバッティングしてました

さらに、両チームに点が入って4-2で迎えた7回はおもしろい展開でした
ここで点差を縮めておきたいところの報徳は先頭バッターフォアボールのあと
送って1アウトランナーセカンド
続くバッターの良い当たりをショート柳川が横っ飛びでキャッチして2アウト
これで城南の流れかと思った、次のバッターのサードへの当たりはベースに当たって内野安打
流れはどっちに向くんや?ってところで、サード強襲のヒットが出て、1点差に

けども、そこで追い付かれへんのが大きかったかな
9回2アウトからワイルドピッチで5-3、さらに二者連続フォアボールの後の
竹内のホームランで8-3に

9回に報徳らしい粘りを垣間見せたけど、結局及ばず8-5
9回は気持ちが切れてたなぁ、田村
チームとしても序盤で2エラーなんていうのはらしくなかったし

報徳が1回戦で負けるとは思ってなかったし
田村がもう敗退するのは残念やけど、城南はやるチームや
全然知らんかったけど、これは注目やね


第2試合は浦和学院×鹿実

関東王者の浦学と神宮大会準優勝の鹿実の組み合わせ
1回から点の取り合いのシーソーゲーム

ただ、両チームとも2点差以上をつけられへんけど
6回に鹿実が追加点を挙げて、ついに2点差がつき、そのまま試合終了

浦学、鹿実とも似たようなピッチャー同士の投げ合いやったけど
浦学の佐藤のほうが良くなかったです


第3試合の関西×東海大相模は、大差がつく試合となりました

東海大相模は去年より強い!
特に、打力と機動力に優れている感じがしました
去年の経験者が残ってるのも利点

タフな組み合わせやけど、今日は公式戦初登板の2年・庄司が完投したし
上まで食い込めるんちゃうやろうか

関西はピッチャーが良くなかったなぁ
あんなもんかいな…


城南の応援はかなり声が出てたけど、鳴り物自粛なんで全体的に静かでした
行く前は、メジャーリーグみたいなんかなぁって思ってたけど…
鳴り物があったほうがええなぁ

あと、今日は結構寒かったです
来週には4月やのに、なんて気候なんやろ…

The King's Speech

「英国王のスピーチ」を見てきました

身分を越えた友情で、障害を克服していくという
好きな感じの映画やし見に行きたいなぁって思ってたら
アカデミー獲っちゃうまでになってしまいました

感動も笑いも派手になり過ぎない、抑制の効いた良い〜感じの映画でした

言語聴覚士ライオネル・ローグに対して、最初は悪いイメージを持ってた
ヨーク公アルバート王子が、徐々に友情を育んでいきながら
意見の対立から距離をとるようになってしまうけど、それを乗り越えて
戴冠式の練習に臨むとこからジーンときてました

けど、戴冠式が上手くいったとこなんかは直接には見せずに進められて
最後のスピーチがより心に響くようになりました

しかも、スピーチのシーンがあったのは最初の大失敗に終わったとこと最後のとこだけで
そういうのが対比ともなってて、よく出来てるわ

けども、そのスピーチは世界大戦の幕開けとなるもんやったわけで
そこらへんは、ただ上手くいって良かったねーでは済ませられん感じやけど

それから、出てくる人みんなイギリスでそこそこの階級やから、
渋い良いカッコをしてるんですわ
ええなぁ、カッコええと思って見てました
(特に、後のウィンザー公となる、ディヴィッド王子には注目でした)

そんなビシッとキマった紳士が、ブルルルぅーとあごを緩めるように動かしたり
床を転がらせられたりっていうローグの治療シーンはおもしろかった

出てくる役者もみんな達者やったなぁ

全体的に安心して見られる映画ですのでオススメです

地震

国内観測史上最大、世界でも5本の指に入ってくる規模の地震
それによる巨大津波、製油所の火災、メルトダウン…
あらゆる災難が起こって、えげつないことになってる

地震が発生したとき、仕事中に眩暈がしてるような感じで地震とはすぐに気づかんかった
(高校くらいか鳥取であった地震のあったときもあんな揺れやった)
で、ネットを見てみると 宮城で震度7、大津波警報
「これもう、東北のほう壊滅的なんちゃうやろか、何千人単位で死ぬやろな」って思った

ただ、字面を追うだけじゃ実感が薄く、家に帰ってからテレビを見続け知った
被害の状況は遥に想像を超えるもんやった
(こういうときは、まだまだネットはテレビに勝てんよな)

現時点でM9.0、長さ400キロ、幅200キロの断層破壊ということ
どれも信じられへん規模

津波の威力も凄かった
海を進む白い波頭と田畑を襲った黒い波とか
津波を映像で、あんなけ色んな地点・角度から見たのは初めてやったし余計に感じた

その津波に襲われた南三陸、陸前高田といったところは、
まさに木っ端微塵でありえへんことになってる
あの状態から、ゼロからまた街が作られるんやろうか…

そして、まだ被害の全容が分からんへんねんかな
行方不明という人が多すぎる
海に流されてたら発見できひんもんな、正直な話
今夜になって宮城県警の発表で、死者1万人規模ってところまで来てるけど

地震を知ったときから、とんでもないことが起こってるなってザワザワしてる

そうは言いながら、当日は同期会やったり、昨日も昼ご飯を食べに行ったり
いつも通りに生きてるんやけども
節電なんかより、もっと直接に何かしたいと思ってます
まだ、今は一般人が入るタイミングじゃないけど、ボランティアに行けへんかな
まずは義援金から始めるか

こんなときに、これ幸いとチェーンメールとかデマを送ったりする輩がおるんよな
それがまたtwitterのおかげでより広がってる
ほんまにタチが悪い

2011シーズン第1節 浦和×神戸:参戦

2011シーズンが幕を開けました

今年のレッズの開幕戦はホームズスタジアムということでいきなり参戦
開幕戦に行くのなんて初めてです
IMGP0740


試合前、去年の最終戦の映像が流れてた
そりゃ神戸にしてみれば残留を決めたシーンやけど、こっちとしては嫌がらせかと

原口、山田がスタメンでした
新調したユニは原口やったんで、ちょっと嬉しかった

IMGP0767

開始早々で傷めてたけど、達也が攻守によく動いてて
左サイド深いところから達也への展開で良い形になってた

ただ、それが決定的な場面に繋がるとそうではなく…
フィニッシュに問題があったなー

一方の神戸の攻撃では平川がクロスの処理をし損ねて大久保に打たれたのと
ポポのFKでヒヤリとしたくらい
IMGP0770


両チームともなんともいえない前半が終わり、後半へ
15分過ぎに啓太が2枚目のイエローでまさかの退場

前半の早い時間からカード出されてたからなー
開幕戦というので今シーズンの基準を示そうという意識が強かったのかもしれん

ただ、数的には不利になったけど、そこまでの内容を見る限り
負けそうな感じもなかったんやけど
30分過ぎ、ポポにFKを決められ、神戸が1点先行する形に
IMGP0808



IMGP0796
IMGP0806

後半はエジミウソンのバーに当たるヘディングとか
マルシオのFKとか惜しいところもあったんやけど
点が入りそうな気配はなく
それは高崎、マゾーラを投入しても変わらへんかった
(ベンチの動き、もっと早くても良かったと思うけど
 マゾーラも5分程度じゃ何もできんやん)
IMGP0813


こうして、今シーズンは黒星スタート
まだ全員がフィットしてないような感じでした
CKの場面があっても、ずっと誰にも合ってなかったりとか…

開幕したところやし、これからフィットしていくと思いたいです
ほんまに、まだまだ長丁場やしな

第83回アカデミー賞&第31回ゴールデンラズベリー賞

今年もアカデミーの季節になりました

各賞は以下の通り

作品          「英国王のスピーチ」
主演男優        コリン・ファース「英国王のスピーチ」
主演女優        ナタリー・ポートマン「ブラック・スワン」
監督          トム・フーパー監督「英国王のスピーチ」
助演男優        クリスチャン・ベール「ザ・ファイター」
助演女優        メリッサ・レオ「ザ・ファイター」
脚色          「ソーシャル・ネットワーク」アーロン・ソーキン
脚本          「英国王のスピーチ」デビッド・サイドラー
長編アニメーション   「トイ・ストーリー3」
長編ドキュメンタリー   「Inside Job」チャールズ・ファーガソン監督
外国語映画        「In a Better World」(デンマーク)
美術監督        「アリス・イン・ワンダーランド」
撮影          「インセプション」
衣装デザイン      「アリス・イン・ワンダーランド」
編集          「ソーシャル・ネットワーク」
メイクアップ      「ウルフマン」
作曲           「ソーシャル・ネットワーク」
主題歌         “We belong Together” 「トイ・ストーリー3」
音響編集        「インセプション」
音響録音        「インセプション」
視覚効果        「インセプション」
短編アニメ       「The Lost Thing」
短編実写映画      「God of Love」
短編ドキュメンタリー  「Strangers No More」

早くから今年は「ソーシャル・ネットワーク」が本命という空気やったけど
近づくにつれ「英国王のスピーチ」の勢いが増してきて
候補が発表されると「英国王のスピーチ」が12部門、
「ソーシャル・ネットワーク」が8部門、
さらにはコーエン兄弟の「トゥルー・グリット」も10部門ノミネートされる
展開になりました

そして、結果としては「英国王のスピーチ」が作品賞に輝きました

デビッド・フィンチャーも嫌いじゃないけど
まー良さそうやもん、「英国王のスピーチ」
見に行こうと思ってるし

「トゥルー・グリット」も見る気なんやけど、ひとつも絡まへんかったなぁ

今年は、受賞作を見ただけでは新たな発見というのは無かった感じ
美術とか視覚効果とか、そこらへんはノミネートからしてありきたりやったしなー

そういうところで受賞する割と無名な作品って、かなりの確率で良い映画やから
毎年どんなんが選ばれるか楽しみにしてるんです
それだけに今年は残念でした

外国語映画賞の「In a Better World」は気になる
日本でやるかなぁ…

助演賞は「ザ・ファイター」が総取りしたのに、主演のマーク・ウォルバーグは
ノミネートすらないってのがおもしろかった

ナタリー・ポートマンはやっぱ美形よね〜
ハリウッドではかなり好きな人です
「ブラック・スワン」はもちろん良さげやけど、
個人的には「抱きたいカンケイ」の方が気になります


そして、アカデミー賞といえば、前日のゴールデンラズベリー賞がお約束
31回目となる今年はこのような結果になりました

最低映画賞  『エアベンダー』
最低男優賞  アシュトン・カッチャー『キス&キル』『バレンタインデー』
最低女優賞  4人の女友達
(サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、
 シンシア・ニクソン)『セックス・アンド・ザ・シティ2』
最低助演女優賞 ジェシカ・アルバ
        『キラー・インサイド・ミー』『Little Fockers』
        『マチェーテ』『バレンタインデー』
最低助演男優賞 ジャクソン・ラスボーン
        『エアベンダー』『エクリプス/トワイライト・サーガ』
最低カップル賞 『セックス・アンド・ザ・シティ2』の全キャスト
最低リメイク、続編、前編、テレビ映画賞
                『セックス・アンド・ザ・シティ2』
最低監督賞    M・ナイト・シャマラン『エアベンダー』
最低脚本賞   『エアベンダー』
最も3Dの使い方が間違っている映画賞(2010年の特別枠)  『エアベンダー』

「エアベンダー」強い!納得の結果ですけど
「レディウォーター」からシャマラン作品は全然見んようになったなぁ
SATCも相当な高評価やね

最も3Dの使い方が間違っている映画賞っていうのもおもしろい
「肉球戦争」なんか絶対3Dやなくてええやろしな
「ジャッカス」も絶対3Dいらんけど、ノミネートはされてなかった…


今年はもう既に、「冷たい熱帯魚」とか「キック・アス」とか印象に残る映画に
出会えてるけど、アカデミー受賞作をはじめ、またどんな映画に出会えるか楽しみです
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
あし@
  • ライブドアブログ