2012年03月

鳥取マラソン2012

人生初のマラソンをしてきました 

週間予報を見てても雨やったり曇やったり降るか降らへんか、
最後まで分からへんかった天気は霧雨
じっとしてると寒いくらいの温度でした

競技場がスタート・ゴール
アンツーカーを走るの初めてやから、なんていうかアップのときから
「うわーすげぇ」ってテンション上がってて、まぁいつも通りの精神状態
体も気になるところはなく、スタートしました

5キロごとしか表示がなくて、キロごとのペースが分からず
入りの5キロでようやくペースが発覚 5キロ27分18
少しゆっくりめやったんでペースアップして、次の5キロは25分11に

そのペースで調子よくいってたら、20キロ目前にして右膝外側の筋に痛みが出てきた
筋が硬直したような感じになった
去年、走り始めたころの練習中に出てた痛みで、ここのとこ無かったんで
もう大丈夫と思ってた症状が出てしまいました

こうなったときは練習やったら切り上げてたけど、レースやし止められへんし
痛みとどう付き合うかが問題に
20kmの地点とハーフの地点までの1キロちょいはいきなり6分近くになりました
少しすると走れなくはないくらいになったけど、またいつ襲ってくるか分からへんから
ペースを抑え目に 25から30キロの平均は一気に30秒ほど遅くなりました

そうしたら当然、どんどん追い抜かれる
ついていくってことさえできひんから、悔しい

30キロになったころに再び雨が、霧雨というよりは小雨の強さで降り出し、風も出てきた

コース的にもずっと直線で、どんなけ前を見ても、その先のコースが読めへん
先に何か変化点があれば、それを目標に走れるんやけどねぇ

そんなんで、普通でも疲労のピークになる魔の30キロ台を走ってたから、心身ともにヘロヘロ
「何があって40キロも走ってんのか」って思うようになったし
1キロ1キロがほんまに長い 足は動かしてんのに、一歩一歩前へ刻んでんのに全然進まへん
もうキロ6分30くらい 序盤より1分以上も遅いペース 泣きそうでした

頻繁に時計を見て、「まだサブ4いける・まだサブ4いける キロ7分台にいかへんかったら大丈夫」
それだけが支えでした

何とかサブ4いけそうなことが決定的になったラストのトラック、
ゴール前の直線では最後の頑張りが出て走れた
そんな力、もうないと思ってたけど、ほんま不思議なもんや

走り終わって30分ほどは、足とか肩の痛みと寒さで震えて体が壊れたような感じでした
ストレッチしなあかん、濡れたのを着替えなあかんとは分かってて
何とか緩慢ながら動いてたけど、そのまま何もしたくないくらい頭がフラフラでした

結局、タイムは3時間56分28秒
サブ4達成できちゃいました

結果としては目標達成できたものの、もっと走れたっていう思いがあるから不満がある
後半の落ち込みが酷すぎた
どんどん追い抜かれていくのも嫌やしなー

走ってる時は、「もうマラソンなんかやるもんか」って思ってたけど
悔しさがある以上、またやっちゃうんやろなぁ
ゴール手前から、感動か何かわからへんけど泣きそうやったし

これがマラソンの磁力、もしくは中毒性かな
これまでの練習を続ければ、あと10分は早められる気はする

って、もう「次」の話になってるけど、しばらくは休もうと思います…

Extremely Loud and Incredibly Close

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を見てきました
なんとなく気になっていたところ、前の会社の後輩くんに誘われる形で

9.11で最愛の父親トーマスを亡くした少年 オスカーが、偶然見つけた鍵を
トーマスからの最期の“調査探検”やと信じてニューヨーク中を探すお話

優良な映画ですねぇ、なかなか泣けます
一人で行ってたらもっと泣いたと思うけど、そうじゃないんで我慢しました

出会う人らが何か欠けてる人が多いんやけど、良い人ばっかりで
(全編通して悪い人が出てこぉへん映画で、そこらへんがまた優良)
映画の中盤で、これからの調査探検の仲間となる間借り人に
それまでの探検を説明する部分があって オスカー役のトーマス・ホーンが長ゼリフでね
そこで、そんな良い人たちがダイジェストで流れて、もう泣きそうでした

お祖母さん家の間借り人と一緒に探検しだすところからグっと良くなったように感じました

間借り人役のマックス・フォン・シドーが良いんです
さすがアカデミー賞にノミネートされただけある

で、ラストに向けて、本題の鍵が何を開けるものなんかっていうところから
オスカー自身のアスペルガー的な資質もあってなのかと思ったけど
なんでオスカーがここまでこだわるのかにはもっと深い理由があってといったこととか
今まで知られてなかったことが色々と明らかになってきて、ヤラレます

極端な話、オスカーの長ゼリフから見ても間に合うっちゃ間に合うかもね

それは半ば冗談としても、結構良い映画ですんでオススメです


「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」っていうタイトルが
「ああ、家族のことなんやろな。こういうのは多分邦題やろう、なかなか良いんちゃうやろか」
って思ってたけど
原題が「Extremely Loud and Incredibly Close」で、単に直訳ってことを知りガッカリしました

再来週はフルマラソン

再来週の18日、いよいよフルマラソンに挑戦します

人生で一度はマラソンをやっておきたいなーって思いはあったところに
京都でフルマラソンが開催されるってことを知り
「これは初マラソンやったろ」と思い、去年の初めから走っていました

ただ、エントリーした京都マラソンは見事に落選
しかもその発表が当初の予定より1ヶ月遅くなったおかげで
木津川とか篠山といった、めぼしい大会は受付終了になってて申込み出来ず

近場やと大阪の長居公園やったかな、フルがあったんやけど
公園内を周回し続けるコースで、そういうのは確実に無理やろなーって思って
景色が変わらへんのは心が折れるからな、マラソンは心が折れたら無理やから

そんなわけでピックアップしたのが、鳥取・津山・長野の3つ
どこもそこそこ遠いけど、鳥取が一番行きやすい
あと、20日も祝日で休みになるという日程的な理由もあって鳥取を走ることにしました

それが再来週です

昨日は30キロほど走りました
キロ5分50秒ほどのゆったりしたペースなら走りきれそうな手応えは得ました

最低限であり、最大の目標が完走なんで、これは自信になります

あと少しの間、追い込みかけていくぞー
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ