2012年07月

Man on a Ledge

「崖っぷちの男」を見てきました

サスペンス映画なんかなと思っててんけど、どっちかていうとアクション映画でした
なので、話の筋の回収もされていくし、それなりにまとめられていくし
気楽に見られるエンタメ作品としてはなかなか楽しめます

オシャレさのないガイ・リッチー映画みたいな感じもしました
単に、すごくイギリス顔のジェイミー・ベルが出ていたからもしれへんけど

ていうか、ジェイミーはガイ・リッチー映画に出てへんのかな
めちゃ出てそうな感じするけど

スケボーとか魔法瓶とか日常的なアイテムで潜入をこなしてたあたりなんかは
アイディアとしておもしろいなと思ってました

テレビ中継してたアナウンサーの人の質問とか、最後の方が少し残念やったけどね

一番の収穫は、ジェネシス・ロドリゲスという女優さんです
あの人 いいいねぇ、うん

そう思って調べてみたら、これからも出演作が多いみたいで注目株のようです
要チェックやね

http://news.walkerplus.com/2012/0707/15/

気楽に見に行けば、なかなか楽しめる そんな映画としておすすめできるかな

この夏は大作が目白押しで楽しみです

京都大作戦2012

今年も京都大作戦!毎年行っててもう5回目です
これがないと夏は始まらんなーって感じなので

天気が曇りの予報でちょうどいいと思ってたけど、途中から完全に晴れるくらいで
今年も暑かった
すっかり日焼けしました

見たステージの感想です

・tricot
大作戦のHPでラインナップ見てて、「これはおもしろそう」って気になり見に行きました

かなりすごい これはなかなかええわ

サブステージの牛若の舞台やったけど、思ったより人が多くてビックリした
みんな気になるところは一緒なんやね


・FIRE BALL
タオルを回してたら無条件に楽しくなるなー

ここまでまったりしてたんで、エンジンかかってきた


・Dragon Ash
IKUZONEが亡くなったんで今年はしっかり騒ごうとモッシュの最前線へ
疲れたけど、楽しかった!

新曲Walk with Dreamsとか10-FEETの曲とか、今年も演る曲でいろんな企画がありました
Fantasistaで締まるんはいつもと違う感じ?


・サイプレス上野とロベルト吉野
くるりを早々に切り上げて最前列確保しました
マイクとターンテーブルチェックの間から楽しく見てた

いざ、本番は、真正面でビールの毒霧を受けるところからスタート
その後もステージからビールかけるし、スピーカーに登るし(降りるのに苦労)
客席にダイヴするし、所狭しとサ上が動き回ってた

ほんまおもろい!ステージング最高です

9月に大阪で対バンあるし、ぜひ行かねば


・ケツメイシ
FIRE BALLといい、やっぱキャリアあるとこは盛り上げんの上手い
4人のやり取りなんか素晴らしい さすがです

ほんま楽しめるステージ


・10-FEET
いつも感動するけど、今年はより感動した!
Riverをやってkjが出てこず、どうしたんやろってところでまさかのFantasistaの演奏が始まり
kj登場!
2回目のFantasistaがあるとは思ってなかったから前に詰めて叫んできた
fantasistaで叫ばへんなんてライヴに行っている意味がないと思っています

Dragon AshのサポートしてくれてるkenkenとかJESSEも登場してIKUZONEの追悼に
NAOKIがライトセーバーで弾いてんの見るだけで、もう泣けてきた
ほんま良かったよ すげー感動


こんな感じで、今年はまた良い大作戦でした
ひとつ節目の5年目やったけど、まだまだこれからも欠かせへん
来年も行きます!!

決勝だけは生観戦

決勝だけはリアルタイムで観ました EURO2012

あんまり夜遅くに起きているのは、もうキツイんで ここまではリアルタイムで見てません
ただ、もちろん決勝やからっていうのもあるけど、組み合わせとしてもおもしろくなって
見逃せへんと思いました

効率を突きつめていった機能美としてのスペインと、
1人の選手で違いが出せるイタリアの対戦と捉えていて
それでいうとイタリアに勝ってほしいと思っていました
単純にイタリアが勝ったほうがおもしろいという理由もあるし

これほどイタリアがやるとは思ってなかった
(我らがドイツも今回のイタリアに負けたのであれば仕方ない)
1人で違いが出せる選手・ピルロが今回凄いことになってるからなぁ
ここまでも十分なキャリアがあるのに、さらに輝けるとは

で、試合は最初からハイペース レベルが高くて眠気なんかすぐに飛びました

スペインが徐々にゴールに近づいてきて、14分セスクのクロスをシルバが決めてスペイン先制
速い展開やった ここしかないっていう、まさに「点」で合わせるプレー すごい

その後は落ち着いてきて、前半はこのまま終わるかなーって思い
スタンドではウェーブが起こるようになってたんやけど
シャビのパスをアルバが決めて追加点 一瞬のスピードアップやった

イタリアも後半立ち上がりに決定機が2度あるけど、そこを決められず
3枚目として切ったカードのモッタが交代後すぐに足を傷めてしまって10人で戦うことにもなり
試合はスペインのものに

後半から出たトーレスとマタの追加点もあり、結局4‐0でスペインが勝利
史上初のEURO連覇を成し遂げました

思わぬ点差が開いてしまった もっと接戦で面白い試合になるかなと思ってたんやけどね

スペインが強かった
勢いよく入った試合の開始15分までと、前半の終わりかけという
それぞれ良い時間帯に点を取りすぎやで
ここのところの経験やろね、勝負どころでしっかりと点を取れるのはさすが

さらにピルロ、バロテッリのチェックも万全でほとんど自由にさせへんかったし
隙がなかった

イタリアは前半にキエッリーニ、後半にモッタとケガが出て
試合を運べへんようになってしまったのが一番大きかったか
コンディショニングが難しい日程になってたわな

今回のイタリアを見てれば、スペインを止めてくれるのでは、と思ってたんやけどな
まだスペイン時代は続きそうや ブラジルでどうなるか

とはいえ、決勝で見せた強さは素晴らしいし、重圧を乗り越えての連覇もすごい
スペイン おめでとう

参戦 レッズ×セレッソ

6月は日程の関係で、2度もレッズが関西に来てくれました
長居でのセレッソ戦です

到着してみると入場まで長蛇の列ができていました
清武のラストゲームってことはあったやろけど運営がうまないんやろかねぇ

6月は3回Jリーグを見に行ったんやけど、3回とも雨…何なんでしょうか
ガンバ戦じゃケータイが水没したしなー

ただ、長居には屋根があって濡れずに見られた
それだけですごく良いスタジアムのように思えましたよ

さて、試合はセレッソっが良い入り方をして、小気味良い連携で迫ってきました
さらに、最前線からチェックをしてきて最終ラインとGKにプレッシャーをかけてきた
おかげで、バックパスを受けた加藤にひやひやするとこが何度か

けど、レッズも左からの攻めでペースをつかみ出して
20分、啓太が柏木とのパス交換からエリア内に侵入し、先制ゴール
あれはいい展開やった

概して試合はセレッソの攻撃の時間は長い
30分ごろに清武が絡んでまた危ない場面が続いたけど
加藤のナイスセーブがあって、何とか1‐0で折り返し

後半も立ち上がりからミドルを浴びたり、セレッソの攻めが続くけど
加藤のナイスセーブもあって耐えていきます

平川に代わって宇賀神が入ってからは右サイドをメインに攻撃が活きてきたけど
デスポトビッチが2度、決定機を外す

そうするとアディショナルタイムに柿谷がこぼれ球を押し込まれ同点に

失点後、アディショナルタイムはまだあったけど、
もういいやって感じでドローに

大阪の2戦はどちらも終了間際に試合が動きました
この試合のような展開じゃ、負けたようなもんやわ
ずっと押されてたし、勝ててたら御の字みたいなとこもあったけどさ
ま、決定機があったのも逃してたし、やっぱしゃーないのか

セレッソは柿谷が戻ってきてて。また良くなりだしてる感じでした
柿谷が良くなれば、日本にとって良いと思うんで頑張ってほしいんやけど、ゴールまではいらんかったで…

ラストゲームとなった清武はあんまり良くなかったや
途中で退いたしな
それでもドイツではまた頑張ってほしい
壮行セレモニーでは“マンU”香川が出てきました
見られてちょっとラッキー

あと、レフェリーは家本でした 初めて生で観た気がする
そこまで試合がダメになることはなく進んでいってて一安心でした
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ