キリンカップとトゥーロン国際の代表選出でトータル7人抜けてる中での
ナビスコ4試合目

主力が抜けてるけど
どっちかていうと都築より好きな山岸とか、ウッチーが先発したり
途中交代で高橋峻希、原口元気、西澤代志也といった若手が出たり
これはこれで楽しい

ただ、試合は…

立ち上がりはいきなりチャンスを作るけど
3バックではサイドまでチェックできず、
しかも、この試合サイドは岡野、相馬やし
しかも、名古屋はサイドからの攻撃の意識が高いから、もうどうしよもない

そもそも坪井が3バックの中央っていうのはねぇ、思わぬ布陣さ

6分巻がポストをこなしたのから、小川に決められ
14分、42分にはそれぞれゴール前にフリー(!)でいた杉本、巻に決められ
前半だけで3失点

一方レッズは32分、達也が今季初ゴールを挙げて3−1で折り返し

後半、高橋を投入して4バック気味にして名古屋の攻めに対応してくると
レッズがリズムを掴んで
14分、永井のCKからウッチーが決めて1点差に

けども、この後得点を挙げることはできず
逆に最終盤にダメ押しをされて4−2で敗戦

選手はいるけど、「層」としては厚くないからちょっと抜けると
こういう結果になっちゃうね

ナビスコは4節終わって未だ勝利無し
予選突破は厳しくなりましたとさ

とはいえ、この試合じゃ達也が待望のゴールを挙げました
結構動けてたし、あと2試合のナビスコでも同じくらい動けたら
リーグでも使っていけそうやんね

もうナビスコはそんなテストの場っていうことで。。。