「ソラニン」見てきました

宮崎あおいを芽衣子にあててあって、それだけでも原作の空気を出そうっていうのを
感じられるけど、他のキャストもハマッてたなぁ

特に、ビリー役の桐谷健太!
マンガ読んでてもこのビリーってキャラにチビT(タイガー&ドラゴン)やと
ぴったりすぎて怖いってくらいやってんけど、良かったなー

すごい隅の方の話になるけど野間口徹が、種田のバイト先の社長役やって
「はっ!」と思いながら見てました

ラストのライヴシーンも全然違和感なく見られたし、良かったと思う
そもそもデビューしてるわけでもないねんから上手すぎたらおかしいやん

あと、仕事辞めるまでの顔の可愛くなさの出し具合
そういうのも宮崎あおいは良いなぁって思ってました

ただ、雰囲気は出てるけど、物足りんかったかね
どうしても原作を知っていると比べてしまうわ

だからって、映画はどうしよもないって切り捨てはしませんけど(結構泣きかけやったし)
もうちょっといけたんじゃないかなと

物足りなさを一番感じたんはラストのライヴへの流れの部分
あそこをもっと厚みを持たせてほしかった

細かいところやと、ほっぺたの絆創膏を剥がすのはライヴ直前であってほしかったし
やっぱり音楽事務所の冴木よね

鮎川を掘り当てたのが冴木であると
それで鮎川から声をかけてもらって芽衣子はソラニンを歌えると
そんな冴木を駆り立てたのは種田だと

ここがないと俺はあかんと思ってます

せっかくARATAが演ってるんやから、もっと存在感を出させてくれな

あとは、若者のモヤモヤは原作の方がもっと描かれてた
それを忠実にすると上映館数をもっと減らしていかなあかん映画になってたやろけどね

若者が現実を憂うのをよく見ちゃうなぁ、最近…