雑記

京都マラソン

1年ぶり2度目のマラソンは京都マラソン
3時間39分23秒で完走しました 3時間40分出せたらええなって思ってたのが3時間30分台にいけました

去年http://blog.livedoor.jp/akahakase/archives/2012-03.htmlはゴールしたとはいえ、終盤ヘロヘロやって、キロ6分半までなって、「走りきれた」という感じがないものやったけど、今日はずっと「走れた」
終盤の35〜40キロの平均でも5分22秒までの落ち込みに止められて、ほぼ安定したペースを保てました
だから、走っててもすごく楽しかった。30キロ過ぎても35キロ過ぎても足が動くんやもんね

初マラソンはゴールしても解放感がまず一番にあったけど、今日は充実感でいっぱい。それで泣きそうでした
練習は裏切らへんなってほんま実感した

もう少し詳しくレースを振り返ってみます

序盤は暑くて早いうちから発汗してました 予報では最高17度とかで、スタート時の西京極で14度くらいやったし、走るには暑すぎ
けども、御薗橋らへんから鴨川に入ったタイミングでスコールのような雨が降り出しました
降り始めこそ気持ちよかったけど、寒冷前線が来てたし、それからは風も出て冷えてきました なかなかハードなコンディションです
去年も雨の中を走ってたし、マラソンのときのお天気運が良くないみたいや

スタート直後は、1キロ地点で5分53秒という体たらくな入り方でびっくり
スタート地点に本田望結ちゃんがいて、旬の芸能人なんて滅多に見たことなくて「おぉー」と思ってたり
走り出してからは安田大サーカスの団長が走ってて、森脇健児も走るし「松竹率高いなー」と思ったりしてる場合じゃなかった
4時間30分のペースメーカーの後ろを走ってたもんね、ダメすぎ

けども、7キロ過ぎで4時間のペースメーカーを追い抜いたくらいからはキロ5分のペースを刻み続けられました
入りが悪くて落ち込み気味やったけど、ペースキープできてるのに気づいてからは手応えを感じてました
で、そのペースが30キロ過ぎてもそんなに落ち込まず、で「今日はいけるのか?」て思い出しました
最後の方、「目標達成できるかギリギリっぽい」ってなったけど、下り坂ながら残り2キロも元気なときくらいのキロ5分7秒くらいで走れて
そういうラストスパートかけられる足が残せてたっていうのが、そういう走り方できると思ってなかったからよかった

一番遅かったのは走り始めやったしね。人が多すぎて全然自分のペースで走れなんだよ

ペースを保てたとはいえ、ずっと身体が安定してたというわけではなくて
狐坂の、あの急な下り あれを走ってる時に突っ込みすぎひんようにと意識しすぎて、接地が悪くなったか右足首に痛みを覚えました
そのすぐ後には右膝外の筋も痛くなって
ただ、走ってたら痛くても大丈夫になるというのが、これまで走ってる中で知ってたことなんで頑張れました
ほんまに積み重ねです、それしかない

狐坂が一番の急坂やったけど、京都を走るということで基本的には坂でした
きぬかけらへんなんかは大学の近くでなんか気楽に走れたけど、
東山通に入って、百万遍〜銀閣寺までの最終盤の上りはなかなか心折れそうになった
それでも地元やから、なんとなくどこまで続くかとかは分かるから頑張れたと思います
途中まで下見で走っとけたのも良かった 今までぶっつけ本番でしか走ってないからなー

1万5000人規模の大会だけに沿道の応援の人も多くて、それも楽しかった
応援って力になる

今後に向けては、走ってる間は楽しかったけどゴールしてからは体も心もガタガタになってしばらく動けへんかったし、こういうとこは練習でカバーしていきたいな
それから、そこそこ一定のペースで走れるということが分かったんで全体の底上げをしていかなあかんな、そやないと今日より速く走れへんし
大きい壁やと思うけど、次はサブ3.5狙うしかない

なんて、またやる宣言的なね
ただ、初マラソンがしんどくてしんどくてマラソンはしんどいもんというのが身にしみてて、今日もしんどい部分はあったけど、楽しさも感じられたし、ますますマラソンはやっていくかもしれません

第49回大阪スポーツ祭典 30kmロードレース

来年3月の京都マラソンに出られることになりました
その前哨戦的なものとして、今日は長居公園の周回コースを走る30kmロードレースに出てきました
キロ5分のペースで、2時間半で完走できたらええかなと思っていました

どんなけ寒くなるか思ってたんやけど、走り出してみるとじんわり汗がにじむくらいのコンディションで
走りやすいものでした

1周2.813キロのコースを10周とプラスアルファがある変則レース
目標のペース的には1周5分でいけたらええなと思ってたけど
入りの1周は13'04 キロでいうと4'40くらいか 結構速め
2、3周目も同じくらい、4、5周目は少し落ちたけど
15キロでも1:11'24 キロ4'45のペースを保ててました

最初から4人のグループで走れてたのがこんなペースになれたおかげです
やっぱレースに出ると競う相手がいるからいいね
ま、8キロくらいで2人が先行して、2人で並走することになって
その人は10キロ過ぎから下がっていかはりました
並走してる人には「まだまだ並んでもらって俺の力を引き出さしてくださいよ」と思っててんけど
そういう競り合いは長く続かへんかった
それからは明確なターゲットもなく一人旅

序盤のペースの影響もあって、そこからのタイムはズルズルズルズル落ちていきました
15-20キロこそキロ5分にはまとめられてたけど
あとの5キロずつは、5分半と6分というペースに・・・

おかげで序盤の貯金は見事に使い切ってしまい、最終的には自分の時計で30キロ2時間34分30秒
目標のキロ5分ペースである2時間30分は達成できませんでした

ここのところ、尻から股裏の大きい筋肉をちゃんと使って走ろうというフォームに変えてて
今日はずっとその意識を保ててて、しんどくなってからもドタドタした走りや
左足が摺り気味になることが多いけどそれにもならへんかったのは良かったんやけど
エンジンとなる肝心の尻から股裏が疲れてきて後半はほんま足が動かへんかったです

結局は筋肉のスタミナ不足、走り込みが足らへんかった
京都マラソンに向けてはもっと走る量を増やさねばならん

3月のフルの時と比べてもタイム的な進歩がないしな、全然あかんよ

できてた部分は認めつつ、ちゃんと練習していこうと思います

今年の桜写真まとめ

毎年のことであっても桜の写真は撮らずにはいられない

P4081331


P4081346


IMGP4533




IMGP4419

二条城のライトアップにて
あんまりライトアップを綺麗に撮れない 来年に向けての課題やな


P4081323

お地蔵さんにお供えのひとひら


IMGP4587



IMGP45591

散った瞬間を留めるクモの巣


IMGP4594

平安神宮 おみくじの色も桜色  願いの花も満開でした


IMGP4602

最初の衝撃が忘れられない 御衣黄


それを見に行った、先週の雨宝院はフォトジェニックでした

IMGP4639

雨に濡れる


IMGP4627

残雪のよう


IMGP4625

桜風呂


IMGP4648



IMGP4633

散った花びらを従えて、もうすぐ開花
花のバトンタッチ


また来年!

鳥取マラソン2012

人生初のマラソンをしてきました 

週間予報を見てても雨やったり曇やったり降るか降らへんか、
最後まで分からへんかった天気は霧雨
じっとしてると寒いくらいの温度でした

競技場がスタート・ゴール
アンツーカーを走るの初めてやから、なんていうかアップのときから
「うわーすげぇ」ってテンション上がってて、まぁいつも通りの精神状態
体も気になるところはなく、スタートしました

5キロごとしか表示がなくて、キロごとのペースが分からず
入りの5キロでようやくペースが発覚 5キロ27分18
少しゆっくりめやったんでペースアップして、次の5キロは25分11に

そのペースで調子よくいってたら、20キロ目前にして右膝外側の筋に痛みが出てきた
筋が硬直したような感じになった
去年、走り始めたころの練習中に出てた痛みで、ここのとこ無かったんで
もう大丈夫と思ってた症状が出てしまいました

こうなったときは練習やったら切り上げてたけど、レースやし止められへんし
痛みとどう付き合うかが問題に
20kmの地点とハーフの地点までの1キロちょいはいきなり6分近くになりました
少しすると走れなくはないくらいになったけど、またいつ襲ってくるか分からへんから
ペースを抑え目に 25から30キロの平均は一気に30秒ほど遅くなりました

そうしたら当然、どんどん追い抜かれる
ついていくってことさえできひんから、悔しい

30キロになったころに再び雨が、霧雨というよりは小雨の強さで降り出し、風も出てきた

コース的にもずっと直線で、どんなけ前を見ても、その先のコースが読めへん
先に何か変化点があれば、それを目標に走れるんやけどねぇ

そんなんで、普通でも疲労のピークになる魔の30キロ台を走ってたから、心身ともにヘロヘロ
「何があって40キロも走ってんのか」って思うようになったし
1キロ1キロがほんまに長い 足は動かしてんのに、一歩一歩前へ刻んでんのに全然進まへん
もうキロ6分30くらい 序盤より1分以上も遅いペース 泣きそうでした

頻繁に時計を見て、「まだサブ4いける・まだサブ4いける キロ7分台にいかへんかったら大丈夫」
それだけが支えでした

何とかサブ4いけそうなことが決定的になったラストのトラック、
ゴール前の直線では最後の頑張りが出て走れた
そんな力、もうないと思ってたけど、ほんま不思議なもんや

走り終わって30分ほどは、足とか肩の痛みと寒さで震えて体が壊れたような感じでした
ストレッチしなあかん、濡れたのを着替えなあかんとは分かってて
何とか緩慢ながら動いてたけど、そのまま何もしたくないくらい頭がフラフラでした

結局、タイムは3時間56分28秒
サブ4達成できちゃいました

結果としては目標達成できたものの、もっと走れたっていう思いがあるから不満がある
後半の落ち込みが酷すぎた
どんどん追い抜かれていくのも嫌やしなー

走ってる時は、「もうマラソンなんかやるもんか」って思ってたけど
悔しさがある以上、またやっちゃうんやろなぁ
ゴール手前から、感動か何かわからへんけど泣きそうやったし

これがマラソンの磁力、もしくは中毒性かな
これまでの練習を続ければ、あと10分は早められる気はする

って、もう「次」の話になってるけど、しばらくは休もうと思います…

再来週はフルマラソン

再来週の18日、いよいよフルマラソンに挑戦します

人生で一度はマラソンをやっておきたいなーって思いはあったところに
京都でフルマラソンが開催されるってことを知り
「これは初マラソンやったろ」と思い、去年の初めから走っていました

ただ、エントリーした京都マラソンは見事に落選
しかもその発表が当初の予定より1ヶ月遅くなったおかげで
木津川とか篠山といった、めぼしい大会は受付終了になってて申込み出来ず

近場やと大阪の長居公園やったかな、フルがあったんやけど
公園内を周回し続けるコースで、そういうのは確実に無理やろなーって思って
景色が変わらへんのは心が折れるからな、マラソンは心が折れたら無理やから

そんなわけでピックアップしたのが、鳥取・津山・長野の3つ
どこもそこそこ遠いけど、鳥取が一番行きやすい
あと、20日も祝日で休みになるという日程的な理由もあって鳥取を走ることにしました

それが再来週です

昨日は30キロほど走りました
キロ5分50秒ほどのゆったりしたペースなら走りきれそうな手応えは得ました

最低限であり、最大の目標が完走なんで、これは自信になります

あと少しの間、追い込みかけていくぞー

蝋梅

前から撮りに行きたいと思っててたけど、タイミングを逃していた蝋梅の写真を撮りに
宇治の恵心院に行ってきました

P2051292


なぜか撮りたいと思ってたんです

P2051291


陽を受けた、こんな照りがロウっぽい

香りは爽やかな甘酸っぱいものでした 鼻の奥で広がる感じ


恵心院は花のお寺として知られているらしく、水仙も咲いてた
P2051296


P2051299

風雲 竹田城

前から行きたいと思っていた竹田城に行ってきました
IMGP27921


石垣だけが残る山城なんやけど、11月から12月にかけての早朝に霧が発生して
雲海に浮かぶ天空の城のように見えるところです
東洋のマチュピチュとも言われたりします

前々から知ってたとこやけど、この夏Twitterでリプライした一言が、わーっとリツイートされていき
漫画家一色登希彦さんのアンテナに引っ掛かるということがあり(「日本沈没」はずっと読んでた)
行ってみなければ、と思いました

天気に左右されるもんやし、思ったとおりの景色に遭遇できるかどうかは運次第
やけど狙ってた日は予報では良さそうなコンディション
さらに、向かう途中の亀岡、園部では霧が出てて期待が膨らみます

現地も土曜日は雲のほとんどない晴天で暖かくて、次の日に霧が出そうな雰囲気
日曜の朝4時過ぎに着いたときには風もなく、これは…!と思ったんやけど
夜明けが近づくにつれ、風が出てきた。風が強くなってきた。寒くなってきた

うすうすガスは出んやろなぁって思ったけど待ち続けました
日の出に照らされる石垣もいいやろうと思って震えながら
けど、日が昇ってくると、うっすら雲も広がってしまっていて日の出もボンヤリ
俺 ガッカリ

一番撮りたかったものははそんなんやったけど、竹田城はすごかった
400×100mの縄張りに、本丸から北千畳と南千畳が双翼として広がる石垣は
予想してなかったスケール
すごい迫力やった

IMGP2510


IMGP2534


IMGP2627


廃城からでも400年経ってるのに、ほぼ崩れることなく残っているのは素晴らしい
易しい地形ではないのに、よくこれだけのものを組んだと思うよ

IMGP2574


IMGP2764


そして、戦のためのものやし防御しやすいつくりになってるという
機能美にも惚れ惚れ

次に行くときには霧が見たいなー

大阪リバーサイドマラソン ハーフ

初めてのレース、大阪リバーサイドマラソンに行ってきました

会場に着くと、広い芝生に予想以上の人、人、人…フェスみたいな感じでした
さらに、いる人らはチームで来てる人・
キャップにグラサン、ランパンやCWXなりアンダーアーマーなりで走る格好した人で
そんな雰囲気やと思ってなくて、軽い気持ちで一人で・フットサルの延長の格好やった
俺は怯みました なんか気圧された

けども、スタートし立てでダラダラと込み入ってるのを見ると
「走り出したら年齢も性別も体格も格好も関係ない。今、俺より走れるかやな」って
普段走る時のような強気のメンタルになれました

最初の1キロが4分30くらいと大分かかってたけど、流れ的にそのペースでいきました

途中、長いこと抜きつ抜かれつの展開になった人がいました
いやらしい性格ですんませんけど、こういう展開は好きなんです
一度抜かれても追いつけそうなとこにいる限り諦める気なくて食らいついていくし
抜き返すときはすっとかわしてやります
で、最後は俺の粘り勝ち

けど、そういう競る相手がいなくなんのがレース終盤と重なってしまって
目標となるものがなくなってしまって、急にきつくなってきました

最後の5キロからはキツかった〜

足は前に出てるけど、全然進んでないように感じ
結構追い抜かれて、そんなんを追いかけることもできず
前を走る人にもペース落ちてる人がいたけど、捉えていくこともできず
ラストスパートも無理

それでも気力で何とか走りきりました
「ペースがガタガタやな、ゴールタイムもどんなもんやろ」と思ってたけど
ゴールのタイム表示を見たら1時間40分台

想定が1時間50分くらいやったので、このタイムにはテンション上がった
ゴールしてからはさすがにしんどくて横になったけど
思ってもない良いタイム出てやりきった感はすごかった

これがレースっていうものがなせる業なんやねぇ
練習で一人で走ってるのとは全然違う

結局、俺のタイムは1時間40分48秒
平均するとキロ4分47秒、後半あんなペースやったのに5分切れてた
こんなペースを、最終目標のフルマラソンに持っていけるほどの力はまだないけど
これは自信になります

ほんまやりきれたー


ハーフマラソン男子1位は38歳の人で1時間13分19秒、2位が同37秒(24歳)でした
到底敵わへんなー、すげぇ

順位としては20歳代で22位でした
男子は1329人が走ってて、全体で見ると130〜140位くらいかなー
結果を見ると30代に速い人が多かった

こいうのあると俺もまだまだいけるってことやなって思います

東福寺の彼岸花

彼岸花が好きなので、今年も写真を撮りに

IMGP2393


今年は東福寺へ 天得院では白いのが見られます

IMGP2382


けど、やっぱ赤いほうが妖しくて良い

IMGP2366


曼珠沙華とかハミズハナミズとか死人花とか50くらいの異名があるんやって
IMGP2406


そんなけ人々に認知されている証ではあるよね
IMGP2410

古着屋めぐり

東京旅の話、その2

世界でも有数の古着スポットらしい原宿で古着屋巡りをしました
BerBerJinとその系列店とか、Rama、VOSTOK、JACK'Sへ
有名店ばかりです

やっぱ、規模と物量が京都とは段違い!
パッと見てすごいなって分かるもんがいっぱいやった

特に、ジーンズ
それに特化してるのが売りのFake αなんかは
501でいうとXXがフツーにあって、ヴィンテージと呼べる終盤の66、赤耳なんかは
レギュラーの501のように、しかも全てデッドストックで置かれてた

半端ないから、これは!ほんまあるとこにはあるんやなーって思った

10年位前なら京都でもXXを見られたけど、今やほとんど無いしなぁ…
それがFake αには、今の京都にある分くらいが一店舗内にある勢い
どれだけシンチバックを見たか

けど、これぞ古着屋って感じる

他にも、こっちでそう見かけへんアイテムがたくさんあって
ずっと鼻息荒くしてました

で、戦利品はJACK'Sで見つけた、40〜50sのワークジャケット
ジッパーがクラウンのスプリングロック!テンション上がるわー
RIMG4274


ワッサーとある商品を見てる中で、ふと目に止まって買いました
特にダメージもないのに、このレベルのものが1万円
これは相当お買い得でした

たくさんある中から掘り出し物を探す、これが古着の醍醐味
久々に味わいました

このJACK'Sってお店、俺が服を見てる間も
家族連れで来たお客さんがいて、子どもが店内を走り回ってんの
そうかと思えば、この夏に節電やからって急にアロハを着始めたような類の人間とは
段違いにアロハが馴染んでる白髪のおっちゃんもいてさ
いい雰囲気なんよねー 惚れ惚れしちゃう

竹下通りとか明治通りとかは人がうざすぎたけど
ちょっと路地入った、古着屋のあるとこは居心地良かった
古着屋ができるところは好きな場所なんやと思う
Twitter
グーバーウォーク
プロフィール

a.k.a.Hakase

委員の一員です
ブログ普及委員会






コメントゲストの皆さん
あし@
  • ライブドアブログ