第7話 自殺

 それから数日が経った。
「ルミ、分かっていると思うけど、これからは2人とセックスするのよ」
「はい、わかっています…」3人は白衣を脱いでいく。
パンティ、ブラジャーも脱ぎ、ストッキングを履いただけの全裸になった。

 (これから、体を売るんだ…)淫裂からはみ出た肉襞が、小刻みに震え、それに乳首が大きく膨らんでいる。
「行くわよ。準備はいいわね?」
「はい!」ワゴンを押して、ドックの病室まで来た。

 「失礼します…」緊張した顔でルミはドアを開けた。
「いいね。早速やろうぜ」いきなりベッドに押し倒され、乳房を掴まれた。
「優しくです…。優しくして下さい…」目を閉じた。
「わかっているよ。皆そう言うんだよな」肉竿が押し込まれた。

 「う!」(売春と同じ事をしているんだわ…)閉じた目からは涙が流れていく。
「信じられないな。こんな可愛いこ子とのオ○ンコだなんて!」患者は興奮して肉竿を一気に押し込み腰を振っていく。
それには「ヒー!」裂かれる痛みに、悲鳴を上げて堪えている。
(イヤ。もうこんな事したくないわ。でも…)借金がある以上は体を売るしかない。

 やがて「でる、でる!」膣の奥に射精された。
「気に入ってもらえましたか?」作り笑いをし、無毛の淫裂を手で押さえて言う。
「ああ、最高によかったよ」満足そうに服を着ていく。
「それを聞いて安心しました…」ルミは病室から出てドアを閉めると「う、う、う!」泣き崩れていく。

 「泣いてどうするのよ。私だって辛いけどやっているのよ。甘えないで!」依子は淫裂を拭きながら言う。
「わかりました、もう泣きません…」淫裂を拭くと、隣の病室に入っていく。

 「お待たせしました。お遊びの時間です…」
「わかっているさ。オッパイから遊ぼう」乳房を揉まれ乳首が吸われていく。
「ん、ん、ん!」声を上げると、べっどに押し倒され、淫裂を精液で汚された。

 こうして、ルミは2人の患者の相手をしてから浴室で体を洗った。
「う、う、う!」やはり、売春同様のことをしたので泣いている。
「また泣いているの。だらしないわね。諦めないと…」

 「辛いんです。売春をしましたから…」
「売春じゃないわよ。お遊びよ」依子は売春とは認めたくなかった。
だからあえて「お遊び」と言っている。

 浴室で体を洗い終えるとリビングに戻った。
(また、ビデオを見ている…)顔をしかめながらソファーに座った。
「明日の下着は白にしろ。いいな。パンツもブラもだぞ。それにガーターベルトも着けるんだ!」

 「どうして、ですか?」
「俺の好みだ。わかったよな」
「はい、着ます」
「わかればいい。それより見ろよ、サービスのビデオだぞ」画面には全裸の2人の女性が抱き合っている。

 『お姉さま、気持ちいいです』乳房を揉まれている女性が悶えるように言う。
「レズだよ。レズをしているんだ。男の方がいいのにな」
「女同士だなんて勿体ないな。俺がやってやるのに」露わになっている乳房を触りながら言う。

 『いいわ、そこ、そこよ!』股間に顔を埋めて淫裂を舌でなめている。
「お前達、やってみるか?」
「イヤ、出来ません。性器をなめるのはいやです!」
「そうだよな。オ○ンコはなめたくないよな」淫裂に指が入っていく。
(イヤです、やめて下さい!)諦めてテレビを一緒に見ていた。

 翌朝、いつものように6人の検査を始めると「看護婦さん、どうせなら下着姿でやってよ」患者が言い出す。
「今は仕事中です。遊びは終わりました!」

「そうは行かないよ。見たいんだから」「いや、なにするのよ。やめて!」3人は両手を後ろから羽交い締めされ、白衣のボタンが外されていく。
「ダメ、やめて。脱がさないで~!」白衣が脱がされ、変わって、白ずくめの下着が現れた。

ナース4

 「いいね、こんなのも」パンティが足首まで下げられ、ブラジャーのホックが外された。
「やめて。お願い、やめて!」乳房を揺らせ抵抗した。
「裸になって貰わないとな。こっちだって大金払っているんだから」脱がした白衣と下着を片づけていく。

 「返して、これでは仕事になりません!」3人は乳房と股間を押さえてうずくまっている。
「いいね。そのガーターとストキングが…」お尻を撫でていく。
「やめて、レイプはイヤ。レイプしないで!」依子が泣きながら言う。

 「レイプはしないよ。そのままで仕事をして欲しいんだけだ」
「で、出来ません。そんなのいやです!」
「イヤなら、レイプだぞ!」
「やります。レイプはしないで下さい」

 「わかればいい。早速検査をお願いしますよ」依子達は全裸のまま普段通りの仕事を始めていく。
「いいね。オッパイが揺れると…」
「ダメ、触らないで。注射ですから」乳房を触られた。
「お願いです。危ないから、見るだけにして下さい」

 「そうだね、オ○ンコも見えるから、いいかな」後ろから体を屈めて淫裂を見ていると「おや、素っ裸じゃないか。俺も興奮してきたよ」健太が診察室に入ってきた。
「先生、準備が出来ましたからお願いします…」項垂れて言う。
「わかった、始めるよ」問診と結果の報告が始まった。

 「先生、いい子ですね、こんなサービスまでしてくれて」立ち会う依子の乳房を掴み、乳首を吸っていく。
「ダメ、仕事中です。だめ!」頭を押さえながら言うと「いいじゃないか、やらせてやれ。オ○ンコも触らせろ」

 「そんな。先生、恥ずかしいです…」
「我慢しろ。大きくするためだ!」その言葉で淫裂も触られ、依子は今にも泣きそうな顔になった。
「笑顔だ、笑顔で行かないと」作り笑いをしている。

 問診が済むと患者がでて行き、変わって、ルミと患者が入ってきた。
「ダメ、イヤです!」依子と同じように乳房を揉まれ、淫裂を触られていた。
淳子もそうで(危ないわ、またレイプされるかも知れない…)恐れる3人だ。

 その恐れが的中した。
「これで終わりです。ご苦労様でした」その途端、3人は押さえられて、病室のベッドに押し倒されていく。
「イヤ、イヤ、レイプしないと言ったのに!」

 「金は払うから、レイプさせろ!」
「イヤ、レイプはイヤ~!」嫌がるが、3人は四つん這いにされ、後から犯されてしまった。
「抜いて、お願い抜いて!」

 「うるさいやつだな。これでもくわえろ」口には肉竿が押し込まれる。
「うぐ、うぐぐ!」口と淫裂を犯され、淫裂には射精された。
「交代だ、俺もオ○ンコしないと損だしな」
「やめて、もうやめて!」叫んでも3人は犯され、射精された。

 「う、う、う!」泣き続ける3人は、淫裂から流れた精液でストッキングを濡らしていた。
ドックの患者が帰ると3人は淫裂を押さえ「先生、またレイプされました!」泣きながら診察室に入ってきた。
「我慢しろ。新しくなるまでだから」

「でも、レイプですよ。レイプされたんです!」
「わかっている。我慢しろと言ったのが聞こえないのか!」最後に怒鳴られ「わかりました…」そう言うしかない。
「その内に、旅行に連れて行ってやるから。新しい病院の下見にも兼ねているがな」ごまかす健太だ。

 その時「プルプルプル」電話が鳴った。
「もしもし、黒岩医院ですが…」手で股間を隠しながらルミがでた。
「先生、お電話です!」それはスナックのママからだった。

 「何、自殺した?」大きな声をあげた。
「それでどうした?」顔色が変わり、暫くして受話器を置いた。
「あのやろう。借金を残して、死にやがった!」怒りが収まらない様子だった。

 それから1週間後に若い女性が医院を訪ねてきた。
「岩下郁恵と申しますが、先生はご在宅でしょうか?」丁寧な挨拶だった。
「来たか。リビングにあげてくれ。暫く2人だけにさせて貰うから」健太は3階に上がっていく。

 「先生、誰ですか?」ルミは健二に尋ねた。
「恋人の妹だよ。借金のことで話しに来たんだ」
「そうなんだ…」ルミ達は郁恵の後ろ姿を見ている。
「俺も行かないとな」健二も3階に上がっていく。

 リビングに案内すると健太は「姉さんのことなんだが…」いきなり言いだす。
「わかっています。先生からご用立て頂いた事も。私が保証人ですから」
「それなら話しが早い。当てはあるのかい?」
「ありません、とても1千万は返せません…」

 「困ったな。だったら、体で返して貰うしかないな」健太は郁恵を抱きしめた。
「やめて、イヤです、必ず返しますから!」
「そうは行かないな。まずは、味見してからじっくりとな」
「いや、いやです!」健二も加わった。

 腕を押さえられ、スーツが脱がされると、ベージュのスリップを着ていた。
「こんなのは要らないよ」肩紐を引き切ると、下着も同じベージュだ。
「何だ、こんな地味なを着て!」健太は両手でパンティを掴んだ。
「やめて、イヤ、やめて!」泣き叫ぶが、容赦なく下半身を剥き出しにされた。

 恥丘はヘアが手入れされて、縦に並んで生えている。
「何だ、オ○ンコの毛を剃っているのか…」
「イヤ、見ないで。イヤです!」腰を屈め、股間を隠そうとする。

 「無駄だよ、ほら、オ○ンコが欲しがっているよ」指が淫裂に入った。
「イヤ、イヤです、訴えてやるから!」
「いいよ、訴えろよ。どうせ捕まるならオ○ンコした方が得だな」ブラジャーも脱がして郁恵を全裸にしてしまった。

 郁恵はテーブルに仰向けに寝かされた。
「いいね、オ○ンコが丸見えで」
「いや、いやです。そんなの見ないで!」
「見られるのはイヤか。だったら、やらせろ!」健太はズボンを脱ぎ、パンツも脱いで下半身を剥き出しにしていく。

 「いくぞ!」郁恵の足を広げて割り込んできた。
「いやー!」悲鳴と共に、淫裂に肉竿が入り「う、う、う!」泣き出す郁恵の抵抗は消えている。
「そうだ、それでいい」腕を押さえていた健二は乳房を揉んでいく。

 「いいね、これが。素人が一番だよ」
「そうだな。これだからやめられないよ」健太は肉竿のピストンを始めていく。
郁恵は体験していたから出血がなかったが、呆然としている。

 やがて、ピストンが早まり「出すぞ、オ○ンコの中に…」動きが止まった。
郁恵は「う、う、う!」射精されたのがわかったのか嗚咽をあげている。
「交代だ。ほら」肉竿を抜くと郁恵の淫裂から液体が流れ出た。

 「どれ、俺も出すか…」今度は健二が郁恵を犯していく。
「う、う、う!」ただ嗚咽をあげるだけの郁恵だ。
健二は腰の振りを早めて射精し、犯し終えた2人はビデオで郁恵の射精された淫裂や乳房、顔などをアップで撮っていく。

 そして、再び犯し、犯されている郁恵をビデオが撮っている。
「いいか、借金の変わりに、これを売らせて貰うからな!」しっかり結合している様子を撮った。

 郁恵は撮影が済んでやっと解放された。
「こい。オ○ンコを看護婦に洗わせるから」
「イヤ、自分でします。見られたくありません」泣きながら股間を押さえたままだ。
「そうか、オ○ンコを見られるのはイヤか。だったらここが風呂だ」健二は郁恵を浴室に案内していく。

 「しかし、可愛い顔して、もう体験していたとは驚きだな」
「言わないで、もう言わないで!」首を左右に振って中に入ると、水音が聞こえてきた。
それに「う、う、う!」嗚咽も聞こえてきた。

 「泣いていやがる」健二はリビングに戻った。
「兄貴、あの子も使えそうだぜ」
「そう思うか、俺もそう思っていたんだ。イヤだったらビデオで稼ぐしかないがな」2人が話し合っている所に体を洗い終えた郁恵が戻ってきた。

 「よかったぜ、100万引いてやるからな」黙ったままの郁恵だ。
「値引いてやると言ってるんだ。礼ぐらい言えよ!」健二は郁恵の両乳房を鷲づかみし、爪が食い込んでいる。
「あ、ありがとうございます。感謝します…」途切れ途切れに言う。

 「それならいい。残りはここで働いて貰うからな」
「私、看護婦の資格は持っていません。薬剤士ですから…」
「それでもいいよ。薬剤師もいずれ必要になるから」
「明日から来られるか?」

 「無理です、そんな急には…」
「そうか、だったら連絡しろ。それから、木曜日にもここに来るんだぞ」
「わかりました」
「いいな、必ず来いよ。来たらこのビデオを返してやるから。来なかったらどうなっても知らないぞ」

「来ます、必ず来ます。ですからビデオを誰にも見せないでください」
「それならいい。早く服を着ろ」慌ててパンティを履いていく。
「今度は黒の下着を着てくるんだぞ。ブラもパンツも」
「はい、そうします」ブラジャーの中に乳房を押し込んでいく。
その後、次々と服を着て医院から出てい行った。

 「うまく行きそうだな。これで1人増えるぞ」笑顔になる健太と健二だ。