第9章「初めてのキス」(4)

 「・・あん・・あっ、ああ・・みんなくるよぉ・・」
「だぁいじょうぶだよ。そんなすぐこねーよ。気にすんなよ。それよりも・・」
「あぁぁぁ! だめだったらぁ・・・・」

 ゆうこは甘ったれた声で悶えている。
吉田はゆうこのTシャツを脱がした。ゆうこの豊満な胸があらわになり、吉田と唇を重ねた。
藍はどきどきしながら、息を殺してその光景を覗いていた。

 (・・・あ、あんなこと・・・ああ・・)
吉田の手はゆうこのブルマーの上から股間を触りだした。
「あっ! あぁぁぁ!」

 その瞬間、ゆうこの声が大きくなり、気持ちよさそうに目をつぶっている。
藍は覗いているうちに変な気持ちになってきた。顔を赤くして、目はうつろになってきた。
そして、廊下であることも忘れ、胸に手を持っていった。

 吉田はゆうこのブルマーを下ろすと、ク○○○スを触りだした。
「あぁぁぁ! いいっ! いいよぉ!」
(あぁ、すごいっ。あんなところ、触られてる・・あぁ・・)

 そして、藍の期待通りの展開となっていった。
「ああぁぁ! いれてっ! いれてぇ!」

 ゆうこがそう言うと、吉田がズボンを脱ぎ始めた。
そしてあっという間に吉田の下半身があらわになった。
(・・・あぁ! す、すごく大きくなってる・・)

 藍の心臓は破裂しそうな勢いだった。はぁはぁと息が苦しくなってきた。
吉田はゆうこを床に寝かすと、その上に乗りかかった。そして、ゆうこの中に挿入した。
「あぁぁぁぁぁ! いいっ。いいよぉ、もっと、もっと激しくしてぇ・・」

 ゆうこは悶えながら吉田に催促していた。吉田もスピードを上げていった。
藍は知らす知らずのうちに手で股間を触っていた。スカートの前を捲くり、パンティに手を入れて・・
(・・すごい・・気持ちよさそう・・あぁぁぁ!)

 「藍ちゃん?」
藍はその声にハッとして、急いで手を戻した。
「藍ちゃん、何してんの? そんなとこで。中にはいんなよ。」

 高科だった。藍は慌てて、部室に入ろうとする高科を止めた。
「あ、だ、だめです。今は、ちょっと・・・」
「だめ? どうして? いいじゃん。入ろうよ。」
「だっ、だって・・これじゃ・・・」

 藍は高科に扉の隙間から中の様子を覗かせた。
「またやってるな・・まぁあいつら付き合ってるからさ。しょうがないけどな。」
「で、でも・・部室でなんて・・」
「なに言ってるの、藍ちゃん。藍ちゃんだって抱き合ったりするだろ?」

 高科の質問に藍は顔を真っ赤にして反論した。
「し、しませんよ。そんな・・まだ・・」
「まだ?」

 藍は「経験ないから・・」といいそうになったが、すぐに詰まった。
藍は自分が処女であることが遅れていて、恥ずかしいことのように思えた。

 「・・い、いや、こんなところでは・・しません・・」
「いいじゃないか。別に。あのくらいするさ。」
「・・・せ、先輩も・・スルんですか?」

 藍は思わず高科にそう聞いてしまった。

高科はドアの隙間から覗きながら、
「俺は付き合ってるヤツ、いないからさ・・」
高科の答えに、藍は何故かホッとしていた。

 「・・・あ~あ、それにしてもやりすぎだな。学校の中であそこまでしちゃあまずいよなぁ。なぁ、藍ちゃん?」
高科はそう藍に振ると、ここから覗いてみろ、というしぐさで藍を扉の隙間から中を覗かせようとした。

 藍はそれに誘われるように再び中を覗き込んだ。
中では吉田とゆうこが全裸で抱き合い、キスしている。
(あぁ、あんなこと・・してる・・)

 藍はドキドキしながら覗き込んでいた。
藍ちゃん!」
真剣に覗き込む藍に高科が声をかけた。
藍ははっと我に返り答えた。

 「・・・えっ? あっ、先輩、なんです・・・うっ!」
無防備に振り返った藍に、高科は突然唇を重ねた。
(・・・うっ、うっ・・あっ・・・・)
藍は何がなんだかわからなかったが、少しして目を閉じていた。

 高科のキスは、いままで藍が経験したことがないほど激しかった。
高科は藍を抱きしめた。
藍は吸い込まれるようにして高科に身を委ねた。

 やがて高科は舌を藍の口の中に潜り込ませてきた。
藍はされるがままに受け入れていた。
それは一瞬の出来事だったのかもしれない。でも藍には長い、長い時間に思えた。

 高科が唇を離した。しかしまだ抱きしめられたままだった。
「・・・せん・・ぱい」
藍は高科の胸に顔を埋めた。

 藍はそれまでキスをしたことがなかったわけではないが、ほんの一瞬唇を合わせる程度のものだった。
この前、真里に唇を奪われた記憶が、一瞬頭に浮かんだ。しかしあれは、まったく別のものだった。不快ではなかった。

 が、高科とのように、胸が張り裂ける思いではなかった。
藍にとって、それはファーストキッスだった。
藍はこのまま時間が止まってしまえばいい、と思った。が、すぐにその幸せな時間は過ぎ去っていった。

 「あれ? 先輩! 今日は遅くなるんじゃ・・あっ」
 伊藤がさちと向こうからやってきて、藍はすぐに高科から離れた。
さちが伊藤に「バカッ、余計なこと言わないの」と言いたそうに肘鉄をしたが、藍はそんな様子には気が付かなかった。

 「おう、今日はな、用事がなくなったんだよ。さぁ入るか・・」
高科がそう言うと藍が慌てて 「えっ? まだ、だめ・・」と止めた。
が、高科はさっさとドアを開け、中に入っていった。
藍も下を向きながら高科に続いた。

 藍が顔を上げると、まるで何もなかったかのように、吉田もゆうこも着替えて座っていた。
「・・あれ?」
藍は不思議そうに思わず声を出してしまった。
「ん、どうした?」

 高科が藍に聞くと、「えっ? あっ、何でも・・ないです。」と答えた。
何がなんだか、わからなくなっていた。
「さぁ、今日もハードだぞ!気合いれて行こうな!」
高科がそう言うと、皆が立ち上がり、準備をはじめた。

 「今日は頼むよ、藍ちゃん。休んだ分、取り戻してな!」
高科はそう言うと藍を肩をぽんと叩いた。
藍は、なんともいえない連帯感に嬉しくなった。
さっきの熱いキスが、高科への思いを強めていた。
同時に高科が、もしかしたら自分のことを好きでいてくれてるかも、と期待に胸を膨らませていた。

    この作品は「ひとみの内緒話」管理人様から投稿していただきました。
    なお「ひとみの内緒話」は閉鎖されました。