第9話 脅迫の罰

 「直美さん。ヘアは、剃ると生えやすいそうです。一回剃って見ましょうよ」孝一は直美のヘアを剃りたかった。
(ヘアの生えてない、直美のオ○ンコを見てみたい…)そんな願望で言った。

 「恥ずかしいです。ヘアのない性器なんて…」
「大丈夫ですよ。僕しか見ませんから」
「わかりました。ヘアを剃ります」直美が言うと「い~や。僕にさせて下さい!」孝一も言う。

 「そんなの、恥ずかしいです!」
「言っておきますが、直美さんは僕の物ですよ」孝一は、浴室からカミソリと石鹸水を持ってきた。

 「いいですか。危ないですから、動かないで下さい」直美は足を広げ、孝一に石鹸水を塗らせていく。
(恥ずかしいわ。あそこを丸出しにするなんて…)直美の少ない絨毛が、恥丘に密着していくと、孝一はカミソリを当てた。

 (ヘアが、剃られていく!)直美の絨毛が、カミソリに合わせて消えていく。
変わって、今まで隠れていた地肌が見え、絨毛に隠されていたピンクの淫裂も現れてきた。
(これが、直美のオ○ンコか…。綺麗だな…)絨毛が全て取り払われて、直美の淫裂が露になっている。

 「これが、ヒラヒラですね?」孝一は、淫裂からはみ出ている肉襞を軽く摘んだ。
「敏感なんです。優しくして下さい…」直美は目を閉じ、腰を突き出している。
さらに、孝一はクリトリスの包皮を捲り、舌でなめると「あ、あん、あん!」(感じていく…。凄く気持ちいい…)直美の太股が、ブルブルと震えている。

 その後、乳房も揉み、乳首を吸い「あ、あん、あー!」喘ぎ声が響くと、暫く続けて「今度は、直美さんがする番です。僕のおチンチンに…」フェラを求めた。
「わかりました。やります…」直美は、孝一のベルトを外しズボンを下げていく。
(固くなってる!)孝一の肉竿が勃起している。

 ズボンを下げ終えると、トランクスも下げていく。
「口でして下さい!」孝一に言われ、生まれて初めて舌で肉竿をなめた。
「そうです。もっとするんです!」直美は口に含み、根本まで迎え入れた。
「気持ちいい。直美、もっとするんだ!」直美は頭を孝一の両手で押さえられ、自由が効かない。

 (フェラだわ。確か、週刊誌に書いてあった…)直美は口を前後に動かしだした。
(射精されたら、どうしよう。精液なんて、飲めないわ…)爆発寸前になっているのが、直美にもわかっている 

 それでも、直美は動きを早めると「出る、出る。飲むんだ!」孝一は直美の頭をしっかり、押さえた。
(いやよ、精液なんて飲みたくない。放して、孝一さん!)しかし、噴射が始まってしまった。

 (射精が始まった…)生臭い液体が、咽の中に漂っていく。
(気持ち悪い!)吐き気を催すが「いいか、飲むんだぞ!」萎縮していく肉竿を抜いた。
直美は「ゴクン!」言われるまま、口の中に漂っている精液を飲み込んだ。

deaikei138

 「よかったよ、直美!」射精を終えた肉竿は、小さくなっている。
「直美、これからもしてくれ」
「口では許して下さい。手でしますから…」
「だめだ。口がイヤなら、お尻にさせろ!」

 「そんな、汚い事はできません!」
「だったら口だ。式を上げるまでは、我慢してやるんだ!」
「わかりました。口でします…」直美は諦めた。

 その翌日、看護婦の香奈と真澄は院長室に呼ばれた。
「何の用かしら?」2人は、なぜ院長に呼ばれたか、意味がわからなかった。
「来たね。呼んだのは、君達が川島先生を、脅迫してたのがわかったからだ」院長の言葉に、唇がガクガクと震えていく2人だ。

 「間違いないね?」
「許して下さい。つい、出来心でやってしまったんです!」泣きながら、詫びを入れている香奈と真澄だ。

 「写真は、どこにあるんだ?」
「寮の、私の机の中にあります…」香奈が言う。
「償って貰わないとな!」
「警察だけは、許して下さい。どんなこともします」「私も、何でもしますから、首にだけはしないで下さい!」香奈と真澄は泣きながら土下座し、詫びを入れた。

 「わかった。警察には言わない。それから、有田さんとは示談が成立してるよ」俯いて、黙ったまま聞いている2人だ。
「今すぐに、写真とカメラを持ってきなさい!」院長の孝弘は、香奈と真澄に命令し「わかりました、取ってきます」2人は制服を着たまま寮に戻り、写真、CDとカメラを持ち帰った。

 「こんなのは、あってはいけないな!」孝弘は2人の前で、写真を切り刻み、CDも折り曲げて、読めないようにした。
「カメラには、残ってないようだな…」
「はい。CDに落としましたから…」香奈が説明した。

 「これが、すべてだね?」
「はい。これがすべてです」2人は返事をした。
「よし。5時になったら、また来るんだ。そうしたら、首と警察だけは、勘弁してやるから!」
「必ずきます。温情に感謝します」看護婦の2人は職場に戻ったが、これから恥辱の償いが、始まろうとしている。

 孝弘は、孝一に命じて医師の全員を大会議室に集めるように指示した。
看護婦は、婦長と各科の責任者が呼ばれ、5時になると、大きな会議室には30人ほどが集まり、直美もいる。

 「院長、何かあったんですか?」婦長が不審に思って、孝弘に尋ねた。
「ちょっと、待ってくれ。直ぐにわかるから」そこに香奈と真澄が入ってきた。
「院長、何か御用がおありですか?」大勢いるのに、戸惑う香奈と真澄だ。

 「わかってる。早速始めるか」深呼吸してから孝弘は「ここにいる、看護婦の相原君と水原君は、大胆にも犯罪を起こしてしまった」どよめきが起こった。
「本当なの?」婦長が2人に尋ねると「はい。申しわけありません。本当です」2人は泣きながら謝った。 

 「そこでだ。2人はここで、素っ裸になって謝りたいそうだ。私は首にもしないし、警察にも言わない!」孝弘の言葉に、香奈と真澄は意味が分かった。
(ヌードになって、償えというんだ…)全身が震えていく2人だ。

 「川島君。君なら、ヌードになって償うのを、許すかね?」
「はい。それに、ヘアも剃って坊主姿を晒すのが、償いと思います」直美の言葉に、真っ青な顔になっていく2人だが「待ってくれ。坊主になったら看護婦が勤まらないよ。それじゃ、困るよ川島君!」孝弘が口を出した。

 「違います。ヌードになって、アソコのヘアを坊主になることです。女性にとって一番恥ずかしい事ですから…」
「そうか、アソコのヘアか。それならいいかもな。どうだ。どっちを選ぶ。警察と首かヌードと坊主か!」

 孝弘が言い終わらない内に「ヌードと坊主になります。首と警察だけは許して下さい」香奈は大勢の前で土下座した。
「私もヌードと坊主がいいです」真澄もヌードになるのを選んだ。

 「よし、決まったな。婦長、処置室から持って来たろうね?」孝一が言うと「はい、先生の指示通りに、用意しました」
「準備はできてるんだ。だったら、始めてくれ!」孝弘が指示した。

 香奈と真澄は(やるしかない…)覚悟を決めて脱ぎだした。
白衣のボタンを外し、ベルトも外すと、肩から白衣を脱いでいく。
制服の白衣が足下に落ちて、下着姿になると「おー!」「す、スゲエ!」医師達から歓声が上がった。

 2人は、スケスケのブラジャーとパンティを着けていた。
「香奈さんに、真澄さん。はしたないわよ。もっと、おとなしいのにしなさい!」
「婦長、怒らなくてもいいよ。俺は、色っぽい、これがたまらんのだ!」
「私もです。固く勃起してます!」

 「外科医長もですか。実は私も好きです」
男性の医師達は、2人の下着姿に股間が膨らんでいた。
(そんなにいいなら、亭主の前で着てみようかな?)婦長は帰りに買うことにした。

 そんな批評が飛び交う中、香奈はパンティを脱ぐと、真っ黒な絨毛が恥丘をビッシリと覆っていた。
真澄もパンティを脱いで、2人の下半身を隠すのは何もなくなった。

 パンティを脱ぎ終えると、ブラジャーも脱いで、2人は一糸まとわぬ姿を大勢の前に晒している。
香奈と真澄は、恥ずかしさで顔と肌が真っ赤に染まっている。

 「2人のヘアを、剃りたい希望者はいるか?」院長の声に男性の皆が手を挙げた。
「あら、そんなにアソコを剃るのが望みなんですか?」
「当然ですよ。妻にヘアを剃らせてくれって言ったら、怒られれましたから、やりたいです!」
「俺も妻に怒られたよ」「俺もだ」医師達はヘアを剃りたくて仕方がなかった。
(亭主も、剃らせろって言ってた。今夜は、剃らせよう…)看護婦達は、夜の夫との営みを想像している。

 「全員か、俺も剃りたかったのに…。よし、じゃんけんだ。俺もやるからな!」
「院長といえども、手を抜きませんよ!」
「こっちだって、マン毛剃りが掛かってるんだ!」ジャンケンで2人が選ばれた。

 「院長。申し訳ないですが、これは別ですからね!」勝った2人は、香奈と真澄の絨毛に石鹸水を塗っていく。
今まで立っていた絨毛は、元気なく恥丘に密着してしまった。
「動くなよ!」香奈と真澄の恥丘に、カミソリが当てられた。

 (恥ずかしい。アソコが丸出しになるなんて!)両手を後ろで組み、腰を突き出す香奈と真澄だ。
2人の絨毛を剃り終えるのに、そんなに時間は掛からなかった。
ピンクに割れた淫裂が露になると、割れ目からは、肉襞がはみ出ている。