第8話

叔父は湿った指を私に見せつけました。

「まだまだこんなもんじゃないよな。もっとボトボトに濡らしてあげるからね」

叔父はそんな言葉をわざわざ私の耳元で囁きました。
言うのとほぼ同じくらいに、あそこに太い指が滑り込んできました。

「あぁ」

指は膣の壁をごしごしと擦っています。
少しの間、動きが止まっていたお尻のバイブも動き出しました。
私は2箇所の穴を同時に責められました。
おなかの中を掻き回されているみたいで、すごく変な感じです。
痛さはなく、むしろ、不思議なことにかすかな快感がありました。
叔父は中の感触を楽しむかのように膣を擦りました。
指はお尻のバイブと同じテンポで動いています。

「ふうむ、お尻の方、叔父さんの言いつけどおり、かなり特訓したようだね」
「うん・・・」
「筋肉がすごく柔らかくなっているよ」
「・・・」
「お利口さんだね」
「・・・」

叔父に褒められても、全然嬉しくありませんでした。
だって恐いから言いつけどおりやっただけだもの。

「かなりほぐれて来たようだ。でも、最初は前回と同じように前から入れてあげるからね」
「・・・」
「いやなの?」
「いいえ・・・入れてください・・・」

逆らうと後が恐いので、気持ちと逆だったけど、あえて従順を装いました。
それでも叔父はご機嫌で、

「そうかそうか。いい子だね。もしかしたら楽しみにしてたのかな?」

そう言うなり、叔父はすぐに身体を寄せて来ました。
すでにM字開脚になっていたこともあって、挿入は容易だったようです。
叔父は私の股の裏側を持ち上げて、グイグイと奥に挿し込んできました。

yjimage

「いたっ」
「はぁはぁはぁ、痛いの?しばらくの間だけだから我慢して」

いくら濡れていると言っても、幼い身に男根はきつ過ぎます。
私は泣きべそをかいて必死に耐えましたが、叔父は許してくれません。

「じゃあ早く終わらせるか」

と言って、すごいピッチで腰を動かし私の中で果ててしまいました。

「ふう、ふう、ふう・・・」

叔父はまだ荒い息のままで、私にもたれ掛かってとんでもないことを口走りました。

「叔父さんがサッチャンの叔父さんじゃなかったら、将来お嫁さんにもらうのになあ」

って。
私は驚いて何も言えず目を白黒させてました。

「そんなに驚かなくていいよ。冗談に決まってるじゃないか」
「そうなの?」
「そりゃそうだよ。だってサッチャンが年頃になったら、叔父さんいくつになってると思う?」
「ふぅん・・・」

叔父は会話の間、私の濡れたところにティッシュをあてがい丁寧に拭いてくれました。

「さて、ちょっと休憩しよう。サッチャン、冷蔵庫開けるよ」

叔父は裸のまま台所へ行き、ウーロン茶とコップを2つ持って来ました。

  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01