第10章「陥   穽」(1)

 みんなが撮影の準備に取り掛かっている中、藍はまだキスの余韻に浸り、ボーっとしていた。
「藍、藍ったらぁ! ボケッとしてないで手伝ってよ!」
ゆうこがぼんやり立っている藍に言った。
「・・あっ! ごめん・・」

 藍は慌ててみんなに混じって、準備を手伝い始めた。
手伝いながら、藍はゆうこをちらっと見た。ゆうこは何事もなかったかのように作業している。
吉田もゆうこと同じように準備をしている。

 藍は二人が抱き合っていた光景を思い出していた。
(・・そうかぁ・・吉田君とゆうこ、付き合ってるんだ。なんか・・いいなぁ)
藍はまだ特定の男性と、同じ年頃の男性と親しく付き合ったことはなかった。
仕事と学校を忙しく行ったり来たりしているのだから、それは仕方のないことだった。

 しかし藍の年頃で「彼氏」が欲しいと思うのは当然だった。
だから藍は、吉田とゆうこのことを考えると、羨ましくて仕方なかった。
藍はキスをされたことで、ますます高科のことが気になっていた。いや、好きになっていた。

 準備を手伝いながら、今度は高科の方を見た。その時、高科も藍を見ていた。
藍は高科と目が合ったのが急に恥ずかしくなり、目を背けた。しかし、すぐにまた高科を見た。
すると高科は、まだ藍のことを見ていた。
(・・・先輩とまた目が合っちゃった・・もしかしたら・・ずっと見てる?)

 高科が藍の方へ、さりげなくやってきた。そして、藍の頭をこつんと叩くと、「ちゃんとやってるかぁ?」と微笑みながら言った。
「や、やってますよぉ。」
藍がそう答えると、高科はウインクして見せた。

 それを見て、藍は嬉しくなった。
(もしかしたら、先輩もあたしのこと・・)
「先輩!OKっす!」
吉田が高科に言うと、教室の蛍光灯が消され、代わりに撮影用の照明が点けられた。

 「よーし、じゃあ始めるか。伊藤はカメラ、吉田はこっちで俺のサブ・・」
高科の指示でみんな位置につき始めた。
 照明の消された部室は薄暗い。部室の窓は全て暗幕で遮断されていた。が、撮影用の照明が当たる部分は異常に明るかった。

 床の半分は体育のときに使う、灰色のカバーを被せた弾力のある厚いウレタンマットが敷かれていた。それを先程組み立てたセットが3方から取り囲み、灰色の壁のようだった。
まるでその部分は監獄か、取調室のような雰囲気だった。撮影用の照明が、その部分に強烈な光を投げかけていた。

 藍が部屋を見回すと、さっきまでの明るい雰囲気が一変しているので、胸がドキドキしてきた。得体の知れない不安が湧き上がってきた。
「藍ちゃんは・・・」
高科が藍の方を見て言うと、藍はすぐに返事をした。

 「はい・・」
「まず、ここに立って。照明と音の確認だ。伊藤、どうだ?」
藍は高科の指示された場所に立った。
セットの中央だった。あちらこちらから照明に照らされ、眩しかった。照明の外にいる高科達が、よく見えなかった。

 伊藤はカメラを覗き込んでしきりに調整している。
「う~ん、OKです。」
伊藤の返事を聞くと、高科が藍に声をかけた。
「さぁ、藍ちゃん、そろそろ着替えてもらおうか。」
「えっ? 着替えるんですか?」

 藍は朝、高科と会った時に「制服のままでいい」と言われていたので、怪訝な面持ちで聞き返した。
「うん。着替えてね。」
「・・はい。わかりました。じゃあ、着替えてきます。」

 藍は解せなかったが、素直にそう返事をした。
(更衣室に行って来なくちゃ・・・)
(あっ、その前に教室から体操服とって来なくっちゃ・・・)
 藍は、最初から言ってくれればいいのに・・と思いながら、歩き出そうとした。

 その時、ゆうこが呼び止めた。
「ちょっと、藍ってば。どこ行くの?」
「えっ? 更衣室に・・・」
「行かなくていいわよ。」
「だって、着替えろって・・」
「更衣室じゃなくってぇ・・ここで、着替えるの。」

 「・・ここで?」
「そう。ここで、よ。みんなの前で、着替えることになってるの。」
「そんな!?」
 藍は戸惑ってしまった。ゆうこの言う意味が分からなかった。

 すると、今度はさちが寄ってきて話しかけた。
「藍が休んでる間にね、また台本変わったの。今日はね、主人公が捕えられて、囚人服に着替えさせられるトコロ、撮ることになってるの。」

 ゆうこが更に続けた。
「相談できなくって悪かったけど、藍ったら学校来なかったから。それでねぇ、看守役と区別するためにさ、体操服じゃなくってぇ・・・これに着替えて欲しいんだけど。」
そう言って藍に、紙袋を手渡した。

 「・・これって?・・」
 藍は袋の中を取り出すと、目の前に広げてみた。光沢のあるオレンジ色のレオタードだった。手にとってみると、ゴムのように伸縮性のある、かなり薄い生地でできていた。

 藍は慌てて高科に言った。
「ここでって・・そんなの・・いやです。できません!」
高科が急に険しい顔をみせた。声も低くなっている。

 「なに、出来ないって?・・・困るなぁ。二日も休まれて、ただでさえ時間ないのに・・・そのうえわがまま言われちゃなぁ・・」
「わがままって・・・そんな!」
「だってわがままじゃないか! ここまで撮ってきて、今更出来ないなんて言われたら・・俺たち頑張ってきたの水の泡なんだぜ? 違う?」
「で、でも・・ここで着替えるなんて・・」

 すると、横から吉田が口を出した。
「藍ちゃんが恥ずかしいってのはわかるけどさぁ。藍ちゃんはもうそんな事、言えないんじゃないかなぁ。まぁどうしてもいやだって言うなら、こっちにも考えがあるけどね」
藍は高科が怖い顔になったまま黙っているのと、吉田のいう「考え」がどんな考えなのかわからず、ますます不安になった。


    この作品は「ひとみの内緒話」管理人様から投稿していただきました。
    なお「ひとみの内緒話」は閉鎖されました。