第11話

(きゃっ、すごく大きい……)

 男の大きさは目視よりも咥えてみて初めて分かる場合がある。
 つまり見た目以上に大きいことだってあるのだ。
 その原因は長さではなく太さに起因している。
 巻き寿司を連想させるほど太い。

(こんな太いもの入るかしら……)

 好奇心と同時に不安も込み上げてくる。

 まりあは舌を駆使して丹念に舐め回した。
 時折、口に含んでみる。
 やっぱり太い。
 口内で車本のモノが魚のように跳ねている。
 車本もかなり昂ぶっているのが分かる。
 まりあは咥えた状態で口を上下動させた。
 卑猥な音がこぼれる。

「うっ……」

 車本がかすかなうめき声を漏らせた。
 まりあは肉棒の根元に舌を這わせた。
 袋にも舌を伸ばしている。

「あ、そこ……くすぐったい……」

 まりあはにっこりと微笑みながらささやいた。

「少しだけ我慢して」

 舌の動きがさらに活発になる。

「くっ……」

 車本は懸命にくすぐったさを堪えている。
 まりあは袋へのくちづけを中断し、再びカリの部分を咥えた。
 そして数回上下動させた頃、我慢できなくなった車本がつぶやいた。

「まりあさん……もう限界だよ……」

 それはまりあを次のステップへといざなう愛のささやきでもあった。
 まりあは静かにうなずいた。
 美しいシルエットがゆっくりと傾いていく。
 熱い吐息と吐息が重なり合う刹那。
 唇と唇が重なり合う瞬間。
 ふたりは一つに溶け合っていく。

holdsex_26

 車本はまりあの両脚をこじ開けていく。
 まりあは瞳を閉じて心の中でそっとつぶやいた。

(あなた、許して……)

 夫を裏切ることへの懺悔の言葉。
 声にならない声は当然車本の耳に聞こえるはずもない。

 怒張したものがそっと亀裂に宛がわれた。
 ほんの一瞬、男も女も無意識のうちに息を止めてしまう。
 息を止めて神経を一か所に集中させる。
 次の瞬間。

「あっ……!」

 怒張したものはまりあの秘所を貫いた。

「あぁっ……あぁぁぁ~~~……」

 抽送を繰り返しながらしながら車本がつぶやく。

「まりあさんとこうして一つになれて僕が嬉しいよ」
「私もぉ……」

 挿入前、まりあの心に一瞬静雄の姿が浮かんだが、車本と結ばれた後彼の姿が浮かぶことはなかった。
 今自分に愛を注いでくれている男こそが、今のまりあにとっては最愛の人なのだから。
 所詮結婚は民法で定められた男女の継続的な性的結合を基盤とした社会的経済的結合に過ぎない。
 男女の『形而上の愛』は結婚とは全く異なった世界に存在するものである。
 つまり人生において最愛の者同士が必ずしも結婚できるものとは限らず、儚く露と消えていく恋もある。
 現実社会ではおそらくそちらの方が多いだろう。
 恋愛とはそういうものだ。
 結婚とは異質のものなのだ。

 とは言ってもすでに結婚している者がその伴侶以外と愛し合えばそれを『不倫』である。
『不倫』は決して違法ではないが、倫理、道徳に反する行為であるため世間はそれを『不倫』と呼ぶのである。

 禁じられた愛というものは異常なほどに身を焦がすものである。
 夫がある身でありながら夫以外の男に抱かれる。
 背徳観念がまりあを包み込み、独身時代には味わったことのないような不思議な悦楽の世界へと溶け込んでいく。

 車本の初動は決して性急ではなくむしろ緩やかといえた。
 しかしまりあにとって今は激しい律動が欲しかった。
 女は時として優しさよりも荒々しさを求めることがある。

(もっと、もっと激しく突いて……)

 日頃会う瀬を重ねている恋人同士であればきっと言えるだろう。
 だけど今日初めて車本と結ばれた日。そんなはしたない言葉を迸るのは躊躇してしまう。
 しかしその後、まりあは余計な一言を口走らなくてよかったと思い知らされる。
 まもなく車本のピッチが上がってきたのだった。

「あぁぁぁぁぁ~~~……」

 車本のピッチが上がるに連れ、まりあの息が荒くなっていった。

「あぁ、はぁ、はぁ、はぁ、あぁ~ん、あぁ~」


  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01