第8話 屈辱な契約
 
 シャワー室に入った4人は丁寧に洗い終え、胸と股間を隠して体育館に戻ってきた。
「あれ、服がない!」「え、そんな~」4人は驚きの声を上げると「返してよ!」由佳が富樫に噛みついた。
「俺は知らないよ。河野に聞いたら?」素っ気なく言う。

 それを聞いて「河野君、お願い、先生に教えて!」静恵がやさしく問いつめた。
「教えてあげるけど、その代わりに、オ○ンコの中に指を入れて広げて見せて!」それには「いやよ!」「そんなの、できない!」当然に拒んだ。
「だったら、教えられないな!」
「わかったわ。こうすればいいのね…」朋美と静恵は淫裂に指を入れて広げた。

 「話が、わかるじゃん!」男子生徒はパックリと開いた2人の淫裂を眺めている。
「これが、オ○ンコの内部か?」
「ここでオシッコするんだね?」「これが、クリトリすなんだ!」淫裂の内部を観察して行く。

 「広げたから、もういいでしょう。ねえ、どこにあるか、教えてよ!」
「でも、佳代と由佳がしてないよ」
それには「いやよ。恥ずかしくてできない!」佳代は拒んだ。
「我慢して、佳代さん。服が戻らないと、もっと恥ずかしいわよ」朋美が説得し、仕方なく佳代と由佳も両手で自分の淫裂を広げた。

 「まだ、ヒラヒラが小さいよな…」
「穴が細いよ。チンポが入っても大丈夫かな?」恥ずかしい言葉を言われて2人は全身が真っ赤になった。
「やったから、もう、いいでしょう。教えて!」

 「仕方ないな。実は音楽室なんだ。ここから皆で歩いて行こうよ」
「そんな~。お願いだから持ってきてよ!」頼み込んだ。
「それはできませんね。4人で取りに行って下さい」
「ヌードよ。こんな姿を見られたら、間違いなくレイプされる…」

 「それだったら、護衛の役で、私達と一緒に行きましょうよ」
(行くしかないわ。いつまでも、裸ではいれないし…!)4人全裸で音楽室まで歩くのを覚悟し、誰もいない廊下を歩いて音楽室に向かった。
(見られたら、終わりだ…)全裸の4人は顔を強ばらせ、淫裂と乳房を手で隠して歩いた。

 「だめだよ。隠さないで堂々と、見せて歩こうよ!」リーダーの河野が言うと「見られたら、恥ずかしいわよ。これで許してよ」
「だめだよ。オッパイとオ○ンコを隠したって、ヌードに変わりないし…」河野の言う通りだ。

 4人は両手を下げ、乳房を円を描くように揺らせながら、誰もいない廊下を歩いていくと、パックリ割れた淫裂は歩く度に右曲がり、左曲がりと変形していく。
また、お尻の肉も上下に揺れていて、内村と岡本は正面から全裸で歩く4人をビデオに撮っている。
(ヌードを撮られるなんて…)恥ずかしさに、顔をあげられず俯いたまま歩いて行く。

 音楽室は3階なので、階段を登らなければいけない。
階段を登ると、足が上がって淫裂の中が覗いてしまう。
「オ○ンコの中が見えた!」屈んで男達が4人の淫裂を覗いている。

teacher_0010

「お願いだから、下からみないでよ!」女性は両手で淫裂を隠した。

 「せっかくの楽しみなんだから、見せて貰います。手を退けて下さい!」富樫が言うからには、従うしかなく再び、淫裂を晒して階段を登っていく。
男達は(オ○ンコが見えてる…)太股の淫裂に興奮し、肉竿は勃起して爆発寸前だ。

 朋美と静恵達は、幸い誰にも合うことなく階段を登って、音楽室のある3階までたどり着いた。
すると楽器の音が聞こえ「音楽室に、誰かいる!」静恵は顔を引き吊らせ、両手で胸と股間を隠して蹲った。

 「たぶん、2年生でしょう。吹奏学部の連中だからこの際、初ヌードを見せましょうよ」
「そんなのできない!」静恵と朋美は首を振った。
「でも、中に入らないと、いつまでも裸のままですよ」
それには「許して下さい。ここまでにして下さい…」泣きながら朋美も蹲った。 

 「坂本先生に後藤先生。そんなに、裸でいたいのですか?」
「いやよ。ヌードのままなんか、いやよ!」
「そうでしょう。だったら、中にある服を着ないと」
(その通りだわ。いつまでも、ヌードでいる訳には行かない…)「分かったわよ」朋美は覚悟を決め、立ち上がると他の3人も覚悟を決めて立ち上がった。

 階段から音楽室へ近づくと、楽器の音が大きくなり、音楽室のドアで立ち止まった。
「いいですか、隠さないで堂々とオッパイとオ○ンコを見せるんですよ」富樫が念を押すと、黙って4人は頷いて乳房と、淫裂を隠した手を退け露わにしていく。
それを確認すると、富樫は音楽室のドアを開けた。

 すると、大きな楽器の音が響き、富樫と河野先に入り「先生も入って下さい!」わざと大きな声で叫んだ。
(ヌードを見られる…)体を震わせながら静恵が入り(お願いだから、ヌードは見ないで…)目を閉じた。

 だが「オッパイとオ○ンコだ!」歓声があがり(言わないで。恥ずかしいのよ)静恵の肌が肌が赤く染まっていく。
「先生、そこに立って下さい」静恵は教壇に立たされ、生まれたままの姿を部員に晒している。

 次に朋美が入って「おー!」やはり歓声があがり、由佳、佳代と続いている。
部員の男子生徒は、初めて見る女性の全裸を目の前に、黙ったまま見ている。
静恵の真っ白な乳房に、日焼けして乳房と股間が白い朋美と対照的な2人の裸体だ。
初めて見る4人の全裸の姿は、男子部員にとっては充分すぎた。

 「オ○ンコ、やりたい!」生徒達は我慢できずに、チャックを下げて勃起した肉竿を右手で取りだし、擦りだす。
「オナニーなんか、しないでよ!」佳代と由佳はオナニーの対象を嫌って、淫裂と乳房を両手で隠した。

 「隠すなと、言っただろう。服はいらないの?」富樫は真っ白なパンティを広げて見せる。
「返してよ!」泣きそうな顔で言うと「返して欲しいなら、全部見せろよ」その言葉に2人は、淫裂を晒した。

 始めは、おとなしく見ていた部員だが「俺、坂本先生の日焼けした肌が好きだな」勃起した肉竿を擦りながら、朋美と乳房を掴んだ。
「やめてよ!」朋美は乳房を掴んでいる手を払ったが、別な手が股間を触りだし、また乳房が掴まれる。

 そして、両手を押さえられ、乳房と淫裂を触られていく。
静恵も同様に両手を押さえられて、乳房と淫裂を触られている。
「やめなさい!」教師の2人は抵抗をするが、大勢の部員には抵抗しても無駄だ。
しかし、同じ学年の佳代と桜田には目もくれず、佳代と由佳は怯えて抱き合っている。

 やがて、朋美は机の上に仰向けに寝かされて、両足を広げられた。
「見ないで。お願いだから見ないで~!」足を閉じようとしているが、男の力に負けて、開脚させられていく。
「先生、奇麗だよ。ここがクリトリスだよね?」富樫はクリトリスの包皮を捲って、ピンクの肉芽を撫でだす。

 「ダメ、そこはダメ!」一番敏感な急所を触られ、朋美の腰が浮いてしまった。
同様に、静恵も机に寝かされて開脚させられている。
「いやー。見ないで~!」静恵も淫裂を広げられて見られている。
「これが、クリトリスだね?」三田は静恵の敏感な肉芽を撫でて放そうとはしない。

 それには(感じていく…。静恵とよりも気持ちいい…)朋美の腰が指に合わせて動き出す。
静恵も(気持ちいいわ…。こんなの初めてだわ…)富樫の指に合わせて腰が動き2人の教師は「あ、あ、あ~」と甘い溜息をもらし始めた。

 喘ぐ声をあげだすと同時に、淫裂からは女性特有の淫汁が流れ始めた。
それを見て「先生、入れさせてよ!」指が膣の中に入っていく。
「だめよ。さっきしたでしょう。もうだめよ…」静恵は富樫にそう答えた。
「だったら、明日ならいいよね?」
「いやよ、教え子とのセックスはいけないのよ!」当然に拒む。

 「仕方ないな。それなら、佳代と由佳にオ○ンコ相手をしてもらうか!」二年生は抱きっていた2人を朋美達と同じく、机に仰向けに寝かせ、足を開かせた。
「いやー。入れないで!」「レイプはしないで!」淫裂の中まで晒した2人には、声をあげる事しかできない。

 「やめなさい。まだ、子供よ。そんな事しないで!」
「だったら、後藤先生と坂本先生が相手してくれますよね?」
「セックスなんて、いやよ」首を振って2人は拒んだ。
「仕方ありませんね。この2人をみんなでレイプします。しかも、先生の目の前で」河野はニヤリと笑って言う。

(やるしかないわ。見殺しにはできないし…)「わかったわ。セックスの相手をすればいいのね。でも、お腹の中に射精はしなと約束して!」渋々だが、朋美と静恵は承知するしかない。
「それなら、証拠に契約のビデオを撮りますから宣言して下さい!」内村がビデオを2人に向けた。

 「ビデオはいや!」
「それじゃ、契約になりません。ビデオに宣言して下さい。いやなら、この2人をレイプしますよ」由佳と佳代は乳房を揉まれ、膣腔の入り口を指が撫でてだした。
「やめて~!」「触らないでよ!」2人は抵抗できず叫ぶだけだ。

 「わかったわ。宣言するから2人を先に放してあげて!」
「勿論、放しますよ」2人は放され、怯えた顔で、再び全裸のままで抱きう。
朋美と静恵も自由にされ、両手を後ろで組まされ、淫裂と乳房を晒したまま教壇に立たされた。
「まずは、坂本先生から宣言して下さい」河野は何やら書かれた大きな紙を2人に見せている。

 「明和高校の体操教師の坂本朋美です。これからは吹奏学部の男子生徒と卒業までの間は、性欲のはけ口になってセックスのお相手をします。それに全裸で部活をします。勿論、全裸の新体操もします。拒んだらこのビデオを公開されても……」もう声にならなかった。

 両手を後ろに組んで、乳房と淫裂を露にして嗚咽をあげている。
「最後まで言わないと、だめです!」富樫から注意され「拒んだら、このビデオを公開されても抗議はしません」言い終わると、朋美は泣き出してしまった。

 その様子を見ていた静恵の体が震えていた。
「私は新任の音楽教師の坂本静恵です。これからは吹奏学部の男子生徒と卒業までの間は性欲のはけ口になってセックスのお相手をします。それに…」静恵と同じ事を言い、終えると蹲って泣き出した。
「先生、これで契約が成立しましたね。さっそくですが、二年生の相手をしてあげて下さい」リーダーの河野が2人の背中を叩いた。