第10話 密約

 「もういいわ。今夜も稼いでね」3人はやっと淫裂から手が退けられ「開店だ。準備はいいよな!」坂本の言葉で店が開き、それと同時に客が入って来る。
「いたいた。ミニスカだ!」真っ青のミニスカートを履き、乳房の膨らみを晒す3人に、客が殺到しても不思議ではなかい。

 「いいね、このオッパイが…」開いた胸に手を伸ばして乳房を掴み(いや、オッパイなんて、掴まないで!)恥ずかしくて、客の顔は見れない。
乳房を掴むと、股間の淫裂に当然手が伸びていく。
「どうだい。金は弾むから、俺とオ○ンコしないか?」客達は美貴達を誘い「いやです、体は絶対に売りません!」きっぱりと断る3人だ。

 美雪の店は開店して間もない事もあり、客がひっきりなしに訪れ、あっという間に時計が11時を回っている。
「いらっしゃいませ!」美雪が慣れた手つきで、3人の客を案内し「お飲物は、何になさいますか?」坂本が注文を取りに来た。

 だが「!」坂本は客と目が合い、声が出なかった。
「よ、元気かね」
「ど、どちら様ですか…。私は記憶にございませんが…」かなり、動揺している。

 「水くさいな、俺を忘れたなんて。すまないがママ、4人きりにしてくれ!」
「分かりました。ご用がお済みになりましたら、お伺いします」美雪が去って坂本と客の4人になった。

 「やってくれたね。強盗なんて!」
「や、やってませんよ。そんな事なんか…」震えながら言う坂本だ。
「隠さなくてもいいよ。金はお前にくれてやる。だが、あのとき婦警がいたろう。口を防がないとな」

 「こ、殺すんですか。それは、やめて下さい!」
「そんな事はしないよ。ただ、狂言だったと取り下げたが、見られたかも、知れないしな…」
「それなら心配いりません。婦警の弱みを握りましたから」坂本はやっと笑顔になった。

 その言葉で、話題が変わり別な話になっている。
「あの金で、ここを買ったのか?」
「いいえ、あれだけでは足りませんでした。売ったんです、工場を!」

 「そうだろうな。あれっぽっちで、こんな店をかえるわけないな。それより、手を結ばないか?」
「なぜですか。信じられないな、金をくれるだとか、手を結ぼうとか!」
「あまり、詮索しない方が身のためだ。結ぶのか、結ばないのかとっちだ?」遂に男達は本領を発揮して強い口調に替わった。

 「メリットはありますか。デメリットばかりじゃ、いやですから…」
「あるさ、素人女を抱けるぞ。それに警察の手入れも逃れるかもな」
「警察ですか。一番それがやっかいですからね、それにやくざも…」悩む坂本だ。

 暫く考えて「わかりました。結びましょう!」と言う。
「そうだ。その方があんたの為さ。こっちも、血を流さずに済むしな」やっと笑顔になって飲み始めた。

 「女はいないのか?」
「直ぐ呼びます」坂本は合図を送った。
「ほら、お待ちよ、アソコの3人さんが!」
「わかりました。行きます」元気なく、坂本が待つ席に向かった。

 「いいね、この姿が!」3人は隣に座った美貴達の制服を広げて、乳房を見つめている。

05

「これは美乳だぞ。吸わせろ!」真っ先に、友里の乳房が触られ、乳首が吸われていく。

 「お前のは小さいが、オ○ンコがいいよ」美貴も乳房を吸われながら、淫裂に手が伸びている。
(いや。触らないで、性器はいや!)心で叫んでも、それは無理だ。

 だが「いや、いやー!」涼子は悲鳴を上げた。
「ほら、やるんだよ!」客がチャックを下げて、勃起した肉竿を涼子の口でなめさせようとしていた。

 「ここは風俗ではありませんよ。クラブですから触るだけです!」さすがに、坂本も注意した。
「そうか。だったら、オ○ンコとこれを触るか!」大きな乳房を掴まれ、淫裂に手が伸び「オッパイは優しく揉んでください。乱暴はいやです!」顔を歪めながら、乳房を揉まれ、膣の中に指を入れられた。

 美貴達は、3人につきっきりの相手をさせられていた。
「いいね。どうせなら素っ裸にならないか?」スカートの裾を持ち上げられ「いや、いやです。それはいやです!」必死に裾を押さえて、捲られまいとしていた。

 「それなら、オッパイ丸出しはどうだ?」今度は上着が脱がされようとし「ヌードはいやです。脱ぐのはいや!」泣き声に替わっている。
その声は美雪にも届いて「困った客だわ。私がケジメを付けないと…」美貴達の席に向かっていく。

 「ママ、助けて!」思わず美貴は叫んだ。
「お客さん。ここは風俗店ではありませんよ」美雪は慣れた口調で言い出し、客が美雪の言葉を聞いてい間に、美貴達は別な席に行かされた。

 その間にも、時間が過ぎて11時近くになり、美貴達の手伝いが終わり着替えていく。
「もう少しで、裸にされるとこだった…」
「そうね。オッパイが見えるけど、丸出しはもっと恥ずかしいわよね」
「当然よ。性器をチラリと見られるのと、丸出しは意味が違うわよ」着替えが済むとアパートに戻った。

 そして、翌日も、いつものように更衣室で制服に着替えていると「美貴、今晩付き合わない?」同僚が話しかけてきた。
「いい店でも見つけたの?」
「そうなの。若い子が一杯いるから持てるのよ、必ず見つけだすわ」

 「あら、男が目当てで行くの?」
「当然でしょう。毎晩、指でなんて寂しいわよ。早くエッチをしたいのよ」
「残念ね。私、今夜は先約があるのよ」

 「またなんだ。仕方ないな、美貴には友里と涼子がいるからな。でも、たまには男と一緒も楽しいわよ」笑顔で話しかけてきた。
(男って、そんなにいいの。ただ、セックスをしたがる、いやらしい生き物じゃないのよ!)黙って聞いている涼子と友里だ。

 着替えが終わると、交通課の課長の訓辞を受けて仕事を始めていく。
「美貴さん、今夜はホントにいいのね?」
「当然よ。明日は休みだから、涼子と友里とで遅くまで楽しまないと」
「私もしたいの。明日は休みだし張り切るわよ」涼子と友里も笑顔になっていた。

 12時になると「終わったね、ご苦労様!」明石がねぎらいの言葉を掛けてくる。
「お先に失礼します!」美貴達は私服に着替えて署から出たが「待っていたわよ。婦警さん!」玄関で美雪が声を掛けてきた。
「何か、ご用でも?」婦警の3人の顔が強ばっている。

 「ここでは何ですから、食事を取りながらではいかがでしょうか?」
「わかりました。ご一緒させて頂きます…」3人は美雪の後を歩き「ここよ、入って!」(ここは高級料理店だ!)美雪が入ると後を追う美貴達だ。

 店の中は静かで「こちらです」若い女性が案内し「待っていたよ。美貴さん」聞き慣れた声だ。
(坂本さん達もいるわ、それに店のホステスさんも…)案内された部屋には、店の皆が揃っている。

 「とにかく座って。食事会みたいだけどね」
「そうだな、食事会かな。とにかく、乾杯だ」ビールがグラスに注がれて飲んでいく。
アルコールを飲むと、話が弾んでいく。

 (そろそろ行く!)坂本は目を輝かせて「美貴、今夜は出張を頼むよ。一晩付き合って欲しいんだ。特別の客だからな!」
「一晩だなんて、いや。きっと、体を求めてくる!」
「いやか。やらないなら、ビデオを表に出してもいいと約束したよな?」

 「やります…。ですから、ビデオだけは許してください…」今にも、泣き出しそうな顔になっている。
「3人だけだと心配だから、坂本さんも一緒よ。安心して」美雪が気休めを言う。
(やるしかない。ヌードビデオが発覚したら、生きていけないし…)項垂れる3人だ。
その後、坂本が詳しく説明をしていく。

 食事が済むと「これ、バイト代よ」美雪が渡そうとすると「貰うわけはいきません、公務員ですから」
「そんな堅い事いうなよ。善意だから貰っておけ!」坂本に言われれば逆らえず、黙って差し出された封筒を受け取る。

 「それで、服でも買いなさい。駅前のデパートが売り出し中よ」
「早く行って来い。それから時間までには店に来いよな!」美貴達は料亭から出てデパートに向かった。

 「あら、7万も入っているわよ」
「貰っていいのかしら。心配だわ」
「貰おうよ。オッパイと性器を触られたんだから」
「そうね、その通りだわ。使わないとね」美貴達は久しぶりに買い物を楽しんだ。

 そして、夕方に言われた通りに、店に入ると、坂本はバックを抱えて待っていた。
「着替えは向こうでやる。とにかく行こう!」坂本の車に乗り、走りっていく。
車は繁華街を通り過ぎて、閑静な町並みを走っていく。
「ここだ。ここでやるんだ!」割烹旅館の看板があり、車を駐車場に停めて4人は中に入った。

 「予約して置いた坂本ですが…」
「坂本様ですね。でしたらこちらへ!」女将らしい、和服を着た女性が案内していく。
「離れをご用意しましたから、思う存分お楽しみ下さい」薄笑いを浮かべている。
(何が「お楽しみ下さい」よ。こっちの気持ちも知らないくせに!)黙って歩いていく美貴達だ。

 女将らしい女性は、ドアを開けて4人を中に入れる。
「後から3人来るから、よろしくな!」
「心得ております」ドアが閉められて4人だけになった。

 「ほら、制服に着替えろよ!」
「わかりました…」部屋の中で服を脱ぎ、パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。
「今日はスカートなしだ。いいな!」

 「それじゃ、性器が丸出しです!」泣きそうな顔で言う涼子だ。
「いやでも、やるんだよ」坂本は全裸の3人に、真っ青の上着を渡していく。
「いいな、そんな姿が。オ○ンコ丸出しもいいよ」
「見ないで、性器は見ないでよ!」両手で股間を隠していく。

 「それより化粧だろう。素顔じゃいやだろう?」
「はい。その通りです」下半身丸出しのまま、金髪のカツラを被り、厚化粧をしていく。
さらに付けまつげもして、もう原型はとどめていない。

 (これでいいわ。これなら、わからないし!)鏡をのぞき込む美貴の小さな乳房が上着からはみ出している。
「いいよな、これがいいんだ!」その乳房が坂本に握られ「いや、触らないで!」手を振り払う。

 「いやか。でも我慢しろ。お前のオッパイを見ると、興奮するんだ!」
「いや、触らないで!」美貴は友里と涼子の見ている前で、乳房を揉まれ、乳首を吸われていく。
(見ないで。お願い見ないで!)目を閉じ声を出すまいと堪える美貴だ。

 その時、襖を境にした隣の部屋から、お客が入ってようで、声が聞こえてきた。
「お料理も直ぐはこびます」「そうか、頼んだよ」(お客が来たのね、性器丸出しで接待だなんて!)股間をしっかり両手で覆う美貴達だ。

 その間にも、料理が運ばれて並べられていく音が響いている。
「それでは、ごゆっくりに!」女将の声がしてドアが閉められた。
「準備ができたみたいだな。ここに正座して待っていろ。俺がこの襖を開けたら入れ。
わかったな!」小さな声で言う坂本に、美貴達が頷く。

「よし、待っているからな」坂本はドアから出ていき、3人が残されている。
「とにかく、言われた通りにしましょう!」
「そうよね。正座して待てばいいのね」美貴は坂本に言われた通りに襖に向かって正座したが、開ききった上着から、乳房の膨らみが見えている。

 友里と涼子も同様に、襖に向かい正座するが、胸元が開いて、乳房の膨らみが覗いている。
(恥ずかしいわ。性器を出したまま接待だなんて!)自然と体が震えていく。

 「お初に、お目に掛かります!」隣から坂本の声が聞こえて来た。
(もうすぐだわ。もうすぐ、アソコを触られる!)美貴達は、性器を触られ、淫裂を肉竿で突かれる自分の姿を想像をしている。
(いやよ。セックスは絶対にしないわよ!)首を振って振り払い、想像を消している。

 そして「そろそろ始めよう。坂本君!」声が掛かった。
「わかりました。始めましょう!」(いよいよ、オッパイとアソコを触れるんだ!)緊張が走っていく。

 「出番ですよ!」坂本が襖を開けると「!」美貴達の震えが大きくなり、口がブルブル震えている。
(どうして、どうしてここに!)信じられないといった顔つきだ。