第11話 割烹旅館

 「いいね。こんなに元気なお嬢さんと一緒だなんて!」ニヤニヤしながら見ている。
「さ、さ。こっちへ来て相手をしなさい。あんた達の料理も用意したあるから」
(やるしかないわ。もう、やるしかない!)開き直って、美貴達はそれぞれ、客の隣に座り「どうぞ!」とお酌をしていく。

 「いいね。こんな子と楽しめるなんて」酒を飲みながらも、手が乳房を掴んでいく。
「剃っているのか。オ○ンコがピンクでいいね!」友里も乳房を揉まれながら、淫裂を触られている。
それは美貴と涼子もだった。
(どうして、ここにいるのよ!)体を震わせながら、乳房と淫裂を触られている。

 「どうだろう、坂本君。これも脱いで、素っ裸になってくれないかな?」
「わかりました。署長に言われれば、断れませんよ。脱げ、素っ裸になるんだ!」
(いや、同じ職場の人前で、素っ裸なんていやです!)首を振る3人だ。
「俺に恥を掻かせる気か。なるんだよ、素っ裸に!」坂本は真っ先に、涼子の上着を脱がしに掛かった。

 「いや。やめて、いやです!」泣きながら、上着だけは取られまいと押さえている。
「いいね。こんな事もできるなんて、信じられないよ!」無防備になった涼子の乳房を客が両手で揉んでいく。
「やめて、お願いやめて!」遂に上着が脱がされ、涼子は全裸にされた。
涼子は畳に押し倒されて、乳房を掴まれ乳首が吸われていく。

 「今度はお前だ。素っ裸になるんだよ」友里が今度は狙われた。
「なります、自分で脱ぎますから…」友里は慌てて、自分から上着を脱ぎだす。
「私も脱ぎます…」美貴も上着を脱いで全裸になってしまった。

 「明石君に北野君。僕はこの子から頂くよ」
「いいですよ。署長からどうぞ!」
「そうか、悪いね」美乳の友里は、署長と呼ばれた男に押し倒され乳房を揉まれていく。
「北野、俺はこいつからでいいよな?」
「いいよ。俺はこれからだかな」美貴も押し倒され、小さな乳房を掴まれ、敏感な乳首が吸われていく。

 実はこの客は新宿署に勤務する署長達幹部で、坂本の招待で今夜はこの割烹旅館に呼ばれた。
この幹部達は、坂本達が強盗に入った風俗店と関係があり、その風俗店が坂本と手を組んだ。
そこで顔見せといった感じで、坂本が3人を招待した。
(いやよ。同僚の警察官に触られるなんて!)美貴達は目を閉じ、乳房を触られている。

 しかし、そんな事で満足するはずがない。
「いや。いやー!」美貴は目を大きく開き叫んだ。
(オチンチンが、課長のオチンチンが、膣に入っている!)呆然とする美貴にお構いなしに肉竿が奥へ、奥へと進んでいく。

 それは美貴ばかりでない。
「いや、いや!」「抜いて、抜いて!」友里は署長に、涼子は刑事課の課長に、膣の中を肉竿で突かれていた。
(犯された…。勤務する署の幹部に…)美貴達はもう抵抗をやめ、されるがままだ。
それをいい事に、腰の動きを早めていく。

 「明石君、君のとこの3人に似てるな。あいつらと思って、オ○ンコするぞ!」
「私も、そう思ってやります。あの生意気な新藤をレイプしてるような気分で最高です」
「私もです。婦警を犯しているみたいで、こんな気分は最高ですね」
(レイプなんていやよ。お願い、やめて下さい!)目から流れ涙が、耳たぶまで濡らしていく。

 それでも、新宿署の署長以下3人は、部下の婦警と知ってか知らずか、肉竿で突きまくっていく。
「気持ちいい。このまま出したくなったよ」
「署長。避妊薬を飲ませてますから、安心して出してください」
(いや。せめて、お腹の中には出さないで!)

 「うー!」真っ先に、署長が唸り声をあげだした。
(射精だ。署長の精液が膣に漂っている…)友里は膣の中を漂う精液を感じている。
「いや。お腹の中はいやです!」美貴も悲鳴を上げた。
(出された。課長に精液を出された!)放心状態で、淫裂から白い液体を流していく。
最後に、涼子も悲鳴を上げて、淫裂から白い液体を流してる。

 「気持ちよかったよ!」
「そうですよ、こんな気分最高ですよ!」犯し終わった3人は、横たえている3人を後目に、再び料理を食べだす。
「いつまで、そうやっているんだ。お前達の分もあるから、食べるんだ!」
(食べたくない。そんな奴らと一緒になんか!)しかし、坂本に言われれば、従うしかない。
「頂きます…」股間におしぼりを押し当てて、用意された食事を摂っていく。

 食事が済むと、再び美貴達は相手を変えて、乳房を揉まれている。
「どうだ、一緒に風呂に入らないか?」
「いいですね。ここは風呂もあるから、入りますか!」署長の言葉に、明石と北野が従った。
「よし、行こう!」署長の野口は、美貴達がいた部屋の襖を開けた。

 「そ、そんな!」思わず声をあげてしまった美貴だ。
美貴ばかりでなく、涼子と友里も「あっ!」と驚きの声をあげてしまった。
部屋にはダブルの布団が敷かれ、二つの枕が置かれている。
それが3枚あり、6人が同じ部屋に寝る事を意味していた。
(いや、一緒に寝るなんていやよ!)項垂れている美貴達だ。

 「ほら、こっちだよ!」野口は友里の腕を掴み、ドアを開け部屋から出た。
狭い通路があり、浴室へと続いている。
その通路は突き当たり、ドアを開けて中に入ると脱衣場がある。

 「ここは専用の風呂だから誰も来ない。安心していいよ」野口は服を脱いでいくが、美貴達は脱ぐ物が何もない。
美貴が真っ先に股間を手で覆って入り、それに倣い友里と涼子が続いていく。
中は結構広く「ここを洗わないと…」3人は真っ先に膝を落とし、足を開くと淫裂に指を入れ、洗いだす。
furo036005

 「お、やってるな。最初はオ○ンコからか!」署長達が入ってきた。
(見ないで。こんなの見ないで!)体を背け、見えないようにしながら洗っていた。
「おい、俺の体も洗え!」署長が涼子に言う。
(いやだけど、やらないと!)涼子は署長の後ろに膝を落とし、石鹸を体に塗りつけた。

 「違うだろう。お前のオッパイとオ○ンコに、石鹸を塗って洗うんだろう?」
(そんなのソープでして。私は婦警よ!)叫びたい気持ちを堪え、乳房と股間に石鹸を塗り泡立てていく。
「これでいいんですね?」背中に乳房を押しつけ、体を動かしていくと「森山の店で楽しんでいる雰囲気だ!」満足そうな署長だ。

 「俺の背中を流せ!」美貴は野口に腕を掴まれた。
「小さいから無理です。できません…」
「やってみなければ、わからないだろう。やるんだ!」
(やるしかない…。ソープのように…)美貴も石鹸を泡立て、乳房と股間に塗ると、乳房を背中に押しつけ、体を動かしていく。

 (痛い。乳首が擦れて、痛いわ!)小さい乳房だから、体を動かす度に乳首が背中に当たり、背中と擦れて痛い。
「いいな。お前もやれよ!」涼子も乳房に石鹸を泡立てて塗り、乳房を押しつけ動かしていく。
3人は背中を洗い終えると、前も洗わされ、太股を跨いで腰を前後に振っていく。

 「いいね、オッパイが!」署長達は揺れ動く乳房を掴み揉んでいる。
(いや。ソープじゃないの、私は婦警なのよ!)うっすら涙を滲ませ、言われるままに腰を振っていった。
「ほら、今度は息子だよ。オ○ンコでして欲しいそうだ!」涼子は署長と向き合い、膝に乗せられた。

 (いやよ。オチンチンが膣に入っていく!)石鹸が塗られた淫裂は、すんなり肉竿を吸い込んでいく。
「ほら、腰を振って洗えよ!」涼子は嫌々ながら腰を前後に振って「クシュ、クシュ!」動くたびに淫裂から音が出て行く。
「お前もだ。洗えよ!」友里と美貴も太股に乗せられ、淫裂に肉竿を迎えていく。
(私は婦警で、これは、売春婦のする事よ!)滲んでいた涙が、遂に頬へと落ちた。

 だが、そんな事では許されない。
「もっとやれ、奥までだ!」肉竿の根本まで吸い込み「クシュ、クシュ!」3人の淫裂が音を出していた。

 「もういいぞ。お湯で流せ!」やっと許された。
太股から降り、洗い桶にお湯を汲み、石鹸を流していく。
「いい気持ちだ。家内に一回でいいからやらせたいよ」署長は上機嫌だ。
「私だってやらせたいですよ。でも、その前に平手が顔に来ますよ」
「そうだよなよ!」笑う3人だ。

 側では(勝手な事言わないで。ソープまがいの事をさせられた身にもなってよ!)唇を噛み、石鹸を洗い流していく美貴達だ。
石鹸を洗い流すと、自分の体に着いた石鹸を洗い流し、浴槽に浸かっていく。
その間、美貴達は黙ったままだが、賑やかに話す幹部達だ。

 浴室から上がると、濡れた体を拭いて戻って来た。
「今度は、お前とやる。四つん這いになれ!」(いや、四つん這いなんていやよ!)美貴は渋々四つん這いになっていく。
「お前もやるんだ。向き合って!」涼子と友里も四つん這いになり、3人はお互いに向き合い、三角になっている。

 「あ、あー!」真っ先に美貴が声をあげた。
「あん、あん!」「あー!」涼子と友里も声をあげていく。
(きついわ。子宮の奥にオチンチンが刺さってくる!)美貴は腰をくねらせ、髪の毛を振り乱し、小さく垂れ下がった乳房も揺れ動いている。

 同様に(奥までオチンチンが…)髪の毛を振り乱し、腰をくねらせる涼子と友里だ。
「いいですね。こんな格好でのオ○ンコなんて!」
「こいつらも悶えているしな!」涼子と友里も乳房を揺らせていた。
「どれ、もっとやるか!」腰の動きを早めて「あん、あん、あん!」あえぎ声が大きくなっていく。

 「こいつら、喜んでケツを振っているぞ!」
(違うわ。膣がキツいのよ。オチンチンが刺さって痛いのよ!)相変わらず髪の毛を振り乱し、乳房を揺らせている。

 やがて、署の幹部達も登り詰めて「うー!」美貴達の膣の中で噴射を始めていく。
(いや、お腹の中はいや。外に出して!)だが、淫裂から白い液体が流れている。
「どうだろう。交代で、もう一回しないか?」
「いいですね。今度はこいつらに、やらせましょうよ」
(いや、もういやです。セックスは、もういやです!)仰向けのままだ。

だが「ほら、やるんだよ!」起こされて騎乗位にさせられていく。
(見ないで、恥ずかしいから見ないで!)(私を見ないで。恥ずかしい!)3人はお互いに顔が見えているから、俯いたまま腰を上下に振っている。

 「ほら、オッパイだ。揉んでやるぞ。見てもらえよ!」
(見ないで。恥ずかしいのに!)3人はお互いに乳房を揉まれ、淫裂に肉竿を迎え入れている。
(もう、いや。やりたくないのよ!)腰を振り続けて、淫裂深く精液を噴射された。

 「オ○ンコ洗ってこい。それから寝るんだ!」美貴達は股間を両手で押さ、再び浴室に入っていく。
「一杯だされた。3回も射精されてしまった…」泣きながら涼子が言う。
「私もよ。悔しいけど、どうしようもないし…」友里も泣きながら言う。
「そうよ。もう、どうする事もできないのよ」美貴も泣きながら淫裂を洗っていく。

 3人は淫裂を綺麗に洗うと、布団が敷かれた部屋に戻ってきた。
「入れ、一緒に寝るんだ!」(いや、もう許してください)布団が捲られると、署の幹部は素っ裸だ。
「来い。俺と一緒に寝るんだ!」布団の中に引きずり込まれて行く3人だ。

 「暖かいな、お前の体は!」布団の中で抱かれていく。
(膨らまないで。お願いだから、オチンチンを膨らませないで!)肉竿が股間に当たっているので、気がかりだ。
幸いにも、その夜は勃起がなく、抱き合ったまま眠れた。

 だが、翌朝には事情が一変していた。
「許して下さい。もう限界です!」叫び声をあげる3人を無視して、四つん這いにされていく。
「オ○ンコがだめなら、ケツにするぞ。どっちがいい?」
「膣にして下さい。お尻はいやです…」そう答えるしかない。

 「そうだろうな。オ○ンコが好きな顔をしているからな!」乳房に顔を埋めながら、肉竿で淫裂を突いて行く。
(痛い。膣が痛い、もう限界よ!)痛みに顔を歪めながら、膣の中で精液を受けとめた。