第16話 2人への緊縛

 友佳は朋美と静恵を連れ添って、部屋から出て一番奥にある部屋に入った。
3人が部屋に入ると照明をつけたが、そこは殺風景で、色々な機材が置かれている。
「この部屋は、昔、使用人を折檻するための部屋だそうよ。今は使えないの。そんな事をしたら、傷害罪で捕まってしまうし」改めて朋美と静恵は回りを見回した。

 天井から数本の滑車を通してロープが下がっており、壁には折檻で使用する道具が置かれてある。
これからの事を不安に思う2人だが「今から検査するから、裸になって!」友佳は2人に言う。

 朋美と静恵は不安だが、あの写真を学校に持ち込まれたら、大変な事になる。
しかし、ヌードになって、本人だと証明されたら、これも大変だ。
「もし、黒子があったら、どうなさるの?」怯えた顔で朋美が尋ねると「それは、先生次第よ。私はモデルが先生かどうかを確かめたいの。もし、先生とわかっても学校に告げ口は絶対しないわ。坂本先生次第で!」答える友佳だ。

 「わかったわ…」朋美は震える指で、着ているブラウスのボタンを外していくが、指が震えて、思うように行かない。
(産だわね。可愛がってあげるわよ)友佳は朋美と静恵への辱めを、最初から考えていたが、それを知らず朋美はブラウスを脱いでいく。

 紫色のブラジャーが露わになり、スカートのホックを外すと、揃いのパンティが見える。
レースで作られたパンティとブラジャーは、隠すべき部分は隠し、見せる部分は見せている。
(さすがに、運動選手ね。よく締まっている体だわ…)友佳は同姓の体を羨ましく見つめている。

 朋美は背中のホックを外すと、両手で胸をかくし「これで、いいでしょ?」恥ずかしさで、顔が真っ赤になっている。
「オッパイだけじゃダメよ。写真と同じく、全部脱いで性器を見せなくちゃ!」

 「わかったわ…」パンティを下げてると、股間を右手で隠しながら、脱いでいく。
(ふ、ふ、ふ。遂にヌードになったわね、朋美さん!)全てを脱いだ朋美は胸と股間を隠し友佳の前に立たされた。

 静恵も、朋美が全裸になると脱ぐように命じられ、上着、ブラウスと脱いでいく。
静恵は黒い下着を着ていたが、総レースで、粗目のレースの隙間からは乳首が飛び出している。

 また、パンティからは恥丘が透けて見えるが、絨毛が見あたらない。
(由佳もやるわね。先生のオ○ンコを剃るんだから…)静恵も全裸になって、胸と股間を隠して立たされた。

 「それじゃ、チェックしますから。両手を上げて下さい!」
しかし、朋美と静恵は両手を退けれなかった。
犯された教え子の前では仕方なかったが、父兄の前となると、別な恥ずかしさがある。
 「仕方ないわね…」友佳は壁から樹脂製の手枷を取りだし、朋美と静恵の両手の自由を奪った。
それでも、縛られた両手で股間をしっかりと隠している。
「言うことをきかないのね。いいわ、実力行使よ!」

 それまでおとなしかった友佳の態度が一変した。
友佳はシャツを脱ぐが、黒いレーザー製のブラジャーを着けていた。
脱ぎ終えると、天井から下がっているロープに朋美の手枷に掛けた。
ロープにはフックが取り付けられているから、簡単に両手がロープに固定された。

 そして、友佳は壁にあるスイッチボタンを押し、唸り音と共に、ロープがピンと張っていくと「いや。やめて!」不安で怯えている。
「だめよ。隠すから、こうなるの」朋美は、足がやっと届く程度に、ロープで吊り上げられた。

 そのために、乳房と、淫裂を隠す事ができず「あら、先生のオ○ンコには、毛が生えていないのね」友佳は虐めるように言うと「見ないで、そんな所は見ないで!」恥ずかしさに、首を左右に振る朋美だ。

 「今度は、静恵さんよ!」静恵は逃げようとしたが「写真を学校に持っていくわよ」
動きがピタリと止まった。
「そうよね。教え子とセックスしたなんて、知られたくないわよね」その言葉に、泣き出した。

 友佳は、そんな静恵に目もくれず、ロープを手枷に掛けてボタンを押し続ける。
唸り音と共に、ロープが張られ静恵は朋美は2メートル離れた位置で、向かい合うように吊り上げられた。
「お願い、こんな事しないで!叫ぶ2人は苦痛の表情をて、見つめ合っている。

禁止

 「そうは行かないの。これからが本番よ」友佳は一旦、部屋から出て、着替えをしてから戻って来た。
友佳は乳房と淫裂を剥き出しにし、絨毛を露わにしており、股間までの黒いストッキングを履き、両手には肘までの黒い手袋をしている。

 「私のヌード姿はどうかしら?」乳房は朋美より大きいが、形が今一だ。
しかし、恥丘には逆三角形の絨毛がびっしり生えている。
(サドなんだ…)2人は雑誌に出てくるSMを思い浮かべ「いや。打たないでー!」と叫んでいる。

 「あら、SMを知ってるんだ。でも、安心して。肌に傷は付けないけど、痛い思いと、気持ちいい思いの、二つを味わってもらうから」笑う友佳だ。
それでも、2人は「いやー!」「やめて下さい!」と悲鳴をあげている。
「いくら叫んでもだめよ。この家にいるのは、私達3人だけなの」友佳は朋美の乳房を揉みながら言う。

 朋美は不自由な姿勢で、ひざを折り曲げて、友佳の淫裂への侵入を拒んでだ。
「あら、体が柔らかいのね。それじゃ、どれくらい開くか、試させて!」友佳は今度は両足首にロープを掛けた。
そして、そのロープは左右に引っ張って「裂けるー!」朋美は地面から浮いて、開脚させられた。
力士がする、股割りのように開脚させられ、割れた淫裂からは、肉襞やクリトリス、膣までが覗いている

 「これで、抵抗できないでしょう?」友佳の手が、朋美の淫裂を撫でていく。
「そこは、やめて下さい!」拒むと「まだ、逆らうんだ。仕方ないわね」友佳はベルトの付いた丸棒をで、開脚した両足を固定していく。
足首、ひざ、太股と数カ所、ベルトで固定して、朋美は開脚したままいるしかない。

 「後藤先生。パートナーのオ○ンコが見えて、嬉しいでしょう?」
「いやよ、静恵、見ないで!」朋美は足のロープは外されたが、棒に両足全体が固定され開脚したままだ。

 朋美を固定し終えた友佳は「先生、両手が痛いでしょう。この棒を上に上げるからね」開脚している両足首にもロープを掛けて、両足のロープはバランスよく吊り上がって行く。
友佳は、朋美の淫裂が目の高さにくるとボタンを離し、さらに両手のロープも巻き上げられて完全に宙吊りされてしまった。

 「いやー。こんなのいやー!」朋美がいくら暴れても、両手、両足の3本のロープで動けない。
朋美を固定し終えると、静恵に近寄っていく。
「いや、いやよ!」静恵がいくら叫んでも無駄で、2人は開脚したまま、宙吊りにされてしまった。

 「これで準備完了ね。それじゃ、さっそく始めましょう!」友佳は前もって準備しておいた物を取りだした。
「これなんだかわかる?」真っ白な糸を引く、ゴツゴツした3センチ位の棒状の物を2人に見せた。

 それは、皮を剥いた山芋で「これで、オナニーしてみようね」友佳は朋美の淫裂を撫でながら言う。
「いやよ。お願いだから、そんなの入れないで!」そう言うが、友佳は容赦なく、山芋を淫裂に挿入していく。
 
 「お願い、やめて!」朋美は逃れられず、淫裂の中に挿入された。
「ほら、奥まで入ったでしょう」15センチ位、入り込むとそれを引き抜き、挿入と繰り返していく。
「いや、抜いて下さい!」性器に異物を入れられて、叫ぶ朋美だ。

 友佳は泣き叫ぶ朋美に構わず、数十回繰り返すと「あんー!」最初は嫌がっていたが、友佳のクリトリスへの巧みな指の動きと山芋の挿入で、快感を感じていく。
それは、正面から見ている静恵にも見え、朋美の淫裂から淫汁が流れ始めた。
(ふふふ。もうすぐ、地獄が始まるわ)朋美の淫裂に山芋を挿入したまま、狙いを変えた。

 「今度は、静恵さんの番よね?」
「イヤー。やめてー!」朋美への辱めを見させられた静恵は、逃れようとしている。
しかし、友佳は静恵の淫裂を舌でなめ回すと、山芋を淫裂の入口に押しつけた。
「ダメ、入れないで!」叫んでも、友佳は静恵のクリトリスを撫でながら山芋を挿入した。
 
 「お願い、こんな事やめて!」
「そうは行かないわ。ほら、奧まで入ったでしょう?」膣奥まで入ってしまった。
「抜いて、お願い抜いて!」友佳はそんな事など聞き入れず、挿入、引き抜きと繰り返していく。
それには、静恵も「あ、あー!」と甘い呻き声を上げ、淫裂からは淫汁が流れて「もう、やめて下さい…」か細い声で叫んだが、友佳には聞こえない。

 その時、突然ドアが開けられた。
「お父さん。いたの?」驚きく友佳に「友佳、また病気が始まったのかい?」男性が入ってきたが、由佳と友佳の父親で浩三だ。

 「そうなの。うずうずして、どうしようもないの」浩三は、自分の娘が全裸になっていても“また、始まったか”といった感じで、驚かず、朋美の淫裂をじっと眺めている。
「いや、見ないで!」朋美が叫ぶと、今度は静恵の淫裂も眺めている。

 「まだ、子供を産んでないからいい形だな。それに、こっちのはオッパイが大きいな」わざと静恵に聞こえるように言った。
その後で「初めまして。私は由佳、友佳の父親の浩三です。それにしても、初めてお合いしたのに、結構な姿で楽しくなりますよ」浮き浮きしながら言う。

 「親父。この2人は由佳の学校の先生なんだよ!」
「先生ですか。でもオ○ンコは奇麗ですね。奇麗に剃ってあるし“見て下さい”と言ってますよ」
「いやー。見ないで!」わざと、いたぶるように言う浩三だ。

 さらに「友佳、先生のオ○ンコを見たら興奮してきたよ。お前のオッパイ揉ませてくれないか。お母さんと暫くやってなくて溜まってるんだよ」
「いやよ、オ○ンコも見るだけにして。近親相姦なんていやだし。でも、先生の2人となら後で、楽しんでもいいわよ」

 「そうさせて貰うよ。今夜はお母さんも由佳もいないし、友佳と2人だけだから、たっぷり楽しませて貰うよ」浩三は薄笑いを浮かべている。
「全く、スケベなんだから。お母さんに言わないし、私もオ○ンコを見せるんだから口止め料も頂戴!」
「わかってるよ。タップリあげるよ」
朋美と静恵は親子の会話を聞いて、不安になった。

 やがて、朋美と静恵の2人は口を歪めだした。
淫裂の山芋は抜かれているが、何かから、逃れようとしている。
(始まった。地獄の痒みが…)友佳と浩三はその様子をじっと眺めていると、朋美は「……」口を歪めながら呟いた。
静恵も聞き取れない声で呟いたが、2人は聞こえない振りをして黙って見ていた。

 2人の体からは汗が流れ始め、淫裂からも、淫汁か汗か、わからない液体が流れだし、肛門を濡らしている。
そして、徐々にではあるが、朋美と静恵の声が大きくなっていく。

 「痒い。掻いて下さい!」朋美は我慢できずに言った。
それに引きずられるように、静恵も「痒くてたまりません。掻いて下さい!」潤んだ目で2人を見つめている。
(来たわね。待っていたのよ)それでも2人は、体をくねらす2人の全裸を眺めていた。