第6話 国道176号線

 女性に泣かれると男は困ってしまうものです。
相手がお客さんであってもそれは変わりません。

 「あまり泣くと身体に毒ですよ。人生そんなに悪いことばかりじゃありませんよ。そのうちきっと良いこともあるはずです」
「そやったら、よろしおすんやけどなぁ……」

 「元気出さないと」
「そやねぇ……運転手はんのいわはるとおりかも知れまへんなぁ……元気出さんとあきまへんなぁ……」

 「そうですよ。涙ばかり流していると余計に不幸の神様がつきまとってきますよ」
「えぇ?そうなん?そんなんいやどすわぁ」
「はははははは」

 女性は私の笑い声に釣られてではありましたが、かすかな笑顔を取り戻してくれました。

 その頃、タクシーは宝塚インターを過ぎて国道176号線へと入っていました。
国道176号線は、京都府宮津市を起点として兵庫県を経由し、大阪市北区の「梅田新道」交差点に至る一般国道で、通称「イナロク」と呼ばれています。

 「この辺はもう宝塚どすか?」
「はい、そうですよ。夢とロマン溢れる街宝塚ですよ」
「へぇ~?夢とロマンどすか?うまいこといわはりますなぁ」
「いいえ、私が考えた言葉じゃなくて、昔からそのように言われてるんですよ」

 「へえ~、そうどすかぁ。聞くだけでなんか胸がキュ~ンとなってくる感じやわぁ~」
「はははははは~。そうですか?ロマンチストなんですね」
「そないなことあらしまへんけどなぁ、あはは」

 宝塚は花と歌劇が有名で、「すみれの花咲く頃……」と歌われた歌劇団の創立はかなり昔にさかのぼり、大正2年に宝塚市に生まれました。街は六甲山麓の北東に位置し、中央には武庫川が流れ、環境的にも大変恵まれた立地と言えます。

 都心には温泉リゾート旅館が軒を連ねていたのですが、阪神大震災でかなり減ってしまったようです。

 私は落ち着いた感じの和の佇まいの旅館に、その女性を案内することにしました。
心の傷を癒すには、その方が良いのではと思ったからです。

 旅館の前にクルマを止めて、女性は待ってもらって私だけ旅館に入っていきました。
飛び込みでも宿泊が可能かを確認するためです。

Y330591363

 すぐに和服姿の仲居さんが出てきました。
「おこしやす~。え~と、今日お泊りのお客さまですか?」
「いいえ、予約はしていないのですが、1泊できますか?」
「ありがとうございます。お部屋は空いてますよ。お泊りはお客様お1人ですか?」

 「いいえ、私じゃないんです。今、表で待っておられます」
「ああ、そうなんですか。それはそれは」
仲居が迎えに行くため表に出ようとしたが、それよりも早く私が出て行きました。

 「この旅館でよろしいですか?部屋は空いているそうです。タクシー料金を沢山いただき過ぎなので、今から計算して残りをお返ししますので、少しだけ待っててくださいね」

 私は女性にそう告げて電卓を叩き始めました。
すると、女性はじっと私を見つめ、

 「残りは返さんでもかまいまへん」
「いや、そういう訳には行かないですよ」
「それより、運転手はん」
「はい?」

 「すんまへんけど、もうちょっとうちに付きおうてくれまへんか?」
「えっ……?」
「あかしまへんか?」と真剣な表情で懇望してきました。
 
  この作品は 「愛と官能の美学」 Shyrock様から投稿していただきました。

banner_20040_01