第18話 友佳の受難

 赤居と友佳は、誰もいない体育館に入り「ここで、させて!」赤居はドアを締めた。
「わかったわよ」友佳は着ていたシャツを捲っていく。
「紫が好みなんですね」シャツを脱いで紫のブラジャー姿になった

 「たまんない!」赤居はブラジャーの上から乳房を掴んだ。
「待ってよ!」友佳がなだめるが、火のついた赤居はブラジャーを押し上げ、乳房を揉んでいく。
「大きい!」勃起した乳首を吸うと「あ、あん、あん!」友佳は喘ぎ声を上げている。
 
 突然、ドアが開いて「ずるいな。抜け駆けなんて!」5人の男子生徒が入ってきた。
それは河野や富樫達、吹奏学部の5人だ。
「見ないで!」友佳が乳房を隠すと「何も、隠す事はないよ」5人はスカートを捲って「いやー!」綺麗に剃り上げられた淫裂が見えた。

 「オ○ンコだ!」「いやよ!」友佳はスカートを押さえたが、5人によってスカートが剥ぎ取られていく。
「わかたわよ。相手をしてあげるからコンドームだけは着けて!」
「そんなの必要ないよ。中出しするんだから」友佳は手足を床に押しつけられ、シャツが剥ぎ取られた。

 「いや、いや!」下半身丸出しで足をバタバタしていると「押さえろ!」両足を開いたまま押さえられた。
さらに、ブラジャーも剥ぎ取られて全裸にされると、5人は一斉に襲いかかり乳房を触られていく。
「いや、やめてよー!」叫び声がむなしく響いている。

 「赤居、お前は写真を撮れ!」
「いや、撮らないで~!」
「先生ばかりじゃ、不公平だよな。しっかり撮るからね」赤居が友佳にカメラを向けると「いやよ。いや!」足が開かされ、ピンクの淫裂が丸見えになっている。

 その淫裂も指で広げられ、さらに、乳房を掴まれていく。
(恥ずかしい…。こんなのいやよ…)顔を背けるが、力ずくで正面を向かされ「カシャ!」閃光と共に金属音が体育館に響いていく。
(撮られてしまった…。恥ずかしい姿を…)力が抜けていく友佳だ。

 「今度は本番ショーだ!」富樫は着ている服を脱ぎ、ズボンも脱いでいく。 
「行きますよ!」全裸になると、友佳の淫裂に勃起している肉竿を押しつけた。
「コンドームを付けて。お願い!」叫ぶが肉竿が奥へ、奥へと入っていく。
(入ってしまった…。膣が熱い…)肉竿は根本まで入ると、抜かれ、ピストンが始まった。

 富樫は乳首を軽く噛みながら、ピストンしていくと「あ、あ、あー!」喘ぎ声があげだし、淫裂はいつの間にか、濡れていた。
富樫が徐々にピッチをあげると「いいわ、いいわ!」友佳は悶え声をあげ、淫裂から淫汁を流していく。

 「スゲエ。ビッショリ濡れてる!」赤居は撮り捲って閃光が瞬いていく。
やがて「クシャ、クシャ!」淫裂から音が出始め「どれ、いくか!」富樫の肉竿がスピードをあげて「あん、あん、あん!」体をよじらせている友佳だ。

 「出すからね」富樫の動きが止まり、肉竿と淫裂の隙間から、白い液体が流れ出ていく。
「いや。そんなの、いやよー!」泣き出す友佳に「今度は僕だ!」河野も全裸になっている。

 友佳は四つん這いにされ「いや、こんなのいや!」嫌がるが、腰を押さえられた。
「行くよ!」淫裂目掛けて、肉竿が一気に入り込むとみ「あっ、あー!」髪の毛を振り乱す友佳だ。
肉竿は勢いよくピストンを繰り返して「ピシ、ピシ!」股間と尻がぶつかっている。
「あ、あ、あ~」膣深く入り込む肉竿に、声をあげだした。

 だが「限界。出すよ!」「抜いて、お願いよ!」河野は無視して、腰を押さえ(また、射精された…)淫裂から精液が太股まで流れていく。
「今度は俺だ!」吹奏学部員は、代わる代わる、友佳の淫裂に精液を送り込んだ。

 「俺にもやらせろよ」写真を撮っていた赤居も服を脱ぎだした。
「もう許して。限界よ…」
「そうはいかないよ」赤居は仰向けの友佳に肉竿を突き刺すと、太股を抱えて立ち上がった。

 「いや、こんなのでは、いや!」肉竿が淫裂に突き刺さっていく。
それは俗に言う「駅弁」で友佳は赤居の首に両手を絡ませ、落ちないようにしている。
「いくぞ!」赤居が歩く度に、肉竿が淫裂を突き刺していく。
(きついわ。こんなの初めてだ…)友佳の淫裂からは、淫汁と精液が一緒に流れ出ている。

 「出すよ、もうだめだ!」「いや、中はいやー!」淫裂から、ポタポタと白い液体が流れていく。
「おもしろいのが撮れたぜ!」笑い顔の部員だが「いや、撮らないで!」叫ぶ友佳だ。

 こうして、友佳の淫裂には6人の精液が噴射されてしまった。
「いや、こんなのいや!」泣き続ける友佳に「シャワーを浴びてこいよ。オ○ンコの中を洗わないと、できるぞ」
(そうよ。洗えば妊娠はしないし…)泣きやんで、河野の指さすシャワー室に入り、体を洗っていく。

 「一杯出された…」淫裂にシャワーを浴びせると、白い精液がドット流れ出る。
丁寧に指を入れて、淫裂を洗い「もう、大丈夫だわ」洗い終えると安心してシャワー室から戻った。
「あれ、服がない!」体育館に置いた服が消えている。

 それに、河野達もおらず、メモが置かれてあり「服は、プールの坂本先生に預けておく!」と書かれている。
「そんな~!」友佳は真っ青な顔になった。
「大勢に、素っ裸を見られてしまう…」体がガクガク震えている。

 「でも、このまま裸でいれないし…」友佳は全裸でプールまで行き、生徒達に晒さなければならない。
「行くしかない…」友佳は股間と乳房を両手で隠し、体育館から出た。

 「チャイムが鳴ってる。生徒が来る!」もう、恥ずかしいとは言ってられず、乳房、淫裂を晒したまま走った。
「きゃー!」「素っ裸よ!」プールから更衣室に向かう生徒と鉢合わせた。
(恥ずかしいけど、仕方ないのよ!)乳房を揺らせながら、プールに向かい走った。

 プールサイドには、朋美だけがいた。
「あ、あー!」友佳の乳房と淫裂を丸出しの姿に驚く朋美だ。
「服を預かっているでしょう?」
「ああ、これですね」朋美は服を渡し、友佳の淫裂を見ると、肉襞の先端が黒ずんでいる。

 その前で、友佳は衣服を広げると「そんな!」下着は入ってない。
さらに、着ていたのとは全く違っており、胸元がUの字にカットされている。
しかも、スカートはやっと股間を隠す長さで、両脇に切れ目が入り、腰が見えている。

 「仕方ない!」友佳は着込んでいくが「あら、オッパイが見えるわよ」胸元から両乳房が飛び出し、ピンクの乳首も勃起している。
「恥ずかしいけど、仕方ないわ」友佳は胸を両手で隠しながら歩いている。
「ほら、お尻が丸見えよ」体が揺れ、スカートが捲れ、尻肉が見えて「いやー!」友佳は恥ずかしそうに、明和高校から出て行った。

 それと入れ替わって、別なクラスの女性徒がプールに入ってきた。
「大胆!」朋美の乳首をやっと隠す水着に歓声が上がっている。
「ヘアが出てる!」はみ出た絨毛を指摘するが「それよりも、準備体操よ!」朋美の合図で体操が始まった。

m71683092918_1

 この日、朋美は受け持っているクラスの生徒に、乳房と淫裂を見られてしまったが、富樫や赤居によって、口止めされていたから、外には漏れなかった。

 9月も終わりに近づくと、10月に行われる文化祭の準備が始まった。
勿論、静香や朋美も吹奏学部と新体操部の発表に余念がない。
それに、夜遅くまで行われることもあり、体育館で二つの部員が練習している。
その傍らでは2人の教師が服を脱いでいく。

 「待ってよ。すぐにヌードになるから」しかし、男子生徒は我慢できなのか、教師の2人が着ている服を無理矢理脱がしていく。
2人はパンティやブラジャーが脱がされ、全裸にされた。

 「やさしく入れて!」「まだ速い!」河野と三田は朋美と静恵を四つん這いにして、後ろから肉竿を入れ、垂れ下がった乳房を富樫と岡本が揉んでいる。
「次は、僕たちだからね」時折、乳首も摘み、その様子を見ながら、佳代と由佳が股間のレオタードをずらして、両手で淫裂を撫でていた。

 「あん、あん!」若い2人は喘ぎながら、指で淫裂を撫でていると「手伝うよ!」吹奏学部の大川と伊藤が、首から手を入れて乳房を揉んでいく。
「乳首を摘んで…」喘ぎながら佳代が言うと「わかりました」大川が両乳首を軽く摘んだ。

 「いいわ、いいわ!」悶え声をあげると「私の乳首を摘んで!」由佳が言う。
「わかってますよ」伊藤が由佳の乳首を摘むと「あ、あー!」体育館に悶え声が響いていく。

 その間にも、朋美と静香の淫裂に精液が送り込まれ「交代です」乳房を揉んでいた富樫と岡本が、腰を押さえて後から肉竿を押し込んでいく。
「あん、あん!」「あ、あ、あー!」朋美と静恵は、精液を垂らしながら肉竿でピストンされて「いいわ、いいわ!」髪の毛を振り乱しながら、悶え声をあげていた。
文化祭が行われるまで、練習後は毎日体育館で悶え声を響かせていた。

 そして、文化祭の日が来て、体育館は時間が決められての発表会が行われている。
吹奏学部は1時と3時からで、新体操部は10時と2時からの2回の演技をする事になっている。

 発表までの間は暇なので時間を持て余し「先生、暇だからよその部を見ましょうよ」「そうね、見てみましょうね」朋美は部員と一緒に校舎を見て回っていく。
同じように静恵も吹奏学部と一緒に校舎を回っていたが「あら、静恵さん!」朋美と静恵が鉢合わせになって、その後は一緒に校舎の中を回った。 

 「あら、美術部よ」教室の中に絵が飾られている。
「ヌードはないのか。おとなしいのばっかりだ…」
「当たり前だ。ここは高校だぞ」美術部の男子部員が言い返し「ホントはヌードを書きたいんだが、モデルになってくれる人がいないんだ」本音を告げた。

 「部員をヌードモデルにして使えば?」
それには「いやよ。ヌードなんて、いや!」女子部員が顔を赤らめながら言い返した。
この時、富樫と岡本達吹奏学部は、悪企みを思いついた。

 「羨ましいな。美人の顧問で。内なんか不細工な男だからな」美術部員が愚痴った。
「羨ましいだろう。その内に、ヌードモデルに使わせてやるから」
「え、先生がヌードになるのか?」

 「しー!声が大きいぞ。先生がヌードになるには条件があるんだ」
「どんな条件だ?」
「ヌードを見る人は、皆がヌードになること。つまり、美術部員の全員がヌードになるのが条件さ」

 「困ったな。女子部員がヌードになってくれるかな?」
「できないなら、先生2人のヌードはなしだぞ!」
「わかったよ。説得するよ」
「この事は絶対に秘密にしておけ。口外無用だ!」
「わかってるよ」朋美と静恵が絵を見ている間に、密かに話し合いが行われてた。

 それを知らない朋美と静恵は、いくつもの教室を回って見学していた。
「先生、そろそろ時間だよ」
「そうよね。もう、戻りましょうか」新体操部員は体育館に戻り、レオタードに着替えて演技を行っていく。

 その様子を、吹奏学部と美術部員が見ていて「坂本先生のヌードが見てみたいわ」女性の部員も、ボーイッシュな朋美の揺れ動く体に魅力を感じていた。
その後、今度は吹奏学部の演奏も聞いて「綺麗なラインね。羨ましいわ」静恵の指揮する姿に羨望の目で見ている。

 「どうだ。ヌードを描いて見たいだろう?」
「そうね。あの2人ならヌードを描きたいわ」妖しい目で美術部員が見ていた。
何も知らない朋美と静恵は2回の発表会を行い、無事に終了し、校舎の中も後片づけで残った生徒達しかいない。

 「決まったよ。皆が良いって言ってる」
「そうか。早速場所を捜さないとな…」
「俺、いい場所知ってるよ。親父の別荘があるんだ!」
「そうか。それならいいな。連休を利用してやろうぜ!」吹奏学部と美術部の間で話がまとまった。