第21話 河川敷

 そして、連休最後の日となった。
「先生、今日は阪和と合同の屋外写生をします」河野の言葉に、静恵と朋美の顔が引き吊っていく。
「いや。屋外だったら、ヌードを見られる!」泣きながら言う朋に「大丈夫ですよ、静かな河原ですから」言い聞かしている。

 「いや、ヌードは許して!」どうしても、拒もうとしていると「先生、わがままはいただけませんね。ビデオを公開しますよ」遂に三田も口出しをした。
「わかったわ。やるわよ…」小さな声になっていた。

 それと同時に、阪和でも同じ事が行われていた。
「細川先生と星野先生。屋外でのヌードをお願いします」
「いや、そんなのいや!」大きな声で拒む2人の顧問だ。
そこに息を弾ませながら赤居が入ってきて「うまく、撮れているぞ!」赤居は抱えていた紙袋を斉藤に渡した。

 「ほう、さすが写真部は上手だ。綺麗に撮れている!」その言葉に心配顔の澄江と文子だ。
「先生も見て下さいよ」斉藤が2人にも写真を渡すと「いや。こんなのいや!」見るなり、泣き出した。

 それは、澄江と文子のヌード写真で、絨毛の大半が剃られた姿が写っている。
割れ目からは襞が飛び出し、笑顔で勃起した肉竿を掴んでいる姿で「屋外ヌードのモデルになりますよね?」その言葉に黙って頷く2人だ。

 「それでしたら、ここでヌードになって下さい」
「河原で脱ぐから、ここからは許して…」
「だめです。ここからヌードです。明和もヌードですから」部長の斉藤が言い放つと、その言葉に泣きながらシャツを脱いでいく澄江と文子だ。

 2人がシャツを脱ぎ捨てると、ブラジャーが許されなかったから、乳房が揺れ動いている。
シャツを脱ぎ終えると、泣きながらスカートを脱いだ。
「いいですね、ツルツルマンコも。これからも剃りましょうね」パンティも許されず絨毛が剃られ淫裂が見えている。

 (見られてしまう…。性器とオッパイが…)全裸になった澄江と文子は、恥ずかしそうに乳房と股間を両手で隠した。
「だめですよ。隠さないで、オッパイとオ○ンコを見せて下さい」その言葉に、隠した両手を退けていく。

 「お願い。せめてパンティだけでも許して!」
「だめです。明和の方も素っ裸ですから、阪和も素っ裸が礼儀です」容赦なく拒む斉藤は「それより、靴を履かないと!」泣きながら2人は運動靴を履いていく。

 靴を履き終えると、生徒達は全裸の2人を連れて、人がいない道路を歩いて行く。
一方、朋美と静恵も生まれたままの姿で道路を歩いていた。
「来たぞ、阪和だ!」集団の中に全裸の女性が2人いる。
(また、ヌードを見られてしまう…)怯えながら歩いていく教師達だ。

yagai1

 「待ってたぞ、行こうぜ」合流した一行は一通りがない道路を歩いていく。
しかし(こんなフルヌードを見られたら、お終いだわ…)怯えて俯いて歩いていく4人の教師で、道路を15分ほど歩くと水音が聞こえてきた。

 「ここから、降りよう」生徒の後を追って、道路から河原に降りて「あそこがいいな」一行は道路から離れた木陰に向かっていくと、そこは道路からは見えない。
「先生。ここでなら誰も見てないよ。安心してポーズを作ってよ。それに、女子部員もヌードになれよ」河野は言うが「いやよ。屋外ではいや!」拒む女子部員だ。

 「脱がないなら、この写真がどうなってもいいのかな?」赤居は隠し取りした写真をちらつかせると「いやー!」一斉に悲鳴が上がった。
「素っ裸に、なるよな?」その言葉に、黙って頷く美術部員達だが「やめて。私のヌードで許して!」教師としての責任感で静恵と朋美が言う。

「そうはいかないよ。女は素っ裸が似合うんだから」
「そうだ、裸が似合うんだから」その間に、女生は皆が全裸になってしまった。
「先生、横に寝て下さい!」その言葉に、敷かれたシートに4人は仰向けになる。

 「お前達が、やりたかったことをしてもいいぞ。あれ、したかったんだろう?」
「それで、私達をヌードにさせたのね!」
「いやか。だったらやらなくてもいいぞ」
「やらせて。やるからしっかりと見て!」女生徒達は4人の教師に抱きついた。

 「ダメ、ダメよ。いけない事よ!」乳房や淫裂を触られ、悲鳴をあげる教師だ。
しかし、女生徒達の方が数が多く「やめてよ!」いくら叫んでも無理で乳房を掴まれ、淫裂を触られたりしている。

 女生徒の方も、男生徒に淫裂や乳房を見られて(恥ずかしいけど、やりたいことをしないと損だし…)そんな思いで抱きついていた。
「わかったわ。してあげるから、乱暴はしないで!」教師達はレズ相手を決意した。
「先生!」女生徒達は幼い乳房を撫でられ、そんな様子を男生徒が見ている。

 見ていたのは男生徒達だけではなかった。
「素っ裸だ!」川遊びに着た近くの中学生達も見ている。
「こっちで見ろよ。近くで見た方がよく見えるぞ」
(いや、恥ずかしいから見ないでよ」中学生がいるのに気付き、顔を赤らめる女生徒と教師達だ。

 「ほら、オ○ンコをもっと見せてやらないと」赤居と河野が命令すると(見るだけよ)顔を赤らめ、レズをしながら腰を持ち上げた。
「すげえ。姉ちゃんも、あんなオ○ンコを持ってるのかな?」淫裂を眺めている。

 しかし「あれ。毛が生えてない!」その言葉に静恵達教師は顔が真っ赤になってしまった。
(剃られたのよ。いやなのに!)叫びたい気持ちを抑え、女生徒達も顔を赤らめながら、教師の乳房と淫裂を触り続けた。
 
 それは延々と続いて「もう帰る!」女性の裸に飽きたのか、中学生達は帰った。
(よかった。レイプされずに済んだ…)安堵する4人の教師だ。
「先生。今度は僕達とお願いします。トレードしてしますから」
「そんなのイヤ!」声をあげたが、4人は男生徒に押さえられてしまった。

 「やめて、お願いです!」朋美と静恵は阪和の生徒に押さえられて、手の自由が効かない。
「行きますよ!」朋美の淫裂に阪和の生徒の肉竿が入ってきた。
「やめて。いけない事なのよ!」
「そうは行きません。ここまで来たら、楽しまないと…」肉竿が根本まで入り込んだ。

 (犯された…阪和の生徒に…)泣き出したが「俺も楽しむぞ!」腕を押さえていた2人の生徒も乳房を掴み、揉みだして、静恵も同様に犯されていく。
「いや、いやー!」助けが来ない河原に、むなしい悲鳴が上がっている。

 澄江と文子は四つん這いにされ、富樫と三田に腰を押さえられ、淫裂を肉竿で突かれていた。
「許して、もう許して!」泣き叫ぶ声が河原に響いている。
そんな様子を女生徒達は食い入るように見て(凄いわ。オチンチンが膣の中に入っていく…)4人が犯される様子を見ながら、自分の淫裂を触っていた。
 
静恵と朋美は、阪和の生徒に辱められ合宿所に戻って来たが、2人の淫裂は真っ赤に腫れ上がっている。
「先生、オ○ンコは楽しかった?」河野と三田が冷やかしながら尋ねると「レイプされて、楽しいわけないわよ!」乳房を揺らせながら泣き出した。

「今夜が最後だから、我慢して!」朋美と静恵が浴室に向かうと「おい、今夜はお前達もヌードだぞ!」三田は女子の美術部員に話しかけた。
「いやよ。もう裸はいや!」「そうよ。ヌードにはならないから」拒む美術部員だ。

 「イヤなら、それでもいい。その代わり、この写真を学校にばらまくからな」赤居は隠し撮りした写真をちらつかせる。
「それだけは、やめて!」泣き顔になると「だったら、ヌードだ。いいな!」河野は首から手を忍ばせ幼い乳房を掴んだ。

 「痛いわ。オッパイが痛いの…」
「そうか。オッパイが痛いか。だったらオ○ンコだ!」乳房を掴んだ手は、美術部員のズボンを下げ、露になったパンティの中に手を入れていく。
「俺も、オ○ンコを触るぞ!」河野に倣い、三田や赤居もズボンを脱がせて、パンティの中に手を入れていく。

 「指は入れないで。指を入れたら破れてしまう…」女性達は淫裂の中に入り込んだ指で、処女膜を破られるのを恐れた。
「大丈夫、破らないよ。それに、今夜は僕たちと楽しむんだから」

 「絶対に、お腹の中に出さないと誓って。それにバージンを守るって!」
「膜は破らないよ。だからオ○ンコをやらせろよ」
「わかったわよ。軽くだからね」淫裂を触られながら答える美術部員だ。

 その夜、合宿最後の日なので、ささやかなパーティが催され「あなた達!」一糸まとわぬ姿の美術部員を見て、驚く静恵と朋美だ。
「今夜が最後だからヌードになりたいんです」真っ赤な顔で言う生徒だ。

 「佳代と由佳もヌードになれよ。俺もヌードになるから」
「変な事をしないと約束できる?」
「ああ、約束するよ」
「わかったわ。脱ぐわよ!」由佳と佳代も裸になっていく。
「やめなさいよ。裸になるのは私達だけで充分でしょう!」
「そうは行かないよ。皆が裸にならないと」河野は服を脱ぎながら言い放つ。

 (仕方ないわ。でも、女生徒の貞操だけは守らないと」考え巡らす2人だ。
 パーティが始まると盛り上がっていく。「先生、しばらくしてないわね。あれをここでしてよ」佳代が意味ありげに言う。「私も見たいわ。やってよ」桜田も笑顔になっていく。

 「俺も見たいよ。やれよ」赤居も言い出した。
「わかったわよ」朋美と静恵は教え子の前で抱き合うと「バックグランドも掛けような」ラジカセから音楽が流
れていく。

 「凄いわ。2人は本物のレズだったのね…」美術部員は興奮しながら見つめ、静恵の淫裂を朋美が舌でなめていく。
「あっ!」気持ちよさそうに静恵の腰が浮くと(熱くなるわ、膣が!)女生徒達は自然に淫裂を触っている。

 「楽しもうよ!」美術部員に男子生徒が抱きついて「軽くよ」女生徒も抱きついていく。
そして、馬乗りになて「ここまで、入れろよ!」肉竿のへこみ部分を掴んでいる。
「わかったわ。入れる!」勃起した肉竿を掴み、自分の淫裂の入り口に導いていく。

 当然に「裂けるー!」痛みが走っている。
「ゆっくりだ。急くな!」男子生徒は乳房を掴み揉んでいき「これがセックスなの。痛いだけだわ…」顔を歪めながら、腰を上下させていく。
「そのうち、いい気持ちになるから…」両手で乳首を摘んだ。

 「感じる。そこを触られると気持ちいい…」体が反り返り、それと同時に、淫汁が流れ出てきた。
肉竿は、くぼみまでしか淫裂に入っていかず「もっと、奥まで入れさせろ!」「だめ。バージンが破ける!」腰を振りながら答えていく。

 すると「やめなさい。処女を無くさないで!」気付いた静恵と朋美が注意する。
「大丈夫だよ。まねごとだから。入り口だけさ」乳房をもみながら言う男達だが「私は、奥まで入れさせるからね!」佳代と由佳は肉竿の根本まで、淫裂に吸い込んだ。
「由佳さんに佳代さん、やめなさい!」レズをやめて、やめさせようとしたが手遅れで、淫裂からは鮮血が筋となって流れている。

 それでも「いやよ…。もっと、したいの…」腰を振っていく。
「だめ、生徒同士ではだめよ。やめなさい!」
「いいじゃないのよ。やらせなさいよ!」美術部員も言い出した。
「仕方ないわね。でも、責任はあなた達で持ちなさいよ!」言い残すと静恵と朋美は再びレズを始めた。

 朋美と静恵は、久しぶりにお互いの乳房と淫裂を撫で合っている。
「いいわよ、静恵!」「朋美!」唇を合わせ抱き合っていく。
その一方で「出る、出る!」男子生徒達が爆発して「いやー!」慌てる女生徒達だ。
肉竿から飛び出た白い液体が女生徒の腹部に飛んでいく。

 「これが、精液なの。ベトベトしているわ」「ホントだ。ネバネバしてるわ」珍しそうに、精液を指で触る女生徒だ。
しかし「イヤ、お腹の中はいや!」「いやー!」佳代と由佳は悲鳴をあげ、2人の淫裂からは精液が滴り落ちていく。

 それに気付いた朋美と静恵は「いらっしゃい。早く洗わないと!」急いで2人を浴室に連れていく。
「足を開いて。急いくのよ!」恥ずかしそうに佳代と由佳が足を開くと、淫裂からポタポタと精液が落ちている。

 「行くわよ」佳代と由佳の淫裂にシャワーが当てられると、白い液体が水と一緒に流れ出ていく。
「心配だから、もう少し洗うね」その言葉に黙って頷く佳代と由佳だ。

 朋美と静恵は、丁寧に2人の淫裂を洗い「もう、でないわ。これで安心ね。いい、まだ子供なんだからこんな事しちゃダメよ」注意しると「はい、わかりました…」泣きながら返事をしていく2人だ。