第3話 約束と剃毛

 忠夫から話を聞いた二人は、病院から屋敷へと向かう車中「奥様、まずは財政を立て直さないとダメですね」内藤が言い出した。
「それは、分かっているけど…」翔子はどうしたらいいのか、分からない。
「私に、任せてもらえませんか?」
「そうね。宗一の方が詳しいし」内藤に任せる事に決めた。

 屋敷に着くと、内藤は早速計画を練りだした。
「借金を返したら、これしか残らないしな…。これは、どうなるか分からないし…」通帳と証券を眺めながら思案し「奥様には、体を張ってもらわないと…」病院で恥ずかしがる翔子を思いだした。
「あれなら、きっと巧くいくぞ!」全裸を晒す翔子を妄想しながら、計画を練った。

 翌日、内藤は財政再建の計画を、翔子に打ち明けた。
「奥様。まずは、人件費の削減からです…」メイドの解雇を切り出す。
「待って。あの二人が居なくなったら、私はどうすればいいのよ!」翔子は、それには反対した。

 二人が居なくなれば、自分で全てを、しなければいけないから、当然だ。
「パートにします。10時から5時まで働いてもらいましょう。それなら、いいでしょう?」
「と、いう事は、私が食事の準備をするの?」
「はい。よろしくお願いします」

 「でも、説得できるか、自信ないわ…」
「それなら、大丈夫です。二人も自宅から通いたいと、言っていますから。何なら、私から言いましょうか?」
「そうしてもらえれば、助かるわ」
こうして、二人のメイドが屋敷から去り、内藤と翔子の二人だけになった。

 二人が去ったその夜、内藤は翔子と一緒に夕食を摂った。
「なんか、急に寂しくなったわね…」しんみりと言う翔子に「そんな事、言わないで下さい。僕が居るじゃありませんか」内藤は翔子に寄り添い、腰に手を伸ばして抱きしめた。

 それには「ダメ、いけないわ。これからは、親子になるのよ!」逃れようとする翔子だが、しっかり抱えられ、逃れる事はできない。
「親子といっても、血は繋がっていませんし…」翔子の服を剥ぎ取り出した。
「ダメ、いけない事よ!」翔子は力負けして、叫ぶ事しかできず、スカートが脱がされ、紫色のパンティが現れた。

 「この前は、履いていませんでしたよね?」
「あれは、忠夫さんと会う時だけよ…」
「だったら、僕と居る時も履かないで下さい」小さな紫の布地も剥ぎ取られ、翔子の下半身が剥き出しにされた。

 「やめて。見られたら、大変な事になるよ!」手で淫裂を覆うと「やだな、二人きりですよ」今度は上半身も剥ぎ取りだした。
「やめて。お願いだからやめて!」抵抗しても、最後のブラジャーも剥ぎ取られて、生まれたままの姿にされた。

 「これ以上変な事したら、忠夫さんに言いつけるわよ!」顔を震わせながら言うが「言いたければ、言ってもいいですよ!」怯える翔子を後目に、内藤も脱ぎだし全裸になった。

 「奥様、何も怖がらなくてもいいでしょう。まずは、口でやって下さい」怯える翔子の頭を押さえ、口に肉竿を押し込んだ。
「う、う~!」首を振り拒むが、お構いなしに肉竿を動かし出す。

fera

 (やめて、オチンチンなんて、なめたくない!)首を振っても、喉奥まで入り込み、堅さも増していく。
(オチンチンが堅くて、パンパンになっている…)それは翔子も分かる。

 内藤は、暫く肉竿を動かすと「奥様、まずは後ろからです!」腰を押さえ、足を開かせる。
「入れないで。いずれは、親子だからダメ…。あ、あ、あ~!」肉竿が入り込むと、喘ぐような声を上げながらも、逃れようとする。

 「奥様。まだ分かってないんですね」内藤は紐を取り出し、翔子の両手を後ろ手に縛った。
「やめて、これは犯罪よ!」
「いずれは、親子ですから平気です。やり直しますよ!」頭をテーブルに付けた翔子の後ろから、肉竿のピストンを始めた。

 「あ、あ、あ~!」再び、喘ぐ声を上げ出すと、乳房を鷲づかみして、揉んでいく。
「乱暴にしないで。やるなら、優しくしてよ!」
「それは、奥様次第です!」なおも肉竿を動かすと「ピチャ、ピチャ!」淫裂から音と共に、淫汁が漏れ出てきた。
(レイプされているのに、気持ちいいなんて…)翔子は、内藤のされるがままにしている。

 内藤は暫く後ろから肉竿を動かしていたが「奥様にやって貰います…」床に仰向けになり、翔子を馬乗りにさせた。
「分かっていますよね?」乳房を揉みながら催促すると「手が効かないわ、無理よ」拒むと、乳房を強く握られた。

 「ひ~。やるわ、やるから手を退けて!」乳房から手が退けられると、そそり立つ肉竿に淫裂を押し当てる。
(こんな事、したくないのに…)仕方なく、不自由なまま、腰を下げ、肉竿の根本まで吸い込むと、腰を動かすが、その動きに合わせ、淫裂から漏れ出る淫汁も、多くなっていく。

 (気持ちいい…。こんなセックスもあるんだ…)虚ろな顔で、腰を動かしていくと、内藤も登り詰めた。
「ダメ、お腹はダメ!」射精が近いのを知り、逃れようとしても腰を押さえられて、淫裂深く、噴射されていく。

 「出しちゃダメ。まだ、産める体なのよ!」淫裂から漏れ出た白い液体が、内藤の股間を濡らしていく。
「出来たら、産んで下さい。僕と秋子の子として育てますから…」
「馬鹿言わないで。それよりも、手を解いてよ!」手を解かれると、浴室に飛び込んで、シャワーのバルブを開いた。

 勢いよく飛び出る水を淫裂に当てて、膣奥に溜まった精液を洗い、全身も洗いだす。
「もう大丈夫みたい。それにしても、感じてしまうなんて…」濡れた体を拭いていると、内藤も入って来た。

 「奥様、今日から下着は無しです。それに、二人だけの時は、素っ裸ですからね」
「何言っているのよ。そんな事、出来る訳ないでしょう!」
「イヤでもやってもらいます。やらないなら、人前で素っ裸にしちゃいますよ」目を輝かせて言う内藤に、恐怖を感じて「分かったわ。ヌードでいればいいのね」承知するしかない。

 「早速ですが、今から素っ裸です」翔子からバスタオルを奪い、全裸にすると「ヘアがイマイチだな。手入れしましょう!」絨毛を撫でだす。
「ヘアの手入れって、どうする気なの?」
「長さを揃えます。ぼうぼうだと、みっともないですし…」翔子を浴室から居間に連れだし、ハサミを持った。

 (本気だわ。ヘアを刈るなんて…)顔を曇らせていると「そこに座って、足を開いて下さい!」指示される。
翔子が言われた通りにすると、内藤の持ったハサミが、股間の絨毛を短くだした。
「そんなに短くしないで。あそこが見えちゃう…」

 「あそこって、どこ?」とぼけていると「お、オ○ンコよ。私のオ○ンコが見えちゃうでしょう?」
「見えたっていいじゃないか。僕だけしか、見ないし」
「それはそうだけど…」後の言葉が続かない。

 その間にも、ハサミは絨毛を、数ミリ程度に仕上げた。
「大部良くなったね。もう少し手入れだな」今度はムースを取り出し、割れ目を隠す絨毛に塗りだした。

 「やめて。そんな事したら、丸見えになってしまう…」
「僕は、丸見えが好きなんです。きっと、旦那様も好きなはずですよ」聞き入れず、カミソリで絨毛を剃りだした。

 「ヘアがなかったら、忠夫さんも疑うわ。もうやめて!」
「大丈夫です。僕に任せて下さい」なおも、カミソリを動かして、恥丘には、幅が2センチ程度の絨毛が残るだけにした。

 「恥ずかしい。こんなに、性器が見えているし…」絨毛の生えていない淫裂に落胆したが「これが最高です。それに、これも出来るし」淫裂に顔を埋め、舌でなめだし「あ、あ、あ~!」再び、声を上げて背中を反らす翔子だ。

 「気持ちいいでしょう。奥様のここを、やりたかったんだす!」敏感なクリトリスを丁寧になめ出す。
「ダメ…。変になっていく…。やめて…」堪えている翔子に「オ○ンコして欲しかったら言って下さい。いつでもしてあげます」なおも、舌でなめながら乳首を指先で転がしてた。

 (言いたくないけど、欲しくなってきた…)唇を震わせながら、パクパクしていると、淫裂が濡れていく。
(欲しい。宗一のオチンチンが欲しい…)虚ろな目をして、内藤の肉竿を探し出す。
「奥様。欲しいなら、言わないと…」

 「入れて。宗一とセックスしたいの…」
「セックスじゃないでしょう、別な言い方があるます。言わないなら、しませんよ」
「言うわ。宗一さん、私とオ○ンコして…」恥ずかしいのか、顔を背けて言う。

 「オ○ンコして欲しいならしますが、その前に、奥様もして下さい」立ち上がり、肉竿を翔子の前に差し出す。
「やるわ。だから、これを、私のオ○ンコ入れて…」その肉竿を、口の中に迎え入れて「ウグ、ウグ!」唇で擦り出す。

 「そうですよ。それでいいんです!」勝ち誇ったように、翔子の頭を撫で、その後二人は深夜まで、いろいろな体位で抱き合った。