第6話 乱交
 
 麻里は、準備が済むと「始めて下さい!」と合図すると「幸正君。これからは、私達と一緒よ」雪江が浴衣を脱いでいく。
「わかっています。これからもよろしくお願いします」斉藤も服を脱いでいく。

 やがて、2人は一糸まとわぬ全裸になった。
「して、幸正君!」雪江は乳房への愛撫を求め、それに答えるかのように乳房に顔を埋めて吸い出した。
「あ、あ、あ~!」雪江は体を反らせて声を上げ(気持ちよさそうにしている…)それを、恨めしそうに明美達が見ている。

 暫く乳房を吸った斉藤は、雪江を寝かせて淫裂を触った。
(濡れているぞ。指がベトベトだ…)膣を撫でている指が濡れており「入れて、早く入れて…」肉竿を掴んで催促した。
雪江の催促に応じて、腰を密着させると、淫裂の入口に肉竿が当たり(いよいよだ、やっと子供を抱けるんだ…)目を閉じ、足を開いて迎えた。
 
  斉藤は、なおも腰を押しつけると、ゆっくり肉竿が淫裂に入っていく。
それを(凄いわ。これが、セックスなんだ!)目を輝かせて皆が見ている。
肉竿は、ゆっくりピストンしながら、雪江の封印を破った。
「ヒー!」激痛に悲鳴を上げて体を震わせ、同時に真っ赤な鮮血が流れ出てきた。

 「雪江さん…」斉藤が唇を重ねながら、腰を振っていくと「あ、あ、あ~!」肉竿の動きに合わせて、雪江も声を上げ、やがて、斉藤が絶頂を迎えた。
「気持ちいいです。もう、限界です…」

 「出して。私のオ○ンコの中に出して…」雪江も卑猥な言葉で、興奮を高め「出しますよ。オ○ンコの中に…」ピストンをやめて、密着したまま動かない。
雪江は「気持ちいいわ。これが、射精なのね…」胎内に暖かい液体が漂い、恍惚とした顔だ。
 
 2人は抱き合ったままで、動かない。
「私、我慢出来ない。明美、いいでしょう?」ビデオを撮っていた麻里は、浴衣を脱ぎだした。
下着は着けていないから、乳房と淫裂が剥き出しで、浴衣を脱ぐと明美に抱き付き、帯を解いていく。

 「いいわよ。私も我慢出来ないし…」明美は麻里を拒もうとはせず、全裸になっていく。
「明美、私として…」2人は唇を重ね合い、乳房を撫でて揉み合いだした。

 それをきっかけに「晶子、私もしたい…」美紀も晶子に抱き付き「いいわよ。しようね」唇を吸い合い、乳房を撫で合っていく。
「いいわ、凄くいい!」4人の声が響いている。

それを見て「幸正君、お風呂に入ろうよ」雪江は起きあがった。
「そうですよね。汚れましたから」2人は一糸まとわぬ全裸のまま、浴場へと向かい、雪江は赤く染まった淫裂を手で覆い歩いていく。

 斉藤も、雪江の喪失した印で肉竿が赤く染まっており、浴室で2人は淫裂と肉竿を丁寧に洗った。
「雪江さん、またしたくなりました…」甘えるように抱き付くと「待って。ここじゃなくて、皆の前でしましょう」拒まれた。
「そんなの、我慢できないよ」雪江の乳房を吸うと「我慢して。今度は、私がしてあげるから…」なだめるようにして、浴室から部屋に戻ってきた。
 
 部屋では、4人が全裸になり、淫裂や乳房を撫で合っている。
「幸正君、私達もしよう!」斉藤を寝かせて、雪江は馬乗りになった。
雪江は淫裂に肉竿を迎えて、腰を沈め「あ、あ、あ~!」声を上げて腰を振りだす。

 その声に、抱き合っていた4人が起きあがった。
「また、始まったわよ」
「そうよね。見ましょうよ!」2人の結合部を見ている。
「そうだわ。撮らないと…」麻里は使命感があるのか、またビデオを構え、その前で雪江が腰を振り続けていく。

 「気持ちいいです。僕にもやらせて下さい…」斉藤は雪江の太股を押さえて立ち上り、駅弁での結合が始まった。
「ダメ。オチンチンが、奥まで入って変な感じよ。降ろして…」雪江は両手で、首にしがみついている。
ekibenn

 「せっかくですから、これでやりましょうよ」太股を揺すりだした。
それには「子宮に…。オチンチンが…。刺さっている~!」髪の毛を振り乱しながら声を上げ、その姿に、皆が圧倒されている。
(膣に、オチンチンが刺さっている…)食い入るように、肉竿を見ている。
 
 それを尻目に、斉藤は腰の振りを早めていく。
「ダメ~。もうダメ~。子宮が壊れちゃう~!」
「もう少しです。我慢して下さい!」それから直ぐに、放出が始まった。

 「精液よ。射精したわよ!」雪江の淫裂から、液体が垂れだした。
「恥ずかしい。見ないで、お願いよ!」
「恥ずかしくはないわよ。射精されたんだから…」皆が近寄り、ジッと見ている。
「降ろして。もう、いいでしょう?」恥ずかしい姿を、これ以上は晒したくはない。

 斉藤は、言われるまま雪江を降ろすと「幸正君、良かったわ。綺麗にしてあげる」淫裂にタオルを押し当て、肉竿を口に入れた。
それを「フェラしている…」皆が、ジッと見ていた。

 「課長、そんな事されたら、またチンポが…」声が上擦っている。
「いいじゃないのよ。やって上げなさいよ。許可は取ってあるんだから!」
「でも、明日は麻里さんとでしょう?」
「それくらい何よ。だらしないわよ」麻里は怒鳴った。

「わかりました。それでしたら、遠慮無く課長と、もう一度します…」今度は雪江を四つん這いにしての結合だ。
「いいわ、凄くいい。これからは、雪江って呼んでね…」雪江は腰の動きに合わせて乳房を揺らせていく。

 「わかりました。雪江、僕も気持ちいいよ」斉藤は腰を振り続け、3度目の放出をし、この夜、斉藤は雪江と同じ布団で寝た。
 
 翌日、一行は眠たい目を擦って、また観光巡りを始めた。
観光地では、相変わらず人目をかいくぐって、全裸姿を撮っている。
そして、夜は昨日のように、斉藤と麻里が抱き合っていた。

 「優しくして。初めてなの…」麻里の淫裂に、肉竿が入っていく。
今度は、それを明美がビデオで撮っている。
麻里も「ヒ~!」突然悲鳴を上げ、淫裂から鮮血を流している。
「抱いて、もっと強く!」涙を流しながら、肉竿のピストンを堪えて射精された。

 こうして、旅行では雪江と麻里の喪失が行われたが、残された3人は不満顔だ。
帰途の車の中でも、斉藤に体を寄せ合う雪江と麻里に、怒りの顔になっていた。
(私だって、一緒に抱かれたいのに!)運転している明美の機嫌も悪かった。
それは、雪江と麻里にもわかっており(何とかしないといけないわ。自分だけいい思いはできないし…)ヒソヒソ話していた。
 
 2人は、旅行で考えついた事を、実行した。
「今度の土曜日に、パーティをするから遊びに来てね」雪江が皆を誘うと(もしかしたら?)今までの不満が吹っ飛び、笑顔になっている。

 そして、週末に雪江の家に集まり、パーティが行われた。
「明美、わかっているわよね?」
「覚悟してきました…」明美が服を脱いでいく。

 「明美、凄いわ。スケスケじゃないのよ!」
「記念だから着てみたの。これも撮ってね」ビデオに撮られ、その後、斉藤によって処女を喪失した。
「明美さん、綺麗だよ…」斉藤は明美に唇を重ねながら肉竿のピストンし、精液を放出した。
パーティは、場所を変えて毎週行われ、皆が処女を喪失した。