第9話 公開セックス

 その夜、別荘の中では、皆が全裸になり、撮ったビデオの試写会が行われた。
いきなり、里奈の淫裂が映し出されると「恥ずかしい。あんなに、黒ずんでいるなんて…」肉襞の先端が黒ずんでいるのが分かる。
「それは仕方ないよ。歳を取ると、そうなるし」慰めのことばも飛び出し「気持ちよさそうね、あんなに、漏らしているなんて…」驚きの言葉も出ている。

 里奈が、5人目の射精を受けると試写会は終わり「明日は午前が有馬さんで、午後が星野さんです」榊原が仕切って、説明すると「空いた時間はどうするの?」質問が飛んだ。

 「自由です。写真もいいですし、散歩もいいです。勿論、レズも構いませんが、男性は2回出さなければいけないので、オ○ンコは謹んで下さい」そう答える。
「レズもいいんだ。だったら、奥様、相手をお願いするわ」純子が翔子に話し掛けると「その写真も、撮らせてもらえませんか?」聞いていた内藤が頼み「大歓迎よ。お願いする」純子が、内藤の肉竿を撫でた。

 すると、一瞬で膨らみ、挿入できるようになっていく。
「元気いいわね、期待してるわよ」なおも、擦っていくと「ダメです。明日がありますから…」注意され手を退けた。

 「仕方ないわ。奥様、しましょうよ」翔子の乳房を吸いながら、淫裂に指を入れていく。
「感じるわ。あんなに見せられたから、濡れているでしょう?」
「びっしょりよ。私の膣も濡れているかも…」その言葉に、翔子の指が純子の膣に入り込む。

 「濡れているわよ。あれを、見たら当然よ」乳房と淫裂を愛撫し合うと「私たちもしましょうよ」カップルができあがり「いいわよ」と声を上げ出す。
ただ、里奈だけは「私はもう無理。膣が限界よ…」5人に犯された余韻に浸っていたくて、1人だけが「ダメ、そこはダメ!」妄想しながらクリトリスを撫で、オナニーを続けた。

 そして、翌朝食事を済ますと、同じ場所での撮影はつまらないからと、場所探しを始めた。
30分ほどしてから「いい所があったよ。神社があって…」得意げに言う。
「いいわね。おもしろそうだし」皆も承諾し、車に分乗して出かけた。

 そこは、うっすらと木々が生い茂り、人気は全くない。
「有馬さんの番でしたね。準備してください」
「このままでやりたいの。無理矢理、脱がされたいし…」
「それなら結構です、始めましょう」例によってビデオを構える中、5人が翔子に襲いかかる。

 「イヤ、来ないで~!」逃げまどうが、捕まって、衣服が脱がされ、激しさにブラジャーから乳房が飛び出ている。
「凄いわ、本当に犯されて行くみたい…」女性達は、生唾を飲みながら見ていると、パンティが引き裂かれた。
「いや、いや~!」悲鳴を上げても足を開かされ、肉竿で淫裂を突かれ出す。

 だが、暫くすると「あ、あ、あ~!」悲鳴から喘ぐ声に変わった。
それに、淫裂が濡れて「ピチャ、ピチャ!」と音がしている。
それでも肉竿は動きを休めず、登り切って噴射した。

 「イヤよ、お腹はイヤよ…」泣き顔で演技すると「今度は俺だ、お前がやれ!」別な男が襲いかかり、騎上位にされた。
腕に絡まったシャツが剥ぎ取られ、太股に絡んだ裂けたパンティが、卑猥さを引き立たせている。

 そんな姿で、乳房を掴まれたまま、腰を動かしていくと「出さないで、もう出さないで…」首を振りながら、頼んでも聞き入れられず、また噴射された。

yagaisex

こうして翔子は5人から膣奥に射精され撮影を終えた。

 撮影を終えると、淫裂を丁寧に拭き、服を着ていくが「凄く良かったわ。下着を裂かれるって、凄いわね」皆が感心している。
「確か、次は星野さんだったよね?」
「そうよ。私も、白い下着に着替える」女性達は話し合うが、翔子は「ハア、ハア!」荒い息づかいで、興奮が、まだ収まっていなかった。
こうして、女性は交代しながら、一度に5人の相手をして、カメラに収まった。

 撮影が終わると、各自の車で別荘から出ていく。
翔子と宗一も、別荘から出ていくが、寄り道しながら戻る事にした。
国道を走り、屋敷に向かう途中、公園と書かれた看板が目に付いた。
「奥様、行きましょう」内藤は、その案内板に沿って、車を走らせると公園が見える。
「ここで、休憩しましょう」車を停めて歩き出すと芝生が生い茂った広場が見えた。

 「これはいいや。ここでも、撮りましょうよ」
「撮るって、まさかヌードを?」
「当然です、準備して下さい」
「待って、人が来たら困るわ。それに、ここは公園よ」乗り気ではない翔子だが「平気です、早くして下さい!」急かす宗一に「仕方ないわね…」ボタンを外しだした。

 幸いにも、下着は着けておらず、前開きのワンピースだから、簡単に全裸になれた。
「早くして、見られたら困るわよ」周りを気にしながら、ポーズを作るとカメラが納めていく。
「次は、あそこで撮ります」全裸のまま歩かされ「ここに、ぶら下がって!」木の枝を指さす。
「こうね」言われた通りにするとスイッチが押された。

 「次は、あそこで!」指さす先は展望台だ。
「あそこまで、歩くの?」
「そうです、素っ裸で歩きます」
「仕方ないわね。万が一があるから、これ貸して!」内藤からサングラスを取り上げ目を隠した。

 「そうですね。それなら、見られても安心ですし…」2人が展望台に向かって歩き出すと「ヌードだなんて!」降りてくる女性と出くわした。
しかし(顔が分からないし…)平然と乳房を揺らせながら、内藤の後ろを歩いていく。

 歩き出してから、3分程で展望台に来たが、アベックがいた。
「見て、裸よ!」女性が指さしながら声を上げると「オ○ンコが見える!」男も声を上げたが、2人は動じることなく、翔子にポーズを取らせ、カメラに納めていく。

 そんな2人を見つめるアベックに「ここで、オ○ンコやりましょうよ」と内藤が言い出した。
(おもしろいわね。あの2人が、どんな事をするか見たいわ)意味が分かり「いいわよ。ここでやりましょう」内藤のズボンを引き下げて、肉竿を口で擦りだした。

 「お、オチンチンをなめるだなんて!」また驚きの声を上げた。
暫く肉竿をなめると「オ○ンコして!」ベンチに座った内藤に跨り、淫裂に肉竿を迎え入れた。
「セックスよ、セックスしている!」また、驚きの声があがったが、翔子は腰を動かし続け、内藤も乳房を揉み、乳首を吸い続ける。

 それには、アベックも呆れたのか、声も出さず見ているだけだ。
2人は、アベックをからかうかのように姿勢を変え、翔子の後ろから挿入していく。
しかも、翔子が片足をベンチに乗せているから、結合部がアベックに丸見えになっている。

 「あ、あ、あ~!」声を上げ、喘ぐ翔子を見て「凄い、あんな太いのが入ってる…」「膣が痛くないのかしら…」呟くように言うだけで、おとなしく見ている。
それでも、内藤も肉竿のピストンを速めて「あ、あ、あ~!」また声を上げ「オッパイにも…」催促する。

 「分かってます。もうすぐですからね」言われる通りに、乳房も揉みながらピストンを速めると「出る、出ます!」肉竿が噴射し、淫裂からは、白く濁った体液が流れ出した。

 「射精よ、膣の中に出した!」
「信じられない。中だしするなんて!」口を開けたままのアベックを尻目に、2人は駐車場へと歩き、屋敷に戻った。